2019年冬ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話 あらすじ・ネタバレ&感想【錦戸亮の声が聞き取りにくい!字幕が必要?】

科捜研の男

2019年1月7日(月)放送、フジテレビ『トレース~科捜研の男~』の第1話はご覧になりましたか?

 

関ジャニ∞錦戸亮が演じる「真野礼二」、最も旬な若手女優・新木優子が演じる「沢口ノンナ」サスペンスの大御所船越英一郎が演じる「虎丸良平」をはじめとするメンバーで、様々な事件の痕跡(トレース)から真相を解明していきます。

 

これまでの科捜研をテーマにしたドラマはありましたが、科捜研の「男」は珍しい作品。
さて、どのような幕開けになるのでしょうか。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話・あらすじ

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、
警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。

「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、
周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、
相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。

大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、
遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と、
猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。

イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。
鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。

それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、
多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。

だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。
すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。

律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、
ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。
そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。
死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、
千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。
引用:公式サイトより

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話ネタバレ

沢口ノンナ(新木優子)は科捜研へ警視庁科学捜査研究所へ初出勤した。

 

前日発見されたバラバラ遺体の左手について捜査一課刑事の虎丸良平(船越英一郎)は、
科捜研の法医科長である海塚律子(小雪)に尋ねてきた。

 

そこで事件担当になった真野礼二(錦戸亮)と虎丸は出会った。

 

珪藻と通常の20倍のマンガンが爪から検出されたとして、虎丸は急いで多摩川の捜索を指示したが真野は止めようとした。
一触即発の状態になったが、虎丸は捜査指示を変えず、一方真野は沢口と共に日原川へ向かった。日原川についてすぐ、二人は女性のバラバラ遺体を発見した。

 

勝手な真似をしたと怒る虎丸だったが、真野は、左手から日原川の裏のきよかわ鉱山にしかない物質が検出された為、そこに遺体があることは明白だったと冷静に言葉を返した。

 

そこへ、被害者である五十嵐美加(菅野莉央)の父・五十嵐康信(吹越満)と、
母・五十嵐千鶴(森口瑤子)が名乗り出てきて、取り調べを受けることになった。

 

しばらく娘には会っていなかったという千鶴。
DNA鑑定結果親子関係は確定されたが父康信とは元々血がつながっていなかった。

 

真野が遺体写真で気になったのは、腕のやけどの痕。
幼いころ母が目を離した隙に煮えたぎったシチューを誤ってかぶったのだという・・・

 

翌日、沢口は真野に一つの花の植物鑑定を持っていくよう頼まれる。
それは美加が発見された遺体遺棄現場に置かれていた「プリムラ」という花だった。
付着している土の成分と、発見された場所の土の成分が異なったのである。

 

虎丸は真野と沢口を連れて臨場へ向かった。美加と婚約者が防犯カメラに映っていたというホテルである。婚約者は取り調べ時、浮気を疑っていてただ美加のあとをつけただけで結局会えなかったという。実際、遺体をバラバラにするはずの浴室から何も検出されなかった。

 

虎丸は自分の勘では、越智は犯人ではないと言い撤収したが、真野はホテルの部屋もくまなく捜索した。

 

持ち帰ったものを夜遅くまで検査をしながら、真野は沢口に言った。
被害者も数日前までは自分たちと同じように生きていた。見つけてくれたことに感謝しているはずだと。夜通しで検査をした結果、ホテルの中から被害者の母・千鶴のDNAが発見された。

 

家に行き千鶴に聞き取りを行うと、娘からホテルで待っておくようにと言われたという。

 

隣人の証言から康信が千鶴と美加に日常的にDVをしていることは明白であり、
事件当日も家の防犯カメラから、康信と美加が二人で家に入る様子も撮られていた為康信が、美加を殺害したのではと虎丸は推測した。

 

