この記事を書いた人:sawa018

2018年12月5日(水)に放送されたドラマ『獣になれない私たち』第9話はもうご覧になりましたか?

 

第8話では晶の会社に朱里が就職したり、恒星は兄とのすれ違いが解消されたり、
カイジが初登場したりと人間関係に少し動きがありました。

 

そして晶と恒星の距離はどんどん縮まっています。

 

第9話では、晶が会社をよくしようと働きかけるなか、社長の九十九が無茶なことを言い出すようですが、
晶はうまく対応できるのでしょうか。

 

ちなみに、『獣になれない私たち』第8話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『獣になれない私たち』第9話ネタバレ

恒星(松田龍平)の事務所でお酒を飲みながら眠ってしまい、そのまま夜を過ごした晶(新垣結衣)。

 

朝になり、2人は喫茶店でモーニングを食べながらたわいもない話をしつつ、
月末に迫った晶のマンションの更新の話や恒星の不正の書類提出の話をしています。

 

晶は会社のこと、恒星は不正のことについてお互いに悩みを吐き出せる存在となっていました。

 

『ツクモクリエイトジャパン』では社内の雰囲気を良くしようと奮闘中の晶。
その甲斐あってか、松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も少しずつ成果をあげられるようになり、朱里(黒木華)もSEチームに馴染んできています。

 

その様子を見ていた九十九(山内圭哉)は突然、晶を「営業部の特別チーフクリエイター部長」に、朱里を「社長秘書」に任命し、晶がやろうとしていた社内業務の改革をすべて朱里にやらせるように言いました。

 

恒星の事務所に駆け込んできた三郎(一ノ瀬ワタル)は、週刊誌に恒星と呉羽(菊地凛子)が載っていると騒いでいました。
その夜「5tap」に集まった晶、恒星、呉羽、三郎は斎藤(松尾貴史)と記事について話していました。
すると呉羽の過去の恋愛がどんどん暴露され、店の前に記者が集まってしまいました。

 

呉羽は記者の対応に出ましたが、呉羽節を炸裂させてしまい、火に油を注ぐだけでした。

 

朱里が京谷(田中圭)のマンションでネットに流れた呉羽の動画を見ていると、
千春(田中美佐子)がやってきて朱里と鉢合わせしてしまいます。

 

パニックになった千春が京谷に連絡している間になんとか家から抜け出した朱里は、晶の部屋に転がり込みました。
しかし晶の部屋にも千春がやってきて、晶と朱里が一緒にいるところと見られてしまいます。

 

恒星が「5tap」にやってくると、晶と朱里が千春に事の顛末を話していました。
わだかまりが解けた3人は泣き出し、仲良くビールを飲んでいます。
そこへ京谷がやってきますが、千春に除け者にされた京谷は恒星と飲み始めました。

 

晶と恒星の仲を疑う京谷ですが、恒星は「性別関係なく人間同士でいられる相手がいるとしたら貴重だから壊すには惜しい」と言いました。

晶の部屋で、晶と朱里は話をしていました。

 

自分を見失うような恋愛はしたくないと言う晶に、朱里は「ずっと1人で生きていくの?」と聞きましたが、晶は毎日の人との関わりを大事にしていれば1人だと思わずに生きていけるのではないかと答えました。

 

翌日、寝坊して始業時間ギリギリに出社してしまった晶と朱里。
すると九十九が休日に送ったメッセージに返信をしない朱里に怒っていました。
朱里をかばう晶でしたが、九十九は晶に仕事の要求をするだけで話を聞こうとしません。

 

退職届に手を伸ばした晶でしたが、仕事を頑張ろうとしている朱里を見て、ぐっと堪えました。

 

晶は九十九に言われた仕事を松任谷と上野と割り振り、朱里に秘書業務の注意点を伝え、サポートしていました。
なんとか食らいつこうとする朱里でしたが、次から次へと九十九に指示を出され、取引先に送る添付ファイルの内容を間違えてしまいました。
朱里が指示された手土産を買いに行っている間にミスが発覚し、機密データが他社に漏れてしまったと社内は騒然となりました。

 

そこへ朱里が戻ってきましたが、社内の様子を見て、社員証を置いて姿をくらましました。
そして朱里はそのまま晶の家から荷物を回収し、「また働けなかった」と泣いていました。

 

晶が姿を消した朱里を探していると、恒星に会いました。
朱里に何もしてあげられなかったという晶ですが、恒星は誰かを助けるなんて自己満足だと言って忘れるように言いました。
そして事務所に戻った恒星は不正の書類に印鑑を押し、作成が終わったと報告しました。

 

『ツクモクリエイトジャパン』では九十九が今回のミスについて怒鳴り散らしていました。
朱里のデスクに置いてあった「頼られる人になる」というメモを見た晶は、今までの不満を九十九にぶちまけました。
しかし九十九は「深海ひとりいなくなってもどうとでもなる」と吐き捨て、今すぐ辞めろと怒鳴るだけでした。

 

晶はショックを受け、そのまま会社から帰ってきてしまいました。

 

その頃、恒星は粉飾決算の書類を破棄して、もう手伝えないと頭を下げましたが、受け入れてもらえませんでした。
そこへ晶が訪ねてきました。
傷ついた2人はそのまま一夜を共にします。

 

翌朝、恒星の事務所から出てきた晶はふと思いました。

 

「まちがった?」

 

人間同士でいられた2人が一線を越え、どのような関係になっていくのでしょうか。

ドラマ『獣になれない私たち』第9話・ついに結ばれた新垣結衣と松田龍平

だんだん距離は近づいていましたが、お互いを恋愛対象として見ていなかった晶と恒星がついに結ばれました。
しかし、傷を舐め合うような2人は、演出の美しさもあいまって見ていて切なかったですね…。

 

ストーリー的には苦しい気持ちになりましたが、新垣さんと松田さんの仕草があまりにも素敵すぎて、
2人ともお肌が美しすぎてアートを見せられているかのような目が離せないシーンでした!

ドラマ『獣になれない私たち』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『獣になれない私たち』の地上波放送後1週間以内はTverで、1週間以上経過している場合はHuluで視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Huluでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

Huluでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • 高嶺の花
  • 探偵が早すぎる
  • トドメの接吻
  • ゼロ一攫千金ゲーム
  • Missデビル
  • 今日から俺は!!

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『獣になれない私たち』9話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』第9話感想

第9話序盤の晶と恒星のほのぼのした雰囲気は見ていてとても癒されました。
恒星が「貴重で壊したくない関係」と言っていたものの、ラストでは一線を越えてしまいましたが、気まずくならないでほしいです!

 

九十九のワンマン社長ぶりは本当にブラック企業ど真ん中すぎて、みぞおちを殴られているような気持ちになります…。
晶がついに吠えましたが、周りの誰も手を差し伸べる事なく、九十九に切り捨てられそうになるところがリアルすぎました。
そう簡単に退職届を叩きつけるなんてできないですよね。

 

現実味がありすぎて見ていて苦しくなることが多く、だからこそ見入ってしまうドラマでしたが、ついに最終回を迎えます。
今のところ幸せになっている人がいないのですが…晶たちは「獣になれない」ままなのでしょうか?次回も心して見たいと思います!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事