2019年春ドラマ

ドラマ『ラジエーションハウス』第7話 ネタバレ感想・考察と第8話あらすじ【軒下(浜野謙太)のブドウジュースで十分だが最高にカッコいい!】

ラジエーションハウス

5月20日(月)『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第7話が放送されました。

医師を影からサポートする放射線技師にスポットを当てたドラマです。毎回放射線技師としての役割ぎりぎりで、患者の病巣を見つけてきた五十嵐唯織ですが、今回も仲間と協力しながら患者さんの病気を突き止めていくのか楽しみですね。

ちなみに、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の6話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート
ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【今回は窪田正の推理が助ける?】5月13日(月)に6話が放送されました。 毎回放射線科の活躍を描いているこのドラマ。今回はどんな患者さんの隠れた病を見つけ助けることが...

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』1話~最新話はFODでご覧頂けます。1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第7話・あらすじ

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。
真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。

引用:公式サイトより

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第7話 ネタバレ

初めての一人当直を担当する広瀬(広瀬アリス)は、緊急時の為に待機する担当が軒下(浜野謙太)で不安でいっぱいでした。

乳腺外科では軒下(浜野謙太)の中学の同級生だった蛭田真貴と志朗夫婦が受診していました。病院で看護師とぶつかった軒下に蛭田真貴が気付き、中学の同級生だった花村真貴と言いました。

人間ドックをしたときに、胸にしこりが見つかりマンモグラフィー検査の為に来ていたと言います。蛭田真貴は、卒業アルバムに軒下(浜野謙太)が将来の夢は医者になると書いてあったのを覚えていて、夢を叶えたんだねと言います。

蛭田真貴との再会を喜んでいましたが、志朗が現れ二人が結婚したことを軒下(浜野謙太)は初めて知りました。

蛭田真貴の画像撮影は広瀬(広瀬アリス)が撮影し、甘春杏(本田翼)が画像をみます。五十嵐(窪田正孝)にも意見を求めると、悪性の疑いがあると言います。甘春杏(本田翼)は超音波検査を予約することに。

甘春杏(本田翼)が前回行ったIVRの処置の様子を、鏑木安富(浅野和之)と小野寺俊夫(遠藤憲一)一緒にみると、鏑木安富(浅野和之)は技師のサポートの様子に、甘春杏(本田翼)は甘えすぎていると言われてしまいます。

鏑木安富(浅野和之)は、技師の役割を超えてしまうと、五十嵐(窪田正孝)は解雇になってしまうかもと甘春杏(本田翼)に言います。

蛭田真貴の超音波検査の予約が2か月後になると聞いた志朗は、軒下(浜野謙太)に医師として検査の順番を早くしてもらえないか頼みますが、軒下(浜野謙太)は、特別扱いは出来ないと言います。

諦められないでいた志朗は、五十嵐(窪田正孝)見かけ、自分たちの事を説明し、待っている間にガンが進行してしまうのでないかと心配でと泣きながら相談しました。

真貴は、人生の全てだと言う志朗に、五十嵐(窪田正孝)も気持ち分かりますと言いますが、検診難民の状況も説明し、自分の方でも何かできないか調べてみると伝えます。

蛭田真貴の検査の順番を甘春杏(本田翼)に相談しますが、鏑木安富(浅野和之)に言われていた事を思い出し、これから先は医師に任せましょうと言います。

院長の大森(和久井映見)に相談した五十嵐(窪田正孝)は、技師として出来ることをするしかないと言うのでした。

蛭田真貴の画像をみていた五十嵐(窪田正孝)に、軒下(浜野謙太)がどんな感じなのか聞くと、悪性の疑いがある為、はっきりさせてあげたいと言います。

技師として出来ることを探していると言う五十嵐(窪田正孝)に、軒下(浜野謙太)は、検査では患者は救えないのかと言います。

広瀬(広瀬アリス)が一人当直の日、他の放射線技師の仲間は仕事が終わり帰りますが、差し入れだと言って黒羽たまき(山口紗弥加)は、部屋の電気も消して、初めての一人当直を楽しんでもらいたいじゃないと、ニヤッと微笑んで帰ります。

広瀬(広瀬アリス)が緊急時の為に待機する担当が軒下(浜野謙太)なので、お願いしますと言うと、軒下(浜野謙太)は忘れていたようでした。軒下(浜野謙太)は今夜デートの予定を入れていました。

