この記事を書いた人:なりりん

2018年12月4日(火)放送、ドラマ『中学聖日記』第9話はもうご覧になりましたか?

 

第8話では、行方不明になっていた晶(岡田健史)がと聖(有村架純)へ電話をし、追いかけた聖と二人きりになり
フェリーが動き出す…というラストでした。

 

全てをさらけだし、自分に嘘をつけず走り出してしまった聖。
第9話では、二人にどのような展開が・・・?!

 

ちなみに、ドラマ『中学聖日記』第8話ネタバレはこちらから

ドラマ『中学聖日記』第9話ネタバレ

2人を乗せて動き出したふ、山江島行きのフェリー。

 

突然姿を見せた聖に、晶は驚きを隠せないでいた。
聖の連絡はもうこれきりにしようと、自分なりに踏ん切りをつけようとしていたという晶。

 

そもそもなぜ、山江島に行くのかと聖に問われた晶は、父に会いに行くことと言い、
これまでの父の過去,父への思いを話し始めた。

 

聖はとにかく母・愛子(夏川結衣)へ連絡するよう促し、
晶は一通のメールを送る様子を聖に見せ、聖も安心した。

 

父・島崎康介の居場所の手がかりは、家具店で家具職人をしているということのみ。
案内所で地図をもらったあと、あちこちに聞いて回り、ようやく知っているという方に出会った。

 

教えてもらった、梶尾材木店では一人の男性が作業をしていた。
その男性に島崎康介のことを聞くも、のらりくらりと話を交わされたが、晶はおもむろに「父さん」と声をかけた。
するとその男性(岸谷五郎)は「バレたか」と振り返ったあと、笑顔で晶を抱きしめた。

 

聖に晶との関係を聞いてきた康介に、元担任と元教え子だと毅然と言い、
無事に父子が会えたし、自分は帰ろうとした。

 

だが、フェリーは一日一便しかなく、今日はもう帰れない。
聖も康介の家で晶と泊まることになった。

 

梶尾材木店の店主たちの家にご飯に呼ばれた、聖と晶。
食事をする一方、調理の手伝いができる晶に聖は感心していた。
台所で二人きりになった康介と晶。

 

実は愛子にメールを送ったふりをしただけで、本当は自分のPCに送っていたと暴露する晶。
康介もはじめはただしたが、まぁ13年ぶりだしいいかと流すことにした。

 

そのころ晶の行方について、聖を疑っていた愛子は、
勝太郎(町田啓太)のもとへ突然訪ねて、理由を説明した。

 

その場で聖に電話をしてみるが、聖は康介と晶のことをのんびりと話をしており、連絡に気が付かなかった。
勝太郎はもし聖と連絡がついたら、愛子に連絡をすると約束した。

 

その後、勝太郎は仕事に身が入らなかった。

 

原口(吉田羊)はそんな勝太郎の様子をみて消えた二人について、
駆け落ちでもしたんじゃないかと推測をした。

 

食事後、康介に家を案内される聖と晶。
晶は康介に、離婚した理由を聞いた。

 

男女は色々ある、好きな人ができたらわかるよ、という康介の言葉に対し、
自分は先生が好きだということを、晶は康介に話した。

 

携帯の充電器を借りようとしていた聖は、その話を部屋の外で聞いていた。

 

泊まり用の買い物に行こうと出かける聖を追いかけてきた晶。
島の人から貸してもらった自転車で、海岸沿いを二人乗りで進む。

 

自転車がよろけたはずみに聖は晶の服をつかみ、そのまま後ろからぎゅっと手を回した。
買い物の帰り、島のきれいな岩場にも立ち寄るなど、2人は楽しい時間を過ごしていた。

 

浜辺で座りながら、聖は今の小学校で晶との過去を告白したことを話した。
ただ先生という仕事が好きだと悲しげに話す聖を、晶は抱きしめた。

 

就職して先生をこの先守る、進学はしないという晶に対し、
聖は無言になり、家に帰ろうと立ち上がり、晶の前をさっさと歩き始めた。

 

