2019年春ドラマ

ドラマ『ラジエーションハウス』第8話 ネタバレ感想・考察と第9話あらすじ【甘春杏(本田翼)は病気?ラストに続く伏線なのか?】

ラジエーションハウス

5月27日(月)『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話が放送されました。

前回から小野寺俊夫(遠藤憲一)に、医者であることがバレそうだった五十嵐(窪田正孝)でしたが、また五十嵐(窪田正孝)が診療に加わることで他の仲間にも気付かれていきそうで気になりますね。

辻村駿太郎(鈴木伸之)も甘春杏(本田翼)の事が好きそうな感じだし、五十嵐(窪田正孝)と三人の関係がこれからどう進んでいくのか楽しみです。

ちなみに、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の7話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ラジエーションハウス
ドラマ『ラジエーションハウス』第7話 ネタバレ感想・考察と第8話あらすじ【軒下(浜野謙太)のブドウジュースで十分だが最高にカッコいい!】5月20日(月)『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第7話が放送されました。 医師を影からサポートする放射線技師にスポッ...

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』1話~最新話はFODでご覧頂けます。1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第8話・あらすじ

甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。唯織(窪田正孝)らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。
杏(本田翼)は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃(広瀬アリス)は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが……。

小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。

同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。
そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし……。

引用:公式サイトより

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第8話 ネタバレ

小児科に入院中の久美がハロウィンの仮面をかぶっていました。この小児科では、久美がお願いしてハロウィンパーティーをすることになったと、お見舞いに来た父親に母親が説明をしていました。

ハロウィンは普通秋にするのに、時期が違うことに不思議がる父親に、久美は秘密だよ!と言います。

カンファレンスでは甘春杏(本田翼)が6歳の久美について話します。けいれん発作で9日前に緊急搬送されてきました。CT撮影では異常が無かったですが、3日後のMRI撮影で脳が木の枝のように光るブライトツリーアピアランスという、二相性急性脳症の特徴がありフォローアップの為に、頭部のMRI検査をすると言います。

カンファレンスが終わると小野寺俊夫(遠藤憲一)は、五十嵐(窪田正孝)が医師であることを他の仲間には、内緒にして欲しいと言われたことを思い出していました。

甘春杏(本田翼)は、前回の蛭田真貴の助けてくれたのは技師さんだと言っていたことが気になっていました。

辻村駿太郎(鈴木伸之)が甘春杏(本田翼)と話をしていると、甘春杏(本田翼)が頭を押さえていたのを見て寝不足かと聞きますが、大丈夫と言います。

小児科の広場では、ツリーにカボチャの用紙に願い事を書いています。その様子を見て久美も嬉しそうです。久美も用紙を貰いました。ラジエーションハウスの仲間も願いを書くことに。

内科では腹部の痛みの為に若井陽子(佐藤めぐみ)が受診していて、盲腸だと言われ薬で散らせると言われたと言うと、旦那の祐一(板橋駿谷)は自分がアルバイトだから、病気の時も気を使わせると謝ります。

祐一(板橋駿谷)が仕事に戻ると、一人になって寂しそうな若井陽子(佐藤めぐみ)を久美が見かけ、ハロウィンの願いを書く用紙を渡します。

若井陽子(佐藤めぐみ)は、以前子どもについて、育てることにお金がかかるからと祐一(板橋駿谷)と話していたことを思い出しました。

黒羽たまき(山口紗弥加)が売店の帰りに、若井陽子(佐藤めぐみ)が子供が欲しいと書いたハロウィンの願いカードを拾います。

久美を検査するために甘春杏(本田翼)がきますが、検査を怖がっている時に痙攣発作が起き、検査は延期になりました。

若井陽子(佐藤めぐみ)のカンファレンスを鏑木安富(浅野和之)がしていて、虫垂炎だと診断していると、五十嵐(窪田正孝)は再検査をした方がいいと話、濁っていると言います。鏑木安富(浅野和之)に、判断するのは医師の私で、技師に権限は無いと言われてしまいます。

