この記事を書いた人:なりりん

2018年11月22日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』第7話はもうご覧になりましたか?

 

第6話では、完治(佐々木蔵之介)が美咲(石川恋)の浮気相手・戸浪(高田純次)に
別れるよう直談判に行ったり、春輝(藤井流星)が真璃子(中山美穂)に告白をしました。

 

さらに、ラストでは完治が川本(中川家礼二)と口論の際けがをして入院をすることになり、
お見舞いに来た美咲と栞(黒木瞳)が鉢合わせとなりました。

 

栞が泣きながら一人とぼとぼと帰る姿が印象的でしたが何かあったのでしょうか。

 

ちなみに、黄昏流星群第6話のネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『黄昏流星群』第7話ネタバレ

入院をする完治のもとに聡美(八木亜希子)と須藤(岡田浩暉)がお見舞いに来た。

 

2人は恋人同士になっていた。
完治と須藤は仕事のことで楽しそうに話したが、職場での浮気疑惑がある完治をみて寂しい気持ちになった。

 

帰宅をした真璃子のもとへ、春輝から電話が。

 

完治のけがの具合とともに、帰りが遅いという美咲の様子を聞いた春輝は落ち込んだが、
また真璃子に電話をしていいかと尋ねたが、真璃子は「ダメです・・・」と。美咲がいないときはかけてこないでというのだ。

 

翌日退院して出社した完治。
川本に新たな事業、なかなか捨てられずおいておきたいものを預かるサービスを始めましょうと提案した。
新事業のきっかけとなったのは、須藤からのお願いだった。

 

離婚した妻との写真などを捨てられないが、聡美にみつかるのもいやだから、
預かってほしいという話から思いついたものである。

 

川本には反対され、自身で営業することになった完治は精力的に営業活動をした。

 

食堂で栞に会うも、栞はなぜかよそよそしい。
疑問に思いながらも、完治は栞にこれから残業をする日が続くとメッセージをした。

 

ある日、栞が退社するとき、完治と会った。
周りに反対されながら新事業を進める完治を心配する栞だが、好きでやっているから大丈夫だと完治は笑顔で答えた。

 

帰宅した栞は、完治の病院にお見舞いにいったときのことを思い出した。
その日栞は、病院受付で遭遇した美咲に、父と別れてくださいと言われていたのだった。

 

一方と冴(麻生祐未)から電話を受けた真璃子だが、美咲と春輝の結納の日取りについて一方的な電話をして切られたのだった。
その後美咲の浮気疑惑と、春輝の自分への告白を思い返す真璃子。
邪念を振り切るかのようにパン作りに没頭した。

 

残業で疲れて帰ってきた完治に真璃子が仕事の様子を尋ねると、
完治は大変だと言いながらも、どこか活き活きしていた。

 

その様子を見た真璃子は、よかったと安心した。

 

真璃子は帰宅した美咲に結納の着物の確認をするが、
そっけない態度の美咲に、真璃子は思い切って聞いた。

 

本当にこのままでいいのか、好きな人がいるんでしょと。

 

もう終わったし春輝と結婚するという美咲を、真璃子は結婚とはそんなものじゃないと諭すが、
逆に美咲に、結婚とは何か,なぜ真璃子は完治の浮気を問いたださないのか,好きじゃないのかと責められた。

 

真璃子は、夫婦だからといって全部を言うのが良いというわけじゃない、家族という形、
平和を守るために必死に我慢してがんばってきたとこれまでの寂しい気持ちを吐露した。

 

部屋に戻った美咲は、戸浪との旅行の写真を見ながら、つらい思いに駆られるのであった。

 

一方、荻野倉庫では、仕事に精を出す完治だが新たに、新事業に必要だった機材を購入したことで、
経費削減を必死に伝える川本が完治に食ってかかった。

 

だが、完治は自分の首をかけてでもやると言い切った。

 

残業代が出なくても新事業に向け奮闘する完治を、川本以外他の職員は応援しようとする流れが徐々に表れてきたため、
完治に対する川本の一方的な罵倒に複雑な雰囲気となった。

 

遅くまで残業している完治のもとに差し入れを持ってきた栞。
そして一緒に手伝いをした。

 

完治は自分の家は娘の学校イベントにあまり参加できず、
思い出が少ないという話をする。娘というワードに気まずそうにする栞。

 

栞はこれは良いサービスだと褒め、さらに携帯で申し込みが出来ればもっと良いですねと言い、
完治はそれもヒントとして喜んで受け止めたのであった。

 

荷物を運んでいたその時栞はふとめまいがして、
ふらついたはずみに荷物を落としてしまった。

 

台車に荷物をまとめ倉庫を歩く完治と栞。
外を見るととてもきれいな満月。
2人はスイスで一緒に月を見たあの日を思い出した。

 

