ドラマ『ニッポンノワール』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【遊佐清春(賀来賢人)をハメようとしたのは才門要(井浦新)?】

ドラマ『ニッポンノワール』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【遊佐清春(賀来賢人)をハメようとしたのは才門要(井浦新)?】

2019年10月20日(日)に放送されたドラマ『ニッポンノワール』第2話はもうご覧になりましたか?

第1話ではここ数ヶ月の記憶をなくした清春が薫の殺害容疑をかけられ、犯人は自分なのか捜査一課の中にいる誰かなのか、疑惑が持ち上がるところからスタートしました。薫の息子・克喜を預かることになり、薫を慕っていた後輩刑事の名越に命を狙われたものの最終的に手を組み、清春は事件の真相を追い始めます。どうやら薫が追っていた「十億円強奪事件」と薫の死が関係しているようなのですが…。第2話では事件がどのように動くのでしょうか?

ドラマ『ニッポンノワール』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】

日テレドラマ ドラマ『ニッポンノワール』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ニッポンノワール』第2話・あらすじ

#2 2つの事件

碓氷薫(広末涼子)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)。
ここ数か月の記憶は綺麗に吹き飛んだように消え去っていた。
殺害された薫が死の直前まで追っていた「十億円強奪事件」の真相。
その犯行には警察関係者が関与していた疑いが浮上していた。

清春の自宅に残されていた「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃。
清春は本当に犯人なのか。それとも……。
そしてついに、本城諭(篠井英介)率いるSITが突入する。そのとき清春は……!?
警察の用意周到な包囲網。まだ自らが犯人だという根拠を持てない清春は思う。
『誰かが俺をハメようとしている――』
身内であるはずの警察関係者すべてが怪しく見えてくる。

碓氷班の面々は捜査一課長の南武(北村一輝)から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」を同時進行での捜査を指示される。
2つの事件の鍵を握るのは薫の一人息子・克喜(田野井健)。
清春は克喜とともに薫が隠した「十億円強奪事件」の証拠を追う。
その捜査の中、本城の娘:芹奈(佐久間由衣)が隠していた「ある秘密」が明らかになる。
そして芹奈は1週間前に今は亡き薫と会っていたという―――。
さらに捜査を進める清春。だがその頃、克喜のもとには“意外な人物”の手が伸びていた……。
清春と克喜を狙う人物の正体は…?
絡み合う2つの事件。入り混じる謎と裏切りに次ぐ裏切り。
登場人物すべてが容疑者のアンストッパブル・ミステリー…謎の連鎖は加速してゆく。

引用:公式サイト

ドラマ『ニッポンノワール』第2話・ネタバレ

薫(広末涼子)殺害の容疑をかけられた清春(賀来賢人)は、自宅を包囲され万事休す。捜査一課が清春の家宅捜索に踏み切ったのだ。本城(篠井英介)は「碓氷薫殺害の証拠が部屋にあるというタレコミがあった」と清春の部屋を荒らしていく。「絶対にあるはずだ」と言い切る本城に違和感を覚える清春。

家宅捜索が終わった後、清春は名越(工藤阿須加)と克喜(田野井健)を連れて隠し部屋へ行った。清春の部屋に仕込まれていた「十億円強奪事件」の計画書と拳銃はこの部屋に隠していた。清春は部屋に監視カメラを仕掛けており、本城がその「十億円強奪事件」の計画書と拳銃を部屋に隠したことに気づいていた。しかしすぐに追及せず、泳がすことにしたのだ。

「十億円強奪事件」は白昼堂々の大胆な手口で行われていたが、防犯カメラの映像をハッキングしてすり替えていたため逃走ルートから車が消え、捕まえることができなかった。そのような芸当ができるのは警察関係者くらいしかいないため、警察内部に協力者がいることが疑われた。薫はそれを突き止め、未だ見つかっていない十億円のありかを特定して隠し場所を移したため犯人に狙われたのだ。

翌日の捜査会議で南部(北村一輝)は「十億円強奪事件」の真相を暴露し、碓氷班に再捜査を命じた。そこで公安部の才門(井浦新)が碓氷班に入ることになった。どうやら才門は清春の行動を監視しているようだ。

「十億円強奪事件」で防犯カメラの映像をハッキングした上岡がベルムズに所属していたことは捜査資料に記載がなく、犯行計画書にしか記されていなかった。そこで清春と名越は貴志(栄信)に話を聞きに行った。貴志により、上岡の後輩の彼女が本城の娘・芹奈(佐久間由衣)だということがわかった。

芹奈に会いに行った清春は、芹奈から「十億円強奪事件」で知っていることは薫に全てを話したと聞いた。薫は芹奈に「証拠は全て仕事部屋に保管してある」と言い、話を聞き出したようだ。しかしその内容を聞くことはできなかった。

清春が自宅に帰ると才門がいた。清春は喫茶店「bonnaro」に才門がいることに驚いたが、才門は深水の亡くなった娘で咲良(夏帆)の姉の婚約者だったのだ。才門は薫から「本城は十億円強奪事件で使われた車を自宅の車庫に隠して解体した」という話を聞いていた。しかし薫の殺害時刻に本城はアリバイがあるため黒幕ではないという。

薫が持っている「十億円強奪事件」の証拠を手に入れることができれば真相に近づくのだが、薫の仕事部屋がどこにあるのかわからない。しかし克喜は何か心当たりがあるようだ。何年か前に亡くなった親戚の家を薫が引き継いだらしい。

