2019年夏ドラマ

ドラマ『凪のお暇』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話のあらすじ【慎二は最低野郎?ラストの号泣シーンが胸キュンすぎてやばい!】

ドラマ『凪のお暇』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話のあらすじ【慎二は最低野郎?ラストの号泣シーンが胸キュンすぎてやばい!】

2019年7月19日に放送されたドラマ『凪のお暇』第1話はもうご覧になりましたか?

人気漫画家『コナリミサト』の同名漫画を黒木華さん主演で実写化したドラマとなっています。

ドラマ『凪のお暇』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

女性視聴者メロメロ!!凪のお暇を無料視聴する方法はこちら
ドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月からTBSにてドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』第1話がスタートします。 このドラマは、コナリミサト氏にが手がける漫画...

ドラマ『凪のお暇』1話~最新話はParaviでご覧頂けます。30日間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

30日間無料でParaviを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『凪のお暇』第1話のあらすじ

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。

そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。 会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。

そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン (中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

引用・公式サイト

ドラマ『凪のお暇』第1話・ネタバレ

ストレートヘアが特徴の大島凪(黒木華)は都内の家電メーカーで働いていますが、常に空気を読んで周りに気を遣う日々を送っていました。凪には「いい空気」や「悪い空気」、「やばい空気」等様々な空気が「見えて」しまうのです。

常にニコニコしているため、同僚にいじられることや、同僚のミスの尻ぬぐいも日常茶飯事。「わかる~!」と言って周りに同調することでなんとか平穏を保っています。

そんな凪は、同じ会社の営業で働いているモテ男・我聞慎二 (高橋一生)と周りに内緒で付き合っています。慎二は「空気は自分でつくるもので読んだら終わりでしょ」がモットーです。

凪はいつも通り慎二と家デートを楽しんでいますが、慎二から「ねえ凪、俺ね、凪の髪の毛すげえ好き、いつもサラサラで真っすぐで」と言われますが、凪はその時心の中で「ねえ慎二、して。早く結婚して。そしたら私のなんだかな~な毎日もひっくり返るの。私本当はひどいくせ毛なの。」と呟きます。

サラサラストレートヘアの凪は実はかなりの天然パーマで、毎朝ヘアアイロンでサラサラストレートを時間をかけて作っているのでした。

翌日も同僚から理不尽な仕事を押し付けられ、おまけに陰で悪口を言われていることを知ってしまいましたが、凪は慎二がいるから頑張れるのでした。

しかし凪は、慎二と部下の会話を偶然聞いてしまいます。その会話とは、部下に「彼女と結婚しないんですか?彼女いるんですよね?」と聞かれた慎二が「それはね、あっちがいいから会ってるだけ。だってそいつ、けちくさいし、俺そういう女生理的に無理なんだわ。」と最低な発言をしていたのです。それを聞いた凪は過呼吸で倒れてしまうのでした。

一週間後、凪の姿はもう会社にはありませんでした。

凪は天パのまま布団をしょって田舎町を自転車で疾走しています。目的地はエレガンスパレスというオンボロなアパートです。 凪は今日、家賃が激安でエアコンもついてないこのエレガンスパレスに引っ越してきました。

隣の部屋から派手な音楽が響いてきて、凪がベランダに出て隣の家の様子を窺うと、隣の家のベランダではゴーヤを育てていることが分かりました。

そして隣の部屋の住民・安良城ゴン(中村倫也)がベランダに出てきたため、慌てて凪は自分の部屋に引っ込みます。 「えらいとこに来てしまった。でも…。大島凪、28歳、無職。暫くお暇いただきます。」と、空気を読む生活から抜け出せたことに清々しさを感じるのでした。

翌朝、凪は飛び起きて「今何時!?遅刻」と慌てますが、会社を辞めたことを思い出し、「は~幸せ!」と笑顔になります。

そして自転車で図書館に行き「なりたい自分になろう!」という本を読んだりして、ゆっくり自分を見つめてやりたいことをやろうと思いますが、凪にはやりたいことが1つも思い浮かびません。 「やりたいことも無いのに、早まったかもしれない…もしこのまま貯金が尽きたら…」とどんどん不安になってきます。

家に帰っても「私、このままずっと一人…」と考えていると、窓から何かが落ちたのが見えました。 それは衣服だったため、上の階の独り身の老人・吉永緑(三田佳子)に届けます。 緑は近所で物乞いのようなことを平然としているため、凪は勝手に心の中で「私の成れの果て…」と思っていました。 凪は衣服を緑に渡した後、早々と帰ろうとしましたが、緑に「何かお礼しなくちゃね」と言われ、部屋の中に入ることになってしまいました。

とんでもないゴミ屋敷だったら心がぽきっと折れてしまうと不安に思っていましたが、緑の部屋はきちんと整理整頓されており、大きなテレビには古い映画が流れていました。 緑に手作りのポッキーをご馳走してもらいましたが、凪は「おいしい!」と笑顔になります。

