2019年夏ドラマ

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【黒幕は伊勢谷友介じゃない?キム兄(木村祐一)もグルだったのか!?】

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【黒幕は伊勢谷友介じゃない?キム兄(木村祐一)もグルだったのか!?】

2019年8月4日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』第3話はもう御覧になりましたか?

第2話のラストでひかり(真木よう子)が山中に生き埋めされた所で終わりましたよね。樋口(唐沢寿明)が現場に到着した際に犯人が逃げていったのですが、ひかり(真木よう子)が犯人に連れ去られたと勘違いした所で終わったので、思わず、そうじゃない!その土の下にいるんだよ!と声に出してしまいました。

ということで、葵(矢作穂香)の誘拐やひかり(真木よう子)の拉致など展開が忙しくなる第4話のネタバレをご覧ください。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『ボイス 110緊急指令室』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月13日(土)から日本テレビ土曜ドラマ枠でドラマ『ボイス 110緊急指令室』がスタートしました。 ドラマ『ボイス 110緊...
日テレドラマドラマ『ボイス 110緊急指令室』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第4話 あらすじ

葵(矢作穂香)の居場所が掴めぬまま、事件発生から4時間近くが経過。

新田(森永悠希)が海外への逃走資金を稼ぐために葵のレイプ動画のライブ配信を予定する時刻が迫っていた。

沖原(木村祐一)たち強行犯係は新田の逃亡ルートとなる港の張り込みに動くが、(唐沢寿明)らECUと沖原たちが衝突!ECUは強行犯係とは別行動で葵の捜索に全力を注ぐ。

葵の身に刻々と危険が迫る中、ひかり(真木よう子)は新田が樋口の妻・未希(菊池桃子)の殺害事件について関与をほのめかしていたことを樋口に話す。

一方、緊急指令室で新田の過去を洗っていた緒方(田村健太郎)は、その意外な正体を突き止める。それを聞いた栞(石橋菜津美)は、妹の葵は廃校になった中学に監禁されているはずだと言い出し……。樋口とひかり、石川(増田貴久)は廃校へ急ぐ!闇に飲まれた廃校で、緊迫の救出劇が始まろうとしていた……!!

引用:公式サイトより

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第4話 ネタバレ

葵(矢作穂香)の居場所が掴めぬまま、事件発生から4時間近くが過ぎ居場所が掴めない中、ひかり(真木よう子)も新田が拉致した事が分かり樋口(唐沢寿明)が追い詰めます。もう少しの所で沖原(木村祐一)からの警察無線が入り、新田は車で逃走します。

投げられていたスコップを見た樋口(唐沢寿明)は、まさかと思いながらその場所を掘っていくと、埋められていたひかり(真木よう子)を見つけ出すことが出来ました。

救出されたひかり(真木よう子)は、葵(矢作穂香)の居場所を掴むために、新田のサイトと過去を調べるように緒方(田村健太郎)に伝えます。

捜査の仕方に意見が合わない為ひかり(真木よう子)達と沖原(木村祐一)達強行班とは別れて捜査を続けることになりました。

午後4時20分、葵(矢作穂香)を拉致してから5時間40分経過したころ、新田はサイトの配信を20分早めることにします。配信にこだわることが分からない樋口(唐沢寿明)でしたが、石川(増田貴久)は、会員から荒稼ぎが出来、銀行口座が使えないから逃走資金目的でないかと言います。

ひかり(真木よう子)は自分が新田を挑発した時に、森下葵(矢作穂香)の名前を言った時怒ったように声帯が震えていた事を、樋口(唐沢寿明)に言うと恋人以外に何か関係があった可能性があると考えます。

その頃警察の捜査が迫っている新田の共犯者は、早く逃げようと思い新田に資金をよこすように言いますが、新田に殺されてしまいます。

緒方(田村健太郎)の検索の結果、新田は14歳の時に自宅を放火し母親を殺していました。供述書には母親の不倫への怒りが原因で、不倫相手は新田の中学の担任で教室で不倫現場を目撃していたのでした。そして戸籍を偽造し笹部優人から新田に変えたました。

このことを聞いていた森下栞(石橋菜津美)は、葵(矢作穂香)の監禁場所は、朝日野中学校という廃校になっている場所だと言います。この学校は葵(矢作穂香)が通っていた学校で、狙いは妹だったと話します。