カンファレンスを欠席していた甘春杏(本田翼)が、鏑木安富(浅野和之)に謝ると私の診断医ケチを付けたと五十嵐(窪田正孝)の事を怒っていました。

甘春杏(本田翼)も調べてみると、甘春杏(本田翼)も五十嵐(窪田正孝)の言う通り、画像に違和感がありました。

五十嵐(窪田正孝)に鏑木安富(浅野和之)の前で医者のような口をきいていると、皆にバレるよと小野寺俊夫(遠藤憲一)に言われてしまいます。

ラジエーションハウスに甘春杏(本田翼)が入ってくると五十嵐(窪田正孝)に、自分も画像を見てみると気になるところがあり、可能性が低いがある疾患の疑いがあると考えると、虫垂腫瘍と、五十嵐(窪田正孝)と同時に病名を言います。

明日若井陽子(佐藤めぐみ)の再検査をすることに決めますが、もし虫垂腫瘍だった場合、虫垂炎と診断をしている鏑木安富(浅野和之)の診断を否定することになるけど、大丈夫かと小野寺俊夫(遠藤憲一)が甘春杏(本田翼)に聞きます。

虫垂腫瘍だった場合取り返しがつかなくなり、私たちは患者さんの命を最優先に考えるべきだと言う甘春杏(本田翼)にそう言うと思ってたと小野寺俊夫(遠藤憲一)は、笑顔で答えます。

鏑木安富(浅野和之)から若井陽子(佐藤めぐみ)に再検査をすることになったと伝え、甘春杏(本田翼)は虫垂腫瘍という、虫垂の中に出来る腫瘍で放置すると破れてお腹全体にゼリー状に広がってしまうけど、早期発見であれば手術で治ると言います。

手術になるかもしれないことに、驚く若井陽子(佐藤めぐみ)ですが検査を受けました。

検査の結果、虫垂腫瘍と分かりましたが最悪の場合卵巣や卵管を失うことになることもあり将来子どもが産めなくなるかもしれないとと五十嵐(窪田正孝)が言います。

甘春杏(本田翼)は若井陽子(佐藤めぐみ)に検査結果を伝えると、子どもなんていらないと言ってきた自分に罰が当たったんだと若井陽子(佐藤めぐみ)は言い帰っていきます。

鏑木安富(浅野和之)が、若井陽子(佐藤めぐみ)の検査結果が虫垂腫瘍だと分かり、私の顔に泥を塗ったと一人怒っつていると、院長が現れ、それで患者が助かるなら本望じゃないと言い泥パックを鏑木安富(浅野和之)に渡します。

軒下(浜野謙太)が、五十嵐(窪田正孝)みたいね放射線技師になれますようにと書いた広瀬(広瀬アリス)のハロウィンの願いの紙を見て騒いでいました。あまり騒ぐので、広瀬(広瀬アリス)は軒下(浜野謙太)と名前を書き替えました。

願い事が無いのかと聞く広瀬(広瀬アリス)に黒羽たまき(山口紗弥加)は、いつからか素直に願い事書けなくなったのって無表情で言うのでした・・・

ラジエーションハウスに、小児科の看護師から子どもが来たら、配るお菓子を渡されました。

久美の検査の日、甘春杏(本田翼)が病室に行くと姿が無くなっていました。皆で手分けして探しますが中々見つかりません。甘春杏(本田翼)頭痛が続くなか、久美を見つけましたが、二人でエレベーターに乗った途端運転が止まってしまい、閉じ込められてしまいます。そして、久美が倒れてしまいます。

