この記事を書いた人:sawa018

2018年11月30日(金)に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話はもうご覧になりましたか?

 

第7話では尚の病気がMCIからアルツハイマー病に進行してしまいましたが、尚は真司の子供を産みたいと思うようになりました。
真司は尚の病気のことを受け入れることができていませんでしたが、尚が子供について考え直したことは素直に喜んでいました。

 

2人の周りをうろつく公平が尚に対して故意に危害を加えたことが分かり、
その問題はまだ解決していませんが、第8話では何か新たな展開があるのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『大恋愛』第7話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話ネタバレ

尚(戸田恵梨香)の病状が進行し、家の中に注意喚起のメモが増えていく間宮家。
そんな中、子供を産むと決めた尚と真司(ムロツヨシ)は、産婦人科医である尚の指導のもと楽しみながらも戦略的に子作りに励んでいました。

 

公平(小池徹平)の診察をしていた侑市(松岡昌宏)は、尚の講演会の時の動画を見せ、他の患者に危害を加えるようであれば他の医師を紹介すると言いますが、公平は忘れたふりをし、まったく聞き入れませんでした。

 

薫(草刈民代)と柚香(黒川智花)に、子供を産むと決めたことを報告しにクリニックに訪れた尚。
薫には反対されると思っていた尚でしたが、意外とすんなり受け入れられたことに驚き、柚香と「好きな人でもできたのでは?」と盛り上がりました。

 

侑市は薫のクリニックを訪れ、尚の講演会の動画を見せました。
公平が今後何をしてくるか分からないため、家族で注意するよう伝えました。

 

公平は尚のあとをつけ、スーパーで買い物をしている尚に偶然を装って声をかけました。

 

財布を忘れた尚の代わりに代金を支払い、代金を返す代わりにとカフェに誘った公平は、病気がわかった途端に妻に逃げられたことなどを尚に話し、同じ病気の者同士でないと対等でいられないと言いました。

 

仕事で多忙を極める真司の世話をする担当編集者の水野(木南晴夏)は、真司が忘れてきたスマホを取りに向かいました。
その時ちょうど尚が帰宅し、鉢合わせしてしまいました。

 

スマホを受け取った真司は侑市からの着信に気づき、折り返した時に公平が危険であるということを聞きました。
その話を聞いた真司はすぐに尚に連絡し、無事を確認しました。

 

バーで飲んでいた侑市が真司との電話が終わって席に戻ると、薫が来ていました。
食事がまだだった2人は居酒屋に移動し、侑市は医者として人の役に立っているのかと悩みを打ち明け、薫は侑市を頼りにしていると励ましました。

 

帰宅した真司に気づいた尚が目を覚ましました。
真司は小説の続編のタイトルを決めたことを伝え、尚は喜びました。

 

そして、真司に今日1日の出来事を聞かれた尚は話しながら、自分が帰宅したら水野がいたことを思い出し、
「自分がスマホを届けに行ったのに」と少し不満げに伝えました。

 

真司は尚がクリニックに出かけると言っていたから水野に頼んだのだとなだめて、
尚は一応納得しましたが、少し引っかかっていました。

 

自宅の書斎で仕事の打ち合わせをしていた真司と水野の話を扉越しに聞きながら、尚は入っていけずにいました。
そして水野に小説の続編のタイトルを話す真司の声を聞き、1番に教えてもらえなかったとショックを受けます。
尚は教えてもらったことを忘れてしまっていたのです。

 

少しずつ不満をためていた尚は、公平に愚痴を言ってしまいました。
公平は突然尚のことを呼び捨てにし、蝶の標本を見せながら「死ねば永遠に綺麗でいられる」と尚を洗脳するような言葉を少しずつ刷り込んでいました。

 

なんとなく危険を感じた尚は帰ろうとしますが、公平は車で送ると言ってきました。
車から降りた尚の姿をたまたま目撃した木村(富澤たけし)と小川(杉野遥亮)は、真司を呼び出してそのことを伝えました。

 

帰宅した真司は、尚に公平と会っていたのかたずねました。

 

今度から出かけるときはついて行くと言う真司に対等だと思ってもらえていないと感じた尚は、水野への不満や続編のタイトルのこともあいまって気持ちが爆発し、家を飛び出してしまいます。

 

マンションの外で待ち伏せていた公平は尚に声をかけ車に乗せました。
そして睡眠薬入りのコーヒーを飲ませて尚を眠らせました。

 

家を飛び出した尚を見失った真司は電話をかけますが、尚のスマホは冷蔵庫の中に入っていました。
再度探しに出ると、尚のスマホに公平から電話がかかってきました。
真司は言われた場所に向かい、尚の居場所はどこだと公平に詰め寄ります。

 

公平は、「尚を小説の道具としか思っていない」など真司を煽るようなことばかり言って、尚の居場所をなかなか言いません。
真司は怒って殴りかかろうとしますが、そこへ尚が止めに入りました。
尚はコーヒーを飲んで眠ったふりをしていただけでした。

 

尚は公平に「真司に自分のことを書いてもらうのは生きがい。ほかの誰にも真似できない私たちだけの夫婦の形。」とはっきり意思表示をしました。
そして尚は、大事なことも全部忘れてしまうけれど、忘れてしまえることが唯一の救いだと公平を諭し、恨まないから全部忘れて欲しいと伝えました。

 

公平が去り、真司は絆を確認するように尚を抱きしめました。
家に戻った2人は、お互いほかの人では代わりがきかないということを再確認し、いつもの仲のいい時間を過ごすのでした。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話・2人だけの夫婦のかたちに感動

公平に少しずつ洗脳されてしまったのかと思っていたのですが、尚が公平に自分の想いを伝える姿を見て、
尚ちゃんはやっぱり尚ちゃんだった…!と嬉しくなりました。

 

「真司に自分のことを書いてもらうのは生きがい」とはっきり言える尚は強いですね。
真司もそれを聞いて救われた部分があったのではないでしょうか。

 

「恨んでも忘れてしまうから恨まない」と言える尚は本当に素敵でした。
公平には説得力抜群でしたね。

 

そしてラストの幸せ仲良し夫婦の戯れ。
毎回本当に癒されます!

 

公式サイトに掲載されている撮影ノートに書かれているように、
こちらのシーンは笑顔の絶えない現場だったことがわかります。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話・次回予告に驚きの声

第9話の予告ですが、この短い映像に衝撃を受けました。
薫と侑市がいい雰囲気になってきているのは間違いないのですが、もう付き合っているのでしょうか?

 

まさかこの鉢合わせが起こってしまうとは…(笑)この後どうなるかはわかりませんが、
侑市の表情が柔らかくなっていて素敵だなぁと思ってしまいました。

 

予告やプレゼントの告知まで見逃せない部分が多いドラマですね!

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『大恋愛』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。
最新の配信状況は 公式サイトにてご確認ください。

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。
ドラマ『大恋愛』8話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話感想

尚の周りをうろついていた公平は尚に危害を加えるところがかなり危険でしたが、
尚と受け止め方は違えど病気に苦しむ1人でした。

 

とはいえ、小池徹平さんの演技は鬼気迫るものがあり、尚と真司の幸せを壊そうとするのは不快でたまりませんでした…。
解決してよかったです。

 

第9話ではついに間宮家に子供が誕生します。
予告では「遺言」という言葉が聞こえて少し不安になってしまいました。

 

薫と侑市が付き合うことになったのかも気になります。
だんだんクライマックスが近づいていますが、まだ何か起こりそうな予感がします。

 

次回の放送も楽しみに待ちましょう!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事