ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話あらすじ【愛する義姉は一年後に亡くなってしまう…。禁断のラブストーリーがついに幕を開ける!】

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話あらすじ【愛する義姉は一年後に亡くなってしまう…。禁断のラブストーリーがついに幕を開ける!】

2019年10月11日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話はもうご覧になりましたか?

福士蒼汰さん演じる主人公・みことと、菜々緒さん演じるみことの義姉・沙羅の禁断のラブストーリーがついにスタートいたしました!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・動画見逃し配信・無料視聴方法】

 

ドラマ『4分間のマリーゴールド』1話~最新話はParaviでご覧頂けます。
2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

2週間無料でParaviを利用する

無料おためし2週間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2020年20年3月時点のものです。
最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話のあらすじ

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。

家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。

義姉・沙羅を愛してしまったのだ。 血は繋がらないとはいえ、戸籍上姉である沙羅への気持ちを必死に抑えるみことだが、その想いは日々募るばかりだった。

ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。 思わずみことが男性と手を合わせると、無情にも亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。

運命を変えたい一心で、ビジョンと違う行動を試みるみこと。すると患者の意識が戻り、一命をとりとめたのだった。 初めて死の運命を変えることができたと、興奮するみこと。

しかし数週間後、救急要請で向かった先は、同じ患者のアパートで…

“生”と”死”に向き合うみことと、義姉・沙羅との禁断のラブストーリーが幕を開ける!

引用・公式サイト

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話・ネタバレ

救急救命士の花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の最期の光景、すなわち「死の運命」がみえてしまうという特殊な能力を持っています。

みことはあらゆる手を尽くして救おうとするのですが、「死の運命」がみえてしまった人物はいつも必ずその運命が現実となってしまうのでした。

そんなみことは、9歳の時に男手一人で育ててくれた父の再婚によって義兄・廉(桐谷健太)、義姉・沙羅(菜々緒)、義弟・藍(横浜流星)と兄弟になり、一つ部屋の下で暮らしています。

父は再婚後間もなくして亡くなってしまい、母は仕事が忙しく家を不在にしがちですが、兄弟は皆仲良く、毎日賑やかで楽しい日々を送っているのです。

しかしみことは誰にも言えない秘密を抱えていました。

それは義姉・沙羅(菜々緒)を愛してしまったことです。

とある日、みことが出勤すると、先日「死の運命」がみえてしまった患者がやはり亡くなってしまったことを知り落ち込みます。

すると救急要請が入ったため、みこと達は急いで患者の元へと向かいます。

そこでは一人暮らしの74歳の男性が倒れており、訪ねてきた息子さんが必死に心臓マッサージを施していましたが、意識がありませんでした。

その男性はみことの父の死因と同じ心筋梗塞の疑いがあり、急いで病院に救急搬送することになりましたが、みことが男性と手を合わせると「死の運命」がみえてしまったため、みことは運命を変えたいがために通常とは違う行動を試みることにします。

すると男性の意識が戻り、一命を取り留めたのでした。 みことは初めて運命を変えることが出来たので、喜びで心が満たされます。

週末、兄弟皆で父のお墓参りに行くことになりました。

沙羅は「一緒に暮らした期間は短かったけど、みことのお父さん好きだったなあ」と思い出に浸ります。廉も藍もみことの父を本当の父のように慕っており、皆でお墓を綺麗にし、手を合わせました。

みことは父が亡くなった日のことを思い出し、何も出来なかった自分を悔やみます。

「生きていて欲しかった」と呟くみことに「みことは偉いね。そうやっていつもみことは誰かのために苦しんでる。誰かのためになろうって思っている。私はみことのそういうとこ尊敬してる。」と沙羅は言い、みことは「それは俺が弱いからだよ。でもそれでも誰かのためになろうと思うのは、姉さんのおかげ。」と話します。

父が亡くなって悲しんでいる幼いみことを沙羅が抱き締めて力強く励ましたことがあり、それがきっかけでみことは救急救命士を目指したのでした。

その夜、みことは沙羅の自室に呼ばれ、絵のモデルを頼まれます。 沙羅は今まで描いたみことの絵を見せ、二人で懐かしいと笑い合います。みことは沙羅への想いが募るばかりでした。

