2019年夏ドラマ

ドラマ『偽装不倫』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話のあらすじ【葉子の不倫を疑う賢治がついに行動を開始!】

ドラマ『偽装不倫』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話のあらすじ【葉子の不倫を疑う賢治がついに行動を開始!】

2019年8月7日に放送されたドラマ『偽装不倫』第5話はもう御覧になりましたか?

前回は、鍾子と丈が二人で一緒に行くはずだった岩手旅行の当日、東京駅で鍾子と賢治が一緒にいるところを目撃してしまった丈はそのまま立ち去ってしまいます!そして丈は一人で岩手旅行へと出発するのでした。鍾子と丈の関係はこれで本当に終わってしまうのでしょうか…?

そして今回は葉子の不倫を疑う賢治がついに行動を開始します!

ドラマ『偽装不倫』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

偽装不倫
ドラマ『偽装不倫』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月10日(水)から日本テレビにてドラマ『偽装不倫』第1話がスタートします。 『LINEマンガ』で掲載中の東村アキコ氏の同名...
日テレドラマ ドラマ『偽装不倫』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『偽装不倫』第5話・あらすじ

鐘子(しょうこ)(杏)と行くはずだった岩手旅行に一人でやってきた丈(じょう)(宮沢氷魚)。東京駅で鐘子と一緒にいた賢治(けんじ)(谷原章介)が鐘子の夫だと思い込んでいる丈は、幸せな家庭を持つ鐘子を旅行に誘ったことを後悔していた。そして鐘子も、丈が姿を消したのは不倫の厄介事から逃げるためだと思い、落ち込んでいた。心配したまさ子(田中道子)が訪ねてくるが、鐘子は小さなことでいちいち丈を思い出してしまう。その頃、岩手の丈も鐘子のことを思っているのだが…。

葉子(ようこ)(仲間由紀恵)は、賢治の大阪出張の隙を狙って風太(ふうた)(瀬戸利樹)との休日デートへ出かける。賢治からの「帰りが遅くなる」という連絡に安心し、風太の練習まで付き合う葉子。しかし、葉子の態度を不審に感じていた賢治は予定を変更し、観光を切り上げようとしていた!

一方、岩手の丈は、立ち寄った喫茶店の娘・カナエ(富田望生)に案内され宮沢賢治記念館を訪れていた。『銀河鉄道の夜』の結末でジョバンニとカンパネルラが離ればなれになることを思い出し、寂しく笑う丈。その頃、まさ子と共に居酒屋でヤケ酒を煽る鐘子は、「丈のことを忘れる!」と宣言するが…。

そんな中、東京中央病院の外科医・一之瀬(いちのせ)(眞島秀和)は、脳腫瘍を抱える丈が手術を受けようとしないことが気にかかっていた…。

引用:公式サイト

ドラマ『偽装不倫』第5話・ネタバレ

濱鐘子(杏)は伴野丈(宮沢氷魚)との岩手旅行が中止になり、更に丈から連絡が途絶えたことにひどく落ち込んでいました。しかし「丈は不倫という刺激的な遊びがしたかっただけで、旅行に行ったとしてもどっちにしろ終わっていたのかも」と自分を無理矢理納得させます。

そんな鍾子のもとに友人の田中まさ子(田中道子)から「旅行は楽しんでる?」と呑気な連絡が来て、鍾子は「全て終わった」と返信します。

一方その頃、伴野丈(宮沢氷魚)は一人で岩手・花巻に来ていました。そこで鉄ヲタの青年3人組と出会い、丈も鍾子と一緒に乗るはずだった銀河鉄道をカメラで撮影します。

まさ子は鍾子を心配して鍾子の家にやって来てました。鍾子は丈との東京駅での出来事をまさ子に全て話し、「丈のことはきれいさっぱり忘れる」と宣言します。

鍾子の母・みき子(朝加真由美)はまさ子と鍾子のためにわんこそばを振る舞います。わんこそばは花巻の名物であり、鍾子は丈と「岩手旅行でわんこそば食べようね」と話していたことを思い出し、切ない気持ちになってしまうのでした。

その頃、鍾子の姉・葉子は夫の賢治が大阪出張で不在なのを良いことに八神風太(瀬戸利樹)と不倫デートを楽しんでいました。葉子は賢治からの「同期が観光したいって言うから、今日は帰るの遅くなりそう」という連絡にすっかり安心していました。しかし賢治は観光を切り上げて自宅へと向かうのでした…。

鉄ヲタ青年3人組と別れた丈は、観光案内所も兼ねている喫茶店へと入ります。そこの喫茶店の娘・カナエ(富田望生)に「宮沢賢治記念館ってどこにあるか知ってる?」と聞くと、カナエが案内してくれることになりました。

「宮沢賢治記念館」に到着し、「銀河鉄道の夜」のコーナーに辿り着きます。カナエが「この話の結末は確かジョバンニとカンパネルラのどちらかがいなくなってしまうんだよね」と言うと、丈は「そうだったね」と寂しそうに呟きます。

鍾子とまさ子はわんこそばを食べた後、外に繰り出し、居酒屋で飲んだくれていました。そこの居酒屋でラブラブなカップルがいちゃつき始め、更に彼氏の名前が「ジョージ」だったことで、鍾子は丈を思い出し落ち込むのでした。

そんな鍾子の元に葉子から「次の土曜日一緒にボクシングの試合を観に行って」と連絡が来ますが、「もうお義兄さんに嘘つくのは嫌だから」と断ります。

葉子が不倫デートから帰宅すると、賢治がもう家にいたため、葉子はひどく驚きます。賢治に「そんなお洒落してどこ行ってたの?」と聞かれた葉子は「大学の同期と急に会うことになって」と嘘をつきます。その時賢治は葉子が結婚指輪をしていないことに気付くのでした。

