この記事を書いた人:りんない

福子(安藤サクラ)の目の前で、萬平(長谷川博己)が憲兵隊に連れていかれてしまいました。
萬平はやっていないと言っていた物資横流し…
福子はどうするのでしょうか?

 

まだ朝ドラ『まんぷく』12話ネタバレをご覧になっていない場合はこちら

朝ドラ『まんぷく』13話あらすじ

“福ちゃんの目の前で、萬平さんが憲兵隊に連れ去られてしまいました。
共同経営者の加地谷さんによると、軍から支給された物資を横流ししたという疑いをかけられたとのこと。
ショックを受けた福ちゃんは、親友の敏ちゃんとハナちゃんに相談しますが、二人もどうにもできなくて…”

Yahoo!テレビ番組表から引用

朝ドラ『まんぷく』13話ネタバレ

福子(安藤サクラ)が久しぶりに勇気を出して会いに行ったその日、軍事物資横領の容疑がかかり、
踏み込んできた憲兵隊に福子の目の前で連れて行かれる萬平(長谷川博己)…

 

その夜、自宅では鈴(松坂慶子)が仏壇の前で写真の中の咲(内田有紀)に話しかけていると、突然食器の割れる音が…
ちょっとぼんやりしてて、という福子に対して、鈴はまだ貴方も先のことを引きずってるのね…と話すが、
萬平のことで頭がいっぱいで戸惑っている福子は、鈴の話も耳に入らない。

 

しかし、福子が想像してる以上に事態は深刻だった。
憲兵隊からひどい拷問を受ける萬平。
萬平は横流しなど絶対していないと否定し続ける。

 

翌日、恵は告白してきた野呂(藤山扇治郎)と牧(浜野謙太)のことを考えていた。

 

結婚してくださいと2人から言われたと福子に言う恵は悩んでいたようだが、福子も自分のことでいっぱいだと言う。
結局2人の話は噛み合わないまま、恵はもういい!と行ってしまう。

 

加地谷(片岡愛之助)と電話で話す福子。
萬平がジュラルミンを横流ししたという話を聞く福子は、加地谷にその話を信じるんですか?と問い詰める。
福子は萬平を信じ続けるが、どうしたらいいか分からず途方に暮れるのだった。

 

克子(松下奈緒)のところに、鈴(松坂慶子)が訪ねてくる。
福子の様子がおかしいと相談に来ていたのだ。
みんなは福子は咲のことを引きずっていると思っている様子。

 

萬平のことがある中でも、福子は必死に仕事をこなす。

 

そんな福子のホテルに、親友の鹿野敏子(松井玲奈)と池上ハナ(呉城 久美)が突然やってくる。
2人に会い張り詰めてた糸が切れ、泣き出してしまう福子。

 

仕事が終わり、福子は萬平のことを2人に相談する。
付き合ってプロポーズされていたことも2人には話していなかったため、驚く敏子とハナ。

 

咲が死んでしまったことで、自分が幸せになってはいけないと思っていたが、咲の旦那の真一(大谷亮平)に言われた言葉を励みに会いに行き、
そのときに目の前で萬平が憲兵隊に連れて行かれたという話をした。

どうすることもできず泣く福子を励ます敏子とハナ。

 

その頃、萬平は毎日拷問を受けていたが、牢獄で無実を訴え泣き続ける萬平だった。

朝ドラ『まんぷく』13話感想

咲の死から一転、今度は萬平の横流し問題が出てきます。

福子は横流しをしていないと信じていますが、どうすることもできない切なさがとてもよく表現されていました。
敏子とハナに出会って泣きじゃくる安藤さんの演技がとても可愛く、切ないシーンなのになんだか暖かい気持ちになってしまいました。

まとめ

本日の13話はいかがだったでしょうか?
拷問されている萬平を見るのはとても苦しかったですよね…
絶体絶命と思われるこの現状をどう抜け出すのか見ものですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事