真野はそんな思い込みから裏付けをとっていく捜査方法や勘と言った抽象的なものに納得がいかず、反発をした。虎丸は激高し、真野は担当から外すよう怒鳴って帰った。

 

翌日一人で臨場へ行くことになった沢口は、
夜遅くまで準備をしていると真野が何やら実験をしていた。

 

沢口は被害者である美加のことを思うと、自分が何かを見落とし事件の真相をつかめず、
無念を晴らせなかったらと思うと怖いと真野に話した。

 

真野は、証拠はどこかに必ずある、証拠は被害者の思いだと言った。
そして、それを見つけるのが科捜研の仕事であり、君にしかできないと沢口を諭した。

 

美加のマンションへ家宅捜索へ入った捜査メンバーだったが、
ホテル同様浴室からは何も発見されず撤収することになった。

 

帰り際、千鶴のやけどの痕を見た沢口は、千鶴に詰め寄った。
実は前日真野が実験と検証をした結果、千鶴と美加が同じ時にやけどをしたものだということがわかり、さらにやけどの箇所から、千鶴が美加をかばうような抱き合う体制だったことが判明した。

 

その時の気持ちを思い出してほしいと沢口は感情的になってしまったのであった。

 

翌日、千鶴が血の付いた灰皿を持って警察へ来た。
千鶴が、美加に言われたホテルからマンションへ帰ると荒れた家のリビングに転がっていたものだった。

 

検査の結果、付着していた血痕は美加のDNAと一致し、
父・康信はすぐに取り調べを受けたが殺害は否定した。

 

マンションの水回りを再鑑定しろという虎丸に対し、真野は違う鑑定を提案した。
それは灰皿で殴られたあとの血痕を追うための、マンションの廊下の鑑定だった。

 

真野も担当に戻し、マンションへ向かい廊下を鑑定すると、一筋の血痕の跡が検出された。
血痕は、隣人・飛田慎吾(池田純矢)の扉の真下で途切れていたのであった。

 

飛田が犯行を自供し、真実が明らかになった。

 

美加が彼氏と結婚することになったが、千鶴にも一緒に逃げようと話を持ち掛けたが、千鶴は無理だと拒み続けた。説得を諦めた美加は千鶴をホテルに残し、康信と話をつけるために実家に訪れたが、またしてもDVを受け、灰皿で殴られた。

 

この世の中に、幸せになっちゃいけない人はいない。私の価値は私で決めると康信に決別をした美加は、マンションを出て額の血に手をあてつつも、すがすがしいような気持になっていた。

 

その時であった。
隣人の飛田が、美加の口をふさぎ家の中へと連れ込んだ。

 

婚約者の元へなんか行っちゃだめだ、守れるのは自分だけだという飛田。実は美加たちがDVされる様子を盗聴しており、過去に父親からDVを受けていた自分と重ね合わせシンパシーを感じていたのであった。

 

逃げようとした美加を許せず、飛田は美加を殺害したあとバラバラにして山へ遺棄した。

 

プリムラの花の正体は、美加が自宅前で大事に育てていたもので、
それを見ていた飛田は手向けの花として遺体の上に置いたのであった。

 

後日、真野と沢口は千鶴へ失礼があったことの謝罪へ訪れたが、その際やけどの痕は、
自分が美加をかばったのではなく、美加が自分を守ってくれようとした時のものだと告げた。

 

科捜研へ戻った沢口は真野に、やっぱり正義は勝つんですねと笑顔で言った。
真野は、正義…とつぶやきながら、幼い頃学校から帰宅すると家族が無残な姿で殺され、
兄は遺書を残し自殺していていた光景がフラッシュバックした。

 

そしてそのころ、刑事部長として新たに壇浩輝(千原ジュニア)が就任していた。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話・錦戸亮の声が聞き取りにくい!字幕が必要?

