2019年冬ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』9話ネタバレ感想・考察と10話あらすじ【展開が遅すぎてイライラと千原ジュニアの演技が無理】

トレース 科捜研の男

2019年3月4日(月)に放送されたドラマ『トレース~科捜研の男~』9話はもうご覧になりましたか?

 

8話では、児童養護施設で暮らした幼馴染3人のそれぞれの思いが、分かった時には、もう会うことが出来なくなってしまった後で、真実を知ってしまった残された幼馴染の一人には、残酷でせつない話でした。

 

9話は、真野(錦戸亮)が早川(萩原聖人)と会っているところをノンナ(新木優子)が目撃してしまい、疑問を抱きます。そんな時、虎丸(船越英一郎)が、過去に逮捕した富樫(和田正人)が関係した事件が起こります。今回の事件の真実は、どうでしょうか?

トレース~科捜研の男~1~9話はFODプレミアムよりご覧いただけます。(1~9話を観れるのはFODだけです)スマホでも観ることが出来ます。

1ヶ月無料なので登録から1ヶ月以内に解約すれば無料ですので、見逃してしまった!とドラマ視聴を諦めていた場合に有効利用してみてください。退会・解約も非常に簡単に行えます。

ドラマ『トレース~科捜研の男』9話あらすじ

 
家族が殺害された25年前の『武蔵野一家殺人事件』を追う 真野(錦戸 亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、殺害された時に妊娠していた姉・仁美(夏子)に関する情報を聞く。早川は、当時の生徒たちに話を聞いて回ったが、仁美に交際相手がいたかどうかはわからなかったという。真実を解明する糸口を見つけられずに憤る真野。
 
仕事帰りの ノンナ(新木優子)は、公園から出てくる真野の姿を見つける。遅れて、早川が出てくるのを見たノンナは……。虎丸(船越英一郎)は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃(美山加恋)の事件を捜査する。死因は脳挫傷で、凶器は見つかっていなかった。また、被害者の頬には細かなひっかき傷があった。
 
被害者の携帯電話などに残っていた指紋や目撃証言から、被疑者として浮上したのは綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)だった。富樫は傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。 7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職したという。だが、その企業は暴力団とつながりがあり、悪質な事業をしていた。
 
半ば脅されるような形で仕事を続けざるを得なかった富樫は、利権を争う相手から暴行を受けた際に、恐怖心から相手を刺してしまったのだ。実はその事件で富樫を逮捕したのは虎丸だった。綾乃には、同じ会社に勤める関口章太郎という婚約者がいたことから、事件は痴情のもつれが原因とも思われた。
着衣の血痕と付着物の鑑定を行った真野は、着衣にバラの花粉が付着していたことを報告する。被害者の頬の傷は、バラのトゲによってつけられたものである可能性もあった。ほどなく、事件当夜に富樫がバラの花束を購入していたことが判明する。
 
それでも富樫の犯行だとは信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ない」と言い放つ。そんな中、富樫と思われる男が暴行事件を起こしたという通報が入る。
引用:公式サイトより

ドラマ『トレース~科捜研の男』9話ネタバレ

今回の被害者胡桃沢綾乃役は『美山加恋』さんでした。久しぶりに見た彼女は、大人の女性に成長していました。大人になった彼女の演技も注目ですね!

 

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

公園で、真野(錦戸亮)の家族に起こった事件について早川(萩原聖人)と、話をしていました。自分達で調べることに限界を感じた早川(萩原聖人)は、警察に協力を頼もうと言いますが、真野(錦戸亮)は、警察は信用しないといい、二人で居るところを、ノンナ(新木優子)に見られてしまいます。

 

一方虎丸(船越英一郎)は、事件現場に行くと、頬にひっかき傷がついている女性の遺体を見ます。虎丸には、見覚えがある女性のようです。目撃者によると、虎丸が7年前に逮捕した富樫康太(和田正人)が走っていく姿を見たと。

 

被害者の胡桃沢綾乃(美山加恋)は富樫康太(和田正人)の元恋人で、胡桃沢綾乃(美山加恋)には、婚約者もいた。私情のもつれで事件を起こすことを信じられない虎丸(船越英一郎)ですが、鑑定結果が教えてくれると、真野(錦戸亮)は言います。

 

まずは、携帯に付いていた血液は、胡桃沢綾乃(美山加恋)のものでした。ただ、着衣にバラの花粉が付着していたことに真野(錦戸亮)は気づきました。頬の擦り傷もバラかもしれないと・・・聞き取り調査をした虎丸(船越英一郎)は、3日前に胡桃沢綾乃(美山加恋)の近所の花屋で富樫康太(和田正人)が黄色いバラの花を購入していたことが分かった。

 

富樫康太(和田正人)が暴行事件の起こし逃走したという情報が虎丸(船越英一郎)に入ります。心配をしている虎丸(船越英一郎)に富樫康太(和田正人)から電話がきます。自分を信じてくれるのは、胡桃沢綾乃(美山加恋)しかいない、もう駄目だと電話をきってしまいます。富樫康太(和田正人)に個人的な感情を持っている虎丸(船越英一郎)は、事件担当からも外されてしまいます。

 

