2019年春ドラマ

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第9話 ネタバレ感想・考察と10話あらすじ【4人の女性の向き合う現実が辛すぎる!!】

ミストレス

2019年6月14日(金)にNHK総合テレビにて『ミストレス〜女たちの秘密〜』が放送されました。

最終回前の最後の回となった今回の話は、4人の女性の問題がどう進んでいくのか…と気になる所から始まりましたね。特に原田冴子(玄理)と柴崎香織(長谷川京子)の2人の問題は、ここから先さらに辛い展開になっていくのではと考えられます。そして、水島樹里(大政絢)と野口友美(水野美紀)の2人の恋もどうなっていくのでしょう。

演じられている女優さん達の魅力がいっぱいの演技を目にするのも後2回です。最後まで見逃すことができないですね!

ちなみに、ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第8話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ミストレス
ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第8話 ネタバレ感想・考察と9話あらすじ【真実を告白された原田悟史(佐藤陸太)はどうなる?!】2019年6月7日(金)にNHK総合テレビにて『ミストレス〜女たちの秘密〜』が放送されました。 今回は『告白』という題でしたが、次に待...

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第9話・あらすじ

父の自殺に関わったことを認めた香織(長谷川京子)を貴志(杉野遥亮)は許せないでいた。7年前に死んだ夫の俊哉(吉沢悠)が生きていると知った友美(水野美紀)は、一度会ってミキ(筧美和子)との関係を問いただしたいと願う。樹里(大政絢)は玲(篠田麻里子)に対する恋心が再燃し、密かに逢瀬を重ねるようになった。冴子(玄理)は夫との関係が決裂し、樹理の家に転がり込む。そんな時、香織は警察の取り調べを受ける。

公式サイトより

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第9話・ネタバレ

水島樹里(大政絢)は初めて恋をした相手とのデートを再開し、彼女とのデートを待ちきれない様子で音楽を聴きながらデリバリーを取りながら準備していたのです。そこへ現れたのは、原田冴子(玄理)です。夫に本当のことを話したことを伝え、水島樹里(大政絢)に自宅に泊めてほしいと頼むのです。彼女は自宅デートを変更し、須藤玲(篠田麻里子)と外でデートすることにしたのです。

一方、柴崎香織(長谷川京子)の元へは2名の警察官が現れます。

どうやら、木戸佳恵(麻生祐未)が息子と彼女の関係を知り、夫の自殺について彼女が加担していると訴えたようです。その事実を知った息子・木戸貴志(杉野遥亮)はなぜ訴えたのか、と尋ねます。自分の父の自殺に加担した柴崎香織(長谷川京子)と関係を持ったりするからよ、と彼女への恨みを許せない表情を見せて答えるのです。

野口友美(水野美紀)は、亡き夫の愛人・ミキ(筧美和子)の泊まっているホテルを訪ね、保険金の半分を渡そうと会いに行くのです。彼女はホテルにおらず、彼女がホテルに戻るのを待っていると亡くなっているはずの夫を目撃するのです。

あまりの出来事に言葉を失い、その足で柴崎香織(長谷川京子)の元へ行きます。

そこで、彼女は目撃した衝撃の事実を柴崎香織(長谷川京子)に話し落ち着こうとします。自分の話を聞いてもらい少し落ち着くと、彼女から警察がクリニックに来たこと、逮捕されるかもしれないと言われるのです。

柴崎香織(長谷川京子)の元へは、元恋人・小田切良太(蟹江一平)が訪ねます。

彼女の元へ警察が来た事を知り、弁護士に色々と確認し彼女にどうすべきかと、大丈夫だと話をしに行ったのです。彼にお礼を言いながら、不倫をしていたことや記録を燃やした事を彼女は彼に話します。