そのころ、充電をしていた聖の電話は勝太郎からの着信が続いていた。

 

晩酌する康介にお礼を言う際、携帯の不在着信にも気が付いた聖。
勝太郎に折り返すと、愛子が自分を訪ねてきたことを言われ、晶は連絡したと言っていたのに…と思わず口を滑らせてしまい、一緒にいることがバレてしまう。

 

勝太郎に事の重大さを叱られた聖は、また晶に突き放すような態度をとり、
康介の家を出て、その日はフェリー乗り場の待合室で寝ることにした。

 

聖への電話の対応を隣で見ていた原口は、勝太郎に聖のことで言い合いをしていた。
聖と晶への嫉妬はないというものの放っておけない勝太郎。
何もないなら聖は放っておくべきだ、もう忘れてと泣きながら話す原口。

 

勝太郎は愛子へ電話をかけた。
電話を取り上げようとする原口の手を振り払い、電話にでる勝太郎。
何も言わず部屋を出て行く原口の背中を見て、悩んだ勝太郎は息を飲んだ。

 

そして、聖と晶が今一緒にいることを愛子に伝えた。

 

翌日原口と勝太郎は昨夜のことを話し合った。
原口は聖に嫉妬をしているという言い、勝太郎の海外赴任の推薦することを決めたという。
そして、勝太郎に別れを告げたのだった。

 

同じころ、フェリー乗り場で朝を迎え帰ろうとした聖だったが、
暴風の為またフェリーが欠航になり帰れないことになってしまった。

 

ということで、その日泊まれるバンガローを予約し、そこへ向かっていた。

 

晶と康介は朝食後、愛子のことを話していた。
父のことを話さなかったのは、ひどい過去から晶を守るためだったはずだと康介は言う。

 

自分は結局愛子と晶から逃げたと言った。

 

そして、もし本当に聖が好きなら自分みたいに逃げず、
愛子に理解してもらえるよう努力しろ、立派な男になれと話した。

 

そのころ愛子は、晶が聖と一緒にいるとわかっていても連絡がつかないことに、
頭がおかしくなりそうなほど追い詰められていた。

 

夜、康介の家にバンガローの受付に聖が来ないと島の人が急いで教えてくれた。
晶は家を飛び出した。

 

その時聖は崖の下に滑って落ち、足を怪我していた。
降りしきる雨の中、必死に聖を探す晶。
寒さに耐えながらかろうじて助けを呼ぶ聖の声に晶が気づき、助けることができた。

 

雨の中聖をおぶって、2人は山小屋でいったん体を休めることに。
タオルすら受け取らず後ろを向く晶に聖は近づき、自分の気持ちを話した。

 

晶に出会ってしまって自分のすべてが変わってしまった、苦しい、
自分もあの日のあの時のままだ、そして晶が好きだと。

 

晶は聖を抱きしめ、聖も晶を強く抱きしめ返した。
2人は熱く切ないキスをした。

 

そのころ、愛子は聖の実家を訪ねていた・・・

ドラマ『中学聖日記』第9話 岡田健史の突然のタメ口がやばい!悶絶する女性続出!

一時行方不明になった聖を必死に探し、ようやく見つけて助けることができた大切なシーン。
先生!今行きます!と向かったものの、聖を目の前にして「心配させんなよ!」と思わず言ってしまいます。

 

好きな女性を本気で心配するが故の晶の”男”である所に、
ハッとさせられる瞬間に胸がときめいた人多数!

ドラマ『中学聖日記』第9話感想

聖と晶、自分たちを知っていて反対する人がいない島で、
ゆったりと二人乗りをしたり買い物をするシーンは幸せそのものでした。

 

それが余計に、地元では大変な騒ぎになっている温度差が激しく感じ、、
二人は夢の中にいるような、非現実的感が溢れていました。

 

最後に気持ちを確かめった二人でしたが、来週の予告では、
いよいよ現実に戻り周りの人たちとの衝突が見受けられます。

 

二人の恋は認められるのか?!
また来週にも期待です。

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事