この記事を書いた人:編集長ルッキー

ドラマ『文学処女』3話を観ましたでしょうか?

 

3話になって今まで1度も恋をしたことがない月白鹿子(森川葵)が、
まさか人気作家の加賀屋朔(城田優)と朝まで一緒に過ごすなんて・・・・・!!

 

というところからスタートします。

 

2話で月白鹿子(森川葵)がお酒に飲まれて大胆行動に出て、
女性の扱いには慣れているはずの加賀屋朔(城田優)がちょっとたじろぐシーンがあったりと、色々面白くなってきました。

 

3話では恋のライバルが出現!?というシーンもありますし、
ものすごく気になるキャラクターも出ているので、お伝えしていきますね!

ドラマ『文学処女』3話で月白鹿子(森川葵)が抱いていた『うさぎのぬいぐるみ』は何?

ドラマ『文学処女』第3話の14分58秒あたりで月白鹿子(森川葵)が、
自宅のベッドで抱いている『うさぎのぬいぐるみ』が凄く気になりました。

 

そこで、このうさぎのぬいぐるみは一体どこのキャラクターなのかを調べてみた結果、
『LINE FRIENDS STANDINGぬいぐるみ』のコニーということがわかりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LINE FRIENDS STANDINGぬいぐるみ (Lサイズ) コニー
価格:3888円(税込、送料別) (2018/9/27時点)

楽天で購入

 

ドラマでは月白鹿子(森川葵)が抱っこしているので、サイズ的にかなり大きめのサイズかな思います。

 

森川葵さんの身長が157cmで、抱っこしているコニーのサイズが、
森川葵さんの腰のあたりまでの大きさなので、約半分と考えると78cmくらいかな?と思います。

 

上記で紹介しているコニーは『30×23×50cm』なので、サイズ的には小さいですね。
同じサイズのコニーを探してみたのですが、残念ながら見つけられませんでした><

ドラマ『文学処女』3話ネタバレ・感想

第3話では、月白鹿子(森川葵)に恋が芽生えた回でした。

 

自分では『違う!これはパチンじゃない!』と言い聞かせていましたが、加賀屋朔(城田優)が、
月白鹿子(森川葵)の持っている小説にサインをした本を渡したのですが、この時のセリフが『お小遣い月3000円のファンの子へ』でした。

 

この『お小遣い月3000円』というフレーズですが、1500円の小説新刊を月3000円のお小遣いの学生が買うとなると、結構厳しい。
だから、ファンのために新刊にサインをするという企画を立ち上げるというところからきていました。

 

確かに、月3000円しかお小遣いがなくて、1500円の本を買うとなると勇気が入りますね。
そのフレーズをサイン会後の月白鹿子(森川葵)に言ったんです。

 

この時に今まで否定していた『恋のパチン』が起きてしまったのです。

加賀屋朔に続き望月千広が壁ドン!?

初めて恋を知ってしまった月白鹿子(森川葵)でしたが、恋心を持った人物はすぐ近くにもいましたね!
加賀屋朔(城田優)の場合は、3話までに毎回ちょっとだけ回想シーンで登場する、謎の女性の面影が月白鹿子(森川葵)と被るのでしょう。

 

だからほうっておけない感じなのかな?と思ってしまいます。

 

そして、恋心を抱いているのは月白鹿子(森川葵)だけでなく、望月千広(中尾暢樹)も同期の月白鹿子(森川葵)が好きな感じがわかりますよね。
新入社員の歓迎会の時に初めて月白鹿子(森川葵)に出会った時から、気になっていたのでしょう。

 

これは第1話でそのシーンがありましたね!
文学処女第1話の動画についてはこちら

 

加賀屋朔(城田優)と月白鹿子(森川葵)が急接近していることで、望月千広(中尾暢樹)も居ても立ってもいられない状態になったのでしょう。

 

3話の最後のシーンでは月白鹿子(森川葵)が、望月千広(中尾暢樹)に加賀屋朔(城田優)と何かあったの?と聞かれ、
月白鹿子(森川葵)がが何もないよ、大体、加賀屋朔(城田優)は月白鹿子(森川葵)のことを女の子として見ていないと言った直後に、
望月千広(中尾暢樹)が壁ドンした状態から『女の子だよ』と言って3話は終了しました。

加賀屋朔(城田優)に嫉妬した望月千広(中尾暢樹)が月白鹿子(森川葵)に壁ドン。
そこでドラマが終わるなんて
めっちゃ気になる終わり方でした。

ドラマ『文学処女』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『文学処女』地上波放送後1週間以内はTverとMBS動画イズムで視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信される可能性が高いです。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『文学処女』3話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『文学処女』3話のネット上での反応は?

https://twitter.com/arcana05241/status/1044872743748030464

https://twitter.com/Poppo_Nanako/status/1044837904290390016

https://twitter.com/suzuco_t/status/1044637478626291712

まとめ

このドラマは恋愛ドラマではあるのですが、月白鹿子(森川葵)のキャラクターが凄く活かされていて、
月白鹿子(森川葵)の『心の声』や映像の作り、月白鹿子(森川葵)の妄想シーン。

 

そして恋。と様々な要素が絡み合い非常に面白い作品になっているなと感じました。
原作があるので、内容を知っている人でも、女優・俳優の演技で内容に変化はなくても面白く感じることができるのではないでしょうか?

 

すでに個人的にはハマってしまい第4話が待ち遠しい状態です(笑)

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事