この記事を書いた人:sawa018

2018年10月15日(月)に放送されたドラマ『SUITS/スーツ』第2話はもうご覧になったでしょうか?
『SUITS/スーツ』第1話のFOD見逃し配信視聴数は、フジテレビ史上最高視聴数記録を更新したそうですよ!

第2話ではついに大貴が弁護士として働きはじめます。

 

ちなみに、まだ『SUITS/スーツ』1話ネタバレをご覧になっていない場合はこちらから

ドラマ『SUITS/スーツ』第2話ネタバレ

ついに弁護士として働きはじめた鈴木大輔(中島裕翔)。大輔は甲斐正午(織田裕二)の指示で事務所のプロボノ=無料法律相談会に取り組んでいました。

 

そこに現れた河瀬今日子(関めぐみ)。今日子は勤めていた病院の院長に愛人にならないかと誘われ、
それを断ったせいで解雇され、再就職も妨害されていると相談しに来ました。

 

同じ頃、甲斐のもとにクライアントのいろは銀行から内部告発の電話が入ります。
部長の谷川が預金を不正流用して銀座の女に貢いでいるという内容でした。

 

大輔は今日子に同情し、裁判で争うべきだと伝えたことを甲斐に報告します。
甲斐は反対しますが、訴える相手が東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると態度を一変、すぐに先方に連絡するよう指示しました。

 

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)はすぐに示談交渉に言い値で応じました。
あまりにも上手く事が運んで驚く大輔でしたが、海部はスキャンダルを嫌がって示談に応じるはずだと甲斐が予測していたのです。

 

甲斐に報告する前に、甲斐の秘書である玉井伽倻子(中村アン)に交渉が上手くいったことを伝える大輔。

 

しかし、伽倻子に物事が上手くいきすぎているのは不吉な事が起こる予兆だと言われてしまいます。
その言葉通りにアソシエイトを監督する立場にある蟹江貢(小手伸也)から、仕事の報告書は甲斐だけでなく自分にも逐一提出するように命じられます。

 

そんな中、海部のセクハラ疑惑のニュースがネットに流れてしまいます。

 

ニュースを見た病院側は示談に応じるのをやめ、今日子を名誉毀損で訴えると言いだしました。
今日子に勝手なことをされると困ると言う大輔ですが、今日子はお金が欲しくて相談した訳ではなく、名誉回復と看護師へ復帰したいだけだと訴えます。

 

セクハラの物証がないため、訴訟になると勝ち目はないと言う甲斐。

 

しかし、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)との会話を思い出した大輔は今日子以外にも被害にあっていた女性がいるのではないかと気付き、宝田さとみにたどり着きます。夫に迷惑をかけたくないと裁判での証言を渋るさとみでしたが、大輔の「うまくいけばあなたの分の慰謝料も手に入るかもしれない」という言葉に協力することを決めます。

 

さとみもセクハラの物証は持っていませんでしたが、かつて海部の子供を中絶したことがあるという証言を聞き、
勝てる要素があると判断した甲斐はこの訴訟を手伝いはじめます。

 

さとみの存在を聞いた病院側は、再度示談交渉に応じるか検討すると回答します。

 

さとみの協力に安心している大輔でしたが、甲斐は病院側からの接触があるかもしれないためさとみを監視し、
病院側の人間が接触してきた時のためにICレコーダーを渡しておくように指示します。

 

大輔のもとに祖母の病院から連絡があり、退院しなくてはならなくなったことを聞かされます。
忙しく時間のない大輔は、谷元砂里(今田美桜)に祖母を東京の施設まで送るよう頼みます。

 

祖母は無事に施設へ入居し、大輔はスーツ姿を見せることができました。
砂里は大輔からお礼に何でもすると言われていましたが、大輔とデートしたいと素直に言えず、デートすることになったから服を買ってほしいと言ってしまうのでした。

 

大輔が自宅に帰ると、部屋の中が荒らされていました。
悪友・谷元遊星(磯村勇斗)が侵入したのだと気づいた大輔は、
遊星から預かったお金は捨てたと嘘をつき、二度と自分に関わるなと言い放ちます。

 

