2019年春ドラマ

ドラマ『インハンド』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【紐倉博士(山下智久)の過去が少しずつ明らかに】

インハンド

2019年4月26日(金)に放送されたドラマ『インハンド』第3話はもうご覧になりましたか?

第2話ではスーパースプレッダーという、病気を感染させやすいが自分は健康に生活できる少年が出てきました。紐倉博士は人に興味がない態度ですが、その人の心に響く言葉を投げかけることができるところが素敵ですよね。

第3話のテーマは“不老不死”のようですが、寄生虫がどのように関係しているのでしょうか。

ちなみに、ドラマ『インハンド』第2話ネタバレはこちらからご覧になれます。

インハンド 
ドラマ『インハンド』第2話 ネタバレ感想・考察と3話あらすじ【クールな紐倉博士(山下智久)のあたたかい言葉に涙】2019年4月19日(金)に放送されたドラマ『インハンド』第2話はもうご覧になりましたか? 第1話では変わり者の寄生虫学者・紐倉と官僚...

ドラマ『インハンド』第3話・あらすじ

変わり者だが天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室で、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。
ある日、紐倉は助手の高家春馬(濱田岳)を連れて、大学時代の先生であり、現在はパナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める瀬見まき子(観月ありさ)の講演を聞きに行く。

パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」を謳い文句にしたアンチエイジング治療が試験的に行われていた。だがその治療を受けた会員の数名に、認知症に似た症状が現れていることが発覚。治療による副作用なのか?

疑いを持った紐倉は、高家と官僚の牧野巴(菜々緒)と共にパナシアンビューティーの内情を調べ始める。瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた・・・。
そんな中、高家に死の危機が迫る・・・!

引用:公式サイトより

ドラマ『インハンド』第3話・ネタバレ

医師をやめ、紐倉(山下智久)の研究所で働き始めた高家(濱田岳)は、紐倉に振り回されながらも仕事に慣れてきていました。

そんな時、注文したクラゲが違うと紐倉の機嫌を損ねてしまう高家。紐倉が頼んだのはベニクラゲですが、ミズクラゲを注文してしまったのです。ベニクラゲにはアンチエイジング効果があるのだそうです。

紐倉と高家はパナシアンビューティーの本社で瀬見まき子(観月ありさ)の話を聞いていました。まき子は紐倉の学生時代の先生です。まき子はベニクラゲがもつテロメナーゼという分泌液を使った治療により、アンチエイジング効果が得られるという話をしていました。さらにまき子は不老不死の研究も行なっているようでした。まき子は講演途中でセリフを飛ばしかけ、紐倉はその異変を見逃しませんでした。

講演会場で牧野(菜々緒)と会った2人は、パナシアンビューティーがサイエンス・メディカル対策室の調査対象になっていることを知りました。アンチエイジング治療を受けていた女優の園田イズミや上級会員の4人が、認知症に似た症状を訴えているというのです。牧野はその調査協力を紐倉たちに依頼しました。初めは協力を断ろうとする紐倉でしたが、大学時代にまき子が妹のみき子を助手につけて講義を行なっていたことを思い出すと、一転して協力することにしました。

パナシアンビューティーの上級会員になっても治療の全貌は明かされないと考えた紐倉は、捏造した論文を発表して懐に飛び込む提案をしました。今までだと論文捏造には反対していたであろう高家は、これまでの紐倉の様子を見てきて、それも必要なことだと割り切って協力的です。

論文を書きながら紐倉は大学時代の話を始めました。まき子はみき子がウェルナー症候群のためにアンチエイジングや不老不死の研究を始めたのです。ウェルナー症候群とは早老症の一種で、人よりも老化現象が早く出るという病気です。

その頃、サイエンス・メディカル対策室ではパナシアンビューティーの内情を調査していました。そこで小林千治という人体ブローカーの存在に気づきますが、調査を進めていくうちに小林と紐倉に繋がりがあることがわかり、牧野は動揺しました。

紐倉たちが書いた論文がまき子の目に留まり、会って話すことになりました。高家がまき子の注意を引いている間に紐倉は社内を動き回り、治療の内容を記すファイルを手に入れますが、社内の人間に見つかってしまいます。すぐに高家に連絡しましたが間に合わず、高家は捕まってしまいました。