緑に「下に引っ越してきたのよね?お布団1つで。訳アリ?」と聞かれた凪は「倒れちゃったんです、会社で。過呼吸で。でも恋人からも同僚からも誰からも連絡がこなくて。いなかったんです、私のこと心配している人なんて一人も。当たり前ですよね、本当の恋人でも友達でもなかったわけですし…」と話します。 そして勢いで布団と自転車以外は全て処分し、「とにかくただ、まっさらになりたくてここに来たんです。」と話します。

その頃凪が前に住んでいた部屋には慎二が来ていました…。

凪は自室に戻ると「よし!」と気合を入れて再び外に繰り出します。すると安い八百屋さんを見つけて買い物をしますが、レジで打ち間違えられてしまい400円も多くお金を取られてしまいました。

しかしお店は混んでいたため、空気を読んで一度は退散しますが、これではまた同じことを繰り返してしまうと思い、意を決して店の人に間違いを指摘します。

すると店の人は誠心誠意謝ってくれたため、凪は「初めて自分の思っていることを言えた!」と喜びに心が満たされます。

そして帰り道、捨ててあった扇風機を拾い、黄色く色付けして部屋に置きます。凪は「この色にして良かった、部屋にヒマワリが咲いたみたい」と嬉しく思います。

凪が窓を覗くと、隣に住むゴンがベランダに出ているのが見えました。凪もベランダに出て「ゴ、ゴーヤ食べないんですか?」と聞くと、ゴンは「これゴーヤなの?友達が苗を植えて、ゴジラみたいなのがどんどんなるな~とは思ってたけど。」と言います。

そしてゴンは一度部屋に戻りハサミを持ってくるとゴーヤを収穫して凪に3つおすそ分けしてあげます。その中に黄色いゴーヤが混ざっていました。凪は黄色いゴーヤの種の周りの赤い部分をカットしてゴンに持っていくと、ゴンは「うん、甘い、うまい」と喜びます。

そんなゴンの反応に凪も喜び、黄色いゴーヤのことを「幸せの黄色いラッキーゴーヤ」と呼ぶと、ゴンは「ラッキーゴーヤ。知れて得した。」と微笑みます。

そしてゴンが凪に「黄色、自分も。ほっぺたのとこ」と言い、凪のほっぺに触れていると後ろから「凪?」と聞きなれた声が…。

二人の前に表れたのは慎二でした。凪の姿を見て「どうしたその頭。まじかよ、お前ブスになったな~」と散々馬鹿にし、凪の部屋にずかずか入っていきます。黄色い扇風機も馬鹿にされ、凪は「この人、どうしてこんなに人のこと土足で踏み荒らせるの」と悲しい気持ちになります。

しかし凪は慎二に「酒買ってきたからなんかつまみ作ってよ」と言われると作り笑いを浮かべ「うん」と頷くのでした。

ゴーヤのつまみを振る舞うと、「元気そうで安心したよ。出張から帰って連絡したらスマホ変えてるしSNSのアカウントも消えてるし。まあ気持ちわかるけど。お前SNSとの距離感淡泊だったもんな。人にも物にも執着しないタイプ。俺応援するから。凪の新しいシンプルライフ。魂のデトックス」と慎二が言い、凪に迫ってきます。

凪は「したら、帰ってくれる?会社の人に言ってたでしょ。私と会うのはあっちがいいからだけだって。」と言うと、「いやあれは男同士のノリというか、あんだろそういう空気」と開き直ります。

凪は「空気…?」と言って慎二を押し返し、慎二から距離を取ります。

そして「あのね、慎二。私この頭が地毛なの。月1でストパーかけて毎朝1時間かけてブローして必死に真っすぐにしてたの。それにね、私全然淡泊なんじゃないよ。モノにも人にも執着しまくりだし。SNSは24時間監視体制だったし。慎二と付き合ってるって早く皆に言いたくてたまらなかったし。慎二に嫌なことされても言われても何も言えなかった。嫌われたくないから。でももうそういうのいらない。そういう自分ごと全部いらない。もう空気読みたくない。だって多分、空気って読むものじゃなくて吸って吐くものだと思うから。」と畳みかけます。

凪の話を聞いた慎二は鼻で笑い、「今までの自分全部捨てて?まっさらな自分になって?ありのままの自分を愛してくださいってか。滑ってんな、お前。モノ捨てて引っ越したくらいで人生変わるかよ。いいか?お前は絶対変われない。絶対に。」と吐き捨てて部屋を出ていってしまいます。

そんな慎二を凪は追いかけ、「滑ってても全然いい。今後一切私に関わらないで!」と叫びます。しかし慎二は笑顔を見せ「また来るね」と言って去っていきました。

そんな二人をゴンは見ていました。

凪がアパートに戻ると、上の階の緑がタオルを差し出してくれて、ドライヤーで乾かしてくれます。

隣の部屋の女の子・白石うらら(白鳥玉季)もやってきて、「触ってもいい?頭」と聞くので、凪は少し戸惑いながら頷きます。するとうららは「わ~!やっぱりふわふわ~!ふわふわのわんちゃんみたいで気持ちい~!いいなあ、この髪の毛!」とニッコリ笑います。その言葉を聞いて凪は涙を流すのでした。

