2019年春ドラマ

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【今回は窪田正の推理が助ける?】

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート

5月13日(月)に6話が放送されました。

毎回放射線科の活躍を描いているこのドラマ。今回はどんな患者さんの隠れた病を見つけ助けることが出来るのでしょうか?

五十嵐と甘春の関係も気になるとことですね!

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』1話~最新話はFODでご覧頂けます。1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第6話・あらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。
引用:公式サイトより

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第6話・ネタバレ

人生には、何本もの道がる場合信頼できる一本の道を人は追い求めるのかもしれないと、夢から甘春杏(本田翼)が覚めると、母からお父さんを別の病院に連れて行ってみます。無理しないでねとメールが入ります。

ラジェーションの仲間が、甘春杏(本田翼)の父親もことを話しています。急に体調を崩して辞めたと看護師が何しているのを聞いたと言います。謙虚で大らかで部下想いで病院のスタッフからも慕われていたと言います。

エレベーターに乗ったメンバーと入れ替わりに降りた杏(本田翼)は、悠木倫(矢野聖人)のディスクが汚いのを指摘し整理するように言われます。威能圭(丸山 智巳)と軒下吾郎(浜野謙太)には、前髪が長いと注意します。

杏(本田翼)の性格は、プライドが高くて同じクラスに居たらまともに口を利かないタイプだと黒羽たまき(山口紗弥加)は言います。

五十嵐(窪田正孝)は技師であり医師では無いと鏑木安富(浅野和之)は、大森渚(和久井映見)と話していて、五十嵐(窪田正孝)が独影する事は医師法17条に抵触する可能性があり、診療部長の立場から看過できないと伝えます。

でも、鏑木安富(浅野和之)が取材協力した「外科医6人と金閣寺の松」の本を大森渚(和久井映見)が手にしているのを見て嬉しそうでした。

大森渚(和久井映見)は、五十嵐(窪田正孝)は医師としての意見である所見を述べているに過ぎず、診断を下しているのは、甘春(本田翼)だと言います。鏑木安富(浅野和之)は、技師と医師はそれぞれの役割を持っていて、責任という観点からも不可思議であるべきだと考えていると言い、問題が生じた場合は、大森渚(和久井映見)が責任を取るという事になりました。

鏑木安富(浅野和之)は、軒下吾郎(浜野謙太)に五十嵐(窪田正孝)を見張るように言います。五十嵐(窪田正孝)が来てから技師達の様子がおかしく、私に歯向かっているように感じるので、彼が不審な行動をとったら教えるようにと言います。

五十嵐(窪田正孝)は、甘春杏(本田翼)と辻村駿太郎(鈴木伸之)が「外科医6人と金閣寺の松」の本の事を話しているのが気になっています。

ラジエーションハウスに戻った五十嵐(窪田正孝)は、軒下吾郎(浜野謙太)が皆に鏑木安富(浅野和之)が取材協力した本を配っていました。五十嵐(窪田正孝)も手にします。

公園でブランコの立ち漕ぎをしていた女の子が、手を滑らせて手前の金属にお腹を強打し、運ばれてきました。

レントゲンの結果脾臓からの出血があり、IVR(画像化治療)をすることに。悠木倫(矢野聖人)が加わりたいと言いますが、杏(本田翼)は子どもの治療なので慎重にしたいと小野寺(遠藤憲一)のサポートをお願いしました。

杏(本田翼)は子どもの母親に、カテーテルで治療をするので、お腹を切らないで治療できると説明し母親が安心しますが、鏑木安富(浅野和之)は、脾臓の損傷が激しく出血が止めづらいので、手術をすると言います。杏(本田翼)は患者7歳の女の子なので、お腹に傷を付けたくないと言いますが、患者の命がかかっているのだから手術しかないと、鏑木安富(浅野和之)の言う通り、手術することになりました。

黒羽たまき(山口紗弥加)は女の子の母親に、さっきの先生という事が違うと言われ謝っていました。その場面を見た杏(本田翼)が黒羽たまき(山口紗弥加)に謝ろうとしますが、何も言ってないけどと無感情で言われてしまいます。

悠木倫(矢野聖人)は、医療技術が進歩しても使う側がリスクを恐れて使わなければ意味がないとガッカリします。広瀬裕乃(広瀬アリス)は、命が一番なのは分かるけど、小さな女の子の体に傷が残るのは悔しいと言います。