目が覚めた高家はパナシアンビューティーの上級会員専用施術室に連れてこられていました。血液が並べられているのを見た高家は、まき子が何をしていたのかわかりました。アンチエイジングの施術内容はテロメナーゼではなく、若者の血液を輸血して若返りの効果を得ていたのです。まき子は高家から採れるだけ採血を始めました。

紐倉は小林を訪ね、パナシアンビューティーとの取引内容を確認すると、高家を助けに向かいました。最初は誰かわからなかったまき子ですが、紐倉のことを思い出しました。紐倉は小林から聞いた話を元に、まき子がクロイツフェルト・ヤコブ病を発症していることを見抜いていました。問題となっていた上級会員たちも同じくヤコブ病だったのです。認知症と違い、発症すると確実に死に至る病気のため、紐倉はまき子にすぐ血液検査をするよう促しました。

小林を通して海外の血液を手に入れていましたが、その中にヤコブ病にかかっている人のものが混ざっており、輸血したために発症してしまったのです。紐倉は“不老不死を研究することは科学ではない”をまき子を諭しました。そしてヤコブ病にかかったためにみき子のことを思い出せなくなっていると悲しむまき子に、紐倉はみき子は自分を忘れて今を生きて欲しがっていたことを伝えました。

無事に高家を救出した紐倉は研究所に戻りました。義肢装具士の陣内が義手のメンテナンスに訪れ、紐倉と陣内の会話を耳にした高家は、紐倉の過去が気になりました。

牧野は御子柴(藤森慎吾)に調査させていた紐倉の過去について報告を受けました。どうやらアメリカの陸軍と揉めてCDCをクビになっていたようです。そこに紐倉の右手を失うきっかけがあるのでしょうか。

ドラマ『インハンド』第3話・紐倉博士(山下智久)の過去が少しずつ明らかに

第3話では紐倉の大学時代の様子が少しわかりましたね。義手になる前の紐倉が見られてなんだか感慨深いものがありました。御子柴が調査した内容が気になりますが、紐倉は一体アメリカ陸軍と何についてで揉めてしまったのでしょうか。新たな登場人物の陣内も何か知っているような関わり方だったので、今後の放送でも出てきそうですね。

ドラマ『インハンド』第3話・ネット上の感想

ドラマ『インハンド』第3話・感想

紐倉と高家のコンビの息の合い方が絶妙になってきた気がします。お互いのいいところを認めつつも軽口を叩き合う様子が微笑ましかったですね。高家がまき子に捕まってしまい、研究所にいない時の紐倉の寂しそうな様子に人間らしさを感じました。そしてナチュラルに和に入っている牧野も憎めないキャラクターですよね。バリバリのキャリアウーマンではあるけれども、まき子の講演を聞いて商品を買い込むあたりは等身大の女性らしくて可愛かったです。

第3話では寄生虫をきっかけに病気を見抜くというよりかは、登場人物の過去を紐解く方が多かった回でしたね。まき子も不老不死にとらわれて高家の血液を大量に抜くような恐ろしい一面がありましたが、紐倉のおかげで妹のみき子想いの優しさを持っていることがわかりました。今回は大学生時代が明らかになりましたが、紐倉に関しては謎が多すぎるだけに、序盤から少しずつ明らかになってくれると毎回の楽しみが増えて嬉しいです。

第4話ではまた不思議な病気が取り上げられそうですが、紐倉たちはどのように解決していくのでしょうか。次回の放送も楽しみですね!

ドラマ『インハンド』第4話・あらすじ

右手が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていた。お人よしの助手・高家春馬(濱田岳)は、そんな紐倉の横で研究所の中をせっせと掃除している。そんな2人の元へ、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)がある相談をしにやって来る。

外務事務次官・創子(紫吹淳)宛に「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状が届いたというのだ。ただの嫌がらせのようにも思えるが、脅迫状に名前が記載されている女性の1人は実際に自殺しており、もうひとりは自殺未遂、男性も2日前から行方不明になっていた…。そして次のターゲットは創子の娘・恵奈(吉川愛)だという。

本当に“人を自殺させる病原体”などが実在するのかを確かめるため、牧野は紐倉を訪ねてきたのだった。「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。

一方で、少しずつ明かされてくる紐倉の過去。牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾)の調べによると、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったという。5年前の紐倉に、一体何があったのか?
紐倉の脳裏にフラッシュバックする過去の辛い記憶とは…。

引用:公式サイトより