この記事を書いた人:りんない

2019年1月22日(火)夜9時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットにて『後妻業』が放送されることが決定しました。

 

「疫病神シリーズ」などで知られ、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞した、
小説家・黒川博行さん原作の小説『後妻業』。

 

遺産を狙って資産家の老人に近づく結婚詐欺師・武内小夜子の物語となっており、
大竹しのぶさん主演『後妻業の女』として映画化もされた作品です。

 

連続テレビドラマ化は初ということで、期待が高まっています。
今回は『後妻業』で中瀬朋美役を演じる木村多江さんにスポットを当てていきましょう!

ドラマ『後妻業』中瀬朋美役を演じる木村多江さんとは?

まずは、木村多江さんのプロフィールをご覧ください。

生年月日:1971年3月16日(47歳)
身長:162cm
血液型:A型
出身地:東京都
特技:バレエ、日本舞踊(師範)
所属:融合事務所

Wikipediaから引用

木村さんの本名について調べたところ、本名も“木村多江(きむら・たえ)”というそうです。
多江とは珍しい名前ですが、凛とした清楚な木村さんにピッタリな名前ですよね!

 

昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業しており、若い頃から演劇の勉強をしていた木村さん。
大学在学中から『美少女戦士セーラームーン』に出演するなど、舞台女優として活動を続けていました。

 

1996年にドラマ『炎の消防隊』でテレビドラマデビューをし、数々の作品に出演します。

 

結婚、出産後も精力的に活動を続けており、初主演映画『ぐるりのこと。』では、
日本アカデミー賞最優秀主演女優賞・ブルーリボン賞主演女優賞・高崎映画祭で最優秀主演女優賞と多くの賞を受賞し、女優としての地位を確立しました。

 

2017年に放送された『ブラックリベンジ』では、民放の連続ドラマ初主演を果たしています。

 

夫とおなかの子どもを捏造のスキャンダルで失った今宮沙織役で、今までの幸の薄いイメージとは違い、
復讐の鬼となった役どころを見事に演じきっていましたね。

 

最近では、ドラマ『あなたには帰る家がある』、『あまんじゃく』、『それでも恋する』、映画
『おもてなし』に出演しています。

ドラマ『後妻業』に出演する木村多江さんの役どころは?

今回『後妻業』で木村さんは、小夜子(木村佳乃)に「後妻業」のターゲットとされた父親の娘・中瀬朋美を演じます。
小夜子に父の遺産を奪われることを阻止するために動き始めるという役どころのようです。

 

木村多江さんは公式サイトでこのようにコメントを発表しています。

“・ドラマ『後妻業』の出演が決まったお気持ちを教えてください。

映画化もされている面白い作品でしたので、連ドラでどう表現されるのかワクワクしたと同時に、
また新たなキャラクターへの不安と欲がわき起こりました。

・共演される木村佳乃さん、高橋克典さん、伊原剛志さんの印象を教えてください。

木村さんは天真爛漫でとにかく可愛らしいという印象です。高橋さんは、繊細で感性豊かな方。
伊原さんはお目にかかったことがありませんが、おおらかなリーダー的な方という印象です。

・視聴者の皆様にメッセージをお願いいたします。
騙し騙され、滑稽な、思わずクスクス笑ってしまうバトルが繰り広げられます。
人間たちの糸がもつれて行き、愛おしさがじわじわにじむ楽しいドラマです。是非ご覧ください!”

公式サイトから引用

ドラマ『後妻業』に出演する木村多江さんの演技力は?

木村多江さんの演技力について調べてみたところ、舞台女優として活躍していただけあり、やはり演技力は高評価のようです!
ドラマ『リング~最終章~』の貞子役で、ブレイクした木村さんはその後多くの役に出演しており、その存在感や演技力はさすがですよね。

 

“日本一幸の薄い役が似合う”などと言われることもあるようですが、実際の木村さんはとても明るく意志の強い方だといいます。
そのように言われるということは、木村さんの別人になりきる演技力があるからこそかもしれませんね!

ドラマ『後妻業』に出演する木村多江さんのネット上での演技や評価は?

まとめ

木村多江さんは、数々の作品に出演している名女優さんです。

今回は木村佳乃さん演じる小夜子と、激しいバトルを繰り広げるということで、
お二人の大女優さんがどのように演じてくれるのか楽しみですね!

 

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事