月を見ながら栞からの差し入れを一緒に楽しそうに食べる完治と栞のもとへやってきたのは、真璃子だった。
真璃子は二人の様子を見て、言葉が出ないままその場を後にした。

 

一方完治が提案した新サービス『想い出ボックス』はさらに波に乗っていった。

 

プライドを捨て、銀行員時代にお世話になったクライアントにも頭を下げた結果、
あちらからホームページを作ってくれると言ってくれたり、スマホのアプリもできあがった。

 

ホームページには利用者のうれしい声が寄せられ、さらにSNSでも話題となりつつあった。

 

一日で100件の注文を越えたある日、完治は職場のみんなの力を求める。
川本以外の職員達が快く返事をつづけたため、川本はしぶしぶ了承する形となった。

 

職場のみんなとようやく一つになり始めた完治を安堵しながらも寂しそうに栞はみつめ、何かを決意したようだった。

 

一方、また冴の主治医のもとへ行ってきた春輝は、
冴に検査の結果が再発だったことを伝えた。

 

結婚に間に合ったからよかったじゃないと冴は言うが、春輝は落ち込んだ。
そして春輝は真璃子へ、今近くまで美咲を送ってきたから寄ってもいいかと嘘の電話をして真璃子に会いに来た。
また、たくさんのパンを作っていた真璃子は、すぐにそのパンを食べたいという春輝と外へでかけた。

 

そこで真璃子は、完治に好きな人がいるようだと春輝へ話した。
その二人を見たこと,結婚25年で少しづつ完治が自分から離れたこと、自分も悪かったことなども話した。

 

そして目の前に見えたきれいな観覧車を見ている真璃子に、春輝は今から遊びに行こうと誘った。
ジェットコースターやコーヒーカップのようなアトラクションで遊び、気持ちが通じ合ったかのような二人の表情。
だが、帰りに真璃子は「ありがとう」と言うことしかできなかった。

 

結納の日が近づいてきたある日、美咲は改めて完治と真璃子に、宜しくお願いしますと深々と頭を下げた。
戸浪とのことを心配する完治だが、戸浪はロンドンへ客員教授としていくことになったから、もう会えない、大丈夫と美咲は言った。

 

そして結納当日。

 

和室で厳格な雰囲気の中、無事に結納が行われた。
翌朝、美咲は会社を休み、お式に必要なものなど買い物に行くといい出かけた。

 

完治は仕事を終えると、部下たちから飲みに誘われたが、お礼がしたい人がいるといい、栞の自宅を訪ねた。
扉からでてきたのは、見知らぬ女性。

 

驚く完治に、「栞はいない。もう会いたくない、別れたいと言っていた」といった。
何がなんだかわからない完治は、呆然としたまま帰ったのであった。

 

帰宅すると、一人静かにダイニングで座っている真璃子。
完治がどうしたのかと尋ねると、美咲がいなくなったと。
そして美咲からの一枚のメモを見せた。

 

『やっぱり結婚できません。先生とロンドンに行きます・・・。』

ドラマ『黄昏流星群』第7話【真璃子と春輝の遊園地シーンが素敵!】

遊園地のシーン、印象的でした。
日頃のがまんを発散するかのような真璃子の楽しそうな様子と、真璃子への愛が溢れる春輝の表情。

禁断の時間を少しずつ増やしている2人に、いろいろな声が寄せられていました。

ドラマ『黄昏流星群』第7話【真璃子、パン焼きすぎでしょ!】

とにかくパンを焼きまくる真璃子にツッコミの声が多数寄せられました。

 

ただ、違う角度から見ると、真璃子は完治と栞とのことや、自分と春輝のことなど、
考えたくないことが出てきたときに一心不乱に作っているようにも見えます。

 

違和感のある大量のパンが真璃子がいかに苦悩しているかと示しているとも見られます。

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『黄昏流星群』の地上波放送から1週間以内であれば、
TverやFODで見逃し動画を無料視聴することができます。

 

Tverでの視聴はこちら

FODでの視聴はこちら

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『黄昏流星群』7話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』第7話 感想

結納まで無事に行い、このまま美咲と春輝だけは順調に進むのかと思いきや、まさかのラストでした!!

 

そして個人的にも気になった、真璃子のパン作り!

 

いやいや、作りすぎ・・・(笑)と思う一方、真璃子が家庭の平和を守るために犠牲をはらってきた、
結婚生活が見受けられるようで、胸が痛くもなりました。

 

さて第7話では、春輝よりも戸浪をとった美咲。
一方的に栞から別れを告げられた完治。
デートでさらに気持ちが近づいた真璃子と春輝。

 

第8話予告では、春輝が真璃子に正式に付き合ってほしいと言っている場面もありましたね。
いつも波乱の展開がありますが、次回はどのようになっていくのでしょうか!?

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事