2019年春ドラマ

ドラマ『インハンド』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【紐倉博士(山下智久)は殺人者?】

インハンド

2019年5月3日(金)に放送されたドラマ『インハンド』第4話はもうご覧になりましたか?

第3話では紐倉の大学時代の恩師が関わる事件により、紐倉の学生時代が少し垣間見れましたね。紐倉のアメリカ時代の経歴について高家や牧野が気になり始め、調査に乗り出すようですが何かを知ることができるのでしょうか。

第4話では「人を自殺させる病原体」が取り上げられるようです。紐倉たちはどのような事件に巻き込まれていくのでしょうか。

ちなみに、ドラマ『インハンド』第3話ネタバレはこちらからご覧になれます。

インハンド
ドラマ『インハンド』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【紐倉博士(山下智久)の過去が少しずつ明らかに】2019年4月26日(金)に放送されたドラマ『インハンド』第3話はもうご覧になりましたか? 第2話ではスーパースプレッダーという、病気...

ドラマ『インハンド』第4話・あらすじ

右手が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていた。お人よしの助手・高家春馬(濱田岳)は、そんな紐倉の横で研究所の中をせっせと掃除している。そんな2人の元へ、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)がある相談をしにやって来る。

外務事務次官・創子(紫吹淳)宛に「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状が届いたというのだ。ただの嫌がらせのようにも思えるが、脅迫状に名前が記載されている女性の1人は実際に自殺しており、もうひとりは自殺未遂、男性も2日前から行方不明になっていた…。そして次のターゲットは創子の娘・恵奈(吉川愛)だという。

本当に“人を自殺させる病原体”などが実在するのかを確かめるため、牧野は紐倉を訪ねてきたのだった。「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。

一方で、少しずつ明かされてくる紐倉の過去。牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾)の調べによると、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったという。5年前の紐倉に、一体何があったのか?
紐倉の脳裏にフラッシュバックする過去の辛い記憶とは…。

引用:公式サイトより

ドラマ『インハンド』第4話・ネタバレ

紐倉研究所では紐倉(山下智久)が義手のメンテナンスを受けていました。そこへ牧野(菜々緒)が訪ねてきて、“人を自殺させる病原体”の有無について聞きました。外務事務次官・源田創子(紫吹淳)宛に「人を自殺させる病原体をばらまく」という脅迫状が届き、サイエンス・メディカル対策室が調査を行うことになったのです。「人を自殺させる病原体などない」と否定してしてもらうつもりだった牧野でしたが、紐倉は「ないとは言えない」と答え、珍しくすぐに調査協力を引き受けました。

その脅迫状には水原舞の自殺、菊池香織の自殺未遂、織田貴成の行方不明はその病原体が原因だと書かれていました。紐倉たちは水原舞の自宅へ話を聞きにいき、菊池香織が入院する病院へ行くと、菊池香織の2度目の自殺未遂現場に遭遇しました。自殺未遂を止めようとしていた源田恵奈(吉川愛)を紐倉研究所に連れていき、話を聞いてみると脅迫状に書かれていた3人は幼馴染で、一緒に治験のバイトをしたことがわかりました。源田恵奈は創子の娘です。その話を聞いた紐倉は、真相を解明するために脅迫状を送ったのが恵奈だと気づきました。

治験を行ったのはセクメト・ジャパンのSQ-61という薬です。調査を行うため、紐倉は高家を治験のバイトに行かせることにしました。高家は治験薬を飲むふりをして潜入捜査を開始しました。その頃、牧野は治験薬を作っているセクメト・ジャパンに調査依頼をしにいきました。意外とすんなり協力してもらえた菜々緒は驚きました。

高家から連絡を受けた紐倉は「セクメトには必ず裏があるから必ず証拠を手に入れろ」と伝えました。治験の雰囲気から特に何も違和感を感じていない高家は疑問に思い、理由と尋ねると「昔知り合いがセクメトにいた」という返事が返ってきました。牧野から紐倉の助手に“入谷”という人間がいたことを聞いていた高家が、紐倉にその名前を伝えると紐倉はフラッシュバックを起こしてしまいました。