一方、慎二も泣きながら帰っていました。そして馴染みのバーに立ち寄ります。ベロベロになりながら「俺のことリセットできると思うなよ」と言う慎二に、マスターのママ(武田真治)は「本命の子ってどんな子なの」と問いかけます。

慎二は「見ちゃったんだよ。付き合い始めのころ、俺にバレないようにすげえ早く起きて一時間以上かけてヘアアイロンかけてる姿を。めっちゃ健気で、俺その時思っちゃったんだよね。こいつのこと一生守るって。俺、そいつのことめっちゃ好きなんだよ」と号泣しだします。

翌朝、凪の部屋のチャイムが鳴り、ゴンが凪にお皿を返しにきました。するとゴンは凪を抱き締め、「ごちそうさま。おやすみ」と言い、去っていきました。

凪はあまりの衝撃に倒れ込み「何、今の…。」と呟くのでした。

ドラマ『凪のお暇』と原作の漫画『凪のお暇』を比較したい場合は最新刊まで無料で読む方法がおすすめ!

ドラマ版と原作、どのくらい内容が違うのか?キャストの設定が違うのか気になったりしますよね。そこで今回は、原作『凪のお暇』を無料で読む方法をお伝えいたします。

結論!

『music.jp』の30日間無料おためしと『U-NEXT』の31日間無料トライアルを利用することで原作『凪のお暇』を無料で読むことができます。

その理由ですが、下記の表をご覧ください。

U-NEXT 登録時600pt
music.jp 登録時961pt
FODプレミアム 1300pt
ebookjapan 登録時300pt

実は、各動画配信サービスは無料おためしに登録すると、ポイントがもらえます。

今回は『music.jp』『U-NEXT』に焦点を置いてお伝えしますが、『music.jp』の30日間無料おためし登録をすると961ptが貰えます。

そして『U-NEXT』の31日間無料トライアルに登録すると600ptが貰えます。

このポイントを利用して、原作『凪のお暇』を読むことができるんです。
もちろん、退会・解約も非常に簡単に行えます。

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用する

無料トライアル31日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。


 

music.jpの30日間無料おためしを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はmusic.jp公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『凪のお暇』第1話・ネット上の感想

https://twitter.com/fuwari_fuwa2525/status/1152227346201501696

ドラマ『凪のお暇』第1話・感想・考察

私は原作は未読なのですが、想像以上にすごく面白かったです。

私も空気をつい読んでしまうタイプなので、凪の行動にも共感できるところがたくさんあったし、なによりも、ゴンがたまらなくかっこいい…。

慎二は終盤までずっとクズな最低野郎だと思っていましたが、ラストで大どんでん返しが起きましたね!バーで号泣するシーンすごくキュンとしました。彼は意地っ張りなタイプなんでしょうか?そんなに好きなら凪にもっと優しくあげればいいじゃんと思いますが、素直になれないのでしょうね。

凪は今後、慎二とゴンどちらとくっつくのでしょうか!すごく楽しみです!

ドラマ『凪のお暇』第2話・あらすじ

全てを捨てて人生のリセットを決意したアラサー女子の 凪 (黒木華) は、東京郊外にある6畳一間のアパートで再出発を図ろうとしていた。 しかし、突然訪ねてきた元カレ・慎二 (高橋一生) からの 「お前は絶対、変われない」 という言葉に、凪の心は激しく荒れていた。

そんな時、ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。生きているだけでお金が減っていく現実に凪は危機感を覚え、失業保険の給付を受けるためにハローワークへ。 そこで、なにやら担当者ともめている 坂本龍子 (市川実日子) と出会う。落ち込んでいる様子の龍子に、凪は勇気を出して話かけてみるが…。

一方、慎二は行きつけのスナック「バブル」で ママ (武田真治) や 杏 (中田クルミ) から “女心が分かっていない” と説教を受け、凪との復縁はないと言われてしまう。 ヤケをおこした慎二は、凪のアパートへ行き執拗にチャイムを鳴らすも凪は留守。そんな慎二に声を掛けたのは上の階に住む 吉永緑 (三田佳子) だった。

その頃、凪は隣人の ゴン (中村倫也) と一緒に近所の公園でバーベキューをしていた。ゴンが持つ、ゆるっとやわらかな空気に癒される凪だったが、ゴンと家に戻ったところで、慎二と出くわしてしまう。凪は隣に住む うらら (白鳥玉季) と予定があると言い慎二を避けるも、なぜか凪の部屋で慎二とうらら、緑、ゴンとトランプをする羽目になり…。

引用:公式サイト