ドラマ『トレース~科捜研の男』第1話が放送されて違和感を感じたのが、錦戸亮さんの声が小さいということです。他の役者さんの声は普通に聞こえるのに、錦戸亮さんのセリフの時だけ声が小さいな~と感じました。

 

元々滑舌があまり良くない錦戸亮さん。
声が小さくて正直、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

 

これ私だけ?と思ったらネットでは私と同じ意見の人がいました。

 

正直、字幕がいるな~と思うほどでした。逆に、船越英一郎さんは、声がデカすぎでこれ狙ってやっているの?と思ってしまいました。

 

錦戸亮さんの声が小さいのは『科捜研の男』だけでなく、過去のドラマでも同様だったので、正直、声が小さいのは何とかしてほしいです。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話・火曜サスペンス?船越英一郎劇場が完成

ドラマ『トレース~科捜研の男~』1話を観て次に思ったのが、船越英一郎さんの存在感です。主役の錦戸亮さんを食ってしまうようなインパクトがありましたね。

 

とにかく、声がデカイ!どんな役をやっても『船越英一郎』というイメージでした。
月9じゃなくて火曜サスペンス?と思ってしまいました。

 

不満があるわけではないのですが、怒鳴りまくる、声がデカすぎる。
昭和感のあるパワハラ系刑事という役だからなのか、月9だから気合が入っていたのかわかりませんが、ちょっと浮いていたような感じがします。

 

錦戸亮さんは声が小さい。
船越英一郎さんは声がデカイ。

 

これを狙っていたのだとしたら、計画通りなんでしょうね。
ネット上でも船越英一郎さんの存在感については話題になっていました。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』1話 dramania7読者の感想

みさき
みさき
礼二の捜査力が素晴らしくて驚きました。火傷の位置でどんな状況だったかというのも、
私では全く予想の出来ない内容でした。
被害者の美加はその火傷のときも大人になってからも母親思いで、そのシーンには感動して涙が出ました。
犯人は父親だと思っていましたが、意外な人物で驚きました。とても目が離せない内容の第1話でした
さちこ
さちこ
原作の漫画はチェックせずに見ましたが、まずまず面白かったです!父が娘を殺したと見せかけてまさかの隣人だったという設定にはびっくりしましたが、娘役の方の演技が素晴らしかったです。錦戸亮のキャラ設定もいい感じ。今後彼の過去が分かってくるのも見どころです。

りん
りん
死体となってしまった女の子も人間であり、数日前まで普通に生きていて、普通の日々がずっと続いていくと思っていたんだという言葉はインパクトありました。自分がもし死体になったときに気持ち悪がられたら悲しいですもんね。

はるな
はるな
船越英一郎さんの役どころはあまり好きではなかったです。
威圧的なものの言い方に「獣になれない私たち」の新垣さんの、
会社の社長を思い出してしまってトラウマなのでドキッとして怖いです。
優しそうな船越さんなのに演技うますぎです。

みほ
みほ
科捜研のメンバーである沢口ノンナ、まだ新人ながら頑張る姿が印象的でした。被害者の母に事実を話す様に説得するシーンからは、彼女の真っ直ぐで素直な性格が窺えました。いつも冷静な真野や癖のある虎丸に囲まれ、今後ノンナがどんな風に成長するのか楽しみです。

かずお
かずお
このドラマは、月9なので普通の刑事ドラマとは新鮮でした。
錦戸亮氏の演技は本格的で、物語に引き込まれていきました。船越英一郎氏は刑事ドラマでは欠かせない存在ですので、今後どのような芝居をするか期待しています。暗幕のテントで血痕を発見するシーンや、薬品を使用するシーンは科捜研の役割が学べる気がしました。

けんしろう
けんしろう
美加の婚約者こそが真犯人だと思っていたのだが、実際違ったことに拍子抜けだった。その意味で、美加の婚約者は犯人ではないのだと言った虎丸の考えも意外と当たっていたことにも驚いてしまった。刑事のカンも良いのだと感じるが、やはり真面目に捜査する真野の方が良いと感じる。

