2019年冬ドラマ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話・西島秀俊の「結婚するぞ」がパワーワードすぎる【あらすじ・ネタバレ&感想も】

メゾン・ド・ポリス

2019年1月18日(金)に放送されたドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話はもうご覧になりましたか?

 

柳町北署の新人刑事・牧野ひよりが、元警察官のおじさんたちが住んでいるシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れたことから一緒に事件を捜査し、解決するこちらのドラマ。第2話は、自殺として処理されそうになった事件に別の真相が隠されており、そこには小学校のPTAが絡んでいるようです。

 

ちなみに、『メゾン・ド・ポリス』第1話ネタバレはこちらからご覧になれます。

メゾン・ド・ポリス
ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話 あらすじ・ネタバレ&感想【ワケありおじさまたちが魅力的すぎる】2019年1月11日(土)に放送スタートとなったドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話はもうご覧になりましたか? 新人刑事・牧野ひより...

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話・あらすじ

ある日、独居老人の平松祥恵(内田尋子)が自宅で死亡しているのが発見された。現場は密室状態で遺書も発見されたため柳町北署では自殺として捜査が進むが、ひより(高畑充希)は違和感を覚え他殺を疑う。前回の事件がきっかけでメゾンのおじさまたちのリーダーにされてしまったひよりは、藤堂(野口五郎)と迫田(角野卓造)を伴い遺体発見現場を訪れる。藤堂はクローゼットに残されたコートに謎の毛を見つけ、署の鑑識には任せず自分で解析すると息巻く。ひよりは仕方なく鑑識係の杉岡(西田尚美)をメゾンに呼ぶのだが、それが思わぬ事態に発展する。

数日後、ひよりは夏目(西島秀俊)とともに第一発見者の三上絵里花(中山エミリ)を訪ねる。と、そこにはなぜか三上の娘が通う小学校のPTA会長や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)らが同席していた。小学校の見守り隊員を務めていた祥恵とPTA役員の三上には面識があったのだが、どうやら三上が犯人だという噂が出回ってしまいこれ以上あらぬ噂が立たないようPTAとして事情を聞かれたことにしたいと言う。そんな三上は夏目のある発言に明らかな動揺を示す。

一方、祥恵の周辺を調べていた迫田は彼女の意外な一面を発見する。
引用:公式サイトより

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話・ネタバレ

柳町北署管内で、平松祥恵(内田尋子)が自宅のトイレで死亡しているのが発見されました。発見された状況が密室だったことや、スマホに残された遺書により捜査は自殺として進んでいきます。しかしその後処理を任されたひより(高畑充希)は他殺を疑い、メゾンの藤堂(野口五郎)と迫田(角野卓造)を連れて平松の自宅を訪れました。すると藤堂はクローゼットにあったコートに付着した謎の毛を見つけ、自分が鑑定すると張り切りました。

 

困ったひよりはメゾンに鑑識の杉岡(西田尚美)を呼ぶと、なんと藤堂と杉岡が元夫婦であることが発覚します。そしてオーナーの伊達(近藤正臣)が元副総監であることも分かり、ひよりは驚きました。

 

高平(小日向文世)が捜査会議を開こうとしますが、ひよりは杉岡に気を遣って1人で捜査をすると言ってしまいます。柳町北署では課長の新木(戸田昌宏)に早く報告書をあげるよう言われますが、他殺の線を捨てきれないひよりは第一発見者の三上絵里花(中山エミリ)に話を聞きに学校へ向かいます。

 

伊達にひよりのことを頼まれてしまった夏目(西島秀俊)も一緒に学校に行くと、そこにはなぜかPTA会長の本橋や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)、教頭が同席していました。どうやら平松を殺したのが三上だというデマが流され、これ以上妙な噂が立たないようPTAとして話を聞く形にしたいというのです。

 

ひよりが三上の話を聞いていると、部屋に夏目が入ってきて矢継ぎ早に質問し始めました。そして夏目が「平松の件は他殺を視野に入れて再捜査している」と言うと、三上は動揺し、ひよりはそれを見逃しませんでした。

 

