2019年冬ドラマ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・三軒屋万智のLGBTに関する説明が素晴らしいと話題【あらすじ・ネタバレ&感想も】

家売るオンナの逆襲

2019年1月23日(水)に放送されたドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話はもうご覧になりましたか?

 

第2話では、家がなくネットカフェに住む人々に家を売る万智と留守堂の技が光る回でした。

 

今回はLGBTの人々が万智のお客さまになるようです。予告が公開された時点で話題になっていた、テーコー不動産・男性社員たちの女装はいつ活躍するのでしょうか。そして留守堂はなぜ万智の過去を知っていたのでしょうか。

 

それでは第3話のあらすじを見て行きましょう!

 

ちなみに、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話ネタバレをまだご覧になっていない場合はこちらから。

家売るオンナの逆襲
ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話 松田翔太の顎クイ!悩める千葉雄大に北川景子の名言が刺さる【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年1月16日(水)に放送されたドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話はもうご覧になりましたか? テーコー不動産・新宿営業所へ帰...

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・あらすじ

 

前作『家売るオンナ』を見逃した場合は動画配信サービスがオススメ

2019年冬にスタートする新ドラマ『家売るオンナの逆襲』をより楽しむ方法として、 前作の『家売るオンナ』をご覧になることをオススメします。

動画配信サービス『Hulu』2週間無料トライアルを利用することで、実質0円で全話10話が視聴可能です。

気になるドラマだけれど、前作知らないし・・・・という場合には、この機会に利用してみましょう。

気に入らなければ無料トライアル期間中に解約することで1円も料金は発生しませんし、 退会方法も煩わしい設定などなく、すぐに退会できます。

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。 最新の配信状況は『Hulu公式サイト』にてご確認ください。

家のないインターネットカフェの客に家を売るという奇想天外な発想で万智(北川景子)と通じ合い、その天才ぶりを披露した留守堂(松田翔太)。さらに屋代(仲村トオル)庭野(工藤阿須加)は、かつてホームレスをしていたことがある万智の過去をなぜか留守堂が知っていることに心を乱される。

そんな中、新宿営業所では現地販売ウィークを開催し、売りにくい3つの物件を分担して売ることに。足立(千葉雄大)布施(梶原善)は公道から奥まった場所にある竿についた旗のような形をした“旗竿地”の物件を担当するが、突然現れた万智が「この家はわたしが売ります!」と宣言!万智にライバル心を燃やす足立に近づいた留守堂は「三軒家さんから何かされたら、僕に言ってね」と話す…。

同じ頃、宅間(本多力)鍵村(草川拓弥)はスキャンダルで相撲界を追放された元力士の家を担当するが、無駄につくりが大きい家は一般人には向かないばかりか、験を担ぐ力士にも買い手がつかず大苦戦!そして、庭野は八戸(鈴木裕樹)と共に天井に照明用のバトンがついた元画家のアトリエを担当。訪れた客がゲイだったことで、新宿営業所ではLGBTが話題に上がる。

一方、現地販売を布施に任せ、担当客の真島みどり(沢井美優)車田智代(芳野友美)の内見案内をしていた足立は、二人がレズビアンであることが理由で売主から家の購入を断られてしまう。新しい物件を提案する足立だが、万智は自分が家を売る、とまたしても横取りを宣言!ストレスを抱える足立は留守堂を頼り…。
そんな中、庭野はキャリアウーマンの木村真奈美(佐藤仁美)から夫・剛史(池田鉄洋)と娘の三人で住む家を相談される。忙しい夫から家探しを任されているという真奈美だが、万智はなぜか庭野を連れて仕事帰りの剛史を尾行。自宅ではないアパートの一室に入って行く姿を目撃する。

不倫を確信する庭野だが、部屋を訪ねた二人の前に姿を現したのはなんと女物の着物を着た剛史…! 実は剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも社会的には男性として生きてきたトランスジェンダーだった。女性として生きたいという剛史の気持ちを受け入れられない真奈美は、家を買いローンを組むことでなんとか家族の関係を続けたいと思っていたのだが…。出口の見えない夫婦関係に、万智が提案する驚きの家哲学とは…!?そして、万智に忍び寄る留守堂もまた、意外な方法で家を売ろうとしていた…!!
引用:公式サイトより

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・ネタバレ

万智(北川景子)が昔ホームレスだったことをなぜか知っていた留守堂(松田翔太)。バー『ちちんぷいぷい』に居合わせた屋代(仲村トオル)、庭野(工藤阿須加)、白洲(イモトアヤコ)は心を乱されていました。なぜ留守堂が知っていたのか、3人は見当もつきません。

 

テーコー不動産・新宿営業所では、現地販売で3件の売りにくい家を売ることになりました。旗竿地(公道から奥まった場所にある、竿についた旗のような形をした土地)にあり日当たりも悪く再建築不可の物件、元大関が住んでいた何もかも造りが大きい物件、元画家のアトリエで照明を吊っていた梯子のようなものが少し邪魔になっている物件を売らなければなりません。旗竿地を足立(千葉雄大)と布施(梶原善)、元力士の家を宅間(本多力)と鍵村(草川拓弥)、元画家の家を庭野と八戸(鈴木裕貴)が担当することになりました。

