この記事を書いた人:sawa018

2018年11月23日(金)に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話はもうご覧になりましたか?

 

第6話では、尚と同じMCI患者の公平が登場しました。
公平は笑顔の裏に闇を抱えていそうな雰囲気で、尚と真司に波乱をもたらす人かもしれません。

 

真司は自分を認識していない尚を見て、小説の続編を書くことを決めました。
幸せな新婚生活はどうなってしまうのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『大恋愛』第6話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話ネタバレ

尚(戸田恵梨香)が倒れ、病室に駆けつけた真司(ムロツヨシ)は公平(小池徹平)が尚にキスしているところを目撃しました。
公平を尚から引き剥がし、尚に声をかける真司でしたが、尚は真司のことを認識していませんでした。

 

病室に薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)が入って来ました。
真司は尚が反射性失神で倒れたことや、病状が進行したかもしれないことで侑市を責めました。
侑市も真司の気持ちが分かるため、何も言い返せません。

 

見かねた薫が侑市をかばいますが真司の気持ちはおさまらず、新薬の治験で尚を治すように強く言いました。
翌日、目を覚ました尚は真司のことを認識していました。

 

ほっとした真司ですが、尚と一緒に歯を磨きながら、これから尚が自分の歯を磨くことができなくなるかもしれないと思うと、
込み上げてくるものがあり涙が出てしまうのでした。

 

尚が検査に行っている間に真司の担当編集者・水野(木南晴夏)からの電話がありました。
「脳みそとアップルパイ」の映画化の話が出ているという連絡でした。
しかし真司は、それよりも「脳みそとアップルパイ」の続編を書きたくなったと伝えます。

 

喜ぶ水野ですが、映画化の話も前向きに検討するように真司に言いました。

 

その時、公平が尚の病室に行くところを見かけた真司は電話を切り、公平に「尚に近づくな」と言いに行きました。
しかし公平は「どうせ全部忘れるのだから“今”欲しいものが欲しい、真司を殺してでも尚が欲しい」と一歩も引きません。
同じ病気になった者同士でないと分からないことがあると言うのです。

 

そういうこともあるかもしれないと少し思う真司でしたが、
公平のことは警戒し、公平を近づけないように気をつけることにしました。

 

翌日、尚は侑市に新薬の治験の相談をし、症状が改善されたら子供のことを考えたいと伝えました。
倒れたあとのことは何も覚えていないけれど、2人の子供のことは覚えていてくれたと真司は嬉しく思いました。
実は尚も一緒に歯を磨いているときに、真司と同じことを考えていたのです。

 

そして「絶対に治りたい」と侑市に伝えました。

 

病院の食堂で公平を見かけた侑市は、実習生から診察がなくても病院にいることを聞き、公平に声をかけました。
間宮夫妻のことはそっとしておいてほしいと伝えましたが、公平は聞く耳を持たず、尚が失神を起こしたのは侑市のせいだと言って席を立ちました。

 

家に帰って食事をしていた尚と真司。
真司は子供の話をしましたが、尚は覚えていませんでした。
話題を変え、真司は「脳みそとアップルパイ」の続編を書くことと、映画化の話を尚に伝えました。

 

尚は驚きつつも喜びました。

 

尚が父親のお墓参りで実家に泊まる日、真司は引っ越し屋の元同僚・木村(富澤たけし)と小川(杉野遥亮)を飲みに誘いました。
なんとなくモヤモヤしていることを相談してみたものの、妻が健康でも病気でも一緒だと2人なりの言葉で励まされました。

 

尚の診察の日、毎回やっているMCIのテストの結果が悪く、尚は落ち込んでいました。
真司もテストの様子を見て心配になります。
診察室で、侑市から新薬の投与ができなくなったことを聞いた真司は食ってかかります。

 

検査の結果、尚はアルツハイマー病に進行しており、新薬の治験対象外となってしまったのです。
尚は侑市に、自分が誰だか分からなくなるまでにどのくらいの時間が残されているのか聞きましたが、一概に答えることはできません。
治験はできなくなってしまったけれど、従来の薬は効くかもしれないので諦めずに治療していくことになりました。