祖母の上京、自分の引っ越し、蟹江に命じられた報告書の提出などで時間に追われ、
“さとみを監視しろ”という甲斐の指示を実行していなかった大輔。

 

その間に、今日子のもとに訴状が届いてしまいます。
さとみが協力することをやめてしまったのです。

 

甲斐から「自分が関わった以上、勝つしかない。万が一負けた場合はクビにする。」と言われた大輔。
さとみに再度協力を仰ぎに会いに行くも話を聞いてもらえず、万策尽きた大輔は弁護士をやめようとします。

 

そんな大輔に声をかける甲斐。
大輔はそもそも経歴詐称をして弁護士をするなんて無理な話だったと言いますが、甲斐は否定します。

 

遊星から預かった金をいつまでも持っているのは弁護士がうまくいかなかった時の保険で、
逃げ道を作って本気になっていないから弁護士としてダメなのだと諭します。

 

そして、辞めるのは自由だが今回の訴訟が終わってからにするよう伝えます。
大輔が諦めてしまえば今日子はどうすることもできない、今日子に同情して弁護することにしたのだから、最後までやりきるように、と。

 

大輔は甲斐の言葉を聞いて、ずっと持っていた遊星のお金を返しにいき、縁を切ります。
そしてさとみのもとへ向かいました。

 

さとみの工場に着いた時に、重機の搬入が行われているのを見た大輔は、
病院側からお金が動いて口をつぐまされた事に気付きます。

 

病院側に訴訟を取り下げるよう持ちかける甲斐と大輔。話を突っぱねる海部と館林でしたが、
館林がお金をチラつかせてさとみを説得する音声がレコーダーに録音されていることを知ると態度を変え、示談に応じる事に決めました。

 

さとみは一度は病院側の金銭を受け取ろうとしましたが、
良心の呵責に耐えかねて大輔に協力し直す事にしたのです。

 

さとみの工場は、いろは銀行から融資を受けられることになりました。
甲斐が内部不正を解決したお礼として工場に融資するよう持ちかけ、融資が決まったのです。

 

「優秀な人材には投資を惜しまない」という甲斐の言葉に、工場のことだけでなく大輔のことも含まれている描写で、
大輔の弁護士としての素質を認めていることがうかがえましたよね。

 

今日子も名誉回復と看護師への復帰が可能となり、大輔も弁護士を続けることを決めました。
甲斐と大輔のコンビ初仕事は大成功に終わりました。

ドラマ『SUITS/スーツ』第2話で中島裕翔さんの脚の長さに驚き

『SUITS/スーツ』第1話の最後に「安物のスーツを着るな」と甲斐からお金を渡されていた大輔。
5着のスーツを購入したそうですが、甲斐にやり直しを指示され、オーダーメイドスーツの店を紹介されます。

 

言われるがままその店に入る大輔ですが、身なりを見た店員に門前払いされそうになります。
しかし甲斐の名刺を見ると態度を変え、大輔の採寸を始めました。

 

そこで中島さんの寸法が分かってきたのですが、SNSでは脚の長さに騒然となっていました。
102cmは股下ではなくウエストからの長さだったように見えましたが、2018年もベストジーニストに選ばれた中島さん。

 

スタイルがいいのは間違いないですよね!スーツも本当にお似合いです。

ドラマ『SUITS/スーツ』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『SUITS/スーツ』の地上波放送から1週間以内であれば、TverやFODで見逃し動画を無料視聴することができます。

 

Tverでの視聴はこちら

FODでの視聴はこちら

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『SUITS/スーツ』の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『SUITS/スーツ』第2話感想

第2話ではついに大輔が甲斐のアソシエイトとして働き始めました。
壁にぶつかったりもしましたが、甲斐のサポートもあり、セクハラ問題を解決することができました。

 

大輔はまだ弁護士としての覚悟ができていなかったのかもしれませんが、遊星にお金を返して逃げ道をなくし、一歩を踏み出せたのかもしれません。
これからも弁護士としても人間的にも少しずつ成長していく姿が見られそうです。

 

大輔のことが好きなのにうまく気持ちを伝えられない砂里も可愛かったです。
砂里と真琴との関係もどうなっていくのか見逃せませんね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事