この記事を書いた人:りんない

2018年10月14日(日)に放送された『下町ロケット』第1話は、もうご覧になったでしょうか?

新事業に取り組み出した佃製作所ですが、何やら暗雲立ち込める様子…
果たしてトランスミッションとロケットバルブは成功するのでしょうか?

 

ちなみに、『下町ロケット2期』1話ネタバレをまだご覧になっていない場合はこちらから

ドラマ『下町ロケット』2話ネタバレ

宇宙航空部本部長・水原重治(木下ほうか)に、次回打ち上げのヤタガラス7号機から、新型エンジンを搭載して打ち上げることが決定したと言われた佃(阿部寛)。
そして今更だが、新型エンジンに使えるバルブシステムを作ってくれないかとお願いされる。
これは社長の藤間の意向だと言い、水原は佃製作所にかけてみたくなったと深々と頭を下げた。

 

その頃、ギアゴーストは会社の存続に関わるほどの窮地に陥っていた…
ヤマタニを訪れた佃は、ギアゴーストとの取引が一旦中止になりそうだと聞き驚く。

 

ライバル企業のケーマシナリーが、ギアゴーストのトランスミッションT2が特許侵害を指摘されたといい、15億支払うように命じてきたのだ。

 

トランスミッションメーカーのケーマシナリーはアメリカに親会社があり、
知財部長の神田川(内場勝則)と弁護士・中川京一(池畑慎之介)が協力し、知財戦力を繰り返していた。

 

なかなか出資先が見つからないというギアゴーストはどこかの傘下に入るしかなく、出資先が見つからない場合は、
佃製作所のトランスミッションを使ってもらう話は無しになってしまう。

 

殿村たちにギアゴーストに15億出せないかと突拍子もないことを言う佃に対し、買収は慎重にやるように訴える社員たち。
そのとき裁判に勝てばいいと山崎(安田顕)が提案し、佃は弁護士の神谷(恵俊彰)に相談をする。
神谷は特許の使用許可を交換するクロスライセンス契約を結ばせるのはどうかとアドバイスをする。

 

佃製作所はクロスライセンス契約について動き出す。
内密にトランスミッション一つ一つのパーツを解体し、ギアゴーストの特許を侵害してないか探すことになった。

 

その夜、ボウリング場で偶然会った佃は、島津(イモトアヤコ)と会い、送ってもらって帰ることになった。
佃製作所と話しているうちに、人の役に立ちたいという夢を思い出したと島津は話す。
それを見て何かを思う佃だった。

 

娘の利菜(土屋太鳳)から、島津は帝国重工時代に新しいトランスミッションを提案していたが認められず、
最後は墓場と言われる部署に飛ばされてしまい、そこで伊丹(尾上菊之助)と知り合った。

 

そして、幽霊のような扱いを受けていた島津と伊丹が、新たにギアゴーストという会社を設立したという話を聞いた佃は、
クロスライセンス契約についてギアゴーストにきちんと説明するべきだ、二人の夢を潰してはいけないと殿村たちに話をする。

 

それを受け入れた佃製作所の面々は、クロスライセンス契約の話をギアゴーストに話をする。
伊丹はこれに賭けるしかないと覚悟を決め協力して行うことになったが、社員同士が方針を巡って対立し、なかなか思うように進まずにいた…

 

並行して佃製作所はロケットのバルブシステムについて耐久テストを何度もしているが、失敗を繰り返していた。
しかし、佃は諦めずどんな難問にも必ず答えはあるという信念を貫く。

 

佃製作所とギアゴースト、互いに実力を信用できずにいた。
しかし、軽部(徳重聡)が投影機を利用しようと言ったことに島津は驚く。

 

そして、二つのやり方をミックスしてやるべきだ、なかった発想だと、軽部の案を褒める。
いいものはいいと思えるその島津の姿に感心する佃製作所の社員たち。

 

そんな中、島津が紹介してくれた会社の素材おかげで、新型ロケットバルブシステムは無事成功、
帝国重工にも佃製作所のメンバーにも喜びの声が溢れる。

 

ケーマシナリーへの回答期限当日の朝、もうダメかと誰もが諦めかけたそのとき、立花が何かに気付く。
大きさは違うが同じ形状の二つの部品。
写真で合わせるとピッタリ一致したが、パーツの数が異なったため特許侵害にはならず、この調査は失敗に終わってしまった…

 

佃は15億をギアゴーストに出資したいと言う。
反対する殿村たち役員たち。

 

しかし、ギアゴーストの人たちの技術や夢を失いたくない、無謀な挑戦かもしれないがそれがあるからこそ夢は形にできると力説する佃。
そして、佃は弁護士の恵を率いて、買収をしたいという気持ちを真摯に伝え、一緒に頑張りましょうと伝えた。

 

午後1時、伊丹は15億円が妥当ならきちんと全て払うと言ったが、それに対抗しようとする神田川と弁護士・中川、そして謎の人物…
果たして裏切り者は誰なのか…!?

ドラマ『下町ロケット』2話【柏田宏樹役・馬場徹】

今回の下町ロケット2話では、陸王で銀行員を演じ人気急上昇中の馬場徹さんが出演しました。
馬場さんは、尾上菊之助さんや、イモトアヤコさんと共にギアゴーストで働く社員・柏田宏樹を演じています。

 

見た瞬間あれ、陸王?ってなった方もいたと話題になっていました♪
同じく陸王に出演していた竹内涼真さんとも共演していますし、今後も佃製作所と関わりを持って行きそうな役どころなので、楽しみですね!

ドラマ『下町ロケット』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『下町ロケット』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

 

Tverでの視聴はこちらから
Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。
ドラマ『下町ロケット』2話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『下町ロケット』2話感想

『下町ロケット』2話では、早速困難が待ち受けていました。
前作も強敵となって現れた弁護士の中川が何やら謎の人物とギアゴーストを潰そうと画策している様子…

 

裏切り者とは誰なのでしょうか!?
3話も楽しみですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事