この記事を書いた人:なりりん

2018年11月8日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』第5話はもうご覧になりましたか?

 

第4話は、とにかく衝撃的なラストでした。
ついに一線を越えようと完治と栞が乗り込んだホテルのエレベーターで、美咲と遭遇。

 

しかも、年配の男性とキスをしている・・・!!
そして予告から話題になっていた、家族旅行の行方が気になる第5話。

ドラマ『黄昏流星群』第5話ネタバレ

エレベーターでお互いの存在を確認してしまった、完治(佐々木蔵之介)と美咲(石川恋)。

 

先に降りた完治と栞(黒木瞳)は部屋へ入るなり、熱いキスと抱擁をします。
しかし、つい先ほど見た美咲の姿を思い出し、完治は栞を抱くことができませんでした。

 

一方、美咲の代わりに春輝(藤井流星)と映画デートをしてきた真璃子(中山美穂)。

 

春輝が言った『美咲さん、他に好きな人がいるんじゃないかな』という言葉と、
脱衣所でこっそり見てしまった美咲のキスマークの関連に疑いと不安を持ち始めます。

 

そして真璃子と映画に行ってきたことを言えず、母・冴(麻生祐未)に嘘をついてしまう春輝。

 

美咲との仲が順調だと踏んだ冴は、息子と行く予定だった温泉旅行を美咲と行くよう提案し、
春輝は複雑な思い持ちながらも冴を心配させまいと、笑顔で提案を受け入れます。

 

怒涛の一日があった翌朝。

 

脱衣所で顔を合わせる完治と美咲。
真璃子の手前、家ではお互い事情が聞けません。

 

通勤途中に前日のことを問いただそうとする完治だが、美咲は詳細を話してくれず、
「結婚と恋愛は別だから春輝と結婚はする」とだけ伝えます。

 

前日に気まずいことがありお互いを気づかう完治と栞は、次回の登山デートを約束します。
だが、温泉旅行に完治と真璃子も一緒に行こうという美咲達の提案を完治は断り切れず、やむを得ずデートをキャンセルすることになりました。

 

温泉旅行当日。
完治と真璃子の心配をよそに、美咲と春輝は仲睦まじく観光を楽しみます。

 

ですが、夕食の時間に問題は起きます。

 

美咲の携帯に着信があり、席をたつ美咲。
理由をつけて追いかける完治。個室に二人きりになる真璃子と春輝・・・

 

美咲は、旅館のロビーで笑顔で電話をしています。
相手を「先生」と言い、あの男だと確信した完治は再び問いただそうとしますが、
美咲に自分も不倫をしていることを指摘され強く言い返せず・・・

 

その間、個室に二人きりになった真璃子と春輝は、
仲居さんに促され2ショット写真を撮ります。

 

一方、デートをキャンセルされた栞は母・悦子(岩本多代)と施設にいました。
好きな人がいるけど、相手には家族がいることでモヤモヤしていることを何気なく話すと

悦子は笑顔で言います。

 

「いいじゃない。あなたには私がいるじゃない。」

 

ハッとし、涙ぐむ栞。
近くで遊ぶ子どものボールを拾ってあげて、悦子の部屋に一緒に戻ろうとした、
次の瞬間・・・悦子が持っていた傘が、ばさっと床に落ちます。

 

「お母さん・・・お母さん!」

 

必死に栞が呼びかけますが、眠ったように反応が返ってきません。
そして、悦子はそのまま帰らぬ人となりました。

 

その頃、旅館でくつろぐ完治と真璃子ですが、完治が大浴場へ行く前に、真璃子に何気なく、「先生」が誰なのか探りを入れます。
そこで、大学の時にお世話になった先生である戸浪(高田純次)が浮上します。

 

さっそく完治は旅館のパソコンで検索すると

戸浪が66歳であること、つまり自分より16歳も上であることを知ります。

 

旅館のロビーで美咲が一人でいるところを見つけた完治は、年老いた戸浪が若い美咲と関係を持つのは下劣だと怒り、別れろという責め立てますが
美咲はそんなすぐに別れられないと反論します。

 

美咲は、はっきりと言います。

 

「好きだから!
本当はずっと一緒にいたい。もうすぐで別れなくちゃいけないと思ったら尚更、会いたくて会いたくてしょうがなくなる」

 

さらに

「自分だってしてるくせに・・・お父さんは、あの人とすぐに別れられるの?!」
「自分だって家族を裏切っている」と言われ、何も言い返せない完治。

 

この会話を陰で聞いている人物が・・・・・・・春輝です。
ロビーでこのようなことになっている間、完治を待つ真璃子のもとで事件は起きます。

 

何度も鳴り続ける、完治の携帯。
気になった真璃子はついに、携帯を手にしてしまいます。

 

『目黒 栞』と書かれた画面・・・
「・・・もしもし、主人に何か用でしょうか?」

 

