2019年春ドラマ

ドラマ『緊急取調室 』第6話 ネタバレ感想・考察と第7話あらすじ【容疑者はうさぎなの?】

緊急取調室

緊急取調室6話が5月16日(木)に放送されました。

今回のゲストは、保育士役の倉科カナさんです。前回は、刑事部長の磐城和久(大倉孝二)の意味深な態度も気になりましたが、うさぎの着ぐるみが登場する今回はどんな展開になるのか気になりますね。

ちなみに、ドラマ『緊急取調室』第5話ネタバレはこちらからご覧になれます。

緊急取調室
ドラマ『緊急取調室 』第5話 ネタバレ感想・考察と6話あらすじ【証拠のカボチャが・・・】緊急取調室5話が5月9日(木)に放送されました。 前回は、自分が起こした放火で両親を亡くした姉弟の話でした。その姉弟は謝って母親まで亡...


ドラマ『緊急取調室』1話~最新話はU-NEXTでご覧頂けます。

31日間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

31日間無料でU-NEXTを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『緊急取調室』第6話・あらすじ

ある夜、4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子)が自宅から誘拐された! 母親・西崎明日香(土居志央梨)が30分の外出から帰ると、娘の姿がなかったばかりか、階段から転落したと思われる夫・康弘(向田翼)の死体を発見したという。しかも、捜査協力を命じられた真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は、近所の人から提供されたスマホ映像を見て愕然とする。

そこには、ウサギの着ぐるみをまとった不審者が、凛を抱きかかえて歩く姿が映っていたのだ! さらに捜査の結果、明日香が本当は2時間外出していたことも判明する。

まもなく、交番前にひとりでいる凛を警察官が発見し、身柄を保護。まだ幼い凛からは決定打となるような証言が得られない中、疑惑の目は嘘の証言をした明日香に注がれる。ところがそこへ、もうひとり怪しい人物が浮かび上がる! 事件現場から、凛の担任保育士・柴田七海(倉科カナ)の指紋が検出されたのだ。キントリ・チームは2人を重要参考人として呼び出し、事情聴取することに…。

すると七海は、明日香が不倫相手に会うため凛を保育園に預けていたと証言。母親失格だと厳しく非難し…!そんな中、キントリ・チームはさまざまな情報をもとに、七海に対する嫌疑を深めていくことに…。やがて、ついに七海が自供! しかし、有希子は七海が嘘をつき、頑なに何かを隠そうとしているような気がしてならず…。

引用:公式サイトより

ドラマ『緊急取調室』第6話・ネタバレ

4歳の保育園児の西崎凛(落井実結子)が誘拐されたと、キントリに調査することになりました。母親の明日香(土居志央梨)が帰宅すると、夫の康弘(向田翼)が、倒れていて娘が居なくなっていたというのです。

調査1課の監物(鈴木浩介)は、刑事のかんで母親が怪しいと思い込んでいますが、近所での住民が凛を連れて行く怪しい人物を見かけたので、携帯で撮った画像をキントリ達に見せます。そこには、うさぎの着ぐるみが凛を抱えて階段を下りていくの姿が写っていました。

母親は、30分だけ外出していたと言っていましたが、ドラックストアーの防犯カメラから、2時間は外出していたことが分かりました。有希子(天海祐希)が母親の所で話を聞いているとき、交番の前で一人でいる凛が発見され警官に保護されました。

凛が運ばれた病院に母と有希子(天海祐希)も向かい、母親もホッとしていました。

母親の疑いは晴れないまま、事件現場の指紋から保育士の柴田七海(倉科カナ)も事件に関係している可能性が出てきました。キントリの二人への取り調べが始まります。

保育士の柴田七海(倉科カナ)の取り調べからでした。担当は玉垣(塚地武雅)と小石川(小日向文世)がします。玉垣(塚地武雅)はキントリの力見せましょうと言います。

玉垣(塚地武雅)が、国立大学を出て保育士になったことに驚いている様子を見た七海(倉科カナ)は、保育は子どもを見ていればいいだけだと軽く見ていると怒ります。

七海(倉科カナ)は担任だった凛の保育園での様子を話し合うために、凛の家に行ったことがあるので、指紋があるのではと言います。うさっちと言う着ぐるみを使ったことが無いかと聞かれましたが、七海(倉科カナ)は知らないと言い、凛がまだ病院に居て家に戻れない事を知ると、母親にお友達と遊ぶために凛ちゃんを保育園に預けることをしないようにと伝えて下さいと言います。

意味が分からなかった小石川(小日向文世)達に、保育園は働いていて子どもを見れない人が預ける場所なのに、自分が楽をする為に預ける親もいて、子どもが可哀そうだし、夫以外の人と会う為なんて母親失格だと言うのでした・・・

母親の明日香の取り調べでは、有希子(天海祐希)と菱本進(でんでん)が担当します。明日香は、不倫相手と会っていた事を認めました。買い物を口実に、微熱の娘を置いて外出していたのです。夫殺しの容疑を掛けられていることに明日香は、驚きます。