驚きながらも、大丈夫だと言って笑顔を見せる小田切良太(蟹江一平)です。

原田冴子(玄理)は夫・原田悟史(佐藤陸太)に子どもの事を許してもらえず落ち込み、会社も休んで水島樹里(大政絢)の自宅で寝込んでいたのです。

そして、つわりも酷く苦しんでいる彼女を見て、水島樹里(大政絢)は彼女の夫・原田悟史(佐藤陸太)に会いに行くのです。

彼に原田冴子(玄理)が苦しんでいる事、落ち込んで寝込んでいる事を伝え、彼女を許すことが出来ないのかと訪ねます。彼女のつわり・情緒が不安定なのは妊娠しているからだ、と彼女の妊娠をして買った本を渡すようにと差し出します。

彼はどうしても妻の浮気、裏切りを許すことはできない状況であり、訪ねてきた水島樹里(大政絢)にも帰ってほしい、と頼むのです。

後日、野口友美(水野美紀)の元には亡き夫・野口俊哉(吉沢悠)が自宅へと現れます。彼の姿に驚きながらも中へと案内し、どうゆうことなのかと彼女は彼に聞きます。

すると、彼から7年前に不倫相手・ミキ(筧美和子)と別れようとした事で討論となり、乗るはずのフェリーに乗っていなかった事を伝え、当時は浮気の事実をバラされると脅され追い込まれている状況から逃げたと話すのです。

しかし、日本に戻りたい、ヨリを戻したい、許してくれと言うのです。

亡くなったはずの夫からの裏切り、事実を聞かされ驚きと失望の表情を見せます。そして触れようとする彼に怒り、出て行くように言い放します。

その頃、水島樹里(大政絢)は須藤玲(篠田麻里子)とレストレンで食事をしています。

彼女の誕生日をサプライズで祝った水島樹里(大政絢)は、喜ぶ彼女の姿に嬉しそうな表情を見せ、この後時間ある?と誘うが、断られ平常心で受け入れようとするのです。

須藤玲(篠田麻里子)は彼女の表情を見て、謝りながら『好きよ』と気持ちを伝えます。

また柴崎香織(長谷川京子)の自宅には、木戸貴志(杉野遥亮)が訪れます。

彼女に警察に疑われているのは本当か、と問いながら自分のせいであると言い、今でも好きである気持ちを伝えるのです。彼女は自分がいけない、と言いながらも彼に謝り終わりにしようと言うのです。

その夜、柴崎香織(長谷川京子)はメールで3人に連絡し、みんなを集めるのです。

そこで自分が今置かれている状況や事実について3人に話します。彼女は亡き不倫相手に薬を渡すことはできず、彼が彼女の鞄から知らない内に持ち出したと言うのです。

その事実に驚きながらも3人は信じ、事実を警察に話せばどうにかなるんじゃないかと水島樹里(大政絢)が話すと『もういいの・・・』と柴崎香織(長谷川京子)は答えます。

彼女の諦めた態度に怒った水島樹里(大政絢)は興奮気味に話を続け、その場の感情に流されちゃダメと言うのです。

原田冴子(玄理)は昨夜の水島樹里(大政絢)の言葉を受けて、会社に出勤します。

年下同僚・坂口新(細田善彦)は一休みしている彼女に声をかけ、座ると大きなため息をついてから彼女に話しかけるのです。

そして彼女に話す時間が欲しい、自分たちと子どものことについて話したいと言うのです。彼からの言葉に戸惑っている彼女の元へ、夫から連絡が入り彼に会いに行きます。

野口友美(水野美紀)は安岡周平(甲本雅裕)に子ども達を交えて4人で公園に遊びに行こうと誘うのです。彼女からの誘いに喜びながらもどこかいつもと様子が違う彼女に、何かあったのか、と聞きます。何もないと答える彼女に安心し、娘たちと4人で公園へ遊びに行くのです。

野口友美(水野美紀)が楽しそうに公園で遊んでいると、遠くのベンチで夫・野口俊哉(吉沢悠)の姿を見つけ、不安を感じながらも子ども達と遊ぶ続けるます。野口俊哉(吉沢悠)は娘の姿を目にして我慢が出来ず、公園から帰っている帰り道に娘に声をかけるのです。