新田の担任は自分の父親だったからと森下栞(石橋菜津美)は言います。新田の母親との不倫で学校を追われ、離婚後姿を消してしまっていたのです。

樋口(唐沢寿明)達は、廃校になっている中学校に着きました。ひかり(真木よう子)が、廊下の足音を聞き取り、樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)と石川(増田貴久)は、その後を追います。

怪我をしているひかり(真木よう子)を見て、樋口(唐沢寿明)と石川(増田貴久)は、二人で新田を探すことに。

休んでいたひかり(真木よう子)が耳にした曲を、森下栞(石橋菜津美)に伝えると、葵(矢作穂香)と一緒に歌っていた曲だと言います。

曲を頼りにひかり(真木よう子)が探し始め、その姿を新田が追い掛けます。ひかり(真木よう子)が葵(矢作穂香)を見つけますが、新田も現れ時限爆弾を爆発させます。逃げた新田を樋口(唐沢寿明)は追いかけ確保することが出来ました。

沖原(木村祐一)達に連行される新田が、ひかり(真木よう子)の父親が殺される前に言った言葉をつぶやいたのを聞いたひかり(真木よう子)は、新田から自分が使っていた倉庫で警察が殺されている場面を見たし、犯人の顔も見たと聞きます。

新田を連行中、輸送車のガソリンが無くなりかけたのでスタンドに寄ったとき、新田もトイレに入り一人になった時に逃げようとしますが、他のトイレからフードを被った男が現れ、争った末、何かを飲まされてしまいます。

女子トイレに入っていたひかり(真木よう子)は、男子トイレの争っている音と顎を鳴らす音を聞き取ります。

連絡を受けトイレに駆け付ける強行班と、新田が乗っていた車から燃料パイプが漏れているのを築いた樋口(唐沢寿明)。

男子トイレに入ることが出来たひかり(真木よう子)でしたが、新田が口にした言葉を聞き取ることなく亡くなります。

男子トイレを最後に後にした沖原(木村祐一)は、新田に渡していた鍵を取り戻し不敵に笑うのでした・・・

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第4話・ネット上の感想

https://twitter.com/Sonim_official/status/1157414770007404544?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1157414770007404544&ref_url=https%3A%2F%2Fdorama9.com%2F2019%2F08%2F04%2Fvoice-story4-netabare%2F

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第4話 dramania7読者の感想

読者A
読者A
新田が葵さんを狙った理由が、新田の母と葵さんのお父さんの不倫が原因で起こった事件だったことにびっくりしました。それが原因で女性に対して拉致し酷いことをして動画配信をしていたと思うと腹が立ちました。いくら辛い過去があったからと言ってやってはいけないことなのにと思いました。

また新田が捕まり、でも途中トイレによってもらいそこで何者かに殺されてしまったのは沖原係長関わっているのではないかと思いました。。車んいも細工されていて、どう考えても身内の仕業の可能性があり、トイレから鍵をこっそり取っていたので沖原係長は何らかの形で事件に関わっているか、謎の黒い男に新田を殺すように指示して新田が知っている事件についてなにも話さないようにしたのかなと思いました。

読者B
読者B
真木よう子は、こうでなくては。指令室で指示だけをしているより、現場が似合う、とはいえ、第3話から生き埋め状態からの復活からのかなりハードな救出劇は、流石ドラマというほかありません。そもそもたったの三人での救出とは、あまりにも荷が重すぎると思います。毎回、唐沢寿明がヒーローのように大活躍ですが、もう少しチームの人数がほしいです。

唐沢寿明さんは、嫌いではないですが、若干、お歳のせいか走る姿も勢いに衰え感じてしまいます。でも、救出劇の、ドキドキ感は満喫できました。木村祐一は、わかりやすく悪役の刑事を演じていますが、本当に苛立たされます。今回過去にあった事件とのかかわりなどが出てきましたが、そのつながりや、本筋の犯人とのかかわり方やその人物などが、注目されるところだと思います。

読者C
読者C
ひかりや葵が救出されホッとしましたが、新田の自分本意な犯罪には、怒りを覚えました。葵の言った、「傷ついているのはあなただけじゃない。」という言葉は、まさにその通りだと思いました。4話では、ひかりの聴覚を発揮する場面が少なくて、少し残念ではありましたが、次回に期待したいと思います。

