この記事を書いた人:りんない

2018年10月14日(日)に放送された『下町ロケット』第1話は、もうご覧になったでしょうか?

 

池井戸潤さん原作の下町ロケット新シリーズが、今回も主演に阿部寛さんを迎えドラマ化します!
今度の舞台は宇宙(そら)から大地へ移動し、佃製作所の新たな戦いが始まります。

 

吉川晃司さん演じる財前道生の演説から第1話はスタートします。

ドラマ『下町ロケット』イモトの涙の演技!

女優として登場したイモトアヤコさん。

『家売るオンナ』などでも女優として活躍しているイモトさんですが、
今回の役どころは株式会社ギアゴーストの副社長であり、天才エンジニアとも言われる島津を演じます。

 

佃製作所が作ったバルブシステムを使ったロケットの打ち上げは今回も無事成功しましたが、最後の一機を最後にロケット事業から撤退するかもしれないと財前に言われる佃。
社長が的場俊一(神田正輝)になればスターダスト計画はなくなってしまうと言われ、佃製作所の経営も危機に陥ってしまいます。

 

そこへ追い討ちをかけるように、大口の取引先だった農業機械メーカーのヤマタニから新型エンジンの発注量を減らすと告げられます。

 

ヤマタニが選んだ低コストのエンジンを作っているダイダロスの重田(古舘伊知郎)に、「もう技術一辺倒の時代ではない。農機具のエンジンなんて動けばいい」と言われてしまい、技術のヤマタニが技術を捨てたということは、佃製作所の品質と顧客との間に何か溝があるのではないか経理部長の殿村(立川談春)は訴えます。

 

そんな中、殿村の父親が倒れてしまい、お見舞いに行く佃と山崎(安田顕)。

 

殿村の実家は三百年続く農家であり、トラクターが作業ムラができてしまうため二度手間で大変だと聞いた佃は、
部品を分解してトランスミッションの性能の問題だということが発覚します。

 

トランスミッションとは、変速機のことで、大小いくつもの歯車からできており、
自転車・自動車・鉄道・エスカレーターなど様々な機械に組み込まれているもののことをいいます。

 

バルブが重要な役割を示すと気付いた佃は、佃製作所のバルブのノウハウを生かし、
新たに製作できないか?と山崎と殿村に提案をすることに…

 

ヤマタニはトランスミッションもしており、外注先は創業5年ながら年商100億を超えるやり手の会社ギアゴーストでした。
ギアゴーストとは、帝国重工を辞め、独立後会社を立ち上げていました。
副社長・島津(イモトアヤコ)は当時天才エンジニアと言われており、興味を持った佃は会いにいくことに…

 

ギアゴーストは企画・設計会社のみを行なっている会社だと知って驚く佃たち。

 

そこで、以前ボウリング場で話した副社長・島津と出会います。
そして業界最大手の大森バルブとのコンペを開くことになった佃製作所。

 

コンペ当日、佃のバルブをバカにする大森バルブの辰野(六角精児)。
しかし、島津はそのバブルを見て驚きます。
農家の人たちの気持ちも考えた上で、数値ではなくとても強度が強いバルブを作った佃の性能のすごさに、思わず涙を流す島津。

 

このときの泣きの演技に視聴者は絶賛の嵐でした。
この涙は台本に記載はなくアドリブで演じたようで、イモトさん自身の思いが高まり出た涙だったようですね!

 

これからの演技にも期待ですね♪

ドラマ『下町ロケット』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『下町ロケット』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『下町ロケット』1話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『下町ロケット』1話感想

『下町ロケット』は前作に続き、やはり面白く最後コンペで戦った大森バルブに勝利したときは、とても爽快でした!
しかし、何やら不穏な動きも見え隠れしましたね。
第2話も見逃せないですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事