主題歌・歌詞

ドラマ『それぞれの断崖』主題歌や歌詞と発売日を紹介【CHEMISTRY・Angel】

ドラマ『それぞれの断崖』主題歌や歌詞と発売日を紹介【CHEMISTRY・Angel】

2019年8月3日(土)より東海テレビ制作・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠でドラマ『それぞれの断崖』がスタートします。

ドラマ『それぞれの断崖』は小杉健治著書の同名小説が原作となっており、2000年にもテレビ東京系でテレビドラマ化されています。

マルチコンピューターに勤める志方恭一郎は、得意先の部長を裏切ってしまったという罪悪感から、怪しげなお店に部下に誘われるままに行ってしまいます。

帰宅した恭一郎に告げられたのは、14歳の息子の訃報でした。不登校になり次第に家庭内暴力まで振るうようになっていた息子が神社の銀杏の樹の下で刺殺体で見つかったというのです。息子が殺された時間、恭一郎は怪しげな店にいたことから、家族から責められ警察にも疑われてしまいます。

しかし息子を殺した容疑者として逮捕されたのは息子の同級生である13歳の少年でした。14歳以下の場合は例え殺人を犯しても少年法で守られるため、被害者遺族が満足するような判決を下されることはありません。

そのことを知った恭一郎は、容疑者の少年とその母親・はつみに怒りの矛先を向けます。 しかし、はつみのことを調べるうちに怒りとは別の感情が沸き上がってきてしまうのでした。「被害者の父」と「加害者の母」の禁断の愛を描く重厚なヒューマンドラマとなっています。

主演・志方恭一郎役を演じるのは遠藤憲一さんで、恭一郎と禁断の愛に堕ちるはつみ役を演じるのは田中美里さんです。お二人は本格的な共演は今作が初めてとのことですので、お二人の演技がとても楽しみですね。

今回は、そんなドラマを盛り上げる主題歌や歌手、歌詞などについてまとめていきたいと思います。

ドラマ『それぞれの断崖』主題歌はどんな曲?

ドラマ『それぞれの断崖』の主題歌を担当するのは『CHEMISTRY』で、曲名は『Angel』です。

『Angel』はドラマ『それぞれの断崖』のために書き下ろされた『CHEMISTRY』の新曲で、『CHEMISTRY』にとって約10年ぶりのドラマ主題歌となります。 『CHEMISTRY』の生みの親であり、デビュー曲『PIECES OF A DREAM』を始めとする数々の大ヒット曲をプロデュースした松尾潔さんが今回もトータルプロデューサーを務めています。

こちらの『Angel』という楽曲に対して『CHEMISTRY』は

――約10年ぶりのドラマ主題歌を担当することについて

川畑 10年ぶりという長い時間が空いている中でお話をいただけたのは、とても嬉しかったです。このドラマを僕らの楽曲でパワーアップさせることができればと思います。遠藤さんを始めとしたキャストの皆さんの演じる姿にプラスして、僕たちの歌が背中を押せるような、そういう強い楽曲になればいいと思いながら歌わせていただいたので、本当に心から嬉しく思っております。

堂珍 ドラマから歌、もしくは歌からドラマ、というような、いい相乗効果が生まれたらと思います。刺激し合い、そして寄り添う力になれたらという思いで歌わせていただきました。

――実際に「Angel」を歌ってみて

川畑 とても男らしい曲だと感じています。僕らも40歳になり、詞の内容もそうですが、デビュー当時に歌っていたらこういう感じにはならなかったと思うぐらい、男らしさと力強さ、そして背伸びして歌ってはいない。そんな部分をしっかり出せたと思いました。

堂珍 とてもシンプルな歌詞です。役者の方もおそらくそうだと思いますが、僕は(歌詞の)前後の気持ちを持つことで、言葉に呼ばれるように歌を届けることができると思っています。このドラマのメッセージのようなものが詞に滲んでいると感じて、そういう気持ちを表現したつもりです。