樋口の奥さんや、ひかりの父親を殺した犯人を目撃していた新田でしたが、トイレから出てきた男は誰だったのでしょうか。あの凶悪犯かとも思いましたが、だとしたら沖原と繋がっていることになり、黒幕でもあるということになりますが、そこまでの犯罪を犯しているとは思えません。単にECUへの妨害のためだとしても、新田を逃がすだけでいいような気もしますし、謎が多いです。

読者D
読者D
葵の居場所が掴めぬまま、事件発生から4時間近くが経過。 新田が海外への逃走資金を稼ぐために葵のレイプ動画のライブ配信を予定する時刻とすすんでいた。 沖原たち強行犯係は新田の逃亡ルートとなる港の張り込み、樋口らECUと沖原たちが衝突した。 ECUは強行犯係とは別行動で葵の捜索に全力を注いだ。 葵の身に刻々と危険が迫る中、ひかりは新田が樋口の妻の殺害事件について関与をほのめかしていたことを樋口に告白した。

緊急指令室で新田の過去を洗っていた緒方は、その意外な正体を突きとめた。そのことを聞いた栞は、妹の葵は廃校になった中学に監禁されていることを断言した。 樋口とひかり、石川は廃校へ急いで向かう。夜になり真っ暗な廃校で、緊迫の救出劇が始まった。 その後、葵を救出した樋口らは、新田を連行中にガソリンスタンドによる。 そこで、新田は何者かに殺された。 視聴していてドキドキするドラマです。 今後の展開が楽しみです。

読者E
読者E
中学校での新田を捜査するシーンといい、最期の怒涛の新田が殺されるシーンといい、かなりゾクゾクさせられる展開がとてもおもしろかったです。葵を保護できたと思ったら新田が現れ、新田を確保できたと思ったら殺されてしまったりと、予想の上をいく展開がすごく良かったです。沖原が新田が使った手錠の鍵をこっそり回収したことから、警察内部の協力者は沖原なんだろうなと思いました。

だから今回の新田の事件の捜査でも見当違いなことをして樋口たちの足を引っ張っていたんだと思います。また、新田を殺した犯人は、ひかりのお父さんを殺した人物ではないと考えました。真犯人はもっと体格が良かったし異常な人物だから、硫酸を飲ませて殺すなんてことはしないだろうと思います。真犯人が起こり込んだ影武者な気がしました。

読者F
読者F
今回も前回に続きクオリティーが安定していたのが、まずは嬉しいと思いました。そして、内容がスリリングで引き込まれました。前回、埋められた橘ですが、意外と完全に埋められていたので、無事に保護されてまずは良かったなと思いました。そして、怪我をして、そのせいで異常聴覚が失われたかと思いましたが、そちらも健在で良かったと思いました。

それにしても新田は悪すぎると思いました。レイプだけでなく、無線傍受、そして極めつけは爆弾作りまでしていたとは怖すぎます。そして、仲間がいつか裏切るとは思っていましたが、巨漢の男より、小柄な新田の方が強かったのは意外でした。そして、なんといっても警察が怪しすぎると思いました。裏で何が起きているのかが気になります。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第5話 あらすじ

3年前の事件の真犯人が新田(森永悠希)を殺したと考えるひかり(真木よう子)は、警察内の協力者として沖原(木村祐一)を疑う。

現場で証拠を探す樋口(唐沢寿明)とひかりは真犯人のある特徴を突き止めるが……。そんな中、ECUでは新しく加わった栞(石橋菜津美)が、6歳の子供・歩(正垣湊都)から、母親(ソニン)に刺されて洗濯機の中に隠れていると通報を受ける!!

ひかりは事件の異常性を察知し、樋口と石川(増田貴久)に出動を指示。しかし、歩は母親の名前も知らないばかりか、部屋から出たことがないので住所もわからないと話す。電話口から歩を探し回る狂気に満ちた母親の声が漏れ聞こえてくる中、歩の生死を分けるクライシスタイムが始まる……!!

樋口と石川は、歩が見た窓からの景色とGPS情報を頼りに特定した団地に駆けつけるが、目の前には歩の部屋を突き止めるのは不可能なほど巨大な団地群が広がっていた……。さらに歩を励まし続けるひかりだったが、その断片的な情報から次第に事件のおぞましい全貌が見えてくる…。

そして、通報から10分が経過。緊急指令室に歩の悲鳴が響く……!!被害者の絶体絶命の危機にECUのチーム能力が試される!さらに、3年前の事件の核心に迫る樋口に、黒い影が忍び寄っていた……。

引用:公式サイトより

The following two tabs change content below.
アバター

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
アバター
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