2019年夏ドラマ

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話のあらすじ【強大な力を持つ殺人鬼は警察内部の人間?】

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話のあらすじ【強大な力を持つ殺人鬼は誰?】

2019年7月20日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話はもう御覧になりましたか?

韓国のテレビドラマ『ボイス』のリメイク版ということで、本家にはどうせ敵わないだろうと思っていたのですが、非常にテンポが良く面白い作品に仕上がっていると感じました。

1話のラストでは荻原夏美(吉川愛)が殺されそうになっていましたが果たして助かるのか?というところで終わりました。次の展開が非常に気になる第2話のネタバレは本記事で!

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『ボイス 110緊急指令室』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月13日(土)から日本テレビ土曜ドラマ枠でドラマ『ボイス 110緊急指令室』がスタートしました。 ドラマ『ボイス 110緊...
日テレドラマドラマ『ボイス 110緊急指令室』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話 あらすじ

電話から聞こえる微かな音を頼りに被害者の監禁場所を突き止めたひかり(真木よう子)。
女子大生連続殺人事件解決後、ひかりは3ヶ月の条件付きでECUの設置を許可される。

しかし、普通は聞こえるはずのない音だけを頼りに監禁場所を突き止めたというひかりを信用できない樋口(唐沢寿明)は、現場リーダーへの誘いを突っぱねてしまう。

一方、署長の田所(小市慢太郎)から指示を受けた強行犯係の沖原(木村祐一)は、緊急指令室に戻ってきたひかりが自分のチームに樋口を入れようとしている目的を探っていた……。

翌朝、長らく入院している一人息子・大樹(鳥越壮真)の病室で夜を明かした樋口は、後輩の石川(増田貴久)からの電話でひかりが自分たちをECUに異動させたことを知る。苛立つ樋口は、電話からの音が聞こえたというひかりの耳を試すため、離れた距離からひかりに呼びかける。すると、ひかりは普通は聞こえるはずのない樋口の声を聞き取って……。

樋口に詰め寄られたひかりは、自分の聴力の秘密を打ち明ける。そして、3年前に妻の未希(菊池桃子)が殺害された事件の陰に、ひかりを巻き込んだもう一つの痛ましい事件が隠されていることを知る樋口。その内容はあまりに衝撃的なものだった……!!果たして、ひかりが樋口をECUに呼び寄せた真の目的とは!?

引用:公式サイトより

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話 ネタバレ

午後7時30分(事件発生から15分)

事件現場に樋口(唐沢寿明)が間に合い格闘の末、女子大生を助けることに成功しました。犯人も逮捕することが出来ました。

今回の結果から、ECUは3ヶ月の期限で発足出来ることになりますが、犯行現場に居た樋口(唐沢寿明)達は、橘ひかり(真木よう子)が現場を特定できたのか不思議でした。

午後9時15分(事件発生から2時間経過)

橘ひかり(真木よう子)が志願して指令室に戻ってきたのか、樋口(唐沢寿明)をメンバーに入れたいのか、チームを作る思惑やメンバーについて調べるように田所賢一(小市慢太郎)署長から沖原隆志(木村祐一)係長は命令されます。

ECUの発足

橘ひかり(真木よう子)は現場リーダーに樋口(唐沢寿明)を置き、樋口(唐沢寿明)の相棒の石川透(増田貴久)と、語学堪能の森下栞(石橋菜津美)、情報分析のプロ緒方巧(田村健太郎)、副室長には落合智明(安井順平)を選びます。

栞(石橋菜津美)はこのメンバーに入ることに納得していないと説明の場で、言われてしまいます。樋口(唐沢寿明)も聞こえるはずがない音を聞いたという橘(真木よう子)を信じられないで居たとき、建物の反対側にいた橘(真木よう子)の後ろ姿を見て、「俺の声が聞こえたら振り返ってみろ」と小声で言うと、橘(真木よう子)は振り返ります。

3年前の橘ひかり(真木よう子)の父親の死

犯行現場を特定した事が信じられなかった樋口(唐沢寿明)は、自分をなぜメンバーに入れたいのか、3年前の事件の時何を聞いて居たのかを橘(真木よう子)に詰め寄ると、彼女は12歳にあった交通事故で2年間目が見えなくなり、その頃から普通だと聞こえない音も聞こえるようになったと話します。そして樋口(唐沢寿明)と自分は同じだと言い、樋口(唐沢寿明)は彼女が何を言っているのか分かりませんでした。