学校から出てきたひよりと夏目は公園に行き、夫婦のふりをして母親たちから話を聞きました。そこで本橋と三上が不倫関係にあったことを知ります。PTA会長の再選を狙う本橋は余計な噂が立つことを恐れているようです。さらに、時期PTA会長候補には母親たちに人気の森元を推す声も多いということも分かりました。

 

その頃、平松の部屋に区民センターの運動施設の回数券があるのを気づいた迫田はその施設を訪れていました。そこには平松の彼氏を名乗る男が多数おり、迫田はその男たちから平松には金ヅルがいたという情報を手に入れました。

 

夏目に振り回されたひよりが1人で飲んでいると、三河屋の瀬川(竜星涼)が声をかけてきて迫田からの手紙を渡して行きました。その内容を見たひよりは平松の銀行口座の入出金記録を確認するため、新木に許可を求めました。すると藤堂がやってきて、平松のコートに付いていた毛がウサギの毛だったことを伝えました。

 

小学校で飼育されているウサギの毛を取りに来たひよりと藤堂。そこへ平松の銀行口座の入出金記録を調べた原田(木村了)から連絡が入り、平松が出所不明の20万円を貯金していたことが分かりました。平松が三上を脅していたのではないかと考えていたひよりが三上に話を聞きに行こうとしますが、三上は飛び降り自殺をして帰らぬ人となっていました。

 

本橋が任意同行により柳町北署で取り調べを受けていました。本橋の話によると、本橋と三上の不倫をネタに平松に脅されて金を払っていたが、家計からやりくりできずにPTAの予算から抜き取っていたというのです。さらに平松を殺したのかと言う問いに否定しなかったとも。平松を自殺に見せかけるために用意したであろうものも三上が購入したことが分かり、平松殺害の犯人は三上ということで捜査は終了に向かいました。

 

しかし腑に落ちない点があるひよりは、メゾンのおじさまたちに頭を下げ、一緒に捜査を続けることにします。杉岡も科捜研よりも早く鑑定を終わらせられる藤堂に、飛び降りた三上の手にあった毛を託しました。

 

藤堂の鑑定によると、平松のコートに付着していた毛と三上が持っていた毛は同じものですが、小学校で飼育されているウサギのものではないとのこと。そして迫田は、三上が1人で平松を殺害して自殺を偽装することは難しいと見立てます。あらゆる情報を集約し、夏目はある結論に至りました。

 

小学校を訪れたひよりと夏目は、森元を呼び出しました。そして三上と森元は共謀して平松を殺したこと、さらに口封じのために森元が三上を殺したことを話し、森元を追い詰めて行きます。例のウサギの毛は森元のコートの袖に使われているファーのものである可能性が高く、調べればすぐに同一ものもだと分かると言いますが、森元は認めようとしません。そこへ藤堂が駆けつけ、森元の指紋を見つけたとを報告し、森元は言い逃れができなくなりました。

 

事件を解決したひよりたちはメゾン・ド・ポリスで打ち上げをしています。酔っ払ったひよりは夏目に今回の事件を受けて「警察が自殺だと思っていても自殺じゃないことってあるんですね」と言い、夏目はその言葉に引っかかります。どうやらひよりには過去に何かあったようです…。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話・西島秀俊の「結婚するぞ」がパワーワードすぎる

捜査の話をしていたそのままのトーンで「牧野、結婚するぞ」と言った西島さんのこのセリフは多くの女性を虜にしたようです!“警察が捜査をしているのが分かると妙な噂が立つから夫婦のフリをするために”という意図があるし、自分が言われたわけではないのですが、ドキッとしてしまいました(笑)個人的に、まったく嬉しくなさそうな高畑さんもかわいくて好きでした♪

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話・感想

第1話ではメゾン・ド・ポリスのおじさまたちに圧倒されている感じが強かったですが、第2話は自分の意志で動いているひよりが頼もしく見えました。メゾンのおじさまたちも、そんなひよりのポテンシャルを見抜いているようで、優しく見守っているのが素敵ですね。

 

第2話では藤堂と杉岡が元夫婦という驚きの事実が発覚しましたが、
他にもそれぞれのおじさまと関わりのあった現役刑事が出てくるのか気になるところです。

 

第3話の予告を見る限り、ひよりの過去はまだまだ明らかにはならなさそうですが、今後の展開も楽しみですね!