この記事を書いた人:sawa018

2018年11月14日(水)に放送されたドラマ『獣になれない私たち』第6話はもうご覧になりましたか?

 

第5話では、京谷と顔を合わせたくない晶が恒星にキスをして、京谷・呉羽・三郎が目撃するというラストとなりました。
これからさらなる事件が起きてしまうのでしょうか?

 

ちなみに、『獣になれない私たち』第5話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『獣になれない私たち』第6話ネタバレ

晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)が「5tap」の前でキスしているところを目撃した呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)は、晶たちに声をかけました。

 

そのまま4人は「5tap」で飲むことに。
呉羽は夫・橘カイジの会社が上場するのに必要な書類を恒星に渡す途中でした。
そしてカイジの仕事のパーティーに行こうと誘いました。

 

しかし、恒星は晶と約束があるからと断りました。
晶は呉羽への気持ちを整理しきれていない恒星を見て、少し微笑ましく思っていました。
そして京谷に見せつけるためにキスしたことを謝りました。

 

恒星は事務所に出前を届けに来た三郎に、カイジがどんな人だったか探りを入れていました。
三郎から欲しい情報はいまいち出てきませんでしたが、「カイジと呉羽は偽装結婚」と言っている人がいたという話を聞きました。

 

朱里(黒木華)は京谷(田中圭)の部屋に残された荷物を探っていました。
そして晶からの年賀状を見つけ、住所を確認しました。

 

晶は新しい契約のシステムに関して佐久間(近藤公園)に引き継いでいました。
しかし、会社を辞めようとしている佐久間は長期の案件に歯切れの悪い返事をしています。
そんな時、監視カメラを設置しに業者がやってきました。

 

口では防犯のためと言う九十九(山内圭哉)ですが、社員を監視するために音声も拾えるカメラを設置したのです。
松任谷(伊藤沙莉)は、佐久間が転職先を探している話を九十九に聞かれたからだと気付きました。

 

そんな時、筧(吉村界人)が晶を訪ねてきました。『樫村地所』が、プロジェクトに関するECサイト立ち上げを『TCJ』に依頼したためです。
筧が言うには京谷も担当とのこと。

 

そして、『樫村地所』と『TCJ』で懇親会を開くことになってしまいました。

 

恒星は呉羽の店のスタッフに、呉羽とカイジの偽装結婚に関する噂を聞きました。
呉羽は前に所属していたモデル事務所から訴えられたのだそうです。

 

年賀状の住所を頼りに朱里は晶の家にやってきました。
晶が京谷と一緒に住んでいないことを確認した朱里は「5tap」に寄ります。
店では恒星が斎藤(松尾貴史)に呉羽とカイジの話をしていました。

 

カイジをゲーマーと勘違いしている恒星に、朱里は「橘カイジはゲームクリエイターだ」と話しかけました。

 

朱里がカイジの話をしている途中で、晶が店にやってきました。
朱里は慌ててトイレに駆け込みます。

 

晶と恒星は呉羽の話になり、「呉羽を訴えたモデル事務所はカイジの会社と提携しており、呉羽とカイジが結婚したことで訴訟が取り下げられるのでは」と偽装結婚について推測しました。

 

その間、トイレからなかなか出てこない朱里を斎藤が心配し、晶が声をかけました。
朱里は逃げるように店を出て行きました。
その姿を見て、恒星たちの話を聞いて、晶は朱里だと気付きました。

 

恒星は呉羽とモデル事務所について調べていました。

 

呉羽がモデル事務所との契約違反をしていたことは明らかでしたが、
カイジと結婚したことで訴えは取り下げられていたことがわかりました。
事務所に戻った恒星は引き出しにしまっていた札束を見つめていました。

 

『樫村地所』と『TCJ』の懇親会の日、久しぶりに顔を合わせた晶と京谷でしたが、言い合いになって別れてしまいます。
晶はその足で呉羽の店に行きました。

 

京谷との関係が壊れた原因は呉羽にあると思っている晶でしたが、
呉羽に気持ちを話しているうちに自分を責めてしまいます。

 

そんな晶を抱きしめる呉羽。

 

2人は店に入って話をしました。
呉羽は、カイジとの結婚は偽装結婚ではないと言います。
実は呉羽は3ヶ月前に子宮全摘の手術を受けていました。

 

そのことを恒星には話せませんでしたが、カイジには話せたのだそうです。
しかし話の途中で、恒星も店にいて話を聞いていたことがわかります。
恒星は無言で店を出て行きました。

