この記事を書いた人:sawa018

2018年10月26日(金)に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話はもうご覧になりましたか?

 

第2話の見逃し配信の再生回数が初回を超え、さらに週末2日だけで100万回再生を突破したそうです!注目度の高さがうかがえますよね。

 

真司に病気のことを告白した尚。それを知っても尚と一緒にいることを選んだ真司。
第3話では、ついに2人が一緒に暮らし始めます。

 

しかし、これから起こる困難をまだ想像しきれていない2人はどうなっていくのでしょうか。

 

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第2話ネタバレはこちらからどうぞ

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話ネタバレ

尚(戸田恵梨香)の病気のことを知っても、すべて受け止めて一緒にいることを選んだ真司(ムロツヨシ)。

 

2人は一緒に暮らすことにします。そこで尚は、古くて狭い真司の部屋から、もう少し広くて新しい部屋に引っ越したいと言い出します。
自分の貯金をつかおうとする尚に、今後のために置いておくように言う真司ですが、尚の貯金が5000万円くらいあることを知理、金銭感覚の違いに衝撃を受けます。

 

薫(草刈民代)に渡された100万円を返しに、尚の実家を訪れた尚と真司。やっと2人のことを許した薫ですが、
心配するあまり実家の近くに引っ越すことを提案してきます。

 

真司は今の家で暮らしたいと思っていましたが、
薫と尚の勢いに負けて家を探すことになりました。

 

尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、侑市の勤める病院に行きました。

 

実際に侑市に会い、自分の預金通帳の残高を見て仕事のシフトを増やすことを決意します。
その頃、尚は医者を辞めて病気の自分にもできることがないか模索すると薫に伝えていました。

 

すぐに引っ越すことができないなりに、真司は部屋の掃除をします。
そこに帰ってきた尚は喜びますが、新しい部屋探しもしていました。

 

家賃の高さに驚く真司でしたが、内見の予約をすることにしました。

 

その夜、自分の記憶を確かめたい尚は真司に問題を出させます。
「好きな小説」「薫の旧姓」「真司が捨てられていた神社」この3つを忘れてしまったら別れると言う尚に、何があっても別れないと真司は答えます。

 

バイトのシフトを増やしていることを尚に隠している真司は、小説を書くふりをして家を出ます。

 

新しい家の内見を予約している日でした。
バイトが終わり、内見する家で尚を待つ真司でしたが尚が現れません。

 

電話をかけてみると、尚はスーパーで買い物をしていました。
尚が約束を忘れていることを察した真司は、尚に何も言わずに電話を切ります。
真司の様子を不思議に思った尚は、スケジュールを確認して自分が内見を忘れていたことに気づきました。

 

真司が家に帰ると、鍵がさしっぱなしになっていました。
真司は気づかないふりをして部屋に入ります。

 

中には落ち込む尚がいました。
元気付けようとふざける真司に尚は救われるのでした。

 

侑市の病院を再度訪れた真司。
真司は侑市に、尚と一緒に生きていくと決めたことを伝え、尚の病状や治療について知る必要があると思ったため教えて欲しいと頼みます。

 

しかし侑市は、尚と付き合っていようと他人の真司には何も教えられないと断り、結婚したらどうかと伝えました。

 

オクトーバーフェストに遊びにきた尚と真司。尚は真司と過ごす時間が楽しすぎて涙を浮かべていました。
真司も、尚の様子を見て「幸せすぎて怖い」と思っていることに気づいていましたが、気づかないふりをしました。

 

侑市は母の千賀子(夏樹陽子)に勧められるがままお見合いをしていました。
1日に3件のお見合いをこなす侑市でしたが、どの女性といても尚のことを思い出してしまい、3人とも断ることにしました。

 

診察に来た尚は、病院で認知症の女性に遭遇します。
息子のことが分からなくなっており、誰かにさらわれてきて殺されそうになっていると訴える女性を見て、
自分も同じようになるのかとショックを受けます。

