2019年夏ドラマ

ドラマ『凪のお暇』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話のあらすじ【クズなのは慎二だけではなくゴンもだった!】

ドラマ『凪のお暇』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話のあらすじ【クズなのは慎二だけではなくゴンもだった!】

2019年8月2日に放送されたドラマ『凪のお暇』第3話はもうご覧になりましたか?

前回は、慎二がゴンの前で凪にキスしましたね!しかしここでも素直になれない慎二は凪に思いっきりビンタされ、帰りはまた号泣していました!そんな不器用な慎二の姿に胸キュンした視聴者も多いと思います。

そして今回はゴンの秘密が明らかに…!?

ドラマ『凪のお暇』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

女性視聴者メロメロ!!凪のお暇を無料視聴する方法はこちら
ドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月からTBSにてドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』第1話がスタートします。 このドラマは、コナリミサト氏にが手がける漫画...

ドラマ『凪のお暇』1話~最新話はParaviでご覧頂けます。30日間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

30日間無料でParaviを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『凪のお暇』第3話のあらすじ

凪 (黒木華) は、北海道で暮らす母・ 夕 (片平なぎさ) からの手紙で、携帯を解約し引っ越ししたことがバレたと知る。慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」 と言う。とりあえず東京行きを止めることが出来たが、先々の親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい「やばい!」とパニックになる凪。部屋を出ると、近所に引っ越してきた 龍子 (市川実日子) が、凪のことを待っていた。

驚く凪だったが、慎二 (高橋一生) との出来事を龍子に聞いてもらう事に。「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がる龍子。慎二がクズだと分かると「なんで付き合っていたのか」と問われるが、凪は答えられないでいた。

そこへ、部屋から出て来た ゴン (中村倫也) と出くわす。龍子はゴンを気に入り、凪との出会いが「少女漫画みたい!」とまた興奮するが、職業がクラブオーガナイザーだと知ると一転、「私たちとは住む世界が違いすぎる」 と凪に釘をさすのだった。そんな出会いに恵まれない凪の為、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまう。しかし、そのパーティに強制参加させられた凪は“ある事”に気づく…

一方、慎二は凪にビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから「彼女にビンタされたんじゃないか」と噂されていた。いつもなら上手く空気を作ってかわすところだが、凪が嬉しそうにゴンと一緒にイモを食べている光景を思い出すと、周囲の空気を凍らせてしまう。

そんな事などつゆ知らず、凪は隣人の うらら (白鳥玉季) とゴンと一緒にイワシのフリッターを作っていた。うららは、揚げたてを上階に住んでいる 緑 (三田佳子) に持っていきたいと部屋を出ていく。凪とゴンは部屋の中で2人きりになり…

引用・公式サイト

ドラマ『凪のお暇』第3話・ネタバレ

大島凪(黒木華)の元に母・夕(片平なぎさ)から「東京に行きます」と書かれた葉書が来てしまい凪は顔面蒼白になります。慌てて携帯を新しく買い替え、母に電話そし、電話口でどうにか説得してとりあえず東京行きを止めることは出来ました。しかし今度親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまっていることを知り、凪は再びパニックになります。

近所に引っ越してきた坂本龍子 (市川実日子) が、凪のアパートに来ていたので、凪は龍子に我聞慎二(高橋一生)とのことを話します。龍子は「ツンデレ元カレかと思いきやクソみたいな男ですね」と言われ、続けて「どこが好きだったんですか?」と聞かれますが、凪は答えることができませんでした。

二人が部屋の前でお茶を飲みながらそんな話をしていると、安良城ゴン(中村倫也)が出てきました。龍子はゴンを見てはしゃぎますが、イベントオーガナイザーだということを知ると「私たちとは住む世界が違いすぎます」と言うのでした。

龍子が家に帰ると、凪は商店街に繰り出します。するとお魚屋さんにいるゴンと偶然会いました。凪はお魚屋さんに並んでいるイワシを見て、過去に慎二と行った水族館デートでの苦い思い出が蘇ってきました。

凪はイワシを買い、自宅に戻りゴンと白石うらら(白鳥玉季)と一緒にイワシのフリッターを揚げます。うららが上の階の吉永緑(三田佳子)にも届けてくるというので、凪はゴンと二人きりになり、妙にドキドキしてしまいます。

ゴンから母・夕との関係を聞かれたので話すと、「じゃあタイトルマッチだね。お母さんが上京してくる日までに凪ちゃんなりの戦い方考えて挑まないとね」とゴンに励まされ、凪も自然と前向きになれるのでした。

