この記事を書いた人:りんない

2019年1月19日(土)夜10時から日本テレビ系新土曜ドラマにて『イノセンス~冤罪弁護士~』が放送されることが決定しました。

 

無実なのにも関わらず、犯罪者として扱われてしまう冤罪…
若き弁護士が、身近に潜んでいる冤罪の犠牲となってしまった人たちを救うヒューマンリーガルドラマとなっている今作。

 

有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判でどのような奇跡を起こしていくのでしょうか?

 

今回は『イノセンス~冤罪弁護士~』で黒川拓役を演じる坂口健太郎さんにスポットを当てていきましょう!

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』黒川拓役を演じる坂口健太郎さんとは?

まずは、坂口健太郎さんのプロフィールをご覧ください。

本名:坂口健太郎(さかぐち・けんたろう)
生年月日:1991年7月11日(27歳)
身長:183 cm
血液型:O型
趣味:読書
出身地:東京都
活動期間:2010年〜
所属:トライストーン・エンタテインメント

Wikipediaから引用

坂口健太郎さんの本名について調べたところ、本名も“坂口健太郎(さかぐち・けんたろう)”さんというそうです。

 

坂口さんは、2010年に自ら『MEN'S NON-NO モデルオーディション』に応募し合格。
モデルとして2017年まで7年間専属モデルとして活動しました。

 

また2014年に映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビューを果たし、それ以降俳優としての活動も始めます。

 

翌年にはTBS金曜ドラマ『コウノドリ』で連続ドラマ初出演をし、2017年に出演した映画『64-ロクヨン- 前編/後編』では、第40回日本アカデミー賞・新人俳優賞と、第41回エランドール賞・新人賞を受賞しました。

 

最近では、映画『今夜、ロマンス劇場で』『人魚の眠る家』、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』に出演しています。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』に出演する坂口健太郎さんの役どころは?

今回『イノセンス~冤罪弁護士~』で坂口さんは、保駿堂法律事務所に所属している弁護士・黒川拓(くろかわ・たく)を演じます。
冤罪弁護を積極的に行い、何度か勝利した実績も持っているという役どころのようです。

 

公式サイトで坂口さんはコメントを発表しています。

❝『“弁護士”が“科学の検証”を使って冤罪を晴らす』。
初めてお話をいただいた時は、少し難しい作品になるのかと思ったのですが、台本を読み、字で追うだけでイメージがスッと入ってくるぐらい、わかりやすく面白い作品です。

弁護士役ということで、法廷へ見学に行ったりしながら雰囲気を味わい役作りに臨んでいますが、僕が演じる拓は、ビシッとしたイメージ通りの弁護士ではなく、少し風変わりな弁護士で、視聴者の皆さんにもどこか共感できる部分があると思います。

各話のテーマも、身近に潜む「冤罪」、誰にでも起こりうる出来事を扱っていますので、是非、拓と一緒に物語を体験していただけたら嬉しいです。❞

公式サイトから引用

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』に出演する坂口健太郎さんの演技力は?

坂口健太郎さんの演技力について調べてみたところ、演技力の評価は両極端に分かれているようでした。
泣きの演技に対しては特に厳しい意見が目立ちましたが、坂口さんの印象が悪いという意見は見られませんでした。

 

しかし、最近の作品では演技力に対して高評価のものが多かったです。
俳優デビューした2014年から時間が経ち、実力が身についてきたのではないでしょうか。
2017年に放送されていたドラマ『東京タラレバ娘』や『ごめん、愛してる』などからは高い評価の意見が目立ちました。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』に出演する坂口健太郎さんのネット上での反応は?

https://twitter.com/trtn_suga/status/983686953949278208

まとめ

坂口健太郎さんは、モデル出身で今期待の若手俳優さんです。
『シグナル』でドラマ初主演をするなど、どんどん実力をつけてきている坂口さん。
今回のドラマでは冤罪の被害にあった被害者たちを、どのように助けていくのか楽しみですね!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事