2019年冬ドラマ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話・缶コーヒーを受け取る高畑充希が涙を誘う【あらすじ・ネタバレ&感想も】

メゾン・ド・ポリス

2019年1月25日(金)に放送されたドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話はもうご覧になりましたか?

 

第2話では小学校のPTAが舞台となり、メゾンのおじさまたちと殺人事件の真相解明したひより。そんなひよりは、どうやら小さいころに何か事件に巻き込まれたことがあるようです。そしてその事件にメゾンのおじさまたちも関わっているようです。

 

少しずつメゾンのおじさまたちと息のあった捜査をするようになってきたひよりですが、
第3話ではどのような事件を解決していくのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話ネタバレはこちらからご覧になれます。

メゾン・ド・ポリス
ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話・西島秀俊の「結婚するぞ」がパワーワードすぎる【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年1月18日(金)に放送されたドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話はもうご覧になりましたか? 柳町北署の新人刑事・牧野ひより...

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話・あらすじ

柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。猫の死体に青いペンキがかけられており通称「青猫事件」と呼ばれていた。

刑事課長の新木(戸田昌宏)からこの事件の捜査をメゾンに回すよう指示されたひより(高畑充希)は事件のあらましを説明するが、当のおじさまたちは全くやる気を示さない。そこに区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)がやってきた。青猫事件を誌面で取り上げたところ犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれずメゾンに相談に来たのだという。すると藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で青猫事件の捜査をすることに。

その夜、ひよりはあきれながらも事件現場を訪れる。しかしそこで、猫の死体でも犯人でもなく、なんと青いペンキがかけられた人間の死体を発見してしまう。遺体発見の報を受け臨場した新木課長は居合わせたメゾンの先輩たちを露骨に煙たがる。そして嫌味を言われた夏目(西島秀俊)は、殺人事件は任せるが青猫事件のホシはこちらで追うと宣言する。

しかし、署に戻ったひよりは新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられ…。
引用:公式サイトより

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話・ネタバレ

メゾンでは、ひよりがおじさまたちに“青猫事件”について話をしていました。北柳署管内のマンション建設予定地に住みついた猫が殺害され、青いペンキをかけられているという事件です。しかしおじさまたちは事件に乗り気ではありません。そこへ区の広報誌「そよかぜ」の編集者・大槻仁美(橋本マナミ)が訪れ、青猫事件の話をします。「そよかぜ」に事件のことを掲載したところ、猫の殺害予告が届いたというのです。仁美は警察に相談しても積極的に動いてくれなかったため、メゾンの力を借りに来たのです。

 

藤堂(野口五郎)たちは態度を一変させ、事件の調査に乗り出しました。事件が発生する木曜の夜に張り込みし、見回りに出たひよりと仁美は、猫ではなく青いペンキをかけられた人間の死体を発見してしまいます。

 

第一発見者のひよりたちは刑事課長の新木(戸田昌宏)に事情聴取を受け、あからさまに嫌味を言われます。それに腹を立てた夏目(西島秀俊)は、青猫事件の犯人は自分たちで追うと宣言します。

 

殺害現場では死体のほかに、近くにあった看板にも青いペンキがかけられていました。ペンキは青猫事件に使われていたものと同一です。ひよりから捜査情報を聞き出そうと問い詰めるおじさまたち。そこへ、仁美が「そよかぜ」に投稿されたメールやハガキを持ってメゾンにやって来ました。投稿の常連が締め切りギリギリに投稿してくることを聞いた迫田(角野卓造)は、猫の殺害予告も同じ日に送られて来ていることに気づきました。

 

「聞き込みに行く」と夏目に呼び出されたひよりは、「そよかぜ」の常連投稿者に話を聞きに行きました。4人の常連投稿者のうち、ペンキが運べる男性は2人。そのうち殺害時刻にアリバイのない土屋という男に狙いをさだめ、ひよりと夏目は土屋の動きを伺いました。土屋は夜中にマンション建設予定地へ行っていましたが、猫に餌をあげていただけでした。

 

勘違いして土屋と取り押さえてしまったひよりは新木のお叱りを受けていました。そこへ杉岡(西田尚美)と仁美がやって来て、犯人らしき人物から「責任をとる」という自殺をほのめかすようなメールが届いたことを伝えました。すると夏目からひよりに連絡が入り、事件現場で実験をするから上司を連れて立ち会うように言われました。

 

新木を説得して事件現場にやって来たひよりは、藤堂から内容を聞きました。事件現場と同じ条件の状態を作り、かけられたペンキの乾き具合から、ペンキがかけられてからどのくらい時間が経っていたのかを検証するのです。この実験で、殺害された時間とペンキをかけられた時間にはかなりの時間の差があり、殺害した犯人とペンキをかけた犯人は別人の可能性が出て来ました。

 

そして夏目が看板にかけられたペンキの部分だけを落とすと、下から「建設反対!」の文字が出て来ました。その文字を見たひよりたちは、「そよかぜ」常連投稿者の山崎という女性が犯人だと気づきました。山崎は自宅の部屋から富士山の写真を撮っており、マンション建設に反対していたのです。ひよりたちは山崎の自殺を止め、逮捕したために殺人事件は解決となりました。

 

メゾンで仁美も交えて打ち上げをしているおじさまたち。ひよりはすぐに打ち上げを抜け出し、マンション建設現場に向かいました。青猫事件の犯人がやって来ると思っていたのです。やって来たのは「そよかぜ」常連投稿者の瀬戸。まったく反省していない瀬戸に、ひよりは詰め寄りますがはねのけられてしまいます。そこへ夏目たちが登場し、瀬戸を取り押さえることに成功しました。夏目から「ひとりで行動するな」と怒られつつも、ずっともらえなかった缶コーヒーを買ってもらったひよりは、夏目に認められた嬉しさを隠しきれない様子でした。

 

伊達(近藤正臣)と藤堂はひよりの父親が亡くなった件に関わりがあるようです。ひよりがその事件の娘であることを知って、伊達はメゾンに呼んだのです。今のところ伊達は、ひよりが「何かに気づいてどうするか」を見守っているようです。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話・缶コーヒーを受け取る高畑充希が涙を誘う

「俺は認めていない」と、いつも自分のコーヒーしか買わない夏目でしたが、
青猫事件解決の時についにひよりに缶コーヒーを渡しました。
高畑さんの喜びを抑えきれない表情が素敵でしたね♪

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話・感想

区の広報誌「そよかぜ」の編集者・仁美の出現により、メゾンのおじさまたちのひよりの扱いが、さらに酷くなってしまって少しかわいそうに思えましたが、仕事を見てひよりを認めていくおじさまたちにホッとしました。

 

ひよりの父親の自殺?の件には何か裏がありそうです。
これから明らかになっていくであろうひよりの過去、見逃せませんね!