この記事を書いた人:sawa018

2018年10月14日(日)にドラマ『下町ロケット』第1話が放送されました。もうご覧になりましたか?

 

前作から3年、池井戸潤さん原作の待望の新シリーズです
今回は宇宙(そら)から大地へ舞台を移し、佃製作所の新たな戦いの幕が上がります。

 

第1話が放送され、前作に引き続いてストーリーの面白さや俳優さん達の演技が話題となる中、
古坂大魔王さんが第3話にゲスト出演することが発表されました。

 

今回は古坂大魔王さんについて紹介していきたいと思います。

ドラマ『下町ロケット2期』安本年男役を演じる古坂大魔王さんとは?

まずは古坂大魔王さんのプロフィールをご覧ください。

名前:古坂大魔王(こさかだいまおう)
本名:古坂 和仁(こさか かずひと)
生年月日:1973年7月17日(45歳)
身長:186cm
血液型:A型
出身地:青森県青森市
引用:Wikipedia

古坂大魔王さんは青森県に生まれ、高校を卒業後、お笑い芸人を目指して上京しました。
当時の日本映画学校に入学し、そこで出会った小島忍さん、村島亮さんと「底抜けAIR-LINE」を結成し、お笑いトリオとして活動。

 

ボキャブラ天国」などに出演していました。

 

その後、村島さんが脱退したあともコンビとして活動していましたが、2003年9月からお笑い活動を休止。
古坂さんと小島さんはお笑いと音楽を融合させた音楽ユニット「NO BOTTOM!」としての音楽活動に専念しはじめます。

 

2005年には音楽性を追求するためにお笑い芸人として所属していた事務所を離れ、ユニット名も「NBR(NEW BUSHIDOU RAVERS)」に改名。
クラブイベントのプロデュースなどを行っていきます。

 

古坂さん個人でも音楽活動を行い、mihimaru GTのアルバムやライブツアーに参加したり、
鈴木亜美さんの楽曲リミックスなどを手がけました。

 

しかし、2008年には音楽活動にも行き詰まり、
お笑い芸人としての活動を本格的に再開させました。

 

2011年9月に出身地の青森市観光大使に就任し、
任期は1年間でしたが2012年12月に再任しています。

 

2016年には古坂さんがプロデュースする「ピコ太郎」がYouTubeに発表した動画
「ペンパイナッポーアッポーペン」が世界的に話題となり、PPAP旋風が巻き起こりました。

 

プライベートでは2017年8月3日にタレントの安枝瞳さんとの結婚を発表。
2018年には第一子が誕生しています。

 

お笑いと音楽、両方の才能を持った古坂さん。
今回の『下町ロケット』への出演が本格的なドラマ出演となります。

ドラマ『下町ロケット2期』安本年男役に出演する古坂大魔王さんの役どころは?

https://twitter.com/kosaka_daimaou/status/1052004336325165061

『下町ロケット』第3話で古坂さんは、帝国重工の審査部信用管理室に所属する安本年男という男を演じます。
安本は佃利菜(土屋太鳳)の上司で、仕事はできるがエリート志向が強くイヤミでキザな男。

 

ある出来事をきっかけに派遣された佃製作所で佃航平(阿部寛)たちを執拗に追い込んでいく、という役どころです。

 

今回の出演に関して、古坂さんはこのようにコメントしています。

ゲストでの数シーンの出演や、若い頃にエキストラで出演したことはあるものの、こんなに本格的なドラマで、本格的な芝居をしたのは生まれて初めてで・・・こりゃ出来るかな??? ってのが正直な最初の感想でした。
普段、なかなかドラマの仕事はしないのですが・・・『下町ロケット』は前作を見てハマっていたので、喜んでお受けしました!

本格的なドラマ出演は今回が初ということで、かなり緊張されていたようですが、主演の阿部寛さんとはボウリング仲間であったり、
ほかにもすでにお知り合いの方が多くいらっしゃったようで、撮影現場では和やかに過ごせたようです。

 

古坂さんの演じる“悪役”がどのように仕上がっているのか楽しみですね!

ドラマ『下町ロケット2期』安本年男役に出演する古坂大魔王さんの演技力は?

古坂さんの演技力についてですが、今まで出演したドラマ・映画では短いシーンのゲスト出演なので、
本格的に俳優として出演するのは今回の『下町ロケット』が初めてです。

 

ですが、SNSではこれまでのゲスト出演やバラエティでの演技を見るだけでも、
俳優もできるのでは?という意見が多かったように感じました。

 

古坂さんもかなり気合いを入れて撮影に臨んだようですし、
前評判はなかなか良さそうなので期待できそうですね!

まとめ

多才な古坂大魔王さんがついに本格的に俳優デビューされます。

 

これまでにゲスト出演などで演じられていたのは少し笑いの要素が入った役が多かったですが、今回は“悪役”!
古坂さんも大好きな作品『下町ロケット』ということで、撮影にはかなり力を入れていたようです。

 

主演の阿部寛さんたちとどのような掛け合いをしていくのか、今から放送が楽しみですね。

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事