この記事を書いた人:sawa018

2018年11月2日(金)に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第4話はもうご覧になりましたか?

 

第3話では、侑市へのコンプレックスからバイトを3倍に増やして倒れてしまった真司。病院に駆けつけた尚に本音を打ち明けて気持ちが通じあったものの、尚に「侑市さん」と呼び間違えられてしまいました。

 

第4話では、病状が進行していく尚のことを周りが気付き始めてしまいます。

 

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話ネタバレはこちらからどうぞ

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第4話ネタバレ

尚(戸田恵梨香)に、侑市(松岡昌宏)と名前を呼び間違えられてしまった真司(ムロツヨシ)はショックを受けますが、「これくらい序の口だ」と言い聞かせて気づかないフリをしました。

 

家に戻った尚は、浴槽に水をため、お湯を沸かし始めますが、そのまま忘れて眠ってしまいました。
そして、不意に侑市の名前を口に出していることに気付き、真司のことを呼び間違えたかもしれないと不安になります。

 

そこに真司から「着替えを持って来て欲しい」というメッセージが届き、尚は忘れないように扉にメモを貼り付けておきました。

 

翌日、退院した真司と家に帰る途中で、尚は真司の名前を呼び間違えなかったか尋ねますが、真司はとぼけました。
家に着いた2人のもとに、真司の引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が訪ねてきました。

 

職場に置いたままになっていた真司のパソコンを届けに来てくれたのです。
真司が小説家であることを知らない木村でしたが、部屋で「砂にまみれたアンジェリカ」を見つけ、尚に話を聞きました。
その夜、真司はゴミ箱に捨ててあった尚のメモを見つけ、尚の病気が少しずつ進行していることを実感してくるのでした。

 

侑市は母・千賀子(夏樹陽子)から新しいお見合い相手・梓澤レイ(桜井ユキ)を紹介され、会うことになりました。
名刺がわりに健康診断結果を渡してきたレイを見て、侑市は尚と出会った時の記憶がよぎりましたが、積極的に結婚を前提に付き合って欲しいと言うレイの申し出を受けました。

 

真司は尚に新しい小説のことを相談していました。
やっと見つかった書きたいことが「自分と尚の大恋愛の顛末」だったのです。

 

読んだ人が真司と尚のことだと分かってもいいか尋ねる真司に、はじめは渋る尚でしたが「真司には好きなことを書いて欲しい。
自分のことも好きに書いてもいい。」と伝えました。

 

尚の母・薫(草刈民代)は、尚から引き継いだ患者・畑野みどり(高橋ひとみ)の診察をしていました。
みどりは尚と薫の言うことにズレが生じていることから不信感を持っています。薫は本当のことを話そうか悩みましたが、一旦様子を見ることにしました。
そんな時、みどりは尚が精神科外来の受付に向かっているところを目撃し、尚がアルツハイマーなのではないかと疑い始めました。

 

病院の口コミサイトで尚がアルツハイマーであると書き込みがされ、
それを見た患者たちから薫のクリニックにキャンセルの電話が次々にかかって来ます。

 

そこに厚生労働省の医師免許審議室から連絡が来ました。
厚生労働省にクレームを入れた人がいるのです。
厚生労働省に出向いた尚と薫。そこに侑市も来ていました。

 

侑市は診断書を提出するよう言われていたのですが、自分が直接説明した方が良いと判断したのです。

 

医師免許審議室の友部(林泰文)と話をする3人。尚と薫を追及する友部の話を遮り、
侑市は「この件は審議対象外である」という説明をしました。

 

侑市は尚にMCIの診断をした時に、病気の進行を遅らせる為にも仕事は続けた方がいいと勧めたのですが、尚は患者の立場に立って考えると自分に診断されるのは患者の利益にならないと判断し、その日以来診察することをやめていました。

 

友部はその説明を聞いて理解を示しました。
厚生労働省にクレームを入れたのは審議室の幹部の奥様で、無視をすることができなかったと言うのです。
無事に説明を終え、尚と薫は侑市にお礼を言って別れました。

 

帰って来た尚は、クリニックの患者たちに送る手紙の用意をしていました。
侑市の診断書を何度も読む真司。
真司は薫のクリニックのサイトに良い口コミを書き込むことしかできず、引け目を感じていました。

 

それをきっかけに、真司は尚に名前を間違えられたことや、「心の中では侑市を1番頼りにしている」「病気のせいで恋と勘違いしている」などと言って喧嘩してしまいます。

 

部屋を飛び出した尚は、侑市の姿を見つけて驚きました。
侑市は、自分が尚のことを必要だと思っていることに気づいて会いに来たのです。
しかし尚は「生きる力をくれるのは間宮真司だけ」と侑市に伝え、部屋に戻りました。

 

部屋に戻って来た尚は真司と仲直りしようとしますが、真司に別れを告げられます。

 

真司にとって尚は、20年書きたいことがなかった自分の気持ちを奮い立たせてくれたかけがえのない人ですが、
尚の運命の人は自分ではないと思い、身を引くことにしたのです。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第4話・病気のことが明るみに…そして別れ

第4話では尚の病気のことが公になり、大きな事件に発展しました。
そこに救いの手を差し伸べた侑市。侑市にコンプレックスを持つ真司は、名前を間違えられたこともあり、やはり引っかかってしまいましたね。

 

病気が少しずつ進行し、不安を感じながらも真司といる時は自然体で甘えている尚。
戸田さんの自然な演技を見ていると、真司に心を許しているのがよく伝わって来ます。
真司に甘えているシーンは、ムロさんもひっくるめて2人とも可愛らしいですね!

 

逆に、シリアスなシーンでの微妙な気持ちの変化も細かく演技されていますよね。
真司に別れを告げられた時の、一筋の涙の流れ方には驚きました。

 

もしかしたら意図していないことかもしれませんが、戸田さんならそのくらいするのでは?と思ってしまうほどの演技をされています。
別れることになってしまった2人ですが、これからどうなっていくのでしょうか?

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『大恋愛』地上波放送後1週間以内は『Tver』と『TBS FREE』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信されているので視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

Paraviでの視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ『大恋愛』4話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第4話感想

病気が進行し、忘れることが増えて来た尚ですが、「真司のことを愛してる」と断言できる意志の強さにドキッとさせられました。
第4話では真司の優しさから別れることになってしまった2人。

 

あんなにも仲良しなのに、悲しいですね。

 

第5話の予告では少し時が経っているように見えました。
結婚式のようなシーンも??真司は小説を書き上げるのでしょうか。

 

展開の早さも話題となっているこのドラマですが、第5話の放送も楽しみですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事