清春と名越が南部に呼び出されている間、咲良と克喜がその親戚の家を調べることになった。すると「克喜/誕生日/10歳」というタイトルのDVDを発見。克喜はまだ9歳のため、薫からのメッセージだと気づいた2人はDVDを見ることにした。

やはりDVDの内容は薫からのメッセージだった。十億円強奪事件の全てを記したUSBを克喜の持ち物に忍ばせたという内容だった。しかしそれを清春に連絡している最中、本城が侵入してきて咲良に危害を加え、克喜をさらって行った。

本城に呼び出された清春は芹奈も現場に連れて行った。薫はメッセージの最後に、本城は芹奈のために罪をかぶろうとしていると言っていた。それを聞いた清春は本城を説得しようと試みたが本城は応じず、清春の撃った弾により死亡してしまった。

翌日のニュースで本城が十億円強奪事件の黒幕、薫殺害の犯人として報道されているのを見た碓氷班は驚きを隠せなかった。才門が本城に全ての罪を着せたのだ。本城を脅して清春を陥れようとしていたのも才門だった。薫の持っていたUSBは才門の手に渡ってしまったが、才門は十億円強奪事件の黒幕なのだろうか。明海も才門とは上司と部下ではない関係のようだ。

清春は才門を追い詰めることができるのだろうか…。

ドラマ『ニッポンノワール』第2話・遊佐清春(賀来賢人)をハメようとしたのは才門要(井浦新)?

https://twitter.com/ppp08190919/status/1185924757515976708?s=20

https://twitter.com/marina_BD_note/status/1186451597393416193?s=20

本城に電話で指示をしていたのは才門だったようですね。本城を撃ったのは清春だったように見えましたが、直前に「Look at me!」と声をかけた才門が清春を操っていると考察している方もいます。はたまた別の人間が撃ったのか。第2話で才門が咲良の姉の婚約者だったことが判明しましたが、まだ素性はわかりっておらず敵か味方か判断が難しいところです。

ドラマ『ニッポンノワール』第2話・ネット上の感想

https://twitter.com/drama_lab7/status/1185926546457907203?s=20

https://twitter.com/kei_narumi/status/1186276008720093185?s=20

https://twitter.com/BF_Effect/status/1186116935387213824?s=20

https://twitter.com/ShiG4LeCUwOR/status/1185998088139206656?s=20

ドラマ『ニッポンノワール』第2話・感想

薫殺害事件と十億円強奪事件の捜査が同時進行で始まりました。第1話から本城は清春を陥れようと動いていましたが、それが才門の指示によるものだとわかりました。この2つの事件も、射殺された本城が首謀者として終わらせられようとしていますが、明らかに何かを隠蔽しようとしていますよね。やはり警察関係者がこの2つの事件に関わっているために隠そうとしているように見えます。

深水の娘であり才門の婚約者であった女性がなぜ亡くなってしまったのか、深水はなぜ警察をやめたのか、深水と才門はこの件で協力しているのかもしれません。そして解決するために清春を利用としているのかも?

才門の手に渡ってしまった薫のUSBの中身も気になりますよね。その中身を見れば十億円強奪事件の真相がすぐにわかりそうですが、そうはならない展開が待っているのでしょうか。いくらしっかりしているからといっても、子供の克喜に大事なUSBを託した薫の意図も不明です。克喜が清春に預けられたのも鍵となっている気がします。

才門や南部が清春の味方なのかも今の段階では判断できません。今のところ才門は清春を陥れようとしていたので敵?南部は十億円強奪事件の再捜査を勝手に決めたあたり、清春側の立ち位置のような気がします。まだ大きく動いた部分は少ない状態ですが、第3話の予告では「裏切りに次ぐ裏切り」とあるのでより一層謎が深まってしまいそうです。

少しずつ引かれた伏線が回収され、新たな伏線が引かれているようです。次回の放送では新たな事実が判明し、捜査が進んでいくかもしれません。細かい描写にも目を配りながら誰が事件の真犯人なのか推理するのも楽しいですね!

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・あらすじ

#3 容疑者才門

「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」と「十億円強奪事件」。
警視庁捜査一課が追い続けた2つの事件は死亡した理事官・本城諭(篠井英介)の犯行ということで幕を閉じた…かのように見えた。
「本当に本城が首謀者なのか…」
「俺にハメようとした黒幕も本城だったのか…」
明らかに何者かによる事件の早期幕引きの狙いが見え隠れする中、遊佐清春(賀来賢人)は警察上層部に対する疑念を拭えないでいた。
一度は捜査終了を命じられるも、捜査一課長・南武修介(北村一輝)の独断で、捜査を続ける清春ら旧碓氷班。すると十億円強奪事件の実行犯の1人・風間岳人が、実は警察が作り上げた架空の経歴である可能性が浮上する。なぜ警察は十億円強奪事件の実行犯グループに風間を送り込んだのか。謎が謎を呼ぶ中 清春は、風間の正体と公安のエース・才門要との間に過去にあった意外な接点の存在に気が付く。
才門が事件の黒幕だったのか…?
裏切りに次ぐ裏切り…止まらない謎の連鎖はさらに加速。
主人公を含め誰も信用できない—第3話 開幕。

引用:公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA