この記事を書いた人:カリンコ

20181124日放送の『結婚相手は抽選で』第8話が放送されました。

 

前回は結婚見合い法改正に向けて前進した龍彦でしたが、
奈々が嵐望といる姿をみてショックを受けてしまいました。

 

そんな龍彦の前に再び奈々が現れますが、
あることが原因で奈々と龍彦はケンカになってしまいます。

 

ちなみに「結婚相手は抽選で」第7話はこちらから

ドラマ『結婚相手は抽選で』最終回(8話)ネタバレ

 結婚見合い法を廃止するために立ち上げた「アズビー」も順調に活動を続け、
テレビやラジオでも取り上げられるほど知名度をあげていきます。

 

目安箱にもたくさんの意見が寄せられ、龍彦は小野寺大臣に提出するために意見をまとめていました。
そして初めて集会を開くことになり、アズビーの代表は龍彦にもスピーチをしてほしいと持ちかけます。

 

しかし、勇気が持てない龍彦は自分には無理と言って断ってしまいました。
龍彦はまだ中学生時代の挫折と恐怖を克服することが出来ずに苦しみ続けます。

 

そんな龍彦の目の前に1年ぶりに奈々が現れました。

 

2人で来たお好み焼き屋で向かい合い近況報告をする奈々と龍彦でしたが、奈々がアズビーの中心人物なのに、
話もしないなんて偽ヒーローだと龍彦に言ったことでケンカになってしまいます。

 

結婚見合い法で3回見合いを断った好美はテロ撲滅隊に行くかわりに、
過疎化が進む離島に飛ばされ看護師をしていました。

 

好美は別れた嵐望との子供を身ごもり出産間近の状態でしたが、
嵐望にはそのことを伝えず、一方的に送られてくる嵐望のメールを読みます。

 

嵐望はベトナムから娘を引き取り2人で暮らし始めたことを連絡してきました。

 

アズビーの集会が開かれる日、会場には大勢の人たちと龍彦の会社の同僚たちもやってきます。
龍彦は自分を変えるためにゲストスピーチをすることにしましたが、直前で会場から逃げ出したい衝動にかられました。
しかし龍彦の目の前に奈々が現れ、逃げてほしくないと伝え応援してくれます。

 

龍彦は意を決して壇上に上がり「結婚は義務ではない!!」と会場に集まった人たちに大きな声でスピーチを始めました。

 

龍彦はスピーチで政府を「バカ野郎政府」とよび、この政策のおかげで自分の人生に向き合えたことを認めながらも、
やはり結婚は義務ではないと政策の廃止を求めました。

 

スピーチが終わると会場からは拍手が溢れ、龍彦は大きな手応えを感じます。
そのスピーチはネットでも流され、小野寺大臣も見ることになります。

 

自身の娘ひかりも同性愛者であることから、
小野寺は結婚見合い法の廃止に向けて動き出すことを決心しました。

 

龍彦のスピーチをネットで見た嵐望も前に進むため、好美に本当のお別れメールを送ることにします。
その後、結婚見合い法が正式に廃止になり、龍彦たちの努力が報われたことが分かります。

 

おかげで奈々は会社に復帰できるようになり、
祖母からも自立を促され家を出るように勧められるのでした。

 

好美は嵐望に産まれたばかりの赤ん坊の写真を送り、名前は「嵐治」だと報告をします。

 

その写真をみて驚いた嵐望は好美のいる離島に会いに行き、指輪を見せながらプロポーズをしました。
好美は涙を流してプロポーズを受け入れ、嵐望との結婚を反対していた母・あき恵も好美の決断を応援すると言ってくれます。

 

龍彦は奈々から誘われて、結婚見合い法廃止のお祝いをしていました。
自信を取り戻した龍彦は、これからのことを話しながら奈々との時間を楽しそうに過ごします。

ドラマ『結婚相手は抽選で』最終回(8話)月9ドラマでもいける!!良質な社会派ドラマに称賛の嵐

https://twitter.com/udemakuran/status/1066655694479224832

https://twitter.com/szkksono19314/status/1066360399870607360

ドラマの題名が微妙なのでベタなラブストーリーが語られるのかと思いきや、良い意味で期待を裏切ってくれました。
現代社会の問題点をつきながら、いろんな教訓を残してくれた良質ドラマでしたね。

ドラマ『結婚相手は抽選で』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『結婚相手は抽選で』地上波放送後1週間以内はTverで、1週間以上経過している場合はFODで視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

FODでの視聴はこちらから

 

FODでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • コード・ブルーシリーズ1.2.3
  • グッド・ドクター
  • コンフィデンスマンJP
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • いつかこの雨がやむ日まで

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『結婚相手は抽選で』最終回(8話)動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『結婚相手は抽選で』最終回(8話)感想

 最初は結婚どころから日常生活にも問題を抱えていた龍彦が、潔癖症や人間不信を乗り越えて、
大勢の前でしっかりと自分の考えを話す姿は感動的でした。

 

そして龍彦が始めたレジスタンスは政府や国民に大きな影響を与えるようになって、
結局は結婚見合い法を廃止するところまでたどり着きます。

 

龍彦を演じている俳優・野村周平さんの演技もとても良かったです。

 

中心的に描かれた4人が全員出会うことはありませんでしたが、
それもストーリー展開としては出来過ぎていなくっていいなと思いました。

 

結婚見合い法では全員苦しめられたけど、それにより少しずつ当事者の周囲の人たちにまで変化が現れたことは嬉しいですね。

 

特に過保護な好美の母・あき恵が嵐望の所に行きたいという娘のことを認めてあげたときには好美と一緒に泣いてしまいました。
人と関わることの難しさや大切さを教えてくれる、とっても良質なドラマだったと思います。

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事