そして差し入れのメモを読んだ広瀬(広瀬アリス)は、ますます怖くなってしまいます。電気を付けに行った広瀬(広瀬アリス)は、部屋に入って来た五十嵐(窪田正孝)に会い叫んでしまいます。

レストランに着いた軒下(浜野謙太)は、偶然食事をしていた辻村駿太郎(鈴木伸之)と甘春杏(本田翼)を見かけてしまいます。自分の席に着いた軒下(浜野謙太)は自分は医師だと言っていました。

緊急時の為に待機する担当だったのに、軒下(浜野謙太)はデートをしていることを、酷いと広瀬(広瀬アリス)は言いますが、五十嵐(窪田正孝)はそんなことないよと言います。

食事中の笑い声から辻村駿太郎(鈴木伸之)は、軒下(浜野謙太)も食事に来ていることを知ります。

蛭田真貴にもう一度マンモグラフィー検査をしたいと五十嵐(窪田正孝)が言います。外傷の急患が入り広瀬(広瀬アリス)が担当します。そして軒下(浜野謙太)にも連絡を入れました。

食事中の軒下(浜野謙太)の席に辻村駿太郎(鈴木伸之)が挨拶に来て、軒下(浜野謙太)が医師と嘘をついていた事を察し、話を合わせました。

広瀬(広瀬アリス)に連絡した軒下(浜野謙太)は、外傷の急患で心配しますが、五十嵐(窪田正孝)が蛭田真貴のマンモグラフィー検査をしているから、私がやってみると言います。

軒下(浜野謙太)は相手の女性に、本当は放射線技師であることを伝え病院に向かいます。食事中はぶどうジュースを飲んでいたのです。

軒下(浜野謙太)は広瀬(広瀬アリス)とレントゲンの撮影に入ります。右腕を触られ暴れる患者に、軒下(浜野謙太)は見た目に惑わされるなと言います。次に右足の痛さの様子を見た軒下(浜野謙太)は股関節を先に撮ることに。軒下(浜野謙太)が暴れる患者を抑えてる間に広瀬(広瀬アリス)が撮りました。結果大腿骨の骨折が分かりました。

一方五十嵐(窪田正孝)は、蛭田真貴・志朗夫妻に検査結果を伝えます。がんの症状の一つである石灰化も見られないので、繊維化が主体のCSLで悪性では無いと思うし、珍しい良性の腫瘍で普通は治療の必要はなく、自分の見た感じだと心配ないと思うと言います。後は先生に任せましょうと言います。

蛭田真貴のマンモグラフィー検査を勝手にしたのかと甘春杏(本田翼)は注意しますが、五十嵐(窪田正孝)は院長の許可を取ったと言います。

お礼に入って来た蛭田真貴・志朗夫妻に軒下(浜野謙太)は、医師でなく放射線技師だと言い謝りました。蛭田真貴は、患者を救うと言う夢を叶えてる、私たちを救ってくれたのは、技師さん達だと言いました。軒下(浜野謙太)は二人にお幸せにと言いました。

外傷の急患の時助けてくれた軒下(浜野謙太)を凄いと言う広瀬(広瀬アリス)に、他のメンバーは、技師として一流だから当たり前だと言いました。

五十嵐(窪田正孝)に、軒下(浜野謙太)が、辻村駿太郎(鈴木伸之)と甘春杏(本田翼)が食事をしていたのを見たと言われ、ショックを受けていましたが、小野寺俊夫(遠藤憲一)に呼ばれ、医師として自分が写っている画像を見せられ、お前は何者なんだと言われます。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第7話 ネット上の感想

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第7話 考察・感想

初めての一人当直の広瀬(広瀬アリス)にした黒羽たまき(山口紗弥加)の差し入れがをした時の含み笑いが、怖がる仲間を楽しんでいるようで、小悪魔に見えましたね。

多分健康志向なんだと思いますが、毎回院長が進める飲み物って独特で不思議に思いますよね。また来週のが気になったりします。

今回は検査難民の話が出てましたが、確かに検査の予約や結果を聞く時の日数がかかるのは、患者側にとってみたら、長く心配な時間を過ごすことになりますよね。でも、他の人だって一緒なんですが・・・

小野寺俊夫(遠藤憲一)に、五十嵐(窪田正孝)の画像を見られてしまっていたので、来週からは、何か五十嵐(窪田正孝)の事で進んでいくのか気になるところですね。

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』第8話 あらすじ

甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。唯織(窪田正孝)らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。
杏(本田翼)は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃(広瀬アリス)は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが……。

小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。

同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。
そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし……。

引用:公式サイトより