この記事を書いた人:sawa018

2018年11月15日(木)に放送されたドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第5話はもうご覧になりましたか?

 

第4話では京極が法廷に立ち、『京極法律事務所』に所属するメンバーそれぞれが活躍しはじめています。
そして少しずつ翔子の過去も明らかに…?

 

人気キャラクターの青島がメインのストーリーの第5話は、翔子行きつけの鉄道バーから始まります。

ちなみに、『リーガルV』4話ネタバレはこちらから確認できます。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第5話ネタバレ

『京極法律事務所』になかなか仕事の依頼が来ず、昼から鉄道バーに通う翔子(米倉涼子)。
事務所でも暇な空気が漂っており、伊藤(安達祐実)が人件費削減のために早く帰るよう言い出す始末です。

 

そんな中、青島(林遣都)だけは忙しそうにしています。
抱えている案件の控訴趣意書の期限が近づいているのです。
青島は、翔子の「勝つまで戦う」という言葉に背中を押されていました。

 

青島が抱えているのは、帝国大学の学生でベンチャー企業『トゥモロー』で代表を務める町村誠(瀬戸利樹)が激しい暴行を受け、
重傷を負って海辺で倒れていたという事件です。

 

第一発見者は町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴)でした。
武藤は、
ベンチャー企業の解散を言い出した町村を引き止めるために強迫行為がエスカレートして暴行を加えたとして、傷害容疑で起訴されました。
凶器から武藤の指紋が発見されたこと、町村が武藤から暴行を受けたと証言したこと、そして残忍な犯行であると判断され、武藤は一審で実刑判決を受けました。

 

事件現場は、青島と翔子が出会った崖です。
そこで武藤の母・望(片岡礼子)は自殺していました。
町村に裏切られ、母に自殺された武藤は自暴自棄になっていました。

 

青島が『京極法律事務所』に来る前の案件であり、お金にならないと思った翔子は個人でなんとかするように言っていました。
しかし『トゥモロー』が友達探しをする人気アプリを運営し、町村が年収10億円であることがわかると、翔子のスイッチが急に入ります。

 

翔子と青島は事件現場に向かいました。
武藤の証言では事件現場で町村を50回も刺す時間はないのですが、目撃証言などがないために無実を証明することができないのです。
翔子たちは現場の崖の近くにあるラブホテルに行き、受付嬢(YOU)から話を聞こうとしますが、すぐには話してくれませんでした。

 

ホテルから出てくると、武藤の父・紘一(志垣太郎)が現場に花を手向けていました。
紘一は、望が自殺したのは青島のせいだと思っています。
青島が控訴審に向けて調べ物をさせて欲しいと申し出ましたが、紘一も自暴自棄になっており、聞く耳を持ちませんでした。

 

望は武藤の無実を信じて真犯人の手がかりを探していましたが、ネットの誹謗中傷がエスカレートし自殺に追い込まれたのです。
その様子を見た翔子たちは一致団結して武藤の無実を証明するために動き始めます。

 

「お前たちに息子は救えない」と言う紘一に、翔子は「嘆いてばかりいないで、そろそろ戦いましょう」と声をかけました。

 

調査を始めた翔子たちは、『トゥモロー』が半グレヤクザの『ドラゴンユニオン』と通じていることがわかりました
。そして『トゥモロー』が運営するアプリには美女軍団とパーティーを行う裏メニューがあり、その様子も突き止めました。

 

さらに、武藤の写真が載ったビラを見たラブホテルの受付嬢が「事件当日の夕方に武藤から電車賃をもらった」と言い出しました。
翔子から“現場百回”のレアなキーホルダーをもらった受付嬢は、裁判で証言することを了承しました。

 

伊藤が美女軍団の中の1人を特定したため、茅野(三浦翔平)と馬場(荒川良々)が素性を隠して探りを入れました。
すると、中西(金子大地)が『ドラゴンユニオン』に出入りしており、町村にハニートラップを仕掛けたことがわかりました。
しかし、町村はハニートラップにかからなかったため、暴行を受けたのではないかと推測できました。

