主題歌・歌詞

ドラマ『同期のサクラ』主題歌や歌詞と発売日を紹介【森山直太朗・さくら(二〇一九)】

ドラマ『同期のサクラ』主題歌や歌詞と発売日を紹介【森山直太朗・さくら(二〇一九)】

2019年10月9日(水)より、日本テレビ系水曜ドラマ枠にてドラマ『同期のサクラ』がスタートとなりました。

ドラマ『同期のサクラ』は脚本家の遊川和彦さんのオリジナル作品で、大手ゼネコンに入社した高畑充希さん演じる主人公・北野サクラが、自分の故郷の島と本土との間に橋を架けるという夢を果たす10年間の物語です。

すでに第1話が放送されましたが、入社したてのサクラがマイペースを貫いて事件を起こしていましたね。1話で1年ずつストーリーが進み、10年間を描いていくようですが、はじめは戸惑っていた同期メンバーも少しずつ“忖度できない性格”のサクラに心を動かされていきそうです。

今回は、そんなドラマ『同期のサクラ』の第1話でサプライズ発表された主題歌や歌手、歌詞などについてまとめていきたいと思います。

ドラマ『同期のサクラ』主題歌はどんな曲?

ドラマ『同期のサクラ』の主題歌を担当するのは『森山直太朗』さんで、曲名は『さくら(二〇一九)』です。

『さくら(二〇一九)』は、2002年に発表された森山直太朗さんの『さくら』の歌詞世界がドラマ『同期のサクラ』と共鳴するため、「“今”の歌唱で主題歌提供してほしい」とドラマ制作陣が熱烈にオファーをしたことから実現しました。アレンジは数々の映画音楽を手がけている世武裕子さんが担当し、2019年の“今”だからこその歌唱とアレンジによって『さくら(二〇一九)』が生まれました。

この『さくら(二〇一九)』の主題歌起用について、森山直太朗さんは

「さくら」はかれこれ20年ほど前に作られた曲です。
独唱、合唱など、折に触れ、たまに形を変えながら歌い続けてきました。
そんな年月を経て、生まれ変わった今の「さくら」を聴いていただけることは、歌い手にとってこの上ない喜びです。
元号も変わった新しい時代の幕開けに、この曲に光を当ててくださったドラマのスタッフの皆さんと、編曲をしてくれた世武裕子さんには感謝の言葉しかありません。
主人公サクラとその仲間たちが駆け抜けた季節に、この曲がどんな風に折り重なるのか今からとても楽しみです。
改めまして「さくら(二〇一九)」これからもよろしくお願いいたします。

引用:公式サイト

というコメントを発表しています。

さらに、プロデューサーの大平太さんも以下のコメントを発表しています。

この企画を思いついた時に、勝手に直太朗さんの「さくら」が鳴っていたんです。
でも、森山さんの代表作でもありますので、無理を承知でご本人とお会いして、
僕の思いを伝えました。直太朗さんが、「とても大切に16年間歌って来た曲ですが、
今の僕にしか歌えない『さくら』があるはずです」と快諾してくれました。
新しく生まれ変わった「さくら(二〇一九)」を初めて聞いた時、僕達の主人公・サクラを
応援してくれているかのようで、久しぶりに心が震えました。

引用:公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』主題歌を歌う『森山直太朗』とは?

https://twitter.com/sebuhiroko/status/1181933320151519233?s=20

ドラマ『同期のサクラ』の主題歌を歌うのは『森山直太朗』さんです。

まずは、森山直太朗さんのプロフィールをご覧ください。

生誕:1976年4月23日(43歳)
出身地:東京都渋谷区
学歴:成城学園初等学校、成城学園中学校高等学校、成城大学経済学部(1999年卒業)
ジャンル:J-POP、フォークソング、フォークロック
職業:シンガーソングライター
活動期間:2001年 –
レーベル:ユニバーサルJ(2002年- 2006年)、NAYUTAWAVE RECORDS(2007年 – 2014年)、EMI RECORDS(2014年 – )
事務所:セツナインターナショナル
共同作業者:御徒町凧

引用:Wikipedia

森山さんは、歌手の森山直子さんと元グループサウンズのジェームス滝さんの息子として東京都渋谷区に生まれました。成城学園高等学校、成城大学を卒業しました。学生時代はプロを目指すほどサッカーがうまく、歌手になることは考えていなかったそうです。しかし、大学在学中から井の頭公園でギターの弾き語りをするようになり、それが歌手へのきっかけとなったようです。

2003年に発売した2ndシングル『さくら(独唱)』は、友人の結婚がきっかけで作られた曲です。森山さんは自身の最大のヒット曲となったこの曲で紅白歌合戦初出場を果たしました。

『さくら(独唱)』の大ヒットでブレイクした森山さんは、2005年に開幕した愛知万博の閉会式テーマソングを母の森山良子さんに提供し、同年の紅白歌合戦に出場した際に「さとうきび畑」で親子共演し、話題となりました。

その後、平成18年度第73回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲「虹」を共同制作者の御徒町凧さんと作詞作曲したり、2008年には『第50回日本レコード大賞』にて「生きてることが辛いなら」で作詞賞を受賞するなどの活躍をみせます。

森山さんは映画への楽曲提供や音楽監督、俳優など活躍の場を広げていきますが、2015年に半年間、活動小休止しました。

プライベートでは2018年にピアニストの平井真美子さんと結婚しています。異父姉にマネージャーの森山奈歩さん、義兄におぎやはぎの小木博明さんがいるのも有名です。

ドラマ『同期のサクラ』主題歌の発売日は?

『森山直太朗』さんの最新曲『さくら(二〇一九)』の発売日は未定となっております。情報がわかり次第、随時更新いたします。

ドラマ『同期のサクラ』主題歌の歌詞は?

やはり気になるのが主題歌の歌詞ですよね。

そこで「歌詞世界がドラマの内容に共鳴する」と制作陣が太鼓判を押している『さくら(二〇一九)』の歌詞を調べてみました!

こちらのブログで歌詞を掲載していますので、『さくら(二〇一九)』の歌詞をご覧になってください。

『さくら(二〇一九)』歌詞掲載ブログへ

まとめ

ドラマ『同期のサクラ』の主題歌、『森山直太朗』さんの最新曲『さくら(二〇一九)』の歌詞や、発売日情報などについてご紹介してきました。

ドラマ『同期のサクラ』は主人公・サクラが社会人になり、故郷の島と本土を繋ぐ橋を架けるという夢を叶えるストーリーです。“忖度できない性格”のサクラに振り回されながらも少しずつ影響されていく同期の仲間たちや会社の上司など個性豊かなキャラクターが多く登場します。

主題歌の『さくら(二〇一九)』は森山さん最大のヒット曲『さくら(独唱)』を元に、「歌詞の世界観がドラマと共鳴する」ことからオファーを受け、森山さんが“今”の歌唱とアレンジで歌った曲です。第1話でサプライズ発表されましたが、曲が流れた時には思わず気持ちが高まって涙を流してしまいました。

今後の放送でもドラマを盛り上げてくれること間違いなしの曲です!次回以降の放送も待ち遠しいですね♪