 

真司からの連絡を受けて、薫はホテルのバーで泣きながらお酒を飲んでいました。
その様子を偶然見かけた侑市の父・誠一郎(橋爪淳)は侑市に連絡しました。

 

薫のもとへ駆けつけた侑市。薫は尚のことで泣いていましたが、「長生きしたからといって幸せかどうかは分からない。尚は真司に愛され侑市にも良くしてもらって幸せかもしれない。」と納得しようとしていました。

 

そして自分はこれまでに1度も男の人を頼りにしたことがないと笑う薫を見て、
侑市は自分を頼りにしてくれたら嬉しいと伝えました。

 

病院からの帰り道、尚の好きな黒酢はちみつドリンクを飲む尚と真司。尚は初めて飲んだような様子ですが、
話をするうちにたくさん注文しすぎて薫に怒られたことを思い出しました。

 

尚が思い出せたことでまだMCIだと喜ぶ真司でしたが、
侑市に連絡しようとする真司を尚はそっと止めるのでした。

 

観覧車が見える橋や真司の住んでいたアパートなど、2人の思い出の場所を通るたびに、
尚の病気の進行を受け止めきれない真司は感情を抑えきれず泣きそうになってしまいます。

 

そしていつもの居酒屋で食事をしながら「一生懸命生きる」と言う尚に、真司は泣いてしまうのでした。

 

侑市に実習生から連絡が入りました。尚が倒れた時の動画を侑市のパソコンに送ったという内容でした。
侑市がすぐに確認すると、そこにはマイクをスピーカーに近づけてわざとハウリングを起こしている公平の姿が映っていました。
明らかに悪意のある行動を見て、実習生は抱えきれずに侑市に報告してきてくれました。

 

これもアルツハイマー病に関係するのかと聞く実習生でしたが、
そんなわけないと侑市は怒りを隠しきれませんでした。

 

尚は真司に、子供が欲しくなったと伝えました。
病気が治らないとわかって「自分のこれまでの人生の記録が欲しい」「真司との子供をこの世に遺したい」という気持ちが生まれたのです。
そして子供と3人で少しでも長く平和な生活が送れたら自分が生まれてきた甲斐があると、尚は泣きながら笑いました。

 

真司も、人生最悪な日に最高の未来が見えることもあると喜びました。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話・感情むき出しの涙を流すムロツヨシ

https://twitter.com/___yuuuu068/status/1066127327665344512

戸田さんとムロさんの演技力の高さはずっと評判となっていますが、
第7話ではムロさんの涙にもらい泣きしてしまう方が多くいらっしゃいました。

 

私も後半はずっと涙が止まりませんでした。ずっと尚の病気は治ると信じていたけれどアルツハイマー病に進行してしまい、受け止めきれなくなってしまった真司の気持ちがすごく伝わってきました。

 

そして子供が欲しいと言う尚に喜ぶ涙もあって、
微妙な感情の変化を見事に演じていてムロさんの演技の幅に驚きました!

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話・主題歌を歌う戸田恵梨香

本編を見て大号泣したあと、告知の映像で癒されました。
戸田さんが歌うbuck numberの「オールドファッション」はもう2度と聴けないかも?
ムロさんが自分が歌ったバージョンもあるとツイートしていましたが、是非その映像も見たいですよね!素敵な主題歌です♪

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『大恋愛』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『大恋愛』7話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話感想

公平が尚に危害を加えるようなことをしたせいなのか、尚がアルツハイマー病に進行してしまいました。
真司以外にもキラースマイルで隠れていた公平の本性を知る人が増えてきましたが、尚を守ることはできるのでしょうか。

 

第8話では尚と真司がケンカしてしまう場面もあるようですね。
公平も尚に執着している最中ですし、心配です。
薫と侑市の関係がどうなっていくのかも気になります。

 

次回の放送も楽しみですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事