 

町村は中西に監視されている状態でしたが、1人になったタイミングを見つけて翔子と青島が話を聴きに行きました。

 

その頃、事務所では翔子の過去について伊藤が調べたことを話していました。
悪い噂が飛び交う翔子ですが、お金に困った過去があり、「法律を知っていれば避けられる悲しみがある」という理由で弁護士になったのです。

 

翔子と青島は町村に自分たちの推理をぶつけますが、町村はヤクザの報復が怖いのか武藤が犯人だという証言を変えるつもりはありません。
青島は弱気になって翔子に「勝手に諦めるな」と怒られますが、自分を奮い立たせました。

 

裁判が始まり、ホテルの受付嬢が証人として出廷しました。
武藤の目撃情報を証言してもらいましたが、証言する代わりに“現場百回”のキーホルダーを受け取ったことも証言してしまい、不利な状況となります。
しかし青島は、中西が事件当日に包丁を持っていた証拠を集めており、その包丁で町村を刺したのではないかと主張します。

 

青島が武藤の無罪を主張する中、町村は証言を覆しません。
そこで青島は、望が町村に渡せなかった手紙を読み上げました。

 

その内容は、武藤が暴力を振るうはずはないということ、町村も武藤に罪を着せるはずがないということ、
2人が元どおりの友達に戻って欲しいことが書かれていました。

 

その手紙を聞いた町村は、犯人は武藤ではなく中西だと証言し直しました。

 

武藤は無罪となり、さらに翔子は望を死に追いやったネットの書き込みをした人間全員に損害賠償請求を行いました。
事務所に抗議の列ができましたが、「あんたたちは殺人犯だ」と一喝する翔子に言葉を失います。

 

それでも正義に味方を気取った反省しない人たちに、
青島は「判断をするのは裁判所だ」とさらに一喝し、黙らせました。

 

その夜、翔子は青島を部屋に呼び出しました。
そしてタブレットに映されたニュースを見せながら青島に内密に依頼をします。
画面には殺人容疑で逮捕された「守谷至」という男が映されていました。

 

「絶対に負けられない戦いなの」

翔子はそう言いました。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第5話・米倉涼子の顎クイにドキッ!

先週の予告の段階から話題になっていたこちらのシーン。
米倉さんの顎クイがかっこよすぎるのと、林さんがドギマギしているのが可愛いのとで、何度も見たくなってしまいますね!

 

まだお互いの知らないところもたくさんありますが、少しずつ距離が縮まっているのが見ていて微笑ましいです。
今のところ2人ともその気はなさそうですが…どうなるかわかりませんよね?笑

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第5話・ポチ回に歓喜の声

今回はもともと青島が抱えていた案件ということもあって、青島が大活躍でした。
法廷でのやりとりもだいぶしっかりしてきましたね!

 

そして突然の「経験がない」発言。
青島、もといポチのいろんな一面が見られる回でした。

 

翔子との息も合ってきて、弁護士資格のない翔子の代わりに戦うことにもなりそうです。
まだまだポチから目が離せませんね!

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』の地上波放送後1週間はTVerで、
1週間以上経過している場合は『auビデオパス』で視聴が可能です。

 

Tverでの視聴はこちらから

[PR]『auビデオパス』での視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『リーガルV』5話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第5話感想

第5話では翔子や青島の過去が少し明らかになり、事務所のメンバーの息も合ってきたような気がします。

 

今回、裁判の内容にもあった「ネットでの誹謗中傷」は現実に起こっていることなので、
翔子が個人を特定して損害賠償請求をしたのは「こういうことも起こりうるぞ」という警告にも感じられました。

 

第6話の予告では、天馬がまた秘書にワインのお仕置きをしていましたが…一体何をしたのでしょうね?
そして、翔子が青島に依頼した案件がどう進んでいくのか気になります。次回の放送も楽しみに待ちましょう!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事