そして、ゴンにキスされそうになった凪は「こういうことされると本気にしちゃうじゃないですか」と慌てながら言い、ゴンは「本気にしていいのに」と答えます。

一方慎二は、会社の女の子の部屋にお邪魔していました。その女の子は張り切ってたくさんの手料理を作ってくれていましたが、慎二は貧乏くさくてやたら染みる凪の手料理が恋しくなるのでした。そして慎二はご飯を食べている途中で「ごめん帰る」と言い、部屋を後にするのでした。

とある日、龍子が凪に内緒で婚活パーティーに申し込んでおり、凪はTシャツ姿で婚活パーティーに強制参加することになりました。 凪は男性ととにかく間を空けないように相槌を頑張って打っていました。

するとフリータイムでは凪はモテモテに。男性陣から連絡先をしつこく聞かれて困っていると、前の会社の同僚・足立心(瀧内公美)が助けてくれました。偶然心もこの婚活パーティーに参加していたのです。

凪は自分があの「サラサラストレートの大島凪」だとバレないように早々に立ち去ろうとしますが、龍子が大きな声で「大島さん」と呼んでしまったので、心にバレてしまいました。

その後、心と凪と龍子の三人でご飯に行きますが、そこでもまた心にナチュラルにディスられ始めてしまいます。すると凪はゴンに言われた「タイトルマッチだね。凪ちゃんなりの戦い方考えて挑まないとね」との言葉を思い出し、凪は頑張って反撃しKOします。すると心は怒って帰って行くのでした。

翌日心は出社するなり凪のことを面白おかしく話しています。慎二の耳にも「凪が婚活パーティーに行った」という情報が入ってきて、慎二は苛立ちを露わにします。

週末、慎二は親戚の結婚式に参加し、愛想を振りまいていました。親戚の前では慎二と両親はとても仲良く振舞っていましたが、結婚式場を出た途端三人の表情は無になり、三人別々の方向に歩いていくのでした。慎二の家族は仮面家族なのです。

翌日、凪が公園でイワシを食べていると、ゴンもやってきて隣で昼寝をしだしました。二人の間にはとても良い空気が漂っています。 凪はふと思い立つと自転車を猛スピードでこいで、慎二の会社に行きます。

慎二は凪の姿を見つけると、「何してるんだよこんなとこで」と声を掛けます。凪は「連絡先を消しちゃったから。慎二と話したくて」と答えます。 すると心含む同僚達がやって来て「大島さん何してんの?てか髪!」と皆で笑います。すると慎二が凪の手をしっかり握って歩き出しました。

そんな二人の姿を見て同僚達は「え、そういうことなの?」とざわざわしますが、心は一人不機嫌な表情を浮かべています。

慎二と凪はレストランに行き、凪は「勝手に出て行っちゃったからちゃんと話したい。」と話を切り出し、「慎二の外面だけ見てた。どこから見ても完璧な慎二の肩書きに惹かれてたんだと思う。その証拠に慎二のどこを好きだったのか聞かれても答えられない。私、慎二のこと好きじゃなかった。別れてください。」ときっぱりと言います。

凪の言葉を聞くなり慎二は「何様だよお前。俺らとっくに別れてるっていうか、付き合ってた記憶ないけど。せいぜい婚活パーティーで男あさり頑張ってくださ~い」とへらへらして答えます。 凪は無言で立ち去ると、慎二は机につっぷします。

凪は自宅に戻ると、ゴンの部屋に遊びに行きます。ゴンはハイボールのチョコミントアイス乗せを出してくれ、二人で乾杯します。 ゴンは「俺、凪ちゃんとずっと飲んでみたかったら嬉しい」と微笑みます。

凪は慎二の前では飲めない女を演じていた話をゴンにすると、ゴンは凪を抱き締めて「ずっと一生懸命ちゃんとしようと頑張ってきたんでしょ。もっと力抜いていいと思うんだよ。せっかくのお暇なんだしさ。」と言って二人はキスをしました。そしてそのまま一夜を共にします。

その頃慎二は泣きながら道端にうずくまっていました。、するとエリィ(水谷果穂)達に話しかけられ、クラブイベントのDMを貰うのですが、そこにゴンの顔が写っているのを発見します。 慎二がエリィに「ゴンってどういうやつ?」と聞くと、エリィは「メンヘラ製造機。とにかくあいつクソだから。女の子はあいつと関わったら終わりだね」と答えます。

エリィの言葉を裏付けるように、クラブでは、ゴンを待つ複数の女の子の姿がありました。

ドラマ『凪のお暇』と原作の漫画『凪のお暇』を比較したい場合は最新刊まで無料で読む方法がおすすめ!