 

朱里は「5tap」で飲み代を払わずに帰ってきていたため、支払いに行きました。
店の前から電話をかけて謝っていると、斎藤から「晶が代わりに払った」と聞きます。
朱里が怒って晶の家へ行くと、ちょうど千春(田中美佐子)からの荷物が届けられていたため、朱里はまた勝手に宅急便を受け取りました。

 

晶は呉羽に言われて恒星を追いかけました。
恒星も呉羽も自分たちが思っているより相手のことを好きでいたようです。

 

人のことになると気を遣わずに話す晶に恒星は少し噛み付きながらも、2人は一緒に帰ります。
帰りに寄った店で恒星が「悪いお金」と冗談めかして札束を取り出し、晶は驚きました。

 

事務所に戻った恒星は、使った1万円を札束に戻して引き出しに放り込みました。

ドラマ『獣になれない私たち』第6話・実はいいヤツだった?伊藤沙莉

今まで晶に頼りっきりであまり仕事をしない松任谷でしたが、第6話での懇親会で松任谷節が炸裂したシーンが好評でした。
もともと思ったことをはっきり言うタイプのキャラクターですが、初対面の筧にまでハッキリと物を言うとは驚きでした。

 

ですが言っていることは正論で、晶も思わず便乗するほど女性陣の共感を得ていました。
いちいち筧に絶妙なツッコミをしていたのもおもしろかったですね。
晶もきっと心の中では思っていたであろうことを、次々と口に出しているのがスカッとしました。

 

晶・京谷と恒星・呉羽はそれぞれお互いに本音でぶつかることが少ない2人なので、
松任谷と筧のように思ったことをバンバン言い合う2人との対比が楽しかったです。

 

仕事中は頼りにならない松任谷ですが、伊藤さんもツイートしていたように懇親会のシーンでは大活躍でしたね!

ドラマ『獣になれない私たち』に出演しているラーメン屋・三郎の声がデカすぎると話題に・・・

ドラマ『獣になれない私たち』に頻繁に出演しているラーメン屋『岡持三郎』この三郎なのですが、ドラマでは重要人物?というほど出演が多いのです。
この三郎、声がデカすぎると視聴者からも不満が続出しています。

 

確かに、『獣になれない私たち』6話まで視聴してみて、特に物語の重要人物ではないと感じているのですが、
出演回数が多い割に、特に重要な役割は果たしていない感じがします。

 

際立つのは、『声の大きさ』。

 

ドラマの内容がすべて吹き飛んでしまうくらい『声デカすぎ』と感じました。
演技は声をデカくすれば良いというわけではないのですが、この三郎は『声デカキャラ』になっています。

 

ドラマの中では呉羽や晶に近づき『ハァハァ』と興奮するキモキャラを演じていますが、この岡持三郎役を演じている一ノ瀬ワタルさんは、
強面の役を演じる事が多い役者さんで、過去の作品と今回の『獣になれない私たち』ではキャラクター設定が大きく違い、そのためキャラ設定が演技に馴染んでいないのでは?と感じます。

 

一ノ瀬ワタルさんのプロフィールはこちら

 

ドラマも中盤に差し掛かりこれからどう展開していくのか?というところで、話の内容をぶった切る演技はちょっと・・・・・・と感じてしまうので、
声の大きさだけで演技をするのではなく、ドラマに合った演技をこれからしていってほしいですね。

ドラマ『獣になれない私たち』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『獣になれない私たち』の地上波放送後1週間以内はTverで、1週間以上経過している場合はHuluで視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Huluでの視聴はこちらから

Huluでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • 高嶺の花
  • 探偵が早すぎる
  • トドメの接吻
  • ゼロ一攫千金ゲーム
  • Missデビル

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『獣になれない私たち』6話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』第6話感想

少しずつ隠れていた想いが見えてきました。回を重ねるごとに晶と恒星が打ち解けて、
周りに気を遣いすぎている晶が自然体でいられる時間が長くなってきているのが嬉しいです。

 

ちょっと困った言動が多い京谷と朱里のコンビが、まだ晶から卒業しなさそうなので心配は残りますが…。
その他にも恒星の兄についてや橘カイジなど、まだ隠されていることも多いですよね。

 

第7話では恒星と晶の距離は縮まるのか、朱里は晶に何か攻撃を仕掛けるのか、カイジは出てくるのか、気になることは盛りだくさんです。
何かしら明らかになることを楽しみにしておきましょう!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事