橘(真木よう子)は自分の父親も樋口(唐沢寿明)の妻を殺害した犯人に父を殺されたと話始めます。事件の時、樋口(唐沢寿明)の妻の犯行現場の周辺に着いた父親は犯人を見かけ、橘(真木よう子)の応援が来るまで待っていてと言う言葉を聞かず一人で犯人を追ってしまい、殺されてしまいました。父親を殺害する前に、橘(真木よう子)は直接犯人と会話をしていて、カチカチと顎を鳴らす音と犯人の声を覚えていました。

そして樋口(唐沢寿明)の妻の殺害容疑者の声をニュースで聞き、橘(真木よう子)は、犯人と違うと思ったのでした。さらに橘(真木よう子)の父親は、パトロール中トラックにひかれ事故死にされ、裁判の時の犯人の声が入った証拠の音声データーも消されていました。

樋口(唐沢寿明)の妻の殺害容疑者が自殺?

警察内部に居る犯人の協力者と、警察を動かすだけの権力者と、真犯人をは探すと橘(真木よう子)は言いますが、樋口(唐沢寿明)は、証拠を持ってくれば信じることが出来ると言います。

その時橘(真木よう子)に緊急連絡が入り、樋口(唐沢寿明)の妻の殺害容疑者だった相良卓也が飛び降り死亡したと言われ、橘(真木よう子)と樋口(唐沢寿明)は現場に向かいます。

遺体の足の裏の傷をみて、自殺で無く新犯人に殺されたんだと橘(真木よう子)は、考えますが警察は自殺と発表します。その時橘(真木よう子)は、信頼できる解剖医に遺体を診てもらった結果、後頭部の陥没は転落では無かったが解剖をせず自殺という事にされてしまったと樋口(唐沢寿明)に話しました。

新たな拉致事件が発生

自分の妻が、なぜ殺されなければならなかったのか知りたくなった樋口(唐沢寿明)はECUに加わることに決めます。

橘(真木よう子)にメンバーに入ることを断った森下栞(石橋菜津美)でしたが、その直後に妹から電話があり会話中に何者かに拉致されてしまいます。

栞(石橋菜津美)は緊急室に電話をかけ妹が拉致されたと言います・・・

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話・ネット上の感想

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第2話 dramania7読者の感想

読者A
読者A
犯人と助けにむかった犯人と警官の死闘の闘いが暴力的で激しく、リアルで、画面を直視できませんでした。演じられていた唐沢寿明さんの体力がすごいと思いました。犯人役の役者さんも気持ち悪さがリアルでよかったです。被害者の女性もけがはおいましたが、助かって本当によかったです。

被害者の女性が助かってよかったです。 女性警官が聞こえた音を出した水槽は1階にあり、電話は2階でしていたという事実を知り、とても驚きました。女性警官と妻を殺されてしまった警官が話をするシーンは緊迫感がありました。まさか、彼女のお父さんも警官で、同じ犯人に殺されてしまったとは思いもよりませんでした。 彼女の犯人に対する怒りと犯人をつかまえたいという気持ちが裏付けられ、納得できました。

読者B
読者B
樋口は拘束されている女性を助けるために犯人の潜伏場所を特定しようとしますが、彼の鬼気迫る様子は緊迫感がありました。橘に対して、アドバイスをしながら犯人確保をする事が出来て、被害者を守れて安心です。相変わらず橘に対して樋口は強く当たりますが、彼女の父親も樋口の奥さんと同一人物に殺害されているとは衝撃を受けました。

真相を聞いた樋口がECUに所属するを決めた事は意外でしたが、今後の2人の連携に期待が出来そうです。10分と短い時間で犯人を確保する事は至難の業だと思いますが、2人なら可能に感じました。容疑者の相良が自殺として事件は済みそうになりましたが、一体上層部は何を企んでいるのか気になります。本当の犯人に辿り着く事が出来るのか注目です。

読者C
読者C
危機一髪のところで、夏美を助け出すことができ、ホっとしました。この功績でECUも本格的に始動することになりますが、ひかりの告白が衝撃でした。身内も事件によって亡くなっているのだろうというのは分かっていましたが、まさか、樋口の奥さんを殺害した犯人に殺されていたとは思わなかったので、驚きです。でもそれによって、樋口もECUに加わることになりましたし、今後の展開も楽しみになりました。

