2019年春ドラマ

ドラマ『インハンド 』1話 ネタバレ感想・考察と2話あらすじ【紐倉(山下智久)のイケボに感動の声】

インハンド

2019年4月12日(金)からTBSテレビにてドラマ『インハンド』第1話が放送開始となりました。朱戸アオさんによる同名漫画『インハンド』が原作のこちらのドラマは、右手が義手となっている寄生虫専門の科学者が助手と女性官僚とともに、驚きの科学的方法で難事件を解決していく医療ミステリーとなっています。

 

主役の山下智久さんが変わり者の天才科学者を演じる今作ですが、ストーリーはもちろん、助手の女性官僚役である菜々緒さんと山下さんの掛け合いも楽しめそうですね。ついに始まる第1話、どのような事件が起きるのでしょうか。

ドラマ『インハンド』第1話・あらすじ

寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。
そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴 (菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

引用:公式サイトより

ドラマ『インハンド』第1話・ネタバレ

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

内閣官房メディカル・サイエンス対策室に匿名で告発状が届いたことで、官僚の牧野巴(菜々緒)は寄生虫学者の紐倉哲(山下智久)の元へ調査依頼に訪れました。告発状の内容は、台田総合病院で心筋梗塞で亡くなった患者の死因がシャーガス病に感染したためであり、その事実を病院が隠蔽しているというのです。

 

シャーガス病は中南米では最もポピュラーな感染症で、トリパノソーマという寄生虫が体内に入ることで発症する病気です。トリパノソーマに寄生されたサシガメを媒介して人間に感染します。牧野の協力依頼を断ろうとする紐倉ですが、紐倉がパスポートを止められていることを知っていた牧野は外務省にいたコネを使えることをちらつかせ、紐倉の協力を得ることに成功しました。

 

紐倉と牧野は内部調査の実施依頼をしに台田総合病院を訪れました。すると紐倉は白衣姿になって病院内を自由に動き回り、シャーガス病について調べた痕跡の残る高家春馬(濱田岳)のデスクを見つけました。デスクに戻ってきた高家を鉢合わせした紐倉ですが、ちょうどその時にまたシャーガス病の疑いがある救急患者・桶矢登が搬送されてきました。内部告発をした張本人が高家であると見抜いた紐倉は、「今調べないと感染は拡大する」と高家に伝え、桶矢の血液サンプルを手に入れました。

 

病院長の黒野(正名僕蔵)を訪ねていた牧野は紐倉と合流し、紐倉が桶矢の血液サンプルを手に入れたことを聞きました。桶矢は10年前にシャーガス病で死亡者を出したオケヤ食品の社長であることに気づいた2人は、何か関係があるのではと疑い始めました。

 

対策室に戻った牧野はオケヤ食品について調べていました。オケヤ食品は特定保健用食品「チチクチオイル」という商品が原因でシャーガス病を引き起こしていました。厚生労働省が絡んでいることに気づいた室長の網野(光石研)は波風を立てないように促しますが、牧野は聞く耳を持ちません。

牧野が紐倉の研究所に向かうと、高家がすでに亡くなった2人の患者の血液サンプルを届けに来ていました。紐倉が調べると、桶矢の血液も含めて全てにトリパノソーマが確認できたため、シャーガス病に感染していたとみて間違いありません。さらに亡くなった3人とも感染してすぐに出るロマーナサインという症状が出ていたことや、共通して黒野の知り合いだったことを踏まえ、トリパノソーマに寄生されたサシガメを日本に持ち込んで意図的にばらまいている人間がいることに気づきました。

 

紐倉、牧野、高家は手を組むことにし、調査を進めると10年前のオケヤ食品の被害者遺族である江里口(風間杜夫)にたどり着きました。江里口の話を聞いた紐倉は何かに気づいたようです。

 

しかし、厚労省の倉井(相島一之)によって事実が隠蔽され、牧野は今回の件から手を引くように言われ、高家は病院を懲戒解雇となってしまいました。意気消沈する牧野と高家ですが、そんな2人に紐倉は「犯人に会いに行こう」と言います。

 

江里口の自宅を訪れた時にサトウキビを栽培していることに気づいた紐倉は、そのサトウキビがサシガメの餌に使われていると推測しました。江里口が不在の時に家に侵入した紐倉と高家ですが、なかなかサシガメが見つかりません。しかし調査を進めると自宅から少し離れたところでサシガメを見つけることができました。その時、紐倉も高家も背後から襲われて意識を失ってしまいました。

 

紐倉たちが目をさますと、江里口が倉井を問い詰めていました。サシガメを使って倉井を感染させようとする江里口を高家は必死で止め、考え直すよう話します。止まらない江里口でしたが、紐倉の研究者ならではの視点と意見に耳を貸し、膝をつくのでした。

 

事件は解決しましたが、厚労省が手柄を全部持って行った形になり牧野はリベンジを誓います。約束のパスポートを紐倉に渡しに行った牧野は、「また今度」と含みを残した言い方をして研究所を去りました。

 

病院を懲戒解雇になってしまった高家は職探しの途中で紐倉に会いました。そして高家は紐倉の助手になることになり、研究所に引っ越して来ました。

ドラマ『インハンド』第1話・紐倉(山下智久)のイケボに感動の声

 

紐倉博士のビジュアルもさることながら、落ち着いた低音ボイスで顕微鏡を覗くシーンに心を揺さぶられた方が多くいたようです(笑)変わり者という設定だからか少しずれたコメントが飛び出すのも博士の魅力に繋がっていきそうですね。

ドラマ『インハンド』第1話・ネット上の感想

ドラマ『インハンド』第1話 感想・考察

ついに放送が始まった『インハンド』ですが、ストーリーももたつくことなく、専門用語などは文字でも見えるような解説もついていてとても見やすいドラマでしたね。山下さん、菜々緒さん、濱田さんもハマリ役で、3人のバランスがすごく取れていたように思えました。まだ1話なのでエンジンがかかり始めたばかりですが、これからこの3人の掛け合いがどんどん面白くなって行くのでは?と期待が持てました。

 

ストーリーも、紐倉が寄生虫学者ということもあって切り口が話のとっかかりが斬新でしたし、病気だけでなく事件に発展して行くさまも新しかったように思います。これからの放送が楽しみですね♪

ドラマ『インハンド』第2話あらすじ

 
変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。
一方、医者としての道を断たれて紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田岳)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていた。

ある日、病院から紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来る。紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。紐倉と高家は感染ルートを調べることに。感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。

そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになり……。

引用:公式サイトより