治験のデータを紐倉に送った高家が病室に戻ろうとすると、セクメトの鍋島(山中崇)が声をかけてきました。鍋島は紐倉のことを「人殺し」だと言いました。高家はそのことを牧野に知らせ、2人で鍋島の話を聞くことにしました。鍋島はセクメトで入谷と共同研究を行っていましたが、紐倉が入谷を引き抜いたことで研究は白紙に戻ってしまいました。その後、アメリカのCDCに入谷を移籍させ、CDCに内緒で東南アジアの村を舞台に危険な実験を行っていたというのです。それをアメリカ陸軍に勘付かれ、調査と追及に耐えきれなくなった紐倉が全てを入谷のせいにした結果、入谷は自殺してしまったと鍋島は話しました。

その頃、紐倉はフラッシュバックにより右腕に激痛が走って気絶していました。驚く恵奈に、紐倉が脳が失った右腕を受け入れられず薬の効かない痛みを感じてしまうと説明します。その時、“人を自殺させる病原体”のヒントを掴みました。そして恵奈に、幼馴染4人で小さい頃どんな遊びをしていたのかと尋ねました。恵奈が小さい頃遊んでいた牧場の馬小屋で織田を発見した紐倉は、高家に連絡して「セクメトの治験担当者と話がしたい」と伝えました。

紐倉たちはセクメトに向かい、鍋島に会いました。そして水原舞の自殺の原因が、ボルナ病ウイルスに感染しているところに治験薬である非ステロイド性鎮痛薬を飲んだことで脳症が悪化したためだと伝えました。通常、治験のウイルスチェックから発見しにくいボルナ病が漏れていても仕方ないと言えますが、鍋島はボルナ病について気づいていたのに隠蔽したため、紐倉は追及したのです。

自分が治験に誘ったために幼馴染3人を苦しめてしまったと自分を責める恵奈を元気付け、一件落着となりました。しかし紐倉は外務事務次官の母親を持つ恵奈にパスポートの再発行を頼むのを忘れたと悔やんでいるようです。

一方で、牧野は御子柴(藤森慎吾)から気になる記事を見せられていました。東南アジアの村が消え、助手の入谷を自殺へ追い込んだのは本当に紐倉が原因なのでしょうか?

ドラマ『インハンド』第4話・紐倉博士(山下智久)は殺人者?

第4話では紐倉のアメリカ時代が少しずつ明らかになってきましたね。セクメトの鍋島が話をしたことで、過去に紐倉の助手として働いていた入谷が謎の自殺を遂げており、その原因が紐倉にあるという疑惑が浮上しました。“東南アジアの村が消えた”というニュースも気になります。ひねくれた性格をしているものの、芯の部分は人としてまっすぐな紐倉なのではないかと思いますが、入谷の自殺や謎の実験にどのように関わっているのでしょうか。

息ぴったりの掛け合いを繰り広げている高家と牧野との間にも溝はできてしまうのでしょうか。今のところ、高家は紐倉のことを心配しているように見えますが、最後まで味方でいてほしいですね。

ドラマ『インハンド』第4話・ネット上の感想

ドラマ『インハンド』第4話・感想

“人を自殺させる病原体”がテーマの回でした。過去に感染したウイルスと薬によって脳症が悪化するなんて知りませんでした。ボルナ病はあまり耳にしませんが、インフルエンザを例に挙げたことで一気に身近に感じました。ドラマの中で亡くなってしまった女性も、まさか自分がそのようなウイルスに感染しているなんて思いもしなかったでしょうし、いつ何が起こるか分からないという注意喚起とも受け取れました。

紐倉のアメリカ時代の過去ですが、入谷という助手の存在が明らかになりましたね。どうやら紐倉の無茶な実験の責任を負わされたことを苦に自殺してしまったと言われているようですが、真相は他にあるような気がします。まだ義手になった原因はわかっていませんが、入谷の名前が出てきた時からフラッシュバックと右腕の激痛が始まりました。アメリカ時代の出来事は紐倉の心に深い傷を残しているようです。

今回の自殺騒動の件でセメクトの鍋島と話した時、勢いで入谷の自殺について言及するかと思いましたが、紐倉は何も言いませんでした。自分の中に秘めている何かがあるように感じたのですが…。第5話ではついに紐倉の過去が明らかになるようですし、見逃せませんね!

ドラマ『インハンド』第5話・あらすじ

紐倉(山下智久)は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)との辛い記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。

ある日、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには『危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?』『助手が謎の自殺!』など、気になる記述が……。

実は、牧野が務める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山和成(時任三郎)。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。

福山の口から語られた紐倉の過去とは…。
そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる!!

引用:公式サイトより