警察内部に協力者がいるというのは、この手のドラマにはありがちですが、それが一体誰なのか、気になります。かなり権力を持った人間であることは間違いないと思いますが、2話までに出てきている人物で、それほどの大物はいないような気がしま。今後、新たなキャストが出てくるのかも含め、期待したいと思います。

読者D
読者D
見応え200%でした。臨場感が本当に強烈です。もう息をするのを忘れるくらいでした。CMになる度に呼吸を整えてました。もうめちゃくちゃハマってます。面白いの一言です。まさか、ひかり(真木よう子)の聴力はめちゃくちゃ小さな音を聞き取る事が出来るなんて。そう知らされると余計に、ハラハラドキドキしてしまいます。

あと、樋口をECUに呼び寄せた本当の目的は、運命的なものだったなんて、ますますスリル感が増します。と、思っている間に、また、警察官の家族が襲われるなんて。もう、1週間が待てません!。沖原(木村祐一)は、マークした方が良いと思います。今までの現場に必ず居ますし、何か怪しい感が凄いです。

読者E
読者E
樋口は妻を殺された犯人の声が違うと法廷で証言したことで、ひかりに恨みを抱いていて、彼女の言うことを信じる事ができなかったのでしょう。夏美を危機一髪の所で助け出した事で、期間限定でECUの許可され、その道のスペシャリストを集められスタートする為、樋口と石川も仲間に入れられてしまいました。

初めは断ったが、彼女の能力に興味をもったのか?自分と同じ様に大切な人を殺された事に共感を覚えたのでしょうか?協力してくれる様で、樋口とひかりが組めば最強だと思います。石川君が言っていた様に、何かの機能を失った時、眠っているDNAが目を覚ます様な事がひかりにも起こっていたのですね。SOSのコールから救出するタイムリミットまでのハラハラ感が最高です。又、ECUの活躍を期待してます。参加を断った森下も妹の葵が襲われた事でECUに参加してくれる事でしょう!

読者F
読者F
光は樋口の奥さんが殺されたことでの相良の裁判で、犯人との通話記録が故意に消されていたと言っていたけど、実際に犯人とあんなに喋っていたなんて驚きました。それなのに、相良を犯人だとしたり、お父さんが殺されたことを事故死として隠蔽しようとするなんて、相当な権力を持っている人物が真犯人の協力者なんだろうなと思いました。

また、犯人が相良を自殺だと見せかけて殺したことも、足の裏のケガや撲殺された形跡から自殺じゃないとわかるのに、それでも相良が罪の意識に耐えられなくなって自殺したと隠蔽したのが許せませんでした。これを発表した田所は、何か知っているんじゃないかなという気がします。樋口がECUに入ることに決めたので、これから2人で真犯人を突き止めてもらいたいです。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第3話 あらすじ

県警に勤める栞(石橋菜津美)の妹・葵(矢作穂香)が拉致され、緊急指令室に通報が入る。ひかり(真木よう子)は直ちに樋口(唐沢寿明)に指示を出し、葵の携帯のGPS情報を頼りに現場の捜索態勢を整える。

犯人の車で移動中と思われる葵の詳細な位置を掴むことが難しい中、葵の携帯と通話がつながり、タオルで口を塞がれたようなうめき声が聞こえてくる。

ひかりは通話口から漏れ聞こえる周囲の音に集中し、葵の乗せられた車の車種や位置を推測する…。現場で捜索を続ける樋口は、ひかりの能力を信じ、該当する車を追跡。その車両ナンバーから車の所有者が葵のかつての交際相手・大森だと判明する。犯人の車を停車させ説得を試みる樋口だが…。

一方、ECUをよく思わない強行犯係の沖原(木村祐一)は、ECUを潰すべく犯人確保に部下を動員する。捜査網が錯綜する中、樋口はあることが気になり署に引き返していた。栞と葵の叔母・志津(YOU)と、葵の恋人・新田(森永悠希)も署に駆けつけ、妹の相談に乗らなかったことを悔やむ栞と共に不安な時間を過ごす中、ある手がかりを得た樋口はひかりと共に事件に仕組まれた罠に気づき始めていた……。

被害者の身が危険にさらされる中、緊迫の追跡劇が繰り広げられる!そして、ひかりを最大の危機が襲う!その時、樋口は……!?

引用:公式サイトより

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