動揺した栞は、「すみません、間違えました」とだけ言い、慌てて電話を切ります。
完治の浮気疑惑がより色濃くなってしまった真璃子は、ぼんやりとした様子で旅館の中庭へ散歩に行きますが、そこで春輝と偶然会います。

 

春輝に誘われ、二人は一緒に散歩をすることになりましたが、真璃子は歩きながら、
母として娘が結婚して家を離れる寂しさとともに娘が幸せなら、自分も幸せだという話をします。

 

「本当ですか?・・・ホントにホント?」と尋ねる春輝に対し、真璃子は、
娘の若さをうらやましく思うこともあるが、自分にだってそういう時期があったし、
幸せな頃があったことを、寂しそうに吐露します。

 

春輝は心配そうに真璃子に近づきますが、真璃子は、季節外れの蛍がいるふりをしてごまかし、強がってみせます。
そんな真璃子の弱さを見た春輝は、唐突にキスします。

 

翌日、何事もなかったのような春輝の様子に心揺れる真璃子ですが、この人はただ優しいからだ。
何もなかったと思えばいいと自分に言い聞かせます。

 

一方、完治は旅行中に送ったメールが既読されているにも関わらず、栞が返信がないこと、
このようなことがこれまでになかったことを案じ食堂へ行きます。

 

そこで、食堂で房江(山口美也子)から栞の母・悦子が亡くなったことを聞きます。

 

完治はお悔みと励ましのメールを送りますが、栞から来た返信にはお礼の言葉とともに、
もう私に関わらないでくださいとの文字が。

 

完治は急いで悦子の葬儀に向かいます。
真璃子には、専務の母が亡くなったからと嘘をついて・・・

 

完治と栞がお辞儀しあってご焼香に向かう様子を、葬儀の受付をする房江が不思議そうに眺めます。

 

葬儀の帰り、いつもの居酒屋へ一人で行った完治は大将・和夫(小野武彦)に、
・不倫とは何か。
・倫理にもとるとは何か。

 

男女の関係になっていなかったとしても、栞のことが大事で、
でも自分のことばかりで、栞には何もしてげられないことを落ち込みながら嘆きます。

 

和夫はそんな完治に言います。
「難しく考えんなよ。”自分がどうしたいか”ただそれだけのこと」

 

完治は店を飛び出します。

 

そのころ、悦子の葬儀を終えて、帰宅した栞は台所に立ちお茶を入れようとしますが、
葬儀の緊張の糸が切れたのか、悦子のことを思い涙があふれ号泣します。

 

インターホンが鳴り、玄関へ向かうと、ドアのすりガラス越しに完治がいることがわかります。

 

完治が栞に何か力になれないかと問いますが、栞は母の介護が大変だった話と共に、
今は重しが取れて楽になったと涙ながら気丈に振る舞います。

 

そして、母が亡くなった時どうしても完治の声が聞きたくなり、旅行中に電話をしてしまったこと、
真璃子が電話に出たことを告げます。

 

もう奥さんは気づいている、完全にルール違反をしてしまったと言い、
でも、まだ私たちは間違いを犯していないから帰って下さいと言う栞。

 

無理やり完治を玄関に帰そうとしますが、涙ながらに強く振る舞う栞の様子と、
自分の感情に歯止めが効かなくなった完治は、栞にキスをします。

 

全てを受け入れた二人はその日一線を越えたのでした。

 

その一方で、春輝が真璃子と旅行中に撮った2ショット写真を眺めていた所を、
母・冴は後ろから偶然見てしまいます。

 

見てはいけないものを見てしまった様子で動揺する冴ですが、
春輝は知る由もありません。

ドラマ『黄昏流星群』第5話・ついに真璃子と春輝がキス!

これまで、微妙な距離感が徐々に近づいていた真璃子と春輝でしたが、
第5話ではついにキスをしてしまいました!

 

娘の婚約者と娘の母という間柄での禁断のキス・・・
ドキドキしながらも、美しいシーンでした。

 

旅行では2ショット写真も撮るなど、大きく進展があり、
今後の行方が気になります。

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『黄昏流星群』の地上波放送から1週間以内であれば、TverやFODで見逃し動画を無料視聴することができます。

 

Tverでの視聴はこちら

FODでの視聴はこちら

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『黄昏流星群』5話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』第5話・感想

第4話放送終了後は、ラストシーンに突如現れた高田純次さんが話題を呼び、
さらに第5話予告では真璃子と春輝に展開があるとのことでしたので、気になって仕方なかった方も多かったのではないでしょうか。

 

完治は栞と一線を越えてしまい、真璃子は春輝とキスをしてしまい、
美咲は戸浪とすぐに別れられないと言い、春輝はそのことを知り・・・

 

と、まぁ登場人物全員が大変な状況に陥ったカオスな回でしたね。

第6話ではさらなる展開が予想されます。次回も楽しみですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事