真野(錦戸亮)に富樫康太(和田正人)の父親が強盗殺人で捕まっていたこと、バイト先で売上金が無くなっつたとき疑われたのを助けたのが胡桃沢綾乃(美山加恋)だったこと、を

 

虎丸(船越英一郎)が教えます。

真野(錦戸亮)と早川(萩原聖人)が会っていたことが気になるノンナ(新木優子)は、真野(錦戸亮)にホームレスの事件と武蔵野一家殺人事件を真野(錦戸亮)がまだ調べている事を聞きます。打ち切りになった武蔵野一家殺人事件が気になった虎丸(船越英一郎)は、調査資料を調べ真野(錦戸亮)が、養子だったことがわかりました。

 

富樫康太(和田正人)が起こしたとされた暴行事件は、暴行されていた男性を助けたときにもみ合いになったこともわかり、真野(錦戸亮)に教えます。そして、胡桃沢綾乃(美山加恋)の頬の傷に残っていた樹液の栄養剤が花屋では使われていないことが分かった。

 

やくざに殺されたと思い込んでいる富樫康太(和田正人)は、けりを付けに行くと、虎丸(船越英一郎)に伝えます。電話を切ろうとする富樫康太(和田正人)に、真野(錦戸亮)は、事件当時の様子を聞き、胡桃沢綾乃(美山加恋)の顔に光が当たっていた事、自分が買ったバラは、現場に置いて逃げた事を話します。

 

音声録音をしていたので、真野(錦戸亮)は、ノンナ(新木優子)に富樫康太(和田正人)の居場所を特定する為に、解析させます。次第に科捜研の仲間も加わり、富樫康太(和田正人)を見つけることができました。

 

現場を見た真野(錦戸亮)は、鑑識の写真でクローゼットのドアが開いていたので、開いていた場合、顔に光は当たらない為、犯人の痕跡がドアにあるかもと、調べます。

 

胡桃沢綾乃(美山加恋)の葬儀に来ていた富樫康太(和田正人)に、プロポーズを断った胡桃沢綾乃(美山加恋)に、婚約者が怒り、頬をバラで叩いて鈍器で殴り殺害したことを、伝えます。

 

虎丸(船越英一郎)は、真野(錦戸亮)に、大切な人を殺した犯人が見つかったら、復讐をしたいかと聞きますが、無言でいます。そんな二人を見たノンナ(新木優子)は、虎丸(船越英一郎)に問い詰め、真野(錦戸亮)が好きだと言います。虎丸(船越英一郎)は、真野(錦戸亮)には、信じてもらえる人が必要だと話ます。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』9話考察・感想

第9話に出演していた富樫康太(和田正人)ですが、あまりにも不幸過ぎる展開にちょっとドン引きです。親が犯罪者で差別を受ける⇒暴力団関係の会社に務めてしまい、追い込まれる日々がピークになり相手を刺す。⇒仮出所したその日に恋人の死を目撃⇒パニックからその場を逃走、容疑者になる。

 

あまりにも富樫康太(和田正人)に不幸なことが起こりすぎです。しかも恋人を殺した相手の動機がプロポーズを断られたから。。。。。ってそれで好きになった人殺す?ちょっとブッ飛び過ぎていてポカーンとしてしまいました。

 

9話では虎丸(船越英一郎)が良い人全開でしたが、1話の時の虎丸(船越英一郎)とキャラ代わり過ぎじゃないですかね。もはや違う人格と錯覚するほどです。そして、ドラマの後半に壇浩輝(千原ジュニア)が登場するのですが、ネット上でも良く言われていますが、ジュニアでは演技に無理がありすぎる。。。完全に浮いているんですよね。

 

吉本興業のゴリ押しで月9にねじ込んだのかはしりませんが、無理やりお笑い芸人をドラマの重要人物にするのはヤバすぎです。ドラマの残りあと2回!全く進展のない武蔵野一家殺人事件の真相にようやく迫るはずなので、ここで今までのフラストレーションを吹き飛ばしてくれることを願いたいな~と思います。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』10話あらすじ

家族を失った25年前の『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、唯一の協力者である高校教師の早川(萩原聖人)に会う。そこで早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を切り出す。
 
原田は、2年前に、ライバル選手だった春日部芳彦(征木玲弥)のドリンクに禁止薬物を混入させて飲ませたドーピング事件が原因でテニス界から追放されていた。実は、原田や春日部が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった早川の教え子だと言うのだ。
 
高校時代の名字は「倉本」だったが、間違いないという早川。その佐保は、以前、変死体で発見されたホームレスの新妻大介とともに、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯グループのひとりだった。
 
そんな折、真野のもとへ虎丸(船越英一郎)がやってくる。虎丸は、新妻の一件が『武蔵野一家殺人事件』と関連があるのなら真相を突き止めたい、と真野に申し出ると同時に、ノンナ(新木優子)にも事情を打ち明けたことを詫びた。それを受け、真野に協力を申し出るノンナ。しかし真野は、「お前には関係ない」と言い放ち、ノンナを部屋から追い出してしまう。
 
真相解明のために虎丸の協力を得ようと考えた真野は、早川から聞いた佐保の一件と、姉・仁美(夏子)の司法解剖を担当した解剖医の行方を探していることを虎丸に伝えるが…。
引用:公式サイトより

The following two tabs change content below.
アバター

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
アバター
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