――視聴者へのメッセージを

川畑 今回、主題歌を10年ぶりに歌わせていただくことになりました。このドラマが“崩壊と再生”ということをテーマにしていると聞いた時に、激しく熱い内容だと感じていましたので、揺れ動くストーリーの中、僕らの楽曲が混じり合えたらいいと思っています。ぜひ、楽曲を楽しんでいただければと思います。

堂珍 色々な人間ドラマが、歌にもドラマにも描かれていますので、一個人してオンエアも楽しみにしています。皆で観ましょう! そして僕らの歌も聴いて下さい! よろしくお願い致します。

引用:公式サイト

というコメントを発表しています。

また、主演の遠藤憲一さんも以下の通り『Angel』を絶賛しています。

志方恭一郎の気持ちが、込められているような気がした。今っぽさも持ちつつ、でもダンスミュージックとは違った感じが、僕は好きです。男らしく、とても刺激を受ける曲。

引用:公式サイト

ドラマ『それぞれの断崖』主題歌を歌う『CHEMISTRY』とは?

 

ドラマ『それぞれの断崖』の主題歌を歌うのは『CHEMISTRY』です。

まずは、『CHEMISTRY』のプロフィールをご覧ください。

出身地 日本

ジャンル J-POP、R&B

活動期間2001年-2012年 2017年-

レーベル デフスターレコーズ(2001年-2012年)

ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(2017年-)

事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ (2001年-)

メンバー 川畑要(ボーカル)堂珍嘉邦(ボーカル)

引用:Wikipedia

1999年8月から開催されたオーディション番組『ASAYAN』の企画「男子ボーカリストオーディション」にお二人とも応募し、2001年1月1日のオーディション最終選考で川畑さんと堂珍さんが選ばれました。

ユニット名『CHEMISTRY』(化学反応)の由来は、2人が一緒になったときの化学反応の素晴らしさから来ています。

2001年3月7日にシングル『PIECES OF A DREAM』でデビューを果たし大きな注目を集め、発売15週目にはミリオンセラーを達成しました。同年11月には初のオリジナルアルバム『The Way We Are』を発売してトリプルミリオンを記録するほどの大ヒットとなり、年末には『第52回NHK紅白歌合戦』に初出場しています。

その後も毎年シングル2枚~4枚コンスタントにリリースを重ねるなど精力的に活動を続け、2011年からはソロ活動も本格的に始動させました。

2012年4月7日に『CHEMISTRY』の活動休止、およびソロ活動に専念することを発表しましたが、2017年2月28日から3月1日に行われたライブ「CHEMISTRY LIVE 2017-TWO-」で活動を約5年ぶりに再開しました。 同年11月15日には活動再開後初となる通算35枚目のシングル「Windy/ユメノツヅキ」をおよそ6年ぶりに発売し、オリコンチャート6位を記録しています。

ドラマ『それぞれの断崖』主題歌の発売日は?

『CHEMISTRY』の新曲『Angel』は8月21日(水)に、『CHEMISTRY』の38枚目のシングルとして発売されます。

ドラマ『それぞれの断崖』主題歌の歌詞は?

やはり気になるのが主題歌の歌詞ですよね。

そこで『Angel』の歌詞を調べてみたのですが、現在調査中です。情報が分かり次第、随時更新します。

まとめ

ドラマ『それぞれの断崖』の主題歌『CHEMISTRY』の新曲『Angel』の歌詞や、発売日情報などについてご紹介してきました!

ドラマ『それぞれの断崖』は、被害者の父親と加害者の母親が惹かれ合ってしまう「禁断の愛」と人間模様を描いた重厚なヒューマンドラマとなっています。 ドラマの主題歌は『CHEMISTRY』で、書き下ろしの新曲『Angel』はドラマチックでエモーショナルな曲に仕上がっている様ですので、ドラマを盛り上げてくれること間違いないのではないでしょうか!今から放送が待ち遠しいですね♪