リーガルV

ドラマ『リーガルV』第6話・小日向のワインパワハラ再び【ネタバレ&感想も】

リーガルV

2018年11月22日(木)に放送されたドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第6話はもうご覧になりましたか?

 

第5話のラストで、翔子は青島にある事件を調査するように依頼しました。
「絶対に負けられない戦い」と言う翔子でしたが、第6話でその全貌はわかるのでしょうか。

 

ちなみに、『リーガルV』5話ネタバレはこちらから確認できます。
[getpost id=”3274″ title=”『リーガルV』第5話・米倉涼子の顎クイにドキッ!ポチ回に歓喜の声【ネタバレ&感想も】” ]

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第6話ネタバレ

青島(林遣都)は不動産トラブルを抱える塩見一郎(矢部太郎)の相談に乗っていました。
婚約者にお買い得だと勧められて3000万円で一括購入した土地が、騒音がひどく日当たりも悪かったというのです。

 

調べたところ、その土地は本来500万円ほどの価値でした。
土地はすでに引き渡し済みで契約解除できず、婚約者名義で購入しているため塩見が訴えるのもお門違いです。

 

話を聞いた翔子(米倉涼子)は結婚詐欺を確信し、婚約者に連絡するよう塩見に言いますが、
婚約者の連絡先はすでに使われていませんでした。

 

茅野(三浦翔平)が塩見に投げかける容赦ない言葉に、
馬場(荒川良々)は自分を重ねて過剰に反応し、ケンカになりそうでした。

 

一方、青島は翔子の依頼人だった受刑者・守屋至(寛一郎)に面会しに行きましたが、守谷は心を開きません。
青島が守谷の面会に来たことを知った白鳥(菜々緒)は天馬(小日向文世)に報告しました。
天馬は、弁護士資格を失った翔子が動き回っているのが気に入りません。

 

塩見が婚約者と出会ったのは『ローズブライダル』という高級婚活相談所だと話し始めました。
会社名に反応する馬場。

 

すると、馬場が先日フラれた彼女と塩見の婚約者が同一人物であることが発覚しました。
馬場も藤原夏純(逢沢りな)に200万円ほど貢いでいました。

 

夏純についての情報を得るため『ローズブライダル』に問い合わせをしましたが、個人情報は教えてもらえませんでした。
そこで『京極法律事務所』から伊藤が潜入調査をすることになりました。
見合い相手に会うために出かける伊藤は嬉しそうです。

 

調査をする名目で自分の婚活をしているようにも見える伊藤に翔子たちは不安になり、馬場を監視につけることにしました。

 

伊藤のお見合い相手の野村(武井壮)は、第1希望の女性からお見合いOKの返事が来たとすぐに帰ってしまいました。
馬場は伊藤に「諦めるな」と言って、野村のあとを追いかけると、野村が夏純と会っているところを目撃しました。
その後、馬場の調査により夏純は六本木のキャバクラ嬢で、男に金品を貢がせていることが分かりました。

 

翔子たちは塩見を事務所に呼んで、夏純の素性を話しました。
そして塩見を説得し、夏純に損害賠償を請求することにしました。

 

夏純は『京極法律事務所』にやって来ました。
損害賠償の請求をしようとしますが、夏純は法律に詳しく用意周到で、詐欺を認めないどころか逆に塩見が追い込まれてしまいました。

 

そして夏純は「そこまで言うなら土地を返す」と言いました。

 

話を聞いていた翔子は、夏純に他の会員の個人情報が流れていることや、
手に入れた土地をあっさり返したことに違和感を覚え、夏純は『ローズブライダル』のサクラではないかと疑います。

 

つまり『ローズブライダル』は詐欺企業ということになります。

 

そのような心当たりはないか塩見に聞くと、お見合いに失敗するたびに「自己開発セミナー」に強制的に申し込まれされていることが分かりました。
会員の結婚願望につけこんでお金を巻き上げるシステムができているのです。

 

翔子たちは『ローズブライダル』の実態を調べはじめました。
提携しているセミナーの講師たちはもちろん、京極(高橋英樹)の調べによって塩見が購入した土地の不動産屋もグルであることがわかりました。
そして、塩見は『ローズブライダル』に1億円の損害賠償請求をする訴えを起こすことにしました。

 

『ローズブライダル』は詐欺を認めず、徹底的に争う姿勢です。
そして代理人弁護士は海崎(向井理)でした。

 

なぜ『Felix & Temma法律事務所』が『ローズブライダル』の弁護をするのか不思議に思う翔子たちですが、
「負けられない戦いになった」として、より一層調査に力を入れました。

 

しかし、どこからか圧力がかかっているのか新しい情報を手に入れることができません。

 

そんな中、翔子に『週刊スコープ』の内藤という記者が接触してきます。
翔子の非弁行為疑惑を記事にすると言いに来たのです。
天馬の差し金だと気づいた翔子は『Felix & Temma法律事務所』に乗り込みました。

 

海崎に『ローズブライダル』の件に関わるなと言われますが、翔子は聞く耳を持ちませんでした。
裁判が始まりました。翔子の記事が出たために報道陣が詰め掛けています。

 

相田栞(東ちづる)は原告の主張をすべて否定しますが、『ローズブライダル』のサクラの女性の証言を録画した映像を証拠として提出し、栞を追い詰めていきます。
しかし、海崎は『京極法律事務所』が違法行為で証拠を入手したことを指摘し、反撃してきました。

 

判決の日、原告側が提出した証拠は不採用となり、裁判に負けてしまいました。
翔子は納得がいかず、傍聴席から発言します。

 

報道陣は翔子の周りを囲んできましたが、翔子はテレビカメラに向かって正論をぶつけました。
その放送を見ていた天馬と『ミカド通信』会長・我妻は翔子を徹底的に潰さなければならないと感じていました。

 

翔子たちはネットの書き込みを見ていました。
翔子の発言を受けて、色々なサイトが盛り上がりを見せていました。
悪口が多い中、翔子を擁護する意見もあります。

 

実はそれは翔子が仕込んだものでした。

 

サイトの書き込みは伊藤が手伝い、盛り上げていました。
翔子は提出した証拠を当たり前のように捻り潰してくると想定しており、今回の裁判で負けても次の一手で世論を味方につけるために報道陣を自分で呼んでいたのです。

 

さらに、今回の控訴審に加えて新しく集団訴訟を起こすつもりでいました。
力でねじ伏せてくる相手には数で勝負すると言うのです。翔子たちは準備に取りかかりました。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第6話・赤ワインの惨劇ふたたび

翔子の調査担当の秘書がうまく情報を集められず白鳥から翔子の話を聞いたために、また赤ワインの惨劇が起きてしまいました。
小日向さんはこのような役をやらせると右に出る者はいないですね。

ただ、あの秘書の女性がかわいそうすぎると少し話題になっていました。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』の地上波放送後1週間はTVerで、
1週間以上経過している場合は『auビデオパス』で視聴が可能です。

 

Tverでの視聴はこちらから

[PR]『auビデオパス』での視聴はこちらから

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第6話感想

第6話は1話完結しませんでしたね。今回の訴訟では負けてしまいましたが、
次回は翔子のシナリオ通りにうまく事が運んで欲しいです。

 

そして翔子が過去に関わった事件について、今回はあまり触れていませんでしたが、
過去に何が起きたのか気になります。次回の放送も楽しみにしましょう!