ドラマ版と原作、どのくらい内容が違うのか?キャストの設定が違うのか気になったりしますよね。そこで今回は、原作『凪のお暇』を無料で読む方法をお伝えいたします。

結論!

『music.jp』の30日間無料おためしと『U-NEXT』の31日間無料トライアルを利用することで原作『凪のお暇』を無料で読むことができます。

その理由ですが、下記の表をご覧ください。

U-NEXT 登録時600pt
music.jp 登録時961pt
FODプレミアム 1300pt
ebookjapan 登録時300pt

実は、各動画配信サービスは無料おためしに登録すると、ポイントがもらえます。

今回は『music.jp』『U-NEXT』に焦点を置いてお伝えしますが、『music.jp』の30日間無料おためし登録をすると961ptが貰えます。

そして『U-NEXT』の31日間無料トライアルに登録すると600ptが貰えます。

このポイントを利用して、原作『凪のお暇』を読むことができるんです。
もちろん、退会・解約も非常に簡単に行えます。

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用する

無料トライアル31日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。


 

music.jpの30日間無料おためしを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はmusic.jp公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『凪のお暇』第3話・ネット上の感想

ドラマ『凪のお暇』第3話・感想・考察

今回はなんとゴンの衝撃の生態が明らかになりましたね!「メンヘラ製造機」って語感が良くて笑ってしまいました。でもすごくしっくり来たと言うか、納得できました。

凪のことをどこまで本気なのか分からない感じとか、凪に手を出すのが早いところとかちょっと引っかかる部分は今までもありました。

「凪だから」ちょっかいかけるのではなく、凪みたいな「弱ってる女の子、辛い経験をした女の子」が大好物ですぐに手を出したくなるんだろうなあ。加えてあの甘い見た目と声で女の子はゴンに夢中になってしまうんでしょうね。そしてメンヘラ化していく…。

ゴンに悪気はないと思いますし、多分無自覚なんでしょうけど、罪な男ですね。いや、「罪な男」というのは良い言い方で、単純に「クズ」なのでしょうか…。

しかし慎二とはまた違うパターンのクズさなのがとても面白いですね。1つのドラマの中でメインの男性キャラ二人が両方ともクズなパターンって私初めてかもしれません。ありきたりなラブストーリーよりも斬新で私はとても好きです。

凪はいつゴンのクズさに気が付くのでしょうか。ゴンは凪のこと本気で好きなわけでは決してないと思うので、早いとこ凪に目を覚ましてもらって、出来れば慎二と寄りを戻して欲しいですね。

しかし慎二は今回ようやく素直になろうと試みたのに、まさかの痛烈な言葉で凪に振られてしまい可哀想でしたね。自業自得ではあるのですが、慎二は今のところ毎週可哀想な目に遭って号泣しているので、慎二の心からの笑顔が見たいなあと思ってしまいます。

凪はゴンと慎二どっちと結ばれるのか、はたまたどちらとも結ばれないのか。こんなに先が読めないラブストーリーも珍しいですが、来週もとても楽しみにしています!

ドラマ『凪のお暇』第4話・あらすじ

凪 (黒木華) から正式に別れを告げられ道端で泣き崩れてしまった 慎二 (高橋一生) の前に、ゴン (中村倫也) のクラブ仲間・エリィ (水谷果穂) が通りかかる。そのままゴンがいるクラブへ連れていかれ、そこで 「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”」 だという話を聞く。凪とゴンが気になる慎二だが、一方で、大阪支社から異動してきた、OL 時代の凪と同じサラサラストレートヘアの 市川円 (唐田えりか) と、距離が近くなっていた。

その頃、凪は隣人のゴンの部屋で一晩を一緒に過ごし、完全にゴンに堕ちてしまっていた。“良い意味で” どこまでも自由に振る舞うゴンに対して若干のモヤモヤを感じていた。しかし、ほかの女性と親密に話すゴンからは目をそらし続け、倹約家だったにも関わらずコンビニで食料を買い、ハローワークにも行かず自堕落な生活を送り続けるのだった…。

凪のことがどうしても気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かう。 凪は出てこず、たまたま出てきたゴンとなぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに。 ついに直接対峙した慎二とゴンは… !?

引用:公式サイト