2019年冬ドラマ

ドラマ『節約ロック』5話 あらすじ・ネタバレ&感想【つなぐ鉛筆削り・TSUNAGOが凄い】

節約ロック

ドラマ『節約ロック』5話が2月19日(月)に放送されましたね。

 

「思うにいつもグラマラスな日常を送っていたね。それは今に始まった事じゃないよ。
僕は昔から一銭も残らずお金を使い切る男だったからさ。」bYフレディ・マーキュリー

 

節約生活を頑張っている松本タカオ(上田竜也)に対して意味深な言葉から始まった今回。
節約を頑張ってきたのに、その気持ちを揺るがす出来事が起こってしまいます。

 

是非ネタバレ込みで読んでみてください。
ちなみに、ドラマ『節約ロック』4話ネタバレはこちらからご覧になれます。

節約ロック
ドラマ『節約ロック』4話 あらすじ・ネタバレ&感想【おっさんずラブの展開とチエコの強制お見合い】ドラマ『節約ロック』4話が2月11日(月)に放送されましたね。 今回も非常に面白い展開でしたが、相変わらず一方的に敵対心むき出しの...
日テレドラマ

ドラマ『節約ロック』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『節約ロック』5話ネタバレ

松本タカオ(上田竜也)は、大黒マキコ(藤井 美菜)の会社に行き、彼女に会って、やり直したいと伝えます。

 

貯金の事が頭から離れない松本タカオ(上田竜也)は、いくら有ったらいいのかと、彼女の気持ちに気づきません。そして勝手に、300万円貯金が有ればいいのかと、思ってしまいます。会社のディスクで、目標額に届く日数を計算し、絶句します。社長に給料の値上げを、お願いしても、上げてくれる金額では、程遠く落ち込みます。

 

破天荒なCMクリエーターの桑田ケイゾウ(宇梶剛司)に、転職を考えてることも気付かれ、自分の事務所に来ないかと誘われます。ただし入る前にテストをしたいと、言われます。自分が手掛けている広告のタワーマンションのキャッキコピーを作ること。

 

松本タカオ(上田竜也)が残業をしていると、稲葉コウタ(重岡大毅)が現れ、節約飲みしませんか?と誘います。でも、仕事がある松本タカオ(上田竜也)は、断ります。仕事がはかどらずに帰りかけた時、また稲葉コウタ(重岡大毅)が現れました。差し入れを持って現れました。(差し入れは、自分の会社の試供品ですが・・・)

 

そして、シャーペンを使っている松本タカオ(上田竜也)に、松本タカオ(上田竜也)鉛筆がお得だと三択クイズを出します。三択クイズに外れた松本タカオ(上田竜也)に、松本タカオ(上田竜也)が節約講義をします。(どこかの予備校みたいな感じで)

 

講義は、短くなった鉛筆どうしを、二種類の削り方ができる鉛筆削りを使って削り、ボンドで止めて長さを復活させたり、事務所のティッシュを二つに切って使える量を二倍にしたり。最後は、チラシの裏にボールペンで書こうとしたら、書けない時ってあるのですが、そんな時は四つ折りにしたテッシュの上を10秒ほどなぞると、なんとボールペンが書けるようになります。

 

松本タカオ(上田竜也)にしか書けないコピーを書いてくださいと言って、稲葉コウタ(重岡大毅)は帰っていきます。松本タカオ(上田竜也)しか書けいないコピーを書き始めた時、いつものお金が鳴る音が聞こえます。

 

翌日、桑田ケイゾウ(宇梶剛司)に大量に書いたコピーを見せる松本タカオ(上田竜也)。
自信満々だった松本タカオ(上田竜也)ですが、桑田ケイゾウ(宇梶剛司)にダメ出しのオンパレードでした。

 

貧乏くさい。タワーマンションのコピーなのに、これは無いと言われました。自分への投資を怠っていない?と桑田ケイゾウ(宇梶剛司)に言われる松本タカオ(上田竜也)。

 

今まで、松本タカオ(上田竜也)のやってきた節約術は全て桑田ケイゾウ(宇梶剛司)に見抜かれていました。桑田ケイゾウ(宇梶剛司)はロックを忘れてしまった松本タカオ(上田竜也)に幻滅してしまいます。

 

気を落とし、帰宅する松本タカオ(上田竜也)。
貯金300万円を貯めるのは程遠くなり、ショックを受けている時に、どこからともなく音楽が聴こえてきます。

 

よく見ると、そこにはフレディ・マーキュリーが見えました。
松本タカオ(上田竜也)は今までロックの神様は節約もロックだと言われてきました。
しかし、フレディ・マーキュリー(ロックの神様)は散財こそロックだといいます。
そして、それに影響した松本タカオ(上田竜也)はダッシュで家を出て、楽器やでギターを購入し、道端で叫びながらギターを弾いていました。

 

それを偶然見ていた会社の後輩リンちゃん。。。。。

ドラマ『節約ロック』5話で登場したつなぐ鉛筆削り・TSUNAGOが凄い

今回のドラマ『節約もロック』第5話で、稲葉コウタ(重岡大毅)が東進ハイスクールのパロディバージョンの節約講座『稲葉ハイスクール』で紹介していた、鉛筆削りのTSUNAGOが凄いんです。

 

短くなった鉛筆は基本捨ててしまうのですが、このTSUNAGOは短くなった鉛筆同士を繋ぐことで、また1本の鉛筆として再利用ができてしまう優れものなんです。

 

今では鉛筆を使う人が少なくなったかもしれませんが、シャープペンシルよりも書ける距離が長く、節約なら、シャープペンシルよりも鉛筆の方が断然節約になるんです。

ドラマ内でも紹介しているので、是非ご覧になってみてください。

 

ドラマ『節約ロック』の地上波放送後1週間以内はTverで、1週間以上経過している場合はHuluで視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Huluでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

Huluでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • 高嶺の花
  • 探偵が早すぎる
  • トドメの接吻
  • ゼロ一攫千金ゲーム
  • Missデビル
  • 獣になれない私たち
  • 今日から俺は!!
  • ドロ刑-警視庁捜査三課-
  • ブラック・スキャンダル

ドラマ『節約ロック』5話 感想

今回の第5話ですが、『稲葉ハイスクール』がメインでしたね!
今までもちょっとした節約術はありましたが、本格的に参考になる節約術は今回が初なのではないでしょうか?

 

テッシュも半分にカットして2倍使えるようにするとか、つなぐ鉛筆削り・TSUNAGOを紹介したりとか結構参考になった回でした。

 

ただ、ドラマの展開といえばせっかく節約に目覚めた松本タカオ(上田竜也)がフレディ・マーキュリー(ロックの神様)にそそのかされ、散財をまた始めてしまいました。

 

ダークサイドに落ちていくのか、それとも踏みとどまるのか気になるところです。そして、道端でギターを弾きながら叫ぶ松本タカオ(上田竜也)を見た会社の後輩『リンちゃん』は松本タカオ(上田竜也)に恋をする流れになるのかも。。。。という感じです。

 

第6話ではリンちゃんが松本タカオ(上田竜也)と一緒に暮らしましょと予告で言っていたのがめっちゃ気になります!

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