この記事を書いた人:sawa018

2018年12月7日(金)に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話はもうご覧になりましたか?

 

第8話では尚につきまとっていた公平のことが解決し、尚と真司はお互いの気持ちを再確認しました。
第9話ではついに尚が妊娠します!2人は幸せな日々を過ごせるのでしょうか。

 

ちなみに。ドラマ『大恋愛』8話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話ネタバレ

2014年12月、尚(戸田恵梨香)はついに妊娠しました。
予定日は2015年8月です。

 

帰宅してすぐに真司(ムロツヨシ)に報告したい尚でしたが、
書斎で水野(木南晴夏)と小説の話をしており声をかけることができません。

 

尚は自分と水野を比べ、少し元気をなくしてしまいましたが「小説の手伝いは水野の方ができるかもしれないけれど自分にしかできないこともある」と言って、真司に妊娠を報告しました。喜ぶ2人は家のあちらこちらに“尚は妊娠中”の張り紙を貼ってまわりました。

 

薫(草刈民代)から尚の妊娠を聞いた侑市(松岡昌宏)は素直に喜びました。
そして尚との過去を振り返り、今、薫と2人でお酒を飲んでいるのが楽しいと言って薫を家に誘いました。
翌朝、侑市の部屋を訪れた母・千賀子(夏樹陽子)は下駄箱にハイヒールが入っていることに気づきました。

 

するとベッドルームから侑市と薫が手を繋いで出てくるではありませんか!
侑市から離れようとする薫でしたが、侑市は繋いだ手を離しません。

 

千賀子は薫を責め、薫も侑市への気持ちは本気とはいえ身を引こうとしましたが、
侑市はその場で薫にプロポーズし、千賀子を説得しようとしました。

 

そして侑市と薫は結婚することになり、侑市は尚の元・婚約者から義理の父親になりました。

 

2ヶ月後、真司の新聞連載『もう一度 第一章から』が始まりました。
連載の第157回を迎えた日に尚の陣痛が始まり、2015年8月12日に男の子が生まれました。
2人は“1番恵まれるように”という祈りを込めて「恵一」と名付けました。

 

恵一が生まれてからは水野もさらに家事や育児を手伝うようになっていました。
ある日、書斎で真司と水野が言い合いをしているのを尚が聞いてしまいます。

 

『もう一度 第一章から』を子供が生まれたところで終わらせ、その後は仕事もセーブして育児に時間を割きたいと言う真司に、水野は「それでは読者が納得しない。子供が生まれてからの話こそ書かなければ作品が中途半端なものになる」と言っていました。

 

尚は水野に、自分の病気が進行しないと真司の小説は中途半端なものになってしまうのかと聞きました。
水野と比べて何もできない自分は生きているだけで真司の負担になっていると言う尚でしたが、生きているだけで水野のやる気の源だと水野に言われました。

 

尚が恵一を連れて薫と買い物に出ようとした時、週刊誌の記者に追いかけられました。
尚は「自分は間宮真司の創作の源。書かれるのは宿命。」と答えてその場はおさまりました。
尚たちは家に戻り、真司に話しました。

 

尚の対応にお礼を言う真司でしたが、尚は自分の言葉ではなく水野が言ったことだと言いました。
なんでも忘れてしまうのに水野の言葉は覚えていた尚は、自分が何もかもなくしたら水野に真司と恵一を託したいと伝えました。
しかし真司は、尚でなければ嫌だと何度も言いました。

 

真司は、尚の「今」を少しでも楽しく過ごせるように考えることが小説よりも大事な仕事になっているとして、
『もう一度 第一章から』を終わらせました。

 

2018年、『もう一度 第一章から』はベストセラーになっていました。
真司は家を買い、木村(富澤たけし)、小川(杉野遥亮)、柚香(黒川智花)、水野は引越しの手伝いをしています。
尚の病気はさらに進行し、少しずつ虚ろな時間が多くなってきています。

 

そしてさらに1年が過ぎた頃、事件が起きてしまいます。
真司の仕事中に、家の前の公園に行きたいと恵一が言い出し、尚と2人で出かけることになりました。
2人は手首を毛糸で結んでいましたが、恵一は毛糸をはずして蝶を追いかけていってしまいました。

 

尚は恵一がいなくなっていることに気づかず家に帰ってきました。
真司たちは警察にも協力してもらいながら総出で恵一を探しますがなかなか見つかりません。
恵一がいないことは分かっていても自分が関わっているとは分からず、自分も探しに行くときかない尚に真司は思わず怒鳴ってしまいました。

 

翌朝、小川が恵一を見つけて連れて帰ってきました。
胸をなでおろす一同。尚は恵一を笑顔で迎えますが、恵一に「勝手にいなくなってごめんなさい」と謝られ、自分のせいだったのだと気づきました。
そして尚は家を出る決意をし、書き置きと一緒にスマホも結婚指輪も置いて、行方をくらましてしまいました。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話・戸田恵梨香の演技と置き手紙が切ない

第9話の中で5年の時が過ぎて行きましたが、尚の病状が進行していっている様子を戸田さんが見事に演じ分けていらっしゃいました。
だんだん虚ろになっている様子や無垢な子供のような笑顔など、リアルで驚きました。

 

戸田さんだけでなくムロさんも、特に恵一が見つかった時の誰も責められなくて気持ちを飲み込む表情は迫力がありました。

 

ラストの置き手紙に書いてある文字で病気の進行具合がわかりましたが、
そんな中でも自分の意志で姿を消そうとした尚の愛が伝わってきて涙が止まりませんでした。

 

本当に戸田さんはすごい女優さんですね!

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話・back numberの絡め方が秀逸

第9話では主題歌を担当しているback numberの曲が織り込まれていました。
まず『もう一度 第一章から』に「オールドファッション」の歌詞が記されていましたね。

 

そしてもう一つは、“一番恵まれるように”と願いを込められた恵一の誕生日が、“愛されていることに気づいている”という内容の歌詞が含まれる「手紙」の発売日。偶然にしては想像をかきたてられすぎるので、意図されていたのでしょうか。

 

素晴らしい演出だと思いました!そして過去に発売されたCDの発売日がすぐに出てくるback numberファンの方も素晴らしいです!

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『大恋愛』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。
最新の配信状況は 公式サイトにてご確認ください。

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。
ドラマ『大恋愛』9話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話感想

尚が家を出る決断をしてしまったのがつらすぎて涙が止まらない回でした。
尚と真司と恵一にはずっと笑顔でいて欲しいのですが、どうなってしまうのでしょうか。

 

次回はついに最終回です。

 

「温かな奇跡」が起こることを信じて放送日を待ちましょう!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事