明日香の不倫相手にも話を聞きに行くと、凛の保育園の七海(倉科カナ)が会いにきて、別れるように言われ、怖くなって別れようとしたと話しました。その時の防犯カメラに明日香と不倫相手が映っていたので、二人のアリバイもありました。

有希子(天海祐希)は、凛の保育園に話を聞きに行きますが、人見知りがあるので、うさぎの縫いぐるみを使い話しかけます。凛にパパはいつ帰って来るのと聞かれてしまいます。

また、有希子(天海祐希)は保育園の他の先生にも話を聞きたいと園長先生に言いますが、警察が出入りしていると変な噂が立つのでわないかと断られます。

そこで、有希子(天海祐希)と玉垣(塚地武雅)は警察の仕事について園児たちと遊びながら、他の先生たちに聞きこみをします。

保育士の七海(倉科カナ)は、教育熱心だった事、凛の母親のお迎えが遅い時は、残って待っていた事が分かりました。

育児に協力しない康夫を、七海(倉科カナ)が殺害者したのではと仮設しますが、有希子(天海祐希)は七海(倉科カナ)は子どもの事だけを考えているから、凛の大好きな父親を殺すようなことをするのかと言います。

二回目の七海(倉科カナ)の聴取の日、保育園の子たちのことを楽しそうに話す七海に、うさぎの着ぐるみを七海(倉科カナ)が購入していることが分かったと伝えます。捜査をかく乱しようとして凛を誘拐したのか、死なせた人物を知っていてかばっているのかと聞かれ、自分が殺したと自供しましたが、今嘘をついていませんか?と有希子(天海祐希)は納得はしませんでした。

有希子(天海祐希)が凛の家に行くと、引っ越しをすると言い、自分が描いた絵を見せる為に部屋に誘います。部屋に行くと、壊れたおもちゃを見つけたとき、七海(倉科カナ)が5年前に乳児を死亡させる事件が起きていたことが分かったと電話がありました。

3回目の七海(倉科カナ)の聴取日、事件当日七海(倉科カナ)が凛の家に着いた時には、すでに父親は死んでいたんじゃないか、その原因を作ったのは凛ではないかと聞きます。壊れたそろばんのかけらを凛の部屋で見つけたと見せます。

保育園で男の子達が、そろばんを車代わりにして転ばせて遊んでいたのを、凛も父親にして遊んでみようとしたのではないかと。そして父親が転んだとき頭が当たった場所が悪かった為死んだのではないかと言います。

このことを知った七海(倉科カナ)が、凛が父親を殺したと知られない為に、これから責任を感じないようにかばっているのではないかと言いました。

凛ちゃんに聞けばそろばんを置いたかわかると言う有希子(天海祐希)に、言わないでと言い自供を始めました。そして、凛には聞かないでと頼みますが有希子(天海祐希)は、人が亡くなっている以上、原因を突き止めなくてはいけないと言います。

七海(倉科カナ)は、有希子(天海祐希)と保育園に行き、凛と最後のお別れを七海(倉科カナ)にさせてあげるのでした・・・

ドラマ『緊急取調室』第6話・ネット上の感想

ドラマ『緊急取調室』第6話感想・考察

凛が自分の置いたおもちゃのせいで、大好きな父親が亡くなってしまった。という真実が悲しい事件でしたね。

自分の子どもを育てている時も、いつも怪我をしないか気を張るのに、保育士さんは沢山の子たちを見て居なくてはいけなく、その大変さは計り知れないと思います。注意してても怪我はしてしまうときもあり、大変な仕事なんだと改めて考えさせられました。

ドラマ『緊急取調室』第7話 あらすじ

宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保佳代子)が、別れた夫・坂本彰夫(尾崎右宗)を殺したと自首してきた。しかも、佐知恵は証拠として、遺体のインスタント写真まで持参。さらに、取り調べを担当することになった真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に対し、神妙な面持ちで「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれないと思いました」と打ち明ける。

というのも、佐知恵は23歳も年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友)と再婚する予定なのだという。しかも、若杉は殺人を犯したと知ってもなお、彼女のことを待つと誓ったというではないか!

罪を償う覚悟を決めた佐知恵は、取り調べでも素直に供述。事件の経緯についても、ことあるごとにお金を脅し取りに来る坂本と縁を切ろうとしたところ、もみ合いになって殺してしまったと説明する。もちろん、物証もそろっており、佐知恵の容疑は固まったも同然。“ある理由”から焦っていた有希子は、早々に所轄の警察署へ引き渡そうとする。

ところが、キントリきっての頭脳派・小石川春夫(小日向文世)は、事件を洗い直すべきだと異を唱える。年の差再婚も然ることながら、若杉が殺人にまで目をつぶる心理がどうも納得できないというのだ。だが、若杉は佐知恵を愛していると断言。そんな中、キントリ・メンバーと飲みに出かけた取調官・玉垣松夫(塚地武雅)は、こぼれた焼酎を見て、証拠写真に残された“ある矛盾”に気づく――。

引用:公式サイトより