この記事を書いた人:りんない

2018年10月20日(土)に放送された『結婚相手は抽選で』第3話は、もうご覧になったでしょうか?

3話では抽選見合い結婚法の被害者たちが明らかになります。

 

ちなみに、『結婚相手は抽選で』2話ネタバレはこちらから

ドラマ『結婚相手は抽選で』3話ネタバレ

龍彦(野村周平)は、仕事中に先輩たちと抽選見合い結婚法について話していた。

 

同僚は、法律が施行する前に急いで駆け込みで結婚したが、そんな理由で結婚するべきではなかったと漏らす。
それに対し龍彦は、抽選見合い法の被害者たちは山ほどいるのではないか?と問題提起し、先輩たちからそんなことを言うなんて珍しいと驚かれる。

 

奈々(高梨臨)は2人目の相手とお見合いをすることになる。

 

美人で物静かで奥ゆかしく、理想なタイプだと話す相手に、祖母の紅子(冨田恵子)から言われた通り難病のフリをするが、
君を支えると予想外な言葉をかけられ驚く。

 

その頃、好美(佐津川愛美)も2回目のお見合いで知り合った男性とデートをすることになったが、
連れて行かれたのは広島風お好み焼きのお店だった。

 

兵庫出身の好美は食べたことがなく戸惑う。
無理して食べる好美に男性は、今度は関西風を食べに行きましょうと明るく誘ってくれた。

 

龍彦・鯨井浩樹(加藤雅人)・北風祐輔(松本享恭)たち3人は、お見合いについて話していた。
祐輔から、テロ対策活動後方支援隊は通称・テロ撲滅隊と呼ばれており、法案施行後わずか2ヶ月で、
テロ撲滅隊に行く女性が急増しているとニュースの話を聞く。

 

しかし、テロ撲滅隊の情報が全くなく、不安になる龍彦たち。

 

フリージャーナリストのひかり(大西礼芳)は、テロ撲滅隊に参加している人から聞いた、テロ撲滅隊の実態についての動画をアップしようとするが、エラーしてしまいアップ出来ずにいた。
政府が情報漏洩を防いでいるようだった。

 

小野寺(若村麻由美)は、多くの女性たちが、好きでもない人と結婚するぐらいなら、
テロ撲滅隊に入ったほうがマシだと考えており、入隊者が続出していることを気にかけていた。

 

このままだと予算を超えてしまう危機にあるという…

 

そしてついに龍彦のもとには、第3回見合い抽選法の通知が届き、3回目のお見合いをすることになる。
今回の見合い相手は花村さなえ(平岩紙)といい予備校の事務員。
少し話をしていると、突然急にお酒が飲みたくなったから付き合ってほしいと言われ、二人で飲みに行くことになり龍彦は驚く。

 

奈々は先日お見合いした春川と、奈々行きつけのお店で二人で夕食をとっていた。
なんとかして断らせようと頑張る奈々だったが、なかなか思うように断ってくれない。

 

偶然会った嵐望に彼氏のフリをしてもらおうとするが、その作戦も失敗してしまう。

 

好美はお見合い相手と、今度は好美の好きな関西風のお好み焼きを食べに行くが、イマイチな反応。
あまり食の好みは合わないようで、微妙に食い違っていく二人。

 

見合い相手は結婚したら、仕事を辞め家を守ってほしいというが、
好美は反対に仕事を続けていきたい気持ちが強く、なかなか噛み合わない。

 

さなえと飲んでいる龍彦は、アニメの話を楽しそうにしてしまい、アニメオタクは嫌ですか?と聞く。
龍彦はいい父親になりそうと言うが、私は無理だなと言うさなえ。

 

実はさなえは5年前に子宮頸がんになってしまい、子供が産めない体になってしまっていた。

 

やっと立ち直ってきたときに突然抽選見合い結婚法が可決してしまい、対象除外者に病歴は含まれないため、さなえも対象者になったという。
身体的なことを理由に結婚をしない人たちのことを何にも考えていない、子供を産めない女性のことを考えていない欠陥だらけの法律だとさなえは訴える。

 