その頃、東京中央病院の外科医・一之瀬(眞島秀和)は、丈が脳腫瘍の手術を受けようとしないことが気になっており、丈の自宅を訪ねることにしました。住所を書いたメモ片手に歩いていくとスペイン料理店に辿りついたので一ノ瀬は驚きます。 そんな一ノ瀬を見てスペイン料理店の店主で丈の姉の灯里(MEGUMI)は「タイプ!」とはしゃぐのでした。

鍾子はまさ子と別れた後、綺麗な夕日を見上げながら「だめだ。前は一人旅が好きだったのに、今は、私この景色を丈と見たいよ。」と丈に想いを馳せます。

その頃、丈も一人で夕日を見上げながら鍾子のことを想っていました。そして「嘘の恋でいいから、あと少し、もう少しだけ一緒にいたかった。」と切ない表情を浮かべます。

鍾子は丈のSNSを見ると銀河鉄道の写真がアップされており、丈が一人で花巻に行ったことを知ります。それを見た鍾子は明日の新幹線のチケットを予約するのでした。

その夜、賢治は葉子に「今度の土日熱海旅行に一泊で行かない?」と誘われます。しかし土曜日は風太のボクシングの試合があるため、葉子は「ちょっと予定を確認してから…」と言いますが、賢治はなんともう旅館も予約したと言い、強制的に旅行に行く流れになってしまいました。

葉子は鍾子の部屋に行くと、鍾子に先ほどの出来事を話します。鍾子は「もちろんお義兄さんと旅行いくんでしょ?」と言いますが、葉子は煮え切らない態度を取ります。

そんな葉子を見て鍾子は「私はお姉ちゃんみたいになりたくない。自分のついた嘘に振り回されたくない。私は丈に会ったら独身だってことをちゃんと話す」と宣言します。

そして翌日、鍾子は花巻へと向かおうとしますが、なんと新幹線が終日運休となってしまいました。「神様が行くなって言ってるのかな。これが現実か」と涙を流します。 するとそこに、「鍾子さん?」という聞きなれた声が。それは紛れもなく丈の声でした。

丈と鍾子は二人でベンチに座り、鍾子は「言わなきゃ。結婚してるってことは嘘だってことを言わなきゃ。」と心の中で思いますが、鍾子が話す前に丈は意識を失って倒れてしまうのでした…。

ドラマ『偽装不倫』第5話・ネット上の感想

ドラマ『偽装不倫』第5話 感想・考察

今回は賢治がついに行動を開始したので、鍾子と丈の恋愛模様以上に葉子達の方に意識が向いてしまいました。

「帰るの遅くなる」と言っておいて早く帰宅して葉子の反応見たりとか、土日に温泉旅行勝手に予約するところとか、想像以上に賢治は怒らせると怖いタイプなのかもしれません。

でも賢治は何も悪くないですし、当然の行動ですよね。悪いのは全て葉子です。賢治に温泉旅行に誘われているのに、それでも風太の試合も観に行くそぶりを鍾子に見せていましたし、そんなことするくらいならさっさと賢治と離婚するべきですよね。

ドラマ『偽装不倫』の中で葉子だけがガチのクズです。葉子は本当痛い目に遭って欲しいですね。こんな最低なことをしておいて、最終回まで特にお咎め無しだったら絶対に嫌です。葉子にはキツイ仕打ちを受けてもらわないと納得できないですね。

出来れば賢治に不倫の証拠を突き付けられて多額の慰謝料請求された後に離婚、職場にも不倫がバレてクビ、そして風太に既婚者であることがバレて逃げられる、家族からも白い目で見られ勘当される、くらいの展開を望んでいます。

一方、鍾子の方はまた丈に独身であることを打ち明けることが出来ませんでしたね。一体いつになったら言える日が来るのでしょうか。

そして物語の最後に丈が意識を失って倒れてしまったので、丈はいよいよ病気が深刻さを増していますね。丈には死んで欲しくありません。手術をして完治して欲しいです。

来週もとても楽しみにしています!

ドラマ『偽装不倫』第6話・あらすじ

「結婚してるっていうのは嘘だ」と打ち明けようとした鐘子(しょうこ)(杏)の前で突然倒れてしまった丈(じょう)(宮沢氷魚)。病院で目を覚ました丈は、医師の一之瀬(眞島秀和)に病気のことを秘密にするよう頼み、鐘子と駆けつけた姉の灯里(あかり)(MEGUMI)には、「ただの貧血だ」と嘘をつく。この騒動でまたしても本当のことを言えなかった鐘子は、その夜丈に電話をかけ、ついに「ダンナさんはいないの」と告白するのだが…。

翌日、一之瀬に呼び出された丈は、病気の進行が早く、「次に倒れたら危険な状態になる」と聞かされる。主治医のいるスペインに戻って手術するよう勧める一之瀬に、丈は今まで誰にも明かすことのなかった本心を打ち明ける…。

一方葉子(仲間由紀恵)は、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、賢治(谷原章介)から熱海旅行に誘われる。「結婚記念日のリベンジ」と言われ、断る言い訳を見つけられない葉子。一度は試合に行くことを諦めるが、健気にトレーニングに臨む風太の姿に心動かされ、なんとかして旅行の出発ギリギリまで試合を観ようと心を決める。鐘子は、そんな葉子から「もしもの時は協力してほしい」と頼まれて……。

そして週末。鐘子は、「丈を助けたお礼がしたい」と灯里に招かれ、丈もいるスペイン料理屋へ。葉子は、旅行出発前に急な仕事を装って風太の試合へ向かう……。

引用:公式サイト