あきこ
あきこ
被害者はDVの家庭に育って、やっと幸せをつかみかけたところを殺されてしまった。だけど、真犯人もDVの家庭に育っていて、ゆがんだ同情がちょっとしたきっかけで、殺意に変わってしまった……というなんとも救いようのない結末でした。だけど、実際の犯行って衝動的なものが圧倒的なようなので、ある意味リアルでゾッとしました。

ゆきお
ゆきお
捜査一課長の江波清志が事件解決に繋がらない捜査をしている虎丸に苛立ち、名前を皮肉った牛のように遅いと言い放つ姿はハラスメントの塊に見えて、無能な上司ぶりを発揮していた所が可笑しく感じましたが、刑事の勘ばかりに頼る虎丸の頭の固さも呆れる程でどっこいどっこいといった感じを受けてしまうのが情けない組織に見えました。

さとし
さとし
新人のノンナの歓迎会を開いた法科研究員の市原浩と相原一臣、水沢英理に鑑識の沖田徹が、すき焼きを振る舞うまでは良いとしても、上質の肉を山盛りに頼み美味しそうに食べる姿から明らかにノンナがバラバラ遺体を見た事で食べられない心境になっている事を見込んでいたように感じられ、自分たちが堪能できると考えていたように思えて、人間のイヤらしい部分が出ていたように感じた場面でした。

ひなこ
ひなこ
錦戸亮が演じる役は、過去に家族を殺されている過去があるからか、科捜研に勤めていて、クールかつ適切な判断、指示を出しています。家族で父が、妻と娘にDVをして、娘が何者かに殺される、その犯人を追求する話でしたが、親子の関係などを見て、人とのかかわりのあり方を考えさせられました。

みさえ
みさえ
錦戸亮はもっと冷たくて、新木優子に厳しい役なのかと勝手に想像していましたが、思っていたより穏やかな役に思えました。事件の内容は、辛くて悲しい話で、目を背けたくなるシーンもいくつかありましたが、なるほどと思えるところもあって面白かったです。主人公の過去と、千原ジュニアがどう関係してくるかが楽しみです。

ゆい
ゆい
月9の第1話目としてはゲストが地味だなあと感じました。科捜研がメインですが、超有名な科捜研ドラマがすでにあるし・・・、どうしても二番煎じの感が否めないです。月9としてはパッとしないかな。もう少し意外性や出演者に話題性が欲しいと思いました。最後に登場した千原ジュニアだけがサプライズでした。

こうたろう
こうたろう
実力はあるのに協調性のない主役というのはよくある設定だとは思いましたが、逆に言えば安心して観れるといった印象でした。五十嵐の犯行をどうやって暴いていくのかと思ってみていたので犯人が隣人だったのは唐突すぎて笑ってしまいました。それと主役を引き立てるためとはいえ虎丸は凄むばかりで無能というのが何とも切ないですね。次回からはもうちょっと活躍してほしいです。あとは時折フラッシュバックする真野の過去が気になるところですね。

 

ドラマ『トレース~科捜研の男~』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の地上波放送から1週間以内であれば、
TverやFODで見逃し動画を無料視聴することができます。

Tverでの視聴はこちら

FODでの視聴はこちら

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

 

FODでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている
  • 黄昏流星群
  • シグナル
  • モンテ・クリスト伯

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話・まとめ

色々いってしまいましたが、想像していた以上に面白かったと、個人的には思いました。

 

とにかく鑑定結果が全て。だからこそ隈なく捜索する真野と、長年の勘と推測から詰めていく虎丸の対比も面白いですね。
1話完結型で見やすく、見終えたあともスッキリしました!

 

気になるのは、真野が何度かフラッシュバックする無残な光景。
そして、意味深な表情を浮かべ最後に登場した、千原ジュニア演じる壇。

 

何か関係があるのでしょうか?!
なかなか面白い滑り出し、次回も楽しみです!