2019年冬ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』10話ネタバレ感想・考察と11話(最終話)あらすじ【真野・姉のお腹の子の父親は壇(千原ジュニア)?早川(萩原聖人)?】

トレース 科捜研の男

2019年3月11日(月)に放送されたドラマ『トレース~科捜研の男~』10話はもうご覧になりましたか?

 

前回は、虎丸(船越英一郎)が過去に逮捕した男性に降りかかった容疑を、真野(錦戸亮)達科捜研と一緒に真実を見つけました。被害者の女性は、亡くなるその時まで、唯一男性の事を信じてくれた人だったと、せつない話でした。

 

今回は、ノンナ(新木優子)の真野(錦戸亮)への気持ちが分かった虎丸(船越英一郎)が二人をどう見守っていくのか、また真野(錦戸亮)が追い求めている武蔵野一家殺人事件の真実に近づく事が出来るのか気になりますね!

 

トレース~科捜研の男~1~10話はFODプレミアムよりご覧いただけます。(1~10話を観れるのはFODだけです)スマホでも観ることが出来ます。

1ヶ月無料なので登録から1ヶ月以内に解約すれば無料ですので、見逃してしまった!とドラマ視聴を諦めていた場合に有効利用してみてください。

退会・解約も非常に簡単に行えます。

FOD無料期間中に解約すれば1円も料金は発生しません。

本ページの情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『トレース~科捜研の男』10話あらすじ

 

家族を失った25年前の『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、唯一の協力者である高校教師の早川(萩原聖人)に会う。そこで早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を切り出す。原田は、2年前に、ライバル選手だった春日部芳彦(柾木玲弥)のドリンクに禁止薬物を混入させて飲ませたドーピング事件が原因でテニス界から追放されていた。

実は、原田や春日部が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった早川の教え子だと言うのだ。高校時代の名字は「倉本」だったが、間違いないという早川。その佐保は、以前、変死体で発見されたホームレスの新妻大介とともに、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯グループのひとりだった。

そんな折、真野のもとへ虎丸(船越英一郎)がやってくる。虎丸は、新妻の一件が『武蔵野一家殺人事件』と関連があるのなら真相を突き止めたい、と真野に申し出ると同時に、ノンナ(新木優子)にも事情を打ち明けたことを詫びた。

それを受け、真野に協力を申し出るノンナ。しかし真野は、「お前には関係ない」と言い放ち、ノンナを部屋から追い出してしまう。真相解明のために虎丸の協力を得ようと考えた真野は、早川から聞いた佐保の一件と、姉・仁美(夏子)の司法解剖を担当した解剖医の行方を探していることを虎丸に伝えるが…。
引用:公式サイトより

ドラマ『トレース~科捜研の男』10話ネタバレ

今回は、スポーツ選手のドーピングに絡む事件ですが、実際にカヌーでライバルに禁止薬物を飲ませた事件が昔あって思い出してしまう人もいたのでわないでしょうか?

 

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

真野(錦戸 亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が所属していた実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)で早川(萩原聖人)の教え子だと言います。

 

そして、佐保優作(袴田吉彦)は新妻大介(伊藤高史)と一緒に真野(錦戸 亮)の兄をいじめていたと。虎丸(船越英一郎)から、真野(錦戸 亮)は武蔵野一家殺人事件の一人だけの生き残りだと聞き、そのことが気になっています。

 

科捜研に来た虎丸(船越英一郎)が、ホームレス事件と武蔵野一家殺人事件が関連してるなら、真相を突き止めたいと、真野(錦戸 亮)に言います。話を知っているノンナ(新木優子)も協力したいと言いますが、関係ないと真野(錦戸 亮)に断られてしまいます。

 

ホームレス事件の捜査の打ち切りを出した警察に、虎丸(船越英一郎)は疑いを持っているので見過ごせないと言います。真野(錦戸 亮)が「なぜですか?」と聞いても虎丸(船越英一郎)は、はっきり答えませんでした。「一人での捜査には限度があるから、上手いこと俺を利用してみないか?」と虎丸(船越英一郎)が言います。

 

歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の事件でかつて所属していた実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)について調べて欲しいと、虎丸(船越英一郎)に頼みます。

 

佐保優作(袴田吉彦)は、新妻大介(伊藤高史)と一緒に真野(錦戸 亮)の兄をいじめた人物で、それと真野(錦戸 亮)の姉・仁美(夏子)を司法解剖した、解剖医の島谷正和も探して欲しいとお願いします。真野(錦戸 亮)の姉・仁美(夏子)は妊娠していたからだと言いました。

 

虎丸(船越英一郎)から佐保優作(袴田吉彦)は、四葉食品の会長の娘と結婚し社長に就任して、シンガポールに出張中で帰国が未定だったことが分かり、元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の転落するときの防犯カメラの映像と捜査資料も見せてもらった。

 

虎丸(船越英一郎)は、直接死因が墜落外傷なのに、死因は薬物中毒になっている調査資料も信用ならないと真野(錦戸 亮)に言います。

今回の事件も捜査打ち切りが出ていて、ホームレス事件と同一の人物が指令している可能性があるのではと考えている虎丸(船越英一郎)は、佐保優作(袴田吉彦)と新妻大介(伊藤高史)に警察関係者が居ないか洗ってみることにします。

 

