この記事を書いた人:りんない

2018年の秋ドラマで注目となるのがTBSで木曜夜9時から放送される『リーガルV』です。
このドラマの主演は『米倉涼子』さんなんですが、ドクターXシリーズのオファーを断って、新境地にチャレンジした作品です。

このドラマは弁護士資格を剥奪された“元”弁護士の役という破天荒な役を演じます。

 

米倉涼子さんが演じる『小鳥遊翔子』(たかなし・しょうこ)は、弁護士資格を剥奪される前は『上司を殴った』らしい、
『暴力団と関係があるらしい』と、黒い噂がある女性を演じるのですが、
ドクターXの大門未知子とはかなりイメージが離れた役を演じることでも注目されています。

 

ということで、今回は『リーガルV』のキャストやあらすじ、放送日などをまとめてみました!

ちなみに、『リーガルV』のキャスト一覧はこちらから確認できます。

2018秋ドラマ『リーガルV』のキャスト一覧!

小鳥遊 翔子【たかなし しょうこ】(41):米倉涼子

『京極法律事務所』の管理人を務めている、元弁護士。
型にはまらない奔放な性格。

 

大手法律事務所である『Felix & Temma法律事務所』にいたが、事情があり弁護士資格を奪われた過去がある。

 

実務経験ゼロの弁護士である京極雅彦(高橋英樹)を説得し、『京極法律事務所』を開業させ、どさくさに紛れ管理人になる。
所属してる他の弁護士やパラリーガルたちをいいように使うが、自分は弁護士資格がないため何もしない。

 

しかし、法律を悪いことに利用するような人間のことは許さず、本当に困っている依頼人を見分ける眼は持っている!

海崎 勇人【かいざき はやと】(39):向井理

大手法律事務所『Felix & Temma法律事務所』のエース。

 

過去に小鳥遊翔子(米倉涼子)と一緒に働いていた。
自尊心が高く、野心家。

 

代表弁護士である天馬壮一郎(小日向文世)のためなら、どんな汚い仕事でもする。

青島 圭太【あおしま けいた】(27):林 遣都

小鳥遊翔子(米倉涼子)に声をかけられ、『京極法律事務所』で働き始める。
性格はとても真面目で優秀だが、真面目すぎる性格が仇となり、法廷や相手との交渉の場での駆け引きに負けてばかりで、メンタルは弱い。

 馬場 雄一【ばば ゆういち】(42):荒川良々

『京極法律事務所』のパラリーガルだが、元ストーカーで服役経験があるオタク事務員。
尾行が得意で任された仕事はきちんとこなす。

伊藤 理恵【いとう りえ】(38):安達祐実

『京極法律事務所』のパラリーガルで、元銀行員。

好きな男のために1億円を横領し、服役していた。
事務所の会計管理を全て行なっている。

茅野 明【かやの あきら】(28):三浦翔平

『京極法律事務所』のパラリーガル兼現役ホスト。

ホストクラブで小鳥遊翔子(米倉涼子)と出会い、意気投合する。
人懐っこい性格で聞き込みは得意だが、難しい話は苦手。

大鷹 高志【おおたか たかし】(50):勝村政信

元エリート検事だったが、ある理由から弁護士に転職。

大学時代の恩師である京極雅彦(高橋英樹)が翔子(米倉涼子)に騙されていると思い、
翔子のことを見張るが、いつしか『京極法律事務所』で弁護士をやることに。

天馬 壮一郎【てんま そういちろう】(63):小日向文世

大手法律事務所『Felix & Temma法律事務所』の代表弁護士で小鳥遊翔子(米倉涼子)の元上司。

弁護士会の会長を務める、日本弁護士界のドンである。
勝つためにはどんな手段でも使い、自分に従わないものは許さない。

京極 雅彦【きょうごく まさひこ】(65):高橋英樹

『京極法律事務所』の代表弁護士を務めるが、実務経験がないペーパー弁護士。

小鳥遊翔子(米倉涼子)の口車に乗せられ、事務所を開設することになる。

2018秋ドラマ『リーガルV』第1話あらすじ

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、
失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・
青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。

「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)
青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。

一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていた。
実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。

ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。

そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する!
恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・
大鷹高志(勝村政信)は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。

しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が!
大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。

その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。
一流企業「君島化学」の社員・
安田勉が、若い女性・三島麻央に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。

見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。

その安田が後日、送検された! しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。
弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。
ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?

公式サイトから引用

2018秋ドラマ『リーガルV』の放送はいつからいつまで?

201810月の【毎週木曜】夜9:00〜放送というのは公式HPで記載されていますが、
93日現在まだ詳しい日にちは掲載されておりませんでした。

随時情報が入り次第記載します。

まとめ

10月から始まる新ドラマ『リーガルV』のキャスト、あらすじ、放送日について紹介しました。

米倉涼子さんが主演を務め大ヒットした『ドクターX』枠で、今度は自由奔放な元弁護士役を、
豪華出演者の方達とどのように演じてくれるのか楽しみですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事