この記事を書いた人:りんない

森川葵×城田優ダブル主演のドラマ『文学処女』(TBS系・10月スタート)に、泉里香さんが出演することが決定しました。
泉里香さんとはどんな方なのでしょうか。

今回は2018秋ドラマ『文学処女』で有明光稀役を演じる女優について深掘りしていきます!
ちなみに、キャストやあらすじの詳しい詳細はこちらの記事で紹介しています。

ドラマ『文学処女』有明光稀役の女優は誰?

https://twitter.com/emurena351/status/1037631913450602497

ドラマ『文学処女』有明光稀役で出演が決まったのは泉里香さんです。
まずは、泉里香さんのプロフィールをご覧ください。

名前:泉里香(いずみ りか)
旧芸名:浜千咲、梨華、泉里果
生年月日:1988年10月11日(29歳)
出身地:京都府
身長:166cm
血液型:A型
趣味:ピラティス、ボウリング、料理、お菓子作り、ネイルアート、F1観戦
特技:着付け、テナーサックス、金管楽器
所属:スターダストプロモーション

引用:Wikipedia

 

2002年にスカウトされ、2003年京都の芸能事務所であるスノーラビッツプロモーションに所属します。
浜千咲という芸名で2003年から、ファッション誌『melon』(祥伝社)の専属モデルとして活動を始めます。

 

11月10日には「恋するソルジャー/彼女はいじわる」で歌手としてもデビュー。
実写版『美少女戦士セーラームーン』では、北川景子さんや小松彩夏さんらた共に、
水野亜美 (セーラーマーキュリー)役を熱演し話題になりますが、番組終了後に芸能活動を一旦休止します。

 

2004年のオリジナルビデオ『美少女戦士セーラームーン Special Act.』、
2005年の『美少女戦士セーラームーン Act.ZERO』発売時には、梨華という芸名に変わりクレジットされます。

 

翌年2005年には泉里果という芸名に変え、映画『呉清源〜極みの棋譜〜』(田壮壮監督)、
2008年には映画『クリアネス』に出演が決まります。

 

2008年6月1日には、本名の泉里香でサンミュージックブレーンに移籍し、移籍後すぐに『Ray』の専属モデルに就任します。
その後2012年には現所属事務所のスターダストプロモーションに移籍。

 

『Ray』の創刊25周年号には初めて単独表紙を飾り、モデルとして活動の幅を広げます。

 

『Ray』2016年2月号をもって専属モデルを卒業しますが、同年11月、週刊ヤングジャンプでグラビアデビューをすると、
そのスタイルの良さから、男女問わず絶大な人気になり、2017年4月11日に発売した写真集『Rika!』は各書店で完売が続出!!

 

3度の重版となり、オリコン週刊写真集ランキングにて1位に輝きました。

 

泉里香さんの髪型は女の子たちから特に人気で、
うざバングと呼ばれる、目に入りそうな長めの前髪が特に人気があるようです♪

ドラマ『文学処女』泉里香さんの役どころとは?

今回『文学処女』では、月白鹿子(森川葵)が働く緑線社のライバル会社である赤文社で、
加賀屋(城田優さん)を担当する敏腕編集者・有明光稀を演じます。

 

泉さんは、公式HPでこのようにコメントをしています。

以下、本人のコメントです。

有明光稀役で出演させて頂けることになり、とても嬉しく思います。
ページをめくるたびに心がドキドキする「文学処女」。そこにいる光稀は、美しく聡明で繊細さも持った魅力的な女性です。
そんな光稀が話す言葉には包み込んでくれる優しさがあるので、その一つずつを丁寧に演じられればと思います。

加賀屋と何か関係があるのか!?と思わせるミステリアスな雰囲気が、泉さんにぴったりですよね♪

ドラマ『文学処女』に出演する泉里香さんの演技や評価は?

ドラマ『文学処女』に出演する泉里香さんの演技や評価は?

https://twitter.com/pakupakudooon/status/1036172502022545408

まとめ

泉里香さんは、今人気のモグラ女子(モデル+グラビア)として男女問わず活躍しています!
最近はドラマで見かけることも多いですよね。

 

今回のドラマでは、ミステリアスな役どころということで、
森川さんと城田さんの恋愛にどんなスパイスを入れてくれるのか楽しみです♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事