真野(錦戸 亮)は、防犯カメラに映る元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が転落する前に振り向いたときに何を言っているのか気になります。現場に行った真野(錦戸 亮)は虎丸(船越英一郎)に、歩道橋の階段にあとが残っていて、かすかにシンナーのにおいがすると言います。

 

真野(錦戸 亮)は虎丸(船越英一郎)の聞き取りで元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)通っていたスポーツジムでは、成績不振の原因は肩の故障で、それを悩んでいたことが分かり、行きつけのBARの飲み仲間の一人の女性からは、薬を持っているのを見たと言われます。ライバルと言われていた春日部芳彦(柾木玲弥)にも聞きにいっても分かりませんでした。

 

真野(錦戸 亮)が調べている過去の事件に協力しているのかと海塚律子(小雪)に言われた(船越英一郎)は、海塚律子(小雪)から隠蔽され証拠の無い事件を調べることに、真野(錦戸 亮)を巻き込まないで欲しいと、言われます。それでいいのかと言われた海塚律子(小雪)は、悩みます。

 

真野(錦戸 亮)の力になりたいノンナ(新木優子)は、自ら事件現場の歩道橋に残ったペンキを調べます。偶然入った食堂で、事件当日に盛り塩をしたら、看板が動かなくなったと言っている話を聞き、真野(錦戸 亮)と虎丸(船越英一郎)に、防犯カメラに元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が写っていて看板の土砂と繊維片を調べたら繊維片からニトロベンゼンが検出されたと言います。

 

現場検証には、情報を持ってきたノンナ(新木優子)も連れて行くと真野(錦戸 亮)に虎丸(船越英一郎)が言います。

 

工場の跡地で元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が看板で土を固めテニスの練習をしていた事が分かりました。土床に出口とは逆の方向に背屈ばった跡がありました。そして片隅に女性のイヤリングが落ちていました。

 

春日部芳彦(柾木玲弥)のもう一度会いに行き、元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が毎晩テニスの練習をしていて、事故当日毒物の入った飲み物を飲み転落したこと、現場にあったイヤリングが、新田清美さんだったと話しました。彼女は、過去に結婚詐欺で被疑者データーベースに載っていてDNAを調べられたからだった。

 

行きつけのBARで知り合いになった元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)は、新田清美さんと知り合いになり、ドーピングの罪を元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が被った秘密を知ったんですよねと、虎丸(船越英一郎)に言われます。

 

春日部芳彦(柾木玲弥)をドーピングのネタで脅迫してきた新田清美さんの事を、実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)に相談したといい、誰にも言うなと言われました。実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)にお金を払う代わりに、薬で元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)を消して欲しいと言われた新田清美は、練習中の元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の飲み物に薬を入てしまいます。

 

元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が、苦しみながら新田清美の足にしがみついて振り払ったときに、イヤリングを現場に落としてしまったのでした。

 

イヤリングを落とした事に気づいた新田清美が探していると、死んだはずの元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が、歩道橋で歩いているのを見かけますが、足を滑らして、元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)が転げ落ちてしまいます。

春日部芳彦(柾木玲弥)は、「俺は選手としては、終わってっるから、後はお前に任せる」と言われたけど、元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)を犠牲にしたプレッシャーが苦しかったと、精神力で彼に敗れていたと言います。

 

真野(錦戸 亮)は、元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)は、歩道橋から転落する前に「春日部芳彦(柾木玲弥)との決勝せんなんだ。早く行かないと!」と言っていたことを伝え、君にはまだやることがあると言います。

 

春日部芳彦(柾木玲弥)は会見を開き、実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)の意向で、ドーピングをしていた自分の身代わりに元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)がなってもらいたいと言われ、彼が身代わりになったと公表した。

 

今回の事件では、四葉食品役員が殺人容疑で逮捕されて、実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)は逮捕されませんでした。

 

真野(錦戸 亮)は海塚律子(小雪)と一緒に、真野(錦戸 亮)の姉・仁美(夏子)を担当した解剖医の島谷正和先生に会いに行き、お腹の胎児の純毛を受け取り、ホームレス事件の現場にあった血液の付着した軍手とDNA鑑定をした結果、父子の可能性が99%あることがわかりました。また軍手の血液は、新妻大介(伊藤高史)ではなかったのです。

 

結果を聞いた早川(萩原聖人)は真野(錦戸 亮)と一緒に、帰国していた佐保優作(袴田吉彦)のDNAを取れないか、四葉食品のパーティーへ向かいます。会場で爆発音が鳴り早川(萩原聖人)と真野(錦戸 亮)が佐保優作(袴田吉彦)を見つけたとき、彼は亡くなっていました・・・

ドラマ『トレース~科捜研の男~』10話考察・感想

お腹の胎児の純毛が見つかって、出たDNAの結果がつらかったですね。さらに父親を特定していくのはつらいのに・・・

 

また武蔵野一家殺人事件の解決につながる糸口が、消されてしまって、一体誰が後ろにいるのか謎のドラマ展開です。解剖医の帰り道に居た、千原ジュニアさんが、なんとも不気味だったですね。

 

それに、一緒に行動していた早川(萩原聖人)もなんだか怪しく感じてきます。こういう展開の場合、身近にいる人間が最後に真犯人だという場合も良くありますからね。とにかく次週最終回で、全ての謎が解決するわけですが、一体どんな結末になるのか非常に気になりますね!

ドラマ『トレース~科捜研の男~』11話あらすじ

『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。
科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。
佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していた。新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる…。
そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。

引用:公式サイトより

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