 

旗竿地で足立が現地販売をしていると、とつぜん万智がやってきて「この家は私が売ります!」と宣言しました。留守堂も足立の様子を見にきて、「三軒屋さんに何かされたらすぐに言ってね」と声をかけていきます。

 

元力士の家では、内見しに力士の客が来ましたが、前に住んでいたのが不祥事を起こした力士だと分かると「縁起が悪い」と言って購入をやめてしまいました。家の造りが大きいために一般人には使い勝手が悪いため、売るのに苦戦してしまいます。

 

元画家の家は、現地販売を訪れたゲイの客が購入を決めていきました。その報告を聞いた新宿営業所ではLGBTが話題に上がります。その時、営業所に家族3人で住む家を探しに木村真奈美(佐藤仁美)が訪れ、庭野が担当することになりました。

 

内見のアポがあった足立は現地販売を布施に任せ、真島みどり(沢井美優)車田智代(芳野友美)を案内していました。しかし、2人がレズビアンだと知ったマンションのオーナーから購入を断られてしまいました。営業所に戻り、新しい部屋を提案する足立でしたが、またしても万智が現れて「自分が家を売る」と宣言しました。不服な足立は留守堂に連絡し、留守堂は足立を手伝いに来ました。

 

万智と庭野は真奈美の夫・剛史(池田鉄洋)の会社を訪れました。受付で剛史を呼び出し、顔を確認した万智と庭野は、会社から出て来た剛史のあとを尾行しました。剛史は家とは違うマンションへ入って行きました。ベランダには女性の下着が干してあります。浮気を疑う庭野でしたが、万智は構わず剛史が入っていった部屋のインターホンを押しました。

 

部屋から出て来たのは女性の姿をした剛史でした。トランスジェンダーの剛史は会社帰りに、家に帰る前に女性として過ごす時間を作っていました。真奈美は剛史がトランスジェンダーであることは知っていますが、家を買ってローンを組むことで剛史に男性のままでいてもらおうと考えているようです。

 

営業所に戻った万智は、帰ろうとする庭野、鍵村、宅間、八戸を呼び止めてスリーサイズを申告するよう命じました。家を売るために必要だと言うのです。

 

翌日、万智は真奈美と剛史を元力士の家に案内しました。そこには女装した庭野、鍵村、宅間、八戸も案内役として来ていました。その様子に嫌悪感を示す真奈美と剛史でしたが、どうやら真奈美と剛史はお互いのことを理解しあい、助け合って生きていくには問題がないようです。2人が気にしているのは娘がショックを受けるのではないかということでした。しかし万智は、娘が剛史のトランスジェンダーに気付き、なんの偏見も持っていないことを知っていました。そのことを知った真奈美と剛史は安心し、元力士の家を購入することに決めました。

 

万智は庭野に報告を任せ、旗竿地の家に向かいました。すると中にはすでに真島・車田カップルを足立、布施、留守堂が案内していました。足立の案内では足りない部分を、留守堂が万智の言葉を借りつつ2人を説得し、真島・車田カップルは家の購入を決めました。

 

留守堂に惹かれている足立は、家を売る手伝いをしてくれたお礼を伝え、なぜ自分に良くしてくれるのか尋ねました。すると留守堂は「三軒屋さんの気を引きたいから」と答えました。留守堂は“三軒屋万智研究家”なのだそうです。万智は留守堂のことを知らないと言っていますが、なぜ留守堂は万智に近づこうとするのでしょうか…。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・三軒屋万智のLGBTに関する説明が素晴らしいと話題

 

テーコー不動産でLGBTについて研修があったという屋代でしたが鍵村の質問に答えられず…。すかさず口を挟んだ万智の説明が分かりやすいと話題になっていました。
万智のハッキリとした口調で「誰の命も同じ重さだ」と言われると心に刺さります。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・留守堂と足立の恋が加速する?

恋する足立が止まらないですね!第3話でも留守堂にドキドキしているシーンがたくさんありました。

 

そして最後には万智の気を引きたいと言う留守堂の言葉にショックを受けていましたね。果たしてこの恋は実るのでしょうか?

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・セーラー戦士の共演に注目

かつてセーラー戦士として共演していた北川景子さんと沢井美優さん。
久しぶりの共演だったようですね。

 

万智が家を売るのかと思いきや、留守堂が間に入ってしまったのでそこまで長い共演シーンはありませんでしたが、なんだか感慨深いと懐かしむ声が多くあがっていました。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話・感想

「人の心は理解できなくて当たり前」という言葉がキーワードだったように思います。
男と女などに縛られるのではなく人と人として付き合うというのは大事だなと改めて感じました。

 

第3話で出て来た人々は優しい心の持ち主ばかりでした。相手のことを思いやっているのが伝わって来ました。

 

留守堂に関してはまた謎が増えましたね。“三軒屋万智・研究家”とはどういうことなのでしょうか。

 

第4話の予告で万智が「負けた」と言っていますが、留守堂に負けたのでしょうか?
次回の放送も楽しみに待ちましょう!