黒羽たまき(山口紗弥加)は、前医院長は、今回みたいな患者さんが居たとき前医院長がIVRを成功して体に傷を残さずに退院できた、その時の担当医師で患者の人生が一変してしまうのが現実だと言います。

仕事が終わり帰ろうとしますが、五十嵐(窪田正孝)は一人残って、全ての責任を背負って不安やプレッシャーと戦っている医師の為に、僕が出来ることはその不安を少しでも取り除いてあげることだからと、その為の方法を探していました。

広瀬裕乃(広瀬アリス)は、直接患者さんを助けることはできないけど、患者さんを助けようとする先生の手助けは出来るかもしれないと言いい、私も残ると言います。

ラジエーションハウスの前を通った杏(本田翼)は、部屋の明かりに気付き技師たちが残って、次にやってくるかもしれない患者さんの為にIVRに付いて勉強している姿を見かけます。

病院内で患者さんが倒れラジエーションハウスに運ばれてきます。大腸がんの治療中で消化管の出血が見られました。

担当の医師は症状から止血を急がなくてはならないのに、心機能が低下していて手術に耐えられないと言います。IVRをすると判断しましたが鏑木安富(浅野和之)は、懇親会で居ませんでした。

鏑木安富(浅野和之)を待つ時間は無いので、助手の経験しかない杏(本田翼)ではなく、担当医は待つと言ったが、私たちがサポートに入るからと五十嵐(窪田正孝)は言い杏(本田翼)は、患者を見捨てるくらいならIVRは私がやると言います。

軒下吾郎(浜野謙太)から、IVRの手術を杏(本田翼)がやることを鏑木安富(浅野和之)にメールで伝えます。食事会が気になりましたが病院にタクシーで向かうことにした鏑木安富(浅野和之)です。

患者さんの付き添いの社員に、治療の説明をしますが、杏(本田翼)の若さに心配しますが威能圭(丸山 智巳)は、当医院一優秀な放射線チームが医療を提供すると安心させます。

まず造影剤を入れ出血の場所を確認します。場所の確認ができ、止血することが出来ました。安心したのもつかの間、頻脈になり血圧が下がってきました。止血は出来たはずなのに、原因が分かりません。

IVRをしている患者の急変の連絡が入り病院にタクシーで鏑木安富(浅野和之)が向かいます。

大腸がんに何が起きてるのか考えていた五十嵐(窪田正孝)は、机から落ちた鏑木安富(浅野和之)の本を見た瞬間、原因を見つけるヒントに気づきました。

大腸がんの出血に気を取られ、小腸の方の出血に気づかなかった可能性があり、手術できる時間が限られていたので、治療に悩みなしたが、技師達と手術を続けることにします。

造影剤が入り確認してみると出血箇所が確認でき、止血することが出来ました。

「初めてとは思えなかったと」小野寺(遠藤憲一)は杏(本田翼)を褒めました。

処置が終わり、杏(本田翼)は五十嵐(窪田正孝)とハイタッチをしました。そんな行動に技師の仲間は驚きます。

 病院に戻ってきた鏑木安富(浅野和之)が、また五十嵐(窪田正孝)かと怒っていると、先生の本のおかげで出血の原因を見つけられたとお礼を言われ、やっぱり笑顔になる鏑木安富(浅野和之)でした。

患者さんを助けてくれてありがとうございますと言う広瀬裕乃(広瀬アリス)に皆のお陰だと言いこちらこそありがとうと杏(本田翼)は言います。

昨日のIVRの処置を一人でしたことに驚いたと言う辻村駿太郎(鈴木 伸之)に、杏(本田翼)は、私の周りにも信頼できる仲間が居たと言いました。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第6話 ネット上の感想

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第6話 考察・感想

杏(本田翼)と辻村駿太郎(鈴木 伸之)が話題にしていた本が気になって鏑木安富(浅野和之)が取材協力した本を読んでいたことが、処置の手がかりになったことに、ビックリしました。五十嵐(窪田正孝)の事を良く思っていない鏑木安富(浅野和之)でしたが、本の事を言われ、嬉しい顔をしているのを見ると、本当は良い人なんじゃないかと思います。

五十嵐(窪田正孝)と杏(本田翼)の距離がこれからどうなるのか気になりますが、五十嵐(窪田正孝)のタブレットの表示を小野寺(遠藤憲一)が見てしまったので、こちらの方も何かが起こりそうで気になりますね。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第7話 あらすじ

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。
真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。

引用:公式サイトより