自分から断るというさなえに対し、テロ撲滅隊になんて女性に行かせられないと龍彦は言うが、
さなえは女のプライドがあるからこそ、自分から断らせて欲しいとお願いする。

 

後日、見合い事務局から龍彦のもとに電話があり、さなえから断りの電話があったと言われる。
龍彦は電話を切った後、パソコンを立ち上げ、「抽選見合い法の被害者たち」というタイトルでブログを書き始める。

 

抽選見合い結婚法は、国家による国民イジメだ。
かわいそう、気の毒な、なんて言葉で片付けられるレベルではないと龍彦は訴えた。

 

このとき、ふと舞台上で絶対にイジメは良くないと言っていた過去の自分のことを龍彦は思い出した…

 

その後、内閣府特命担当大臣の小野寺(若村麻由美)が抽選見合い結婚法の改定案を発表する。
自力で結婚相手を見つけた場合は、この法律から除外すると発表される。
それに振り回される龍彦たち。

 

そんな中、龍彦のブログにコメントが届く。
私も被害者の一人だという女性は、日本で育ったが在日韓国人なため除外されているという。
日本で暮らす外国人はみんな苦しんでいるというその文を読み、何かを思う龍彦だった…

ドラマ『結婚相手は抽選で』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『結婚相手は抽選で』地上波放送後1週間以内はTverで、1週間以上経過している場合はFODで視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

FODでの視聴はこちらから

 

FODでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • コード・ブルーシリーズ1.2.3
  • グッド・ドクター
  • コンフィデンスマンJP
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • いつかこの雨がやむ日まで

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『結婚相手は抽選で』3話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『結婚相手は抽選で』4話あらすじ

龍彦(野村周平)は、ここまでの自身の経験、会社の先輩の話や投稿を受け、立ち上げたブログ「抽選見合い結婚法の被害者たち」に積極的に書き込みを始めた。
 そんな中4度目のお見合いに臨んだ龍彦は、相手の女性に会って1時間で潔癖症を理由に断られしまう。「カスくじ!」…これまで何度かお見合いで断られてきたとはいえ、やっぱり気持ちが沈み、いつにも増して激しく手を丁寧に洗う龍彦だった……。

一方、内閣府特命担当大臣 抽選見合い結婚法担当の小野寺(若村麻由美)から、該当者が自力で結婚相手を見つけた場合はこの法律から除外するという改定案が発表され、奈々(高梨臨)は、一か八かで嵐望(大谷亮平)に連絡し、馴染みの店で再会する。嵐望が見合い相手に断られ続けているという意外な事実を知った奈々は、「私と……結婚してください」と意を決して告白したが、「俺が求めるのは、母性の強い人。奈々には感じられない」とやはり嵐望に断られてしまう。自暴自棄になり泥酔した奈々は、すっぽかすはずだった見合い相手との待ち合わせ場所へ……。
 その夜、同じくお見合いを終えた北風(松本享恭)が龍彦の自宅にやってきた。部屋で偶然、龍彦が書いたブログを見た北風は、「匿名でも、もっと自分のこともさらけ出してくれたら、共感してもらえるんじゃないかな」と龍彦を励ました。勇気をもらった龍彦は、潔癖症の原因となった中学時代の出来事をブログに綴り始めたのだった。

好美(佐津川愛美)は、お互いの理想の家族像の相違からお見合い相手と別れ、新たなお見合いに臨んでいた。緊張している彼女の隣に座ったのは…。そして、龍彦の5回目のお見合いの相手は、集合時間に30分以上遅れて会場にやって来た。いかにも無理目な感じの服装をした彼女が、けだるそうにサングラスを外すと…。

引用:公式サイトより

ドラマ『結婚相手は抽選で』3話感想

ドラマ『結婚相手は抽選で』3話では、抽選見合い結婚法によって傷つけられた被害者たちの話がメインでしたね。

 

病歴がある人は対象除外しないなど様々な問題があるこの法案…
そして中身の分からないテロ撲滅隊…

 

来週の4話では、ついに龍彦(野村周平)と奈々(高梨臨)、嵐望(大谷亮平)と好美(佐津川愛美)がお見合いをすることになりそうですね!
どんな展開があるのか楽しみです♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事