この記事を書いた人:なりりん

2018年11月27日(火)放送、ドラマ『中学聖日記』第8話はもうご覧になりましたか?

 

第7話では、聖(有村架純)と、晶(岡田健史)が衝撃的な再会をし、18歳になった晶は、聖への変わらぬ気持ちを告白しました。
ですが、聖は過去を振り払うかのように、野上(渡辺大)に告白OKの返事をしたのでした。

 

そして、最後に会いに来ていたのはなんと愛子(夏川結衣)・・・
さて、今回はどうなるのでしょうか・・・!!

 

ちなみに、ドラマ『中学聖日記』第7話ネタバレはこちらから

ドラマ『中学聖日記』第8話ネタバレ

聖に突然会いに来た愛子。
動揺する聖に愛子は微笑みながら話しかけ、晶がここへ来たかと聞いた。

 

一度だけ来たが、もう来ることはない。と聖が言ったのに加え、自分たちは付き合っているからもう何も心配することはないと野上が言うと愛子は、聖がまだ教師を続けていること、自分たち親子は3年前のことが原因で不仲だというのに、先生は何も失っていないんですね、と怒りを抑えながら微笑み続け、嫌みを言いその場を去った。

 

その日の夕方、学校の帰りに聖は美和(村川絵梨)のもとへ訪ねていた。
小学校では学習発表会で演劇が行われることになり、彩乃(石田凛音)の衣裳を作ってほしいとお願いしに行ったのだ。
そして、彩乃と美和がまた一緒に暮らせる日が来る事を願っているとも言った。

 

その夜、美和は聖のおせっかいな所にいらだちながら、昼間ふと聞いてしまった話を思い出していた。
そう、橋の上で聖と愛子が話していた所を陰で聞いたあと愛子に接触していたのだった。
美和はスマホを取り出し、『末永聖 子星中』と検索をし始めた。

 

翌日。
聖と野上がいつも通り学校へ行くと教室には誰もいなかった。

 

そして別の教室に、クラスの生徒たちの母親達が集まっており、3年前聖が子星中で淫行疑惑があったことを問い詰めてきた。
その噂を広めたのは美和だった。

 

問い詰めてきた内容には、真実とは違うことも多々あったが、狼狽する聖が返事をする前に一緒にいた千鶴(友近)が聖をかばい、そんなことは事実無根だときっぱり否定し、美和以外の母親らも納得したように解散したのだった。

 

その夜、千鶴は聖に忠告した。
これからも教師として続けたいなら、3年前のことは今後もスルーして何も話さなくても良いと。

 

翌朝、美和は彩乃に会いに学校の前へ来ていた。

 

衣裳はお母さんが作るからね、と一生懸命に話しかける美和に対し彩乃は、前日美和が聖の悪口を広めたことに嫌悪感を示し、
そんなお母さんは嫌いだと言い放ち、学校へ入っていった。

 

その様子を見てしまった聖が複雑な思いで職員室にいるとメールが来た。
勝太郎(町田啓太)と共通の先輩の結婚パーティーがあるというものだ。

 

聖が勝太郎に、自分は欠席するからお祝いを渡してほしいという電話をした際、勝太郎は原口(吉田羊)と付き合っていることを報告したが、
聖は素直にうれしそうに、おめでとうと言った。

 

今は原口と一緒にいるだけで十分幸せだ、と嬉しそうに会議室で話す勝太郎の言葉を陰で原口は聞いていた。

 

一方、るな(小野莉奈)は晶をカフェに呼び出していた。
前のデートで聖に会いに飛び出したあと、帰ってきてるなに、自分のことが好きかと聞かれて何も答えれなかった晶。
それ以来なのに、明るく振る舞うるなに対し、晶は、その後聖と会って自分の気持ちが何も変わっていないことを伝えた。

 

ずるくなっていいから、一緒にいたいというるなに対し晶は別れを切り出したが、
るなは、絶対別れないとだけ言い、お店から出て行った。

 

そして晶の携帯に愛子からの電話が。
家に帰った晶は、愛子から学校を最近休みがちなことや、進学ではなく就職希望と進路を出していることについて理由を問われた。

 

真意を答えない晶に対し、聖とのことが関係しているのかと核心をついた質問をした愛子。

 

勝手に会いに行った時、聖は同じ学校に恋人がいるとのことだったと晶へ伝えると、
晶はまた勝手なことをしたと怒っていたが、恋人がいると聞いて落胆したような様子も見せた。

 

そして自分のことは自分で責任を取ると言い、家をあとにした。

 

一人になった晶はある一通の手紙を読んでいた。
晶の父親からのものだ。
家に入る直前、郵便配達が来て受け取っていたのだった。

 

手紙を読み終えた晶はある思いに駆られるのであった。

 

一方、東京で原口と順調に交際する勝太郎だが、仕事上では部長である原口が、
人事異動で勝太郎の海外赴任を考えているという話を耳にした。

 

勝太郎は原口と、家でごはんを作りながらその話を切り出した。
そうなると遠距離は無理だから別れるべきか、ということも考えていると原口に言われると、勝太郎はもし海外赴任になるなら、籍を入れようと言った。

 

夫婦になると離れ離れになっても大丈夫だから、結婚しようという勝太郎を、原口は優しく抱き寄せ包み込んだ。
そして、そんな試すようなことしなくてもいい、聖の時とは違って自由に好きでいられるから。と優しく言った。

 

そのころ、聖は居酒屋で飲みつぶれる美和を見かけ、見るに見かねて家まで送り届けていた。
家に入ると美和が作ったピンク色の彩乃の衣裳があった。

 

それ見た聖はぜひ彩乃に届けようと言うが、美和は何をしても変わらないと嘆いた。
「今の状況を変える努力をしましょう」と聖は言ったが、逆に、自分はどうなのか、逃げているだけではないかと言われた聖。
落胆した様子で家に帰ろうとトボトボと歩いていると、目の前に突然現れたのは晶だった。

 

通りすぎようとする聖に、家に帰ったら手紙が来ていて…と話し聖を止める晶だが聖は少し声を荒げた。
今、3年前の晶とのことで問題が起きていることを言った。

 

自分には教師しかないから、もう関わらないでほしいから来ないで!ときつく言う聖。
自転車を止めていた手をそっと離す晶。

 

先生は過去を切り捨てたいだけだ、新しい場所で新しい自分になれると思っているがそれは幻想だ。
自分は過去をなかったことにはしないし、大切だから忘れない。と言い、『いい先生になってください』と落胆した様子でつぶやいた。

 

そして最後に「がっかりしました、先生に…」とだけ悲しそうに言い、晶は聖の目の前から去っていった。
晶を背にした聖は涙を流したが、そのあと何か思いを断ち切るかのように、力強い足取りで自転車をこいだのだった。

 

学習発表会当日。
彩乃は青の衣裳を着ていた。

 

演劇の最後の方に美和がやってきて、そんな彩乃を微笑み、見つめていた。
発表会が終わったあと、美和は彩乃に駆け寄り、また彩乃と暮らせるように仕事と家を探すからと待っててねと悲しそうに、優しい声で言った。

 

美和がそれだけ言って帰ろうとした所、「お母さんはだらしなくて嘘つきだから会ってはいけないと言われているが、お母さんのことは大好きだから…迎えに来て」と彩乃は泣きながら言い、美和に駆け寄り、間に合わなかったピンクの衣裳を大事そうに手に取り2人は抱きしめ合った。

 

そして美和は聖のもとへ行き、根も葉もない噂を流してしまってすみませんでしたと謝罪した。

 

その時、聖は晶から言われた言葉を思い出した。

”過去を切り捨ててるだけ””がっかりしました、先生に”・・・

 

聖は美和に、その噂は本当だと言った。
そして、足を止めた美和とその場にいたほかの母親達に向かって3年前にあったこと、
つまり晶に好きな感情を持ってしまったことや、2人で会ったこともあることを話し、それらを黙っていたことを謝罪した。

 

直後から職員室には、抗議の電話が鳴り続けた。

 

聖は、なぜ自分からわざわざ言ったのかと千鶴に問われると、
「このままじゃ変われない、自分に嘘をついて逃げているようじゃいい先生になんてなれない!そう気づいたから…」と言った。

 

そのころ上布(マキタスポーツ)の家へ行った晶は、上布に今の晶の現状について説明を求められた。
愛子のことに肩を持つ上布に対し、晶は不満を爆発させた。

 

愛子だって過去に妻子ある男性を好きになったこと、それなのに父親に関する大事なことは何一つ教えてくれず、
自分ばかりに我慢しろ、忘れろと言うことを。

 