 

診察中、尚は侑市に弱音を吐いてしまいます。
弱っている尚の言葉ひとつひとつに丁寧に答える侑市。

 

主治医としてなのか、相手が尚だからなのか、今はまだ侑市にしかわかりません。

 

侑市と話をして少しスッキリした尚は、薫のクリニックのデータをまとめて論文にしようと思っていることを伝えました。
前から考えていたことだと言いますが、前向きな気持ちになっている尚を見て、薫は安心しました。

 

家の外で小説を書いていると尚に嘘をついてバイトをしている真司。

 

急にシフトを増やして無理をしていた真司は、小川(杉野遥亮)との仕事中に尋常ではない腹痛を訴えます。
病院に運び込まれた真司は尿管結石と診断されました。

 

慌てた小川は木村(富澤たけし)に連絡し、木村の指示で真司の携帯を使い、尚に連絡しました。

 

病院に着いた尚は、真司がバイトのシフトを3倍に増やしていたことを小川から聞きました。
病室で話をする尚と真司。

 

真司は侑一に会ったことでコンプレックスを刺激されて無理をしてしまったこと、バイトを増やしても大して稼げないことは分かっていたがヒモになっていくのは嫌だったことなどを正直に話し、尚は真司を苦しめていたことを謝ります。

 

自分のことばかり考えていてひどいと言う尚に、「確かにひどい。ひどいけど好きなんだ。」と答える真司。
「好きと嫌いは自分で選べないから、好きになっちゃったらどんな尚ちゃんでも好きなんだ。」と伝える真司に抱きつく尚。

 

しかし真司は衝撃を受けます。

 

「好き。侑市さん。」

 

尚は真司のことを忘れはじめているのでしょうか…。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話・戸田恵梨香の演技がすごい

第3話では戸田恵梨香さんの演技に引き込まれるシーンがたくさんありましたね!

 

まず診察に来た尚が認知症の女性と遭遇し、未来の自分も同じようになると不安になりながら侑市に弱音を吐くシーン。
今まで自分が積み上げてきたものがどんどんこぼれ落ちていく感覚が恐ろしく、

 

「生きているのが嫌になったら、先生殺してくれますか?」と泣きながら話す尚の表情が胸を刺しました。

 

そして、オクトーバーフェストに遊びに来て、真司と過ごす時間が楽しくて幸せなことが不安に感じられると涙を流すシーン。
笑顔で踊りながら涙を流すなんて、尚本人になりきっていないとできないのではないかと思います。

 

それをやってのける戸田さんに本当に驚きました。

 

ムロさんとのシーンも、本当に付き合っているのではないかと思うほどに自然でかわいいですし、
毎週観るたびに戸田さんの演技力の高さに感動させられます。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話・衝撃のラストシーン

ムロさんが宣伝していたように、第3話では衝撃のラストシーンが話題となりました。

 

尚の病気が進行していることも分かりましたが、直前に真司の優しさが尚に伝わるやりとりがあっただけにショッキングでした。
名前を呼び間違えられた瞬間のムロさんの目の演技からも大きなショックがうかがえましたし、時が止まったように感じられました。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』4話あらすじ

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)
病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。
だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。

名前を間違ったことに気づいていない尚。“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。
一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。
翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。
真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。
そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。

引用:公式サイトより

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『大恋愛』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『大恋愛』3話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話感想

病気のことを知っても尚と一緒にいることを決めた真司でしたが、金銭感覚の違いにアタフタしていましたね。
でもそれを尚には見せずに仕事を頑張る真司の優しさが沁みました。

 

まだ病気の進行によってどのような困難が待ち受けているのか分かっていない尚と真司ですが、
お互いの気持ちを正直に伝え合える2人なら乗り越えていけるのではないかと期待してしまいます。

 

しかし、真司のことを侑市と呼び間違えてしまった尚。
第4話ではどんなことが2人を待ち受けているのでしょうか。

次回の放送も楽しみですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事