エレベーターに管理会社が着くまで30分かかると分かり、五十嵐(窪田正孝)は、久美の状態を聞きながら甘春杏(本田翼)に指示をしていきます。

鏑木安富(浅野和之)は業者を待とうと言いますが、軒下(浜野謙太)はバールを持ってきてみんなでエレベーターをこじ開けようとします。

エレベーターを開けることに成功し、久美は処置をすることに。甘春杏(本田翼)は、疲れたのか頭痛のせいか、気が遠くなり、五十嵐(窪田正孝)に支えられますが、気を取り戻しビックリして行ってしまいます。そんな場面を辻村駿太郎(鈴木伸之)は目にしてしまいます。

ハロウィンパーティーが始まりました。ラジエーションハウスにも子ども達がやってきて、お菓子を貰います。久美も脳波を調べてみて異常がなければ、ひとまず安心でしょうと甘春杏(本田翼)は、両親に説明します。

母親はハロウィンパーティーを急にやりたがったりする久美の事が分からないと言います。そんな時五十嵐(窪田正孝)が現れ、久美がハロウィンパーティーをやりたかった理由を話します。ここに入院している子どもたちは、体調管理の為好きなお菓子を食べられないので、それを知って久美は、ハロウィンパーティーをやろうと考え、それでここに居る子供たちが元気を貰えたんですと言います。

久美の願いカードにはみんなの願いが叶いますようにと書いてありました。

小野寺(遠藤憲一)は大森(和久井映見)に「五十嵐は優秀なやつです。技師としてだけではなく、医者としても」とカマをかけます。

すでに知っていた医院長の大森(和久井映見)。五十嵐(窪田正孝)が医師免許を持っていることも既に把握済み。『でもまあ、あいつが技師として働く以上、私の部下です。こちらは変わらず技師として扱うつもりですけど』と小野寺(遠藤憲一)は五十嵐(窪田正孝)の意思を尊重すると大森(和久井映見)に伝えます。

この二人の会話を偶然聞いてしまった甘春杏(本田翼)。五十嵐(窪田正孝)が医師免許を持っていることにショックを受ける甘春杏(本田翼)。

数日間、頭痛が続いていた甘春杏(本田翼)はエスカレーターから転落し、五十嵐(窪田正孝)が駆けつけます。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第8話 ネット上の感想

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第8話 考察・感想

第8話はかなりデリケートな内容の話でしたね!女性の病気をテーマにしたストーリーの時のラジエーションハウスはちょっとウルッと来てしまいます。

女性からすると子どもが欲しいと思っても相手あってのことですもんね。子どもはいらないと旦那が言ったら、女性が子どもが欲しいと思っても、相手のことを思うと声に出せないってこともよくわかります。

夫婦共稼ぎは今では珍しくないですが、祐一(板橋駿谷)がなぜバイト生活を送っているのかも非常に気になりましたし、そこはどうしてバイト生活になっているのか、もう少し掘り下げても良かったんじゃないかと思います。

ただ、身だしなみを整えていたシーンは一瞬『浮気?』と疑ってしまいましたが、就職面接の為に身だしなみを整えていたとは!!めっちゃいい旦那さん。

エスカレーターから転落した甘春杏(本田翼)の気になる病気とは?

気になったのは連日、頭痛と思われる仕草をしていた甘春杏(本田翼)。ドラマのラストで意識朦朧とした状態でエスカレーターに乗り、意識を失いそのまま転落。

過労ということも考えられるけれど、医療ドラマということを考えるとラスト数回の伏線ということも考えられる?脳に問題がある病気とか?とにかくちょっとストーカー気味の五十嵐(窪田正孝)が偶然居合わせたので、良かったけれど誰もいなかったら普通に重大事故ですよね。

HEROに似せた作りにしているだけあってドラマ出演者1人・1人にスポットを当てる作り方嫌いじゃないです。来週は辻村がメインになりますが、甘春杏(本田翼)の病気?をどこで持ってくるのかも非常に気になるところです。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第9話 あらすじ

唯織(窪田正孝)は、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏(本田翼)に駆け寄る。杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打しており……。

同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。

ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)や小野寺(遠藤憲一)、たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるが……。

引用:公式サイトより