盾突く晶に対し、上布な何があったとしても今学生でいられるのは愛子に守られているからだと上布は強調し、
今は愛子を安心させようと言ったが、納得いかない晶は部屋に行くと、むしゃくしゃした様子で何かを考えたのだった。

 

翌朝。
上布が部屋へ行くと、晶の姿がなかった。

 

部屋には置手紙があり、そこには「今までお世話になりました。さようなら」と書かれていた。
すぐに愛子に言い、愛子と上布は様々な人へ連絡をしてみることにした。

 

一方、前日の学習発表会後に過去のことを自ら暴露してしまった聖は、
通学路の母親、学校の同僚にさえもよそよそしく噂されていた。
そこへ、るなが聖を訪ねてきて、晶が行方不明になったことを聞かされた。

 

その夜、職員室で聖が一人残っていると電話が鳴った。

 

「先生」声を聞いて晶だとすぐにわかった聖は驚き、今どこにいるのかと必死に何度も尋ねたが、
晶はそのことには答えず、前に突っかかってしまったことを謝りたかったと言った。

 

そして聖の授業が好きだったこと、楽しそうに話す声も全部覚えていると、
思い出を懐かしんだあと「頑張って下さい。最後にそれだけ伝えたくて…」と言った。

 

どこにいるのと必死に聞く聖の耳には、”山江島行きのフェリーにご乗船の方は・・・”というアナウンスが電話先から聞こえた。

 

「さよなら、先生」
そう言って晶は、ちょっと待ってと引き留める聖の声を聞かず、携帯の電源を切ってしまった。

 

急いで「山江島 フェリー」で検索しようとした矢先、野上にそろそろ帰りましょうと声をかけられた。
一緒に帰りながら、野上に話があると言われた。

 

実は野上の父親が倒れ、実家の料亭を継ぐために教師を辞めるというのだ。
そして自分と一緒に町を出ないかと言われた。

 

聖が返事をできないでいると、野上は言った。
「会いたい人がいるんでしょ…?」

 

聖は晶とのことを走馬灯のように思い出し、涙を浮かべた。
「行ってください」と言う野上に、深く頭を下げたあと聖はフェリー乗り場へ、一心不乱に向かった。

 

フェリー乗り場へ着くと誰もいない待合室。

 

港へ泊っているフェリーに目を凝らすと、晶の姿が。
間もなく出発するというアナウンスを聞き、フェリーに飛び乗った聖。

 

デッキにいた晶を見つけ、「黒岩君!」と声をかけた。
息を切らす聖に、驚きを隠せない晶。

 

そして夜のフェリーは、二人を乗せて出発したのだった。

ドラマ『中学聖日記』第8話【野上先生が良い人過ぎる…(泣)そして溢れる晶への想い】

聖に恋心を持ち、一生懸命に聖を支え見守ってきた野上が、自分と一緒に町を出ようというプロポーズにも近い言葉を言った直後に、
聖の気持ちを察し、晶のもとへ行くよう身を引く場面。

 

野上の、男らしく、好きな人を心底想う優しさに心を打たれる視聴者も多かったようです。

 

そして、さらにここでは、晶への気持ちを抑えきれなくなった聖が、
晶のことを回想するシーンがありますが、それにも反響がありました。

中学生時代の晶、しかも聖への恋心を一生懸命に伝える場面が一気に流れ、
視聴者の心も聖とともにボルテージアップ!

ドラマ『中学聖日記』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『中学聖日記』の地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信される可能性が高いです。

 

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『中学聖日記』8話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『中学聖日記』第8話感想

冒頭愛子が会いに来た場面から始まり、美和に噂を広められてしまうなど、
どうなるのだろうと心配な場面が多い第8話でした。

 

が、なんといっても最大級にドキドキハラハラしたのはラスト!
聖がフェリー乗り場へ向かうシーン。

 

間に合って~!と一人テレビに向かって手を合わせていた私(笑)

 

そしていよいよ、聖と晶の恋が動き出しましたね。
次回予告だけでもドキドキします。

 

濡れた髪の聖と見つめ合う晶・・・!まさか駆け落ち?!

 

まだまだ2人を阻む出来事もありそうですが、ようやくお互いの気持ちに正直になれた2人の恋が実ってほしい・・・
そう願うばかりですが、次回第9話に期待しましょう♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事