翌日、みことが出勤すると救急要請が入りました。するとその場所は、先日みことが運命を変えたと思った心筋梗塞で倒れた74歳の男性の自宅でした…。

急いで駆けつけると、男性は意識不明で倒れていました。

みことは何とか男性を助けたいと必死に手を尽くすのですが、みことの思いも空しく男性は亡くなってしまいました。

「結局運命を変えられなかった」とみことは酷く落ち込みます。

実はみことには、「死の運命」がみえてしまった相手の運命を絶対に変えたい、変えなければならない理由があったのでした…。

仕事の後、みことは車で一人で海へ行き、帰りが遅いと心配した沙羅からの電話にも出ませんでした。

長い時間一人で海を眺めていると、沙羅がやって来て「やっぱりここにいたのね」とみことに声を掛けます。

みことは小さい頃から落ち込むといつもこの場所に来ており、沙羅はその度にみことを見つけに来てくれていたのです。

みことは沙羅に救いたいのに救えない命があることを嘆き、そんなみことを沙羅は抱き締め、幼い頃のように「大丈夫、みことなら大丈夫だよ」と励まします。

翌日。今日は沙羅の27歳の誕生日です。

藍は沙羅のためにケーキを作り、廉も今日は仕事を同僚に代わってもらい、まったりビールを飲んでます。

みことはマリーゴールドの花束に買いに行き、沙羅にプレゼントしました。みことは毎年沙羅にマリーゴールドをプレゼントしているのです。

兄弟四人で沙羅の誕生日を祝い、楽しい時間を過ごしました。

その夜、みことは沙羅に「初めて会った日のこと覚えてる?」と聞き、沙羅は「覚えてるよ!兄弟が増えることが嬉しかったから」と微笑むのですが、みことは複雑な表情を浮かべます。

実は二人が初めて会った日、みことはひょんなことから沙羅と手を合わせ、沙羅の「死の運命」がみえてしまっていたのです…。

みことは再び沙羅と手を合わせ、1年後の28歳の誕生日に沙羅が死ぬ光景をみます。

しかしみことは「絶対に諦めない。愛するこの人を死なせない。」と心に誓うのでした。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話・ネット上の感想

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話・感想・考察

福士蒼汰さん演じる主人公と菜々緒さん演じる義姉との禁断のラブストーリーがついに始まりましたね!

菜々緒さんがナチュラルメイクでいつもと異なる柔らかい雰囲気だったので、まずそこに驚きつつ、菜々緒さんってナチュラルメイクでも驚異的な美しさだなと圧倒されました。

スタイル半端なく良いですし、菜々緒さんが画面に映るたびに惚れ惚れしてしまいました…。

物語もとても面白かったです!「死の運命」がみえるという特殊な能力を持つ主人公・みことが、なんとかその運命を変えたいのに変えることの出来ない無念さや心の葛藤が描かれており、切なくなりました。

でも物語最後では、愛する義姉・沙羅の「死の運命」に向き合い、絶対に沙羅を死なせないという決意をしていたので、なんとか沙羅を救って欲しいなあと思います。

沙羅の亡くなる運命の日まであとたった一年しか時間がないですが、一体どんな結末を迎えるのか気になって仕方ありません。

また、廉と藍もとても良いキャラクターでしたね。

廉は「自分は長男だからしっかりしないと」という意識がとても強く、多分兄弟の中で一番家族思いだと思います。廉かっこよくで好きです。

藍はまだ高校生ですがクールでちょっとツンデレな性格で、料理が抜群に上手くてとっても可愛らしい子でした。

この4兄弟の顔面偏差値の高さすごいですよね。

なんだかこのドラマは物語自体も面白いですが、役者さん達の見た目が良すぎて目の保養にもなります。

私は原作の漫画未読なので、今後どういう展開になっていくのかとても楽しみです!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話・あらすじ

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。 みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。 なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。

しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

引用・公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA