2019年冬ドラマ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話 松田翔太の顎クイ!悩める千葉雄大に北川景子の名言が刺さる【あらすじ・ネタバレ&感想も】

家売るオンナの逆襲

2019年1月16日(水)に放送されたドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話はもうご覧になりましたか?

 

テーコー不動産・新宿営業所へ帰ってきた万智と屋代課長。早くも営業所のメンバーは万智のペースに巻き込まれていましたね!謎の男・留守堂の出現や、屋代課長との結婚生活も垣間見える今作は、前作からかなりパワーアップしているように感じます。

 

第2話では、万智はどんな家を売るのでしょうか?

 

ちなみに、『家売るオンナの逆襲』第1話ネタバレはこちらからご覧になれます。

家売るオンナの逆襲
ドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話 あらすじ・ネタバレ&感想【千葉雄大と松田翔太の恋の行方が気になる】2019年1月9日(水)にスタートとなったドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話はもうご覧になりましたか? 2016年に放送された『家売る...

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話・あらすじ

万智(北川景子)の前に突如現れ、お客を奪った新たな家売る天才・留守堂(松田翔太)!最終的には万智が鮮やかに家を売ったものの、ミステリアスな留守堂の登場に新宿営業所はざわついていた。

そんな中、気まぐれな高齢のひとり客・神子巴(泉ピン子)に振り回される庭野(工藤阿須加)は決まりかけた契約をドタキャンされ、神子の家探しのために残業の毎日を送る。そして、ちちんぷいぷいにはフェンシング帰りの足立(千葉雄大)と留守堂が来店。店で顔を合わせた屋代(仲村トオル)は、にこやかな留守堂に何か不穏なものを感じるが、話題は万智が会社で鼻歌を歌っていたことへ。鼻歌のメロディーを聞いた留守堂は何かに気づいた様子だが…。その夜、終電を逃してしまった庭野は生まれて初めて訪れたインターネットカフェの狭い個室で隣室のいびきに苛まれ、眠れぬ一夜を過ごしていた。

翌日、苦労して見つけた物件を神子に案内する庭野だが、この日も神子は首を縦に振らず…。しかし、突然現れた万智が「何を恐れているのでしょうか?」と意味深な言葉をかけると自分が神子に家を売ると宣言!

その夜、神子に付き合わされる庭野は行きつけの店に連れて行けと迫られちちんぷいぷいへ。仲良く来店していた留守堂と足立まで巻き込み酒を楽しむ神子だが、家まで送るという庭野の言葉に、なぜか怒りだして一人で帰ってしまう…。一方、スーパーマーケットでは、インスタントラーメンを物色していた屋代が、仕事の合間に買い出しに来ていた万智と鉢合わせる。万智の本格的すぎる手料理に疲れていた屋代は家庭の在り方を巡って万智と議論をするものの、二人の会話はどこか噛み合わず…。
再び終電を逃した庭野はその夜もインターネットカフェへ。一人用の個室を選ぼうとしたその時、突然万智が現れカップルシートに泊まるよう指示する!!狭い部屋に万智と二人、あまりの緊張に鼻血を出した庭野だが、シャワールームに向かおうとすると、なんと常連風情の神子に遭遇する!!十分な預金を持っているはずの神子は実は訳あってネットカフェの住人だったのだ!さらに、混乱する庭野の前に現れたのはまたしても留守堂!気まずさから個室にこもってしまった神子だが、独自の家哲学を披露する留守堂に心を開き…。果たして万智は宣言通り、神子の家探しに終止符を打つことができるのか!?
引用:公式サイトより

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話・ネタバレ

テーコー不動産・新宿営業所では、庭野(工藤阿須加)が屋代(仲村トオル)に契約決定の報告をしていました。しかし、いざ契約書にサインをするというタイミングで、庭野が対応していた神子巴(泉ピン子)が契約をやめると言いだしました。紹介する物件がないなら他の不動産屋に乗り換えると言う神子に慌てる庭野と屋代。神子は明日までに20件物件を用意するよう言い残して帰って行きました。神子の帰り際に営業所に戻ってきた万智(北川景子)は、事務所で神子が歌っていた鼻歌を歌い、またすぐに出かけて行きました。

 

フェンシング帰りの足立(千葉雄大)と留守堂(松田翔太)は、足立の行きつけのバー「ちちんぷいぷい」に寄りました。そこへ屋代と布施(梶原善)がやってきました。留守堂は屋代が万智の夫であることを知っており、屋代は笑顔の留守堂になんとなく不穏なものを感じ取りました。話題が万智の鼻歌に及び、そのメロディーを聞いた留守堂はすぐに帰って行きました。

 

万智が例の鼻歌を歌いながら歩いていると、留守堂が同じ鼻歌を歌いながら近づいてきて「シーラカンスですね」と言って去って行きました。

 

神子の要望に応えるべく残業をしていた庭野は終電を逃し、ネットカフェ「シーラカンス」で周りの話し声やいびきで眠れぬ夜を過ごしました。翌日、神子と物件をまわっていると万智が現れ、神子に「何を恐れているのでしょうか?」と問いかけました。そして万智は、神子には自分が家を売ると宣言しました。

 

家探しを万智に任せて庭野を連れ回した神子は「ちちんぷいぷい」へやってきました。先に足立と留守堂も来ており、2人も巻き込んで飲んでいるうちに閉店の時間がやってきました。神子を家まで送ろうとする庭野でしたが、神子はなぜか急に怒って帰ってしまいました。そしてまた終電を逃した庭野はネットカフェ「シーラカンス」へ。シングルの個室を選ぼうとすると、突然万智が現れてカップルシートにするよう指示してきました。

 

狭い空間で万智と一緒にいるおかげで鼻血を出してしまった庭野は、万智にシャワー室に行くよう言われました。そこで庭野は神子と遭遇!神子が首にかけていたタオルの柄で、昨夜「シーラカンス」の隣の個室でいびきをかいていたのが神子だと気づきました。庭野は神子に声をかけましたが、神子は個室にこもってしまって出て来ません。すると留守堂が別の個室から出て来ました。留守堂もこのネットカフェに30連泊中だったのです。

 

留守堂は庭野を自分の個室に招き入れ、家に関する独自の理論を話しました。するとその会話を聞いた神子が、留守堂の個室を訪ねて来ました。神子がネットカフェに住んでいたのは、もともと住んでいたアパートの取り壊しが決まり、部屋を探したものの「孤独死されたら困る」という理由で断られ続けていたからだったのです。その話を聞いた庭野は家を売ることを諦めて神子が生活するのに合った場所を探すことにしましたが、万智に「優しさだけでは家は売れない」と言われてしまいました。

 

翌日、庭野は神子を老人ホームへ案内しました。しかし神子は嫌がりネットカフェへ帰りました。しかし、ネットカフェの受付には「あと3日で閉店する」というオーナーからの張り紙が貼ってあります。オーナーを説得するよう訴える神子のところへ、万智がやってきました。なんと万智がポケットマネーを使ってこのネットカフェを買い取り、オーナーになっていたのです。そして万智が「この場所は吹き溜まりだ」と厳しい言葉を並べ、それに神子が反論すると、万智は神子に「ここを買い取ってオーナーとなり、吹き溜まりの殿堂を作れば良いのです」と伝えました。その会話を聞いていたネットカフェの住人たちは、神子がオーナーになることを望み、神子はネットカフェを買い取ることを決めました。

 

万智と庭野が営業所に戻ると、預金がなくなっていることに慌てふためいた屋代が騒いでいました。しかしネットカフェを神子に売った万智は預金を600万円上乗せして戻したことを屋代に報告し、屋代はさらに驚きました。

 

神子はインターネットカフェ「ばばあ」を開店させ、大繁盛させていました。庭野が神子の様子をうかがいに行くと、万智もやって来ました。そして万智は、ネットカフェで出会って結婚することになった2人に家を売りました。「ネットカフェは宝の山」。万智はネットカフェを泊まり歩き、顧客となりそうな住人を見て回っていたという話を神子から聞いた庭野は驚きました。しかし留守堂も同じことを言っていたのを思い出し、留守堂の本当の目的にやっと気づいた庭野は、万智に「だからお前は家を売れない!」と怒られてしまいました。

 

「ちちんぷいぷい」で庭野は屋代にその話をし、留守堂は油断ならないと言っていると、留守堂がやって来ました。万智の手料理が凝りすぎている話でごまかす2人は、万智の生い立ちが複雑だから表現が特殊なのだろうかと話していると、留守堂は万智の過去を知っているような発言をしたため、屋代と庭野は驚きました。

 

そんなことはつゆ知らず、万智はスーパーで屋代のための焼きそばを選んでいました。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話・松田翔太の顎クイ!悩める千葉雄大に北川景子の名言が刺さる

今週もありましたね!千葉さんと松田さんの意味深な絡み…。
留守堂がどういうつもりで足立に迫っているのか?はわかりませんが、足立は見事にときめいていますよね。

 

そしてその悩みを打ち明ける相手が万智で、的確なアドバイスに前向きになる足立がとても可愛らしかったです(笑)
第2話では千葉さんお得意の、あざとかわいいMAX!な表情もたくさん見ることができましたね♪

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話・予告に映るセーラー服姿の草川拓弥に騒然

第3話の予告で一瞬映った姿も見逃さない!セーラー服姿の草川さんの可愛さが話題になっていましたね。
北川さんとのツーショットも素敵です。

 

第3話ではLGBTがテーマのストーリーになりそうですが、その流れで女装されているのでしょうか。
草川さんもとても可愛いのですが、個人的に工藤さんのCAさん?もなかなか素敵だなと思っています(笑)

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第2話・感想

第2話も爽快な家の売り方でした。ゲスト出演の泉ピン子さんがさすがの存在感で、
ネットカフェを買う直前の「吹き溜まりは必要だ」というピン子さんのセリフは重みがありました。

 

目的がよくわからない万智の行動ですが、最後に解き明かされるとスッキリしますよね。無表情で気持ちが読めないようなところもありますが、屋代と料理について言い合いをしているシーンでは「あ!今ちょっと怒った!」というのも分かったりして、万智の人間らしいところが垣間見えてかわいいです。

 

そして毎週恒例になりそうな足立と留守堂の絡みですが、どこへ向かっていくのかしっかりと見届けたいと思います!
第3話もすでに気になるシーンが映っていましたが、万智はどんな方法で家を売るのでしょうか。次回も楽しみですね♪