彼の行動を必死に止める野口友美(水野美紀)の姿に安岡周平(甲本雅裕)は子ども達をその場から離そうとします。

そして柴崎香織(長谷川京子)は任意の事情聴取に行くため準備していると彼女の母が心配して現れます。何があっても元恋人・小田切良太(蟹江一平)に言われた通りに話すように伝え、彼女を見送るのです。

事情聴取では、過去のことに遡りながら彼女に事実確認をしながら進められています。そして警察官は最後に、木戸光一郎(橋下さとし)の自殺を考えていたこと、自殺を手助けしたのでは・・・と尋ねるのです。

同じ頃、原田冴子(玄理)は夫・原田悟史(佐藤陸太)に会いに自宅へと戻ります。

自宅に戻るも目を合わせようとしない彼に遠慮がちに彼女は声をかけます。すると彼から離婚届を差し出され、許しを請うが受け入れてもられず、その場から出て行く彼に謝り泣きながら、彼女は泣き崩れるのです。

しばらくして、自宅を出て泣きながら歩いている彼女は橋の近くで泣き崩れるのです。彼女は泣き崩れている所を水島樹里(大政絢)が見つけ、名前を呼びながら駆け寄ります。

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第9話・4人の女性の向き合う現実が辛すぎる!!

4人の女性それぞれの悩み、恋がさらに複雑にどうなっていくのかという状況になっています。そんな彼女達の直面している現実が辛すぎる・・・と感じてる方が多くいました。

ついに来週で最終話となりますが、果たして4人の女性の最後はどうなっていくのでしょうか。幸せな結末を迎えることができるのか、それぞれがどんな選択をするのかということも気になります!

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第9話・ネット上の感想

https://twitter.com/48chachamaru/status/1139536545776463872?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1139536545776463872%7Ctwgr%5E393039363b74776565745f6d65646961&ref_url=https%3A%2F%2Fdramania1.com%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D8248%26action%3Dedit

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第9話感想・考察

今回は開始早々から、柴崎香織(長谷川京子)の元へ警察官が訊ねています。野口友美(水野美紀)は亡くなっていると思っていた夫・野口俊哉(吉沢悠)が生きている衝撃の事実を目の当たりにします。これからどうなっていくの?どんどん話が進んでいきましたね。

そんな中、水島樹里(大政絢)が初めて恋した相手と向き合いデートする事で舞い上がっている姿がとても可愛らしかったです。ですが、そんな彼女も会いたく時に会えない、声が聞きたい時に声が聞けないと言う状況に苦しんでいる姿がありましたね。最後に彼女は別れると言う決断をする可能性が高そうだな、と思います。

原田冴子(玄理)はついに夫から離婚届を渡され、やり直すことが出来ない、許してもらえる可能性がない事実に泣き崩れていました。このまま彼女は1人で子どもを育てるのか、坂口新(細田善彦)と一緒になる道を選ぶのでしょうか。

そして、柴崎香織(長谷川京子)は罪に問われることはないかもしれないが、クリニックを続くれることは出来なくなると感じます。彼女は最後に木戸貴志(杉野遥亮)とどうなるのでしょうか。2人の関係がどのように終わるのかも気になります!さらに野口友美(水野美紀)は亡くなっていなかった父の事実をどう娘に伝えるのか、安岡周平(甲本雅裕)とも別れることになるのではないかと考えます。

最終話、4人がそれぞれどんな選択をしどんな道を歩むことになるのかと気になり、最後まで見逃すことが出来ませんね!

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』最終話・あらすじ

香織(長谷川京子)は自殺ほう助の罪で、貴志(杉野遥亮)の母・佳恵(麻生祐未)から訴えられ警察の取り調べを受ける。友美(水野美紀)はそんな香織を守ろうとするが、彼女も生きていた夫・俊哉(吉沢悠)とどう決着を付けるかで悩んでいた。冴子(玄理)は一人で子供を産み育てていく決意をし、玲(篠田麻里子)への愛に目覚めた樹里(大政絢)は人生初の純愛に苦しむ。4人は自らの幸せをつかみ取る、